“Jiro Dreams Of Sushi”もノミネート! サンディエゴ映画批評家協会賞2012!

 サンディエゴ映画批評家協会賞(San Diego Film Critics Society)2012のノミネーションが発表されました。(12月9日)

画像

 ◆作品賞
 ・『アルゴ』 監督:ベン・アフレック
 ・『ジャンゴ 繋がれざる者』 監督:クエンティン・タランティーノ
 ・『世界にひとつのプレイブック』 監督:デイヴィッド・O・ラッセル
 ・『ザ・マスター』 監督:ポール・トーマス・アンダーソン
 ・『ゼロ・ダーク・サーティ』 監督:キャスリン・ビグロー

 ◆監督賞
 ・アン・リー 『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』
 ・ベン・アフレック 『アルゴ』
 ・デイヴィッド・O・ラッセル 『世界にひとつのプレイブック』
 ・キャスリン・ビグロー 『ゼロ・ダーク・サーティ』
 ・ポール・トーマス・アンダーソン 『ザ・マスター』

 ◆主演男優賞
 ・ブラッドリー・クーパー 『世界にひとつのプレイブック』
 ・ダニエル・デイ=ルイス 『リンカーン』
 ・ヒュー・ジャックマン 『レ・ミゼラブル』
 ・ホアキン・フェニックス 『ザ・マスター』
 ・ジョン・ホークス “The Sessions”(監督:ベン・リューイン)

 ◆主演女優賞
 ・ヘレン・ハント “The Sessions”
 ・ジェニファー・ローレンス 『世界にひとつのプレイブック』
 ・ジェシカ・チャステイン 『ゼロ・ダーク・サーティ』
 ・ミシェル・ウィリアムズ 『テイク・ディス・ワルツ』(監督:サラ・ポーリー)
 ・ナオミ・ワッツ 『インポッシブル』(米・西)(監督:フアン・アントニオ・バヨナ)

 ◆助演男優賞
 ・アラン・アーキン 『アルゴ』
 ・クリストフ・ヴァルツ 『ジャンゴ 繋がれざる者』
 ・クリストファー・ウォーケン “Seven Psychopaths”(監督:マーティン・マクドナー)
 ・マシュー・マコノヒー 『キラー・スナイパー』(監督:ウィリアム・フリードキン)
 ・フィリップ・シーモア・ホフマン 『ザ・マスター』

 ◆助演女優賞
 ・エイミー・アダムス 『ザ・マスター』
 ・アン・ハサウェイ 『レ・ミゼラブル』
 ・エマ・ワトソン “The Perks Of Being A Wallflower”(監督:スティーヴン・チョボスキー)
 ・Rebel Wilson “Pitch Perfect”(監督:Jason Moore)
 ・サマンサ・バンクス 『レ・ミゼラブル』

 ◆オリジナル脚本賞
 ・クエンティン・タランティーノ 『ジャンゴ 繋がれざる者』
 ・ウェス・アンダーソン、ロマン・コッポラ 『ムーンライズ・キングダム』
 ・サラ・ポーリー 『テイク・ディス・ワルツ』
 ・ジョス・ウィードン 『キャビン』(監督:ドリュー・ゴダード)
 ・ポール・トーマス・アンダーソン 『ザ・マスター』

 ◆脚色賞
 ・クリス・テリオ 『アルゴ』
 ・デイヴィッド・マギー 『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』
 ・トニー・クシュナー 『リンカーン』
 ・デイヴィッド・O・ラッセル 『世界にひとつのプレイブック』
 ・スティーヴン・チョボスキー “The Perks Of Being A Wallflower”

 ◆撮影賞
 ・Ben Richardson “Beasts Of The Southern Wild”
 ・ロバート・リチャードソン 『ジャンゴ 繋がれざる者』
 ・ダニー・コーエン 『レ・ミゼラブル』
 ・クラウディオ・ミランダ 『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』
 ・ミハイ・マライメア・ジュニア 『ザ・マスター』

 ◆編集賞
 ・ウィリアム・ゴールデンバーグ 『アルゴ』
 ・ブライアン・A・ケイツ、John Paul Horstmann “Killing Them Softly”(監督:アンドリュー・ドミニク)
 ・ティム・スキアーズ 『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』
 ・レスリー・ジョーンズ、ピーター・マクナルティー 『ザ・マスター』
 ・ウィリアム・ゴールデンバーグ、ディラン・ティチェナー 『ゼロ・ダーク・サーティ』

 ◆美術賞
 ・サラ・グリーンウッド “Anna Karenina”(監督:ジョー・ライト)
 ・シャロン・シーモア 『アルゴ』
 ・Hugh Bateup、ウリ・ハニッシュ 『クラウド アトラス』
 ・イヴ・スチュアート 『レ・ミゼラブル』
 ・アダム・ストックハウゼン 『ムーンライズ・キングダム』

 ◆作曲賞(Best Score)
 ・アレクサンドル・デプラ 『アルゴ』
 ・Benh Zeitlin、Dan Romer “Beasts Of The Southern Wild”
 ・マイケル・ダナ 『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』
 ・アレクサンドル・デプラ 『ムーンライズ・キングダム』
 ・ジョニー・グリーンウッド 『ザ・マスター』

 ◆アンサンブル・パフォーマンス賞(Best Ensemble Performance)
 ・『アルゴ』
 ・『ジャンゴ 繋がれざる者』
 ・『レ・ミゼラブル』
 ・“Seven Psychopaths”
 ・“The Perks Of Being A Wallflower”

 ◆アニメーション賞
 ・『メリダとおそろしの森』 監督:マーク・アンドリュース、ブレンダ・チャップマン
 ・『フランケンウィニー』 監督:ティム・バートン
 ・『パラノーマン ブライス・ ホローの謎』 監督:クリス・バトラー、サム・フェル
 ・“Rise of The Guardians”『不思議の国のガーディアン』(米) 監督:ピーター・ラムジー
 ・『シュガー・ラッシュ』 監督:リッチ・ムーア

 ◆ドキュメンタリー賞
 ・“Bully” 監督:Lee Hirsch
 ・『二郎は鮨の夢を見る』“Jiro Dreams Of Sushi” 監督:デイヴィッド・ゲルブ(David Gelb)
 ・“The Queen of Versailles” 監督:ローレン・グリーンフィールド(Lauren Greenfield)
 ・“Samsara” 監督:ロン・フリック
 ・“The Invisible War” 監督:カービー・ディック(Kirby Dick)

 ◆外国語映画賞
 ・『愛、アムール』(オーストリア・仏・独) 監督:ミヒャエル・ハネケ
 ・『ヘッドハンター』“Headhunters”(ノルウェー・独 監督:モルテン・ティルドゥム(Morten Tyldum)
 ・“Holy Motors”(仏・独) 監督:レオス・カラックス
 ・『最強のふたり』(仏) 監督:エリック・トレダノ、オリヴィエ・ナカシュ
 ・『少年と自転車』(ベルギー・仏・伊) 監督:ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ

--------------------------------

 最終的には順当な結果に落ち着くかもしれませんが、ところどころで他の映画批評家協会賞では選ばれていないノミニーが選ばれています。

 85歳の寿司職人で「すきやばし次郎」の店主である小野二郎を追ったドキュメンタリー『二郎は鮨の夢を見る』(“Jiro Dreams Of Sushi”)は、ドキュメンタリー部門で下馬評に挙がっていましたが、実際にノミネートされたのは、ここが初めてです。

 受賞結果の発表は、12月11日です。

 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・サンディエゴ映画批評家協会賞2011 結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201112/article_30.html
 ・サンディエゴ映画批評家協会賞2010 結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201012/article_34.html
 ・サンディエゴ映画批評家協会賞2009 結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200912/article_26.html
 ・サンディエゴ映画批評家協会賞2008 結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200812/article_27.html

 ・ゴッサム・アワード2012 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201210/article_27.html
 ・ゴッサム・アワード2012 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201211/article_25.html

 ・ニューヨーク映画批評家協会賞2012:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201212/article_8.html

 ・ナショナル・ボード・オブ・レビュー2012:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201212/article_11.html

 ・ボストン・オンライン映画批評家協会賞2012:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201212/article_17.html

 ・ニューヨーク映画批評家オンライン賞2012:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201212/article_19.html

 ・ロサンゼルス映画批評家協会賞2012:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201212/article_20.html

 ・サテライト・アワード2013 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201212/article_10.html

 ・インディペント・スピリット・アワード2013 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201211/article_26.html

 ・ワシントンDC映画批評家協会賞2012 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201212/article_18.html

 ・全米の映画批評家協会系映画賞について調べてみました:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201101/article_2.html

 追記:
 ・サンディエゴ映画批評家協会賞2012 結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201212/article_25.html

この記事へのコメント

タラコフスキー
2012年12月11日 18:06
「二郎は鮨の夢を見る」は、残念ながら最終候補から漏れてしまったんですよね。劇場で予告編見て面白そう(というかおいしそう)と思っただけに、実に惜しいです。
umikarahajimaru
2012年12月14日 21:34
毎度毎度ありがとうございます。公開が決まって、もう予告編が流れているんですね。

この記事へのトラックバック