モントリオール世界映画祭2012 受賞結果!

 第36回モントリオール世界映画祭の各賞が発表になりました。(9月3日)

画像

 【ワールド・コンペティション 長編部門】

 ◆グランプリ(Grand Prix Des Americas)
 ◎“Atesin Düstügü Yer(Where The Fire Burns)”(トルコ) 監督:Ismail Gunes

画像

 ◆審査員特別賞(Special Grand Prix Of The Jury)
 ◎“Invasion”(独・オーストリア) 監督:Dito Tsintsadze

 ◎“Miel De Naranjas(Orange Honey)”(西・ポルトガル) 監督:イノマル・ウリベ(Imanol Uribe)

 ◆監督賞
 ◎ヤン・トロエル “Dom Över Död Man(The Last Sentence)”(スウェーデン)

 ◆男優賞
 ◎Karl Merkatz “Anfang 80(Coming Of Age)”(オーストリア) 監督:Sabine Hiebler & Gerhard Ertl

画像

 ◆女優賞
 ◎Brigitte Hobmeier “Ende Der Schonzeit(Closed Season)”(独・イスラエル) 監督:Franziska Schlotterer

 ◆脚本賞
 ◎Marko Nabersnik “Sanghaj(Shanghai Gypsy)”(スロヴェニア) 監督:Marko Nabersnik

 ◆芸術貢献賞(Best Artistic Contribution)
 ◎“Iskupleniye(Expiation)”(ロシア) 監督:Alexander Proshkin

 ◆イノベーション賞(Innovation Award)
 ◎“Wings(最長的拥抱)”(中) 監督:ヤン・ヤーチョウ(Yazhou Yang) & Bo Yang

 ◆世界へと開かれているで賞(Openness To The World Award)
 ◎『カラカラ』“Karakara”(カナダ・日) 監督:クロード・ガニオン
 主人公が、個人的なレベルだけでなく、文化的レベルにおいても、より深い理解のレベルに達している、そういう状況を描き出したことに対して(For Having Presented A Situation Where The Protagonists Reach A Better Level Of Understanding, Not Only At The Personal Level, But Also At The Cultural Level)

画像

 ◆発言の自由賞(Freedom Of Speech Award)
 ◎“Cvjetni Trg(Flower Square)”(クロアチア) 監督:Krsto Papic
 汚職と組織犯罪の関係性というワールドワイドな問題を的確に示し、社会のあらゆるレベルに浸透している1つのシステムがどのように機能するかを明らかにしたことに対して(For Daring Expose The Worldwide Problem Of Corruption And Its Links With Organized Crime And How It Functions As A System Which Reaches All Levels Of Society)

 ◆国際批評家連盟賞
 ◎“Atesin Düstügü Yer(Where The Fire Burns)”(トルコ) 監督:Ismail Gunes

 ◆エキュメニカル審査員賞
 ◎“Ende Der Schonzeit(Closed Season)”(独・イスラエル) 監督:Franziska Schlotterer

 ◆エキュメニカル審査員賞 スペシャル・メンション(Special Mention Of The Ecumenical Jury)
 ◎『あなたへ』“Anatae(Dearest)”(日) 監督:降旗康男

 ◆観客賞(Public Awards For The Most Popular Film Of The Festival)
 ◎“Anfang 80(Coming Of Age)”(オーストリア) 監督:Sabine Hiebler & Gerhard Ertl

 ◆観客賞 カナダ映画部門(Cinemathèque Québécoise Public Award For The Most Popular Canadian Feature Film)
 ◎『カラカラ』“Karakara”(カナダ・日) 監督:クロード・ガニオン

 【ワールド・コンペティション 短編部門】

 ◆第1席(1st Prize)
 ◎“Macpherson”(カナダ) 監督:Martine Chartrand

 ◆審査員賞(Jury Award)
 ◎“The Banquet Of The Concubine”(仏・カナダ) 監督:Hefang Wei

 ◆最優秀カナダ短編映画賞(Award For Best Canadian Short Film)
 ◎“Macpherson”(カナダ) 監督:Martine Chartrand

 【ファースト・フィルム・ワールド・コンペティション部門】

 ◆金賞(Golden Zenith For The Best First Fiction Feature Films)
 ◎“Casadentro”(ペルー) 監督:Joanna Lombardi

 ◆銀賞(Silver Zenith For The First Fiction Feature Film)
 ◎“Zdjecie(The Photograph)”(ポーランド・独・ハンガリー) 監督:Maciej Adamek

 ◆ブロンズ賞(Bronze Zenith For The First Fiction Feature Film)
 ◎“Inn I Mørket(Into The Dark)”(ノルウェー) 監督:Thomas Wangsmo
Into The Dark (Inn I Mørket) By Thomas Wangsmo (Norway)

 ◆国際批評家連盟賞
 ◎“Casadentro”(ペルー) 監督:Joanna Lombardi

 【その他の賞】

 ◆グラウベル・ローシャ賞/最優秀ラテンアメリカ映画賞(Glauber Rocha Award For The Best Latin American Film)
 ◎“Alguien A Visto A Lupita? (Have You Seen Lupita?)”(チリ) 監督:Gonzalo Justiniano

 ◆最優秀ドキュメンタリー賞(Award For Best Documentary)
 ◎“Beauty And The Breast”(カナダ) 監督:Liliana Komorowska

--------------------------------

 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 応援してね!

 *当ブログ記事

 第36回モントリオール世界映画祭
 *コンペティション部門 ラインナップ:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201208/article_9.html
 *ラインナップ その2:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201208/article_10.html
 *ラインナップ その3:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201208/article_11.html

 ・工藤夕貴 in モントリオール世界映画祭2012:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201208/article_27.html

 ・モントリオール世界映画祭 日本人/日本映画 受賞データ:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201208/article_13.html
 ・モントリオール世界映画祭は米国アカデミー賞外国語映画賞に直結している、というデータ:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201208/article_12.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2012年6月~2013年1月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201206/article_9.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック