トランシルヴァニア国際映画祭2012 ラインナップ!

 第11回トランシルヴァニア国際映画祭(6月1日-10日)のラインナップです。

 トランシルヴァニア国際映画祭は、1ヶ月前のカンヌ国際映画祭で怒涛のようにワールド・プレミア作品が上映されたのに対して、半周遅れ、1周遅れの作品が多くて、あまりプレミア感はありませんが、国別・テーマ別・監督別の特集が充実しており、今年でまだ11回目の映画祭ですが、東欧やバルカン諸国では最大級の国際映画祭になっています。

 今年は、監督特集では、3×3部門でクロード・ルルーシュと松本人志とオーレ・クリスチャン・マセン、昨年から始まった「100%××」部門で、スタンリー・キューブリックが特集されています。

 国別特集では、常設部門のハンガリー映画、ルーマニア映画以外では、デンマーク映画とオーストラリア映画と中国映画の特集が組まれています。

 テーマ別特集では、今年は「神々と男たち」(Gods and Men) と題した特集、および「トリビュート:キラー・フィルム」という特集が組まれています。

 そのほか、常設のドキュメンタリー部門、HBO Films製作作品を集めたプログラムHBO Day、児童向けプログラム(EducaTIFF)などもあります。

 なお、今年はクロード・ルルーシュに生涯貢献賞が贈られることになっています。

画像

--------------------------------

 ◆コンペティション部門

 ・“Either Way(Á annan veg)”(2011/アイスランド) 監督:Hafsteinn Gunnar Sigurðsson
 ・“Lena”(2011/オランダ・ベルギー) 監督:Christophe Van Rompaey
 ・『二番目の妻』“Kuma”(2011/オーストリア) 監督:ウムト・ダグ(Umut Dag)
 ・“Klip”(2012/セルビア) 監督:Maja Miloš
 ・“Teddy Bear”(2012/デンマーク) 監督:Mads Matthiesen
 ・“Oslo, August 31st”(2011/ノルウェー) 監督:Joachim Trier
 ・“Chapiteau Show(Shapito-shou)”(2011/ロシア) 監督:Sergey Loban
 ・“The Exchange(Hahithalfut)”(2011/イスラエル・独) 監督:エラン・コリリン
 ・『夜が終わる場所』“End of the Night(Yoru ga owaru basho)”(2011/日) 監督:宮崎大祐
 ・“Wetlands(Marécages)”(2011/カナダ) 監督:Guy Édoin
 ・“The Loneliest Planet”(2011/米・独) 監督:Julia Loktev
 ・“Thursday Till Sunday(De jueves a domingo)”(2012/チリ・オランダ) 監督:Dominga Sotomayor Castillo

 [審査員]
 サミュエル・マオズ、Mark Adams(アメリカの映画ジャーナリスト)、Ana Ularu(ルーマニアの女優)、Kjartan Sveinsson(アイスランドの音楽家)、Mike Downey(イギリスの製作会社F&MEのCEO)

 “Either Way(Á annan veg)”はアイスランド・アカデミー賞(Edda賞) 2012助演男優賞、撮影賞、衣裳デザイン賞受賞。
 “Lena”と“Wetlands(Marécages)”はトロント国際映画祭2011CONTEMPORARY WORLD CINEMA部門出品。
 『二番目の妻』はベルリン国際映画祭2012 パノラマ部門オープニング作品。
 “Klip”と“Thursday Till Sunday(De jueves a domingo)”はロッテルダム国際映画祭2012 タイガーアワード受賞。
 “Teddy Bear”はサンダンス映画祭2012 監督賞受賞。
 “Oslo, August 31st”はカンヌ国際映画祭2011ある視点部門出品。
 “Chapiteau Show(Shapito-shou)”はモスクワ国際映画祭2011 コンペティション部門出品。審査員特別賞受賞。
 “The Exchange(Hahithalfut)”はベネチア国際映画祭2011 コンペティション部門出品。
 “The Loneliest Planet”はAFI2011グランプリ受賞。

 ◆Supernova部門
 非コンペの新作パノラマ部門。

 ・“The Best Exotic Marigold Hotel”(2011/英) 監督:ジョン・マッデン
 ・“Blood of My Blood(Sangue do Meu Sangue)”(2011/ポルトガル) 監督:João Canijo
 ・“Tabu”(2012/ポルトガル・独・ブラジル・仏) 監督:ミゲル・ゴメス(Miguel Gomes)
 ・“Le Skylab”(2011/仏) 監督:ジュリー・デルピー
 ・“The Fairy(La fée)”(2011/仏・ベルギー) 監督:ドミニク・アベル、フィオナ・ゴードン、ブルーノ・ロミ
 ・“The Minister(L'exercice de l'État)”(2011/仏・ベルギー) 監督:ピエール・ショレール
 ・“Elles”(2011/仏・ポーランド・独) 監督:Malgorzata Szumowska
 ・“Beirut Hotel(Beyrouth hôtel)”(2011/仏・スウェーデン・レバノン) 監督:ダニエル・アルビド(Danielle Arbid)
 ・“Home for the Weekend(Was bleibt)”(2012/独) 監督:ハンス=クリスティアン・シュミット(Hans-Christian Schmid)
 ・“Gypsy(Cigan)”(2011/チェコ・スロヴァキア) 監督:マルティン・シュリーク
 ・“Company Orheim(Kompani Orheim)”(2012/ノルウェー) 監督:Arild Andresen
 ・『プレイ』“Play”(2011/スウェーデン・デンマーク・フィンランド) 監督:リューベン・オストルンド
 ・“Brothers(Veljekset)”(2011/フィンランド) 監督:ミカ・カウリスマキ
 ・“Policeman(Ha-shoter)”(2011/イスラエル) 監督:Nadav Lapid
 ・“The Extremely Tragic Story of Celal Tan and His Family(Celal Tan ve Ailesinin Aşırı Acıklı Hikayesi)”(2011/トルコ) 監督:Onur Ünlü
 ・『これは映画ではない』“This is Not a Film(In film nist)”(2011/イラン) 監督:ジェファール・パナヒ、もじたば・ミルタマスブ(Mojtaba Mirtahmasb)
 ・“A Simple Life(Tao jie)”(2011/香港・中) 監督:アン・ホイ
 ・『豊山犬』“Poongsan”(2011/韓) 監督:チョン・ジェホン
 ・『ぼくたちのムッシュ・ラザール』“Mr. Lazhar(Bichir Lazhar)”(2011/カナダ) 監督:フィリップ・ファラルドー
 ・“Café de Flore”(2011/カナダ・仏) 監督:ジャン=マルク・ヴァレ
 ・『ヒューゴの不思議な発明』(2011/米) 監督:マーティン・スコセッシ
 ・“Keep the Lights On”(2012/米) 監督:アイラ・サックス
 ・“The Delay(La demora)”(2012/ウルグアイ・メキシコ・仏) 監督:Rodrigo Plá
 ・“The Acacia Trees(Las acacias)”(2011/アルゼンチン・西) 監督:Pablo Giorgelli

 ◆オープニング作品
 ・“Of Snails and Men(Despre oameni și melci)”(2012/ルーマニア・仏) 監督:Tudor Giurgiu

 ◆特別上映作品

 ・“Inni”(2011/アイスランド・英・カナダ) 監督:Vincent Morisset
 ・“The City of No Limits(En la ciudad sin limites)”(西・アルゼンチン) 監督:Antonio Hernández
 ・“The Extraordinary Voyage(Le voyage extraordinaire)”(2011/仏) 監督:Serge Bromberg、Eric Lange
 ・『野性の夜に』“Savage nights(Les nuits fauves)”(1992/仏・伊) 監督:シリル・コラール
 ・“Dreileben I Beats Being Dead(Dreileben - etwas besseres als den tod)”(2011/独) 監督:クリスチャン・ペツォルト
 ・“Dreileben IIDon't Follow Me Around(Dreileben - komm mir nicht nach)”(2011/独) 監督:ドミニク・グラフ(Dominik Graf)
 ・“Dreileben III One Minute of Darkness(Dreileben - eine minute dunkel)”(2011/独) 監督:Christoph Hochhäusler
 ・“Noseland”(2012/オーストリア) 監督:Aleksey Igudesman、Sebastian Leitner
 ・“Love(Szerelem)”(1970/ハンガリー) 監督:カーロイ・マック(Karoly Makk)
 ・“The Independence of Romania(Independenţa României)”(1912/ルーマニア) 監督:Grigore Brezeanu、Aristide Demetriade
 ・“Stone wedding(Nunta de piatră)”(1972/ルーマニア) 監督:Mircea Veroiu、ダン・ピッツァ(Dan Pița)
 ・“Ștefan Luchian”(1981/ルーマニア) 監督:Nicolae Mărgineanu
 ・“The Stone Memory(Memoria de piatră)”(2010/ルーマニア) 監督:Iosif Demian
 ・“Kiddo”(2011/ルーマニア) 監督:Millo Simulov
 ・“Gone Wild”(2012/ルーマニア) 監督:Dan Curean
 ・“Family Dinner(Middag med familjen)”(2012/スウェーデン) 監督:Stefan Constantinescu
 ・“The sea is all I know”(2011/米) 監督:ジョーダン・ベイン(Jordan Bayne)
 ・“Side By Side”(2012/米) 監督:Christopher Kenneally

 ◆Unirii Square部門
 野外上映による特別招待作品の上映。

 ・『2001年宇宙の旅』 (1968/英・米) 監督:スタンリー・キューブリック
 ・“And If We All Lived Together(Et si on vivait tous ensemble?)”(2011/仏・独) 監督:ステファーヌ・ロベリン(Stéphane Robelin)
 ・“Come as You Are(Hasta la Vista!)”(2011/ベルギー) 監督:Geoffrey Enthoven
 ・“The Parade(Parada)”(2011/セルビア・独・ハンガリー・スロヴァキア・クロアチア) 監督:Srdjan Dragojevic
 ・“Of Snails and Men(Despre oameni și melci)”(2012/ルーマニア・仏) 監督:Tudor Giurgiu
 ・“Headhunters(Hodejegerne)”(2011/ノルウェー・独) 監督:Morten Tyldum
 ・“Iron Sky”(2012/フィンランド・独・オーストラリア) 監督:Timo Vuorensola
 ・“Starbuck”(2011/カナダ) 監督:Ken Scott
 ・『タクシー・ドライバー』(1976/米) 監督:マーティン・スコセッシ

 ◆Shadows
 アクションやスリラー、サスペンス、ファンタジーを集めた、いわゆる「ファンタスティック部門」

 ・“The Other Side of Sleep”(2011/アイルランド) 監督:Rebecca Daly
 ・“Masks”(2011/独) 監督:アンドレアス・マルシャル(Andreas Marschall)
 ・“Babycall”(2011/ノルウェー・独・スウェーデン) 監督:ポール・シュレットアウネ(Pål Sletaune)
 ・“Thale”(2012/ノルウェー) 監督:Aleksander Nordaas
 ・“Blind(Beul-la-in-deu)”(2011/韓) 監督:アン・サンフン
 ・『The Cat ザ・キャット』“The Cat(Go-hyang-i Jook-eum-eul Bo-neun Doo Gae-eui Noon)”(2011/韓) 監督:ビョン・スンウク
 ・『哀しき獣』“The Yellow Sea(Hwanghae)”(2010/韓) 監督:ナ・ホンジン
 ・“Crawl”(2011/オーストラリア) 監督:Paul China
 ・“Gut”(2012/米) 監督:Elias
 ・“The Silent Thief”(2012/米) 監督:Jennifer Clary
 ・“Without”(2011/米) 監督:マーク・ジャクソン(Mark Jackson)
 ・“Adverse Effects(Reacciones adversas)”(2011/メキシコ) 監督:David Michán

 ◆Shadows 短編部門

 ・『任務遂行!』“Decapoda Shock”(2011/西) 監督:Javier Chillon
 ・“Legend(Leyenda)”(2011/西) 監督:Pau Teixidor
 ・“CTIN!”(2011/仏) 監督:Cyrille Drevon
 ・“The Peacock Eye(L'oeil du paon)”(2010/ベルギー) 監督:Geraldo Infuso
 ・『卒業式』“At the Formal”(2011/オーストラリア) 監督:Andrew Kavanagh
 ・“Suffer”(2011カナダ) 監督:Kimani Ray Smith
 ・“The Adder's Bite”(2011/カナダ) 監督:Firas Momani
 ・『希望の光』“Hope”(2011/カナダ) 監督:Pedro Pires
 ・“The Little Mermaid”(2011/カナダ) 監督:Nicholas Humphries
 ・“The 3rd Letter”(2010/米) 監督:Grzegorz Jonkajtys
 ・“Abandoned”(2011/米・メキシコ) 監督:Francisco Ruiz Velasco

 『任務遂行!』『卒業式』『希望の光』はショートショートフィルムフェスティバル&アジア2012で上映。

 ◆No Limit部門
 実験精神にあふれる意欲的な作品を上映する部門(たぶん)

 ・『SHAME-シェイム-』(2011/英) 監督:スティーヴ・マックイーン
 ・“Kids of Today(Des jeunes gens modernes)”(2011/仏) 監督:ジェローム・ド・ミソルツ(Jérôme de Missolz)
 ・“Diaz Don't Clean Up This Blood”(2012/伊・ルーマニア・仏) 監督:ダニエレ・ヴィカリ(Daniele Vicari)
 ・“Bastard”(2011/独) 監督:Carsten Unger
 ・“Whores' Glory”(独・オーストリア) 監督:ミハエル・グラウガー(Michael Glawogger)
 ・“Zero Killed”(2012/オーストリア・独) 監督:Michal Kosakowski
 ・“Michael”(2011/オーストリア) 監督:マルクス・シュラインツァー(Markus Schleinzer)
 ・“Alps”(2011/ギリシャ) 監督:ヨルゴス・ランティモス(Giorgos Lanthimos)
 ・“Love is in the Air(Magi i luften)”(2011/デンマーク・スウェーデン) 監督:Simon Staho
 ・“Turn Me On, Dammit!(Få meg på, for faen)”(2011/ノルウェー) 監督:Jannicke Systad Jacobsen
 ・“Modest Reception(Paziraie sadeh)”(2012/イラン) 監督:マニ・ハギギ
 ・『ヒミズ』“Himizu”(2011/日) 監督:園子温
 ・“Bestiaire”(2012/カナダ・仏) 監督:Denis Côté
 ・“Joshua Tree, 1951 A Portrait of James Dean”(2012/米) 監督:Matthew W. Mishory
 ・“Porfirio”(2011/コロンビア・ウルグアイ・アルゼンチン・西) 監督:Alejandro Landes

 ◆What’s Up, Docs?部門
 ドキュメンタリー部門。

 ・“A Man's Story”(2010/英) 監督:Varon Bonicos
 ・『ボブ・マーリー/ルーツ・オブ・レジェンド』“Marley”(2012/英・米) 監督:ケヴィン・マクドナルド
 ・“Little Matador”(2011/アイルランド) 監督:Sandra Jordan、ガブリエル・レンジ(Gabriel Range)
 ・“900 Days”(2011/オランダ) 監督:Jessica Gorter
 ・“Meet the Fokkens(Ouwehoeren)”(2011/オランダ) 監督:Gabrielle Provaas、Rob Schröder
 ・“The Substance Albert Hofmann's LSD”(2011/スイス 監督:Martin Witz
 ・“The Look”(2011/独・仏) 監督:Angelina Maccarone
 ・“Italy Love It, or Leave It”(2011/独・伊) 監督:グスタブ・ホーファー(Gustav Hofer)、ルカ・ラガッツィ(Luca Ragazzi)
 ・“Khodorkovsky”(2011/独) 監督:Cyril Tuschi
 ・“Revision”(2012/独) 監督:Philip Scheffner
 ・“The Other Chelsea A Story from Donetsk”(2010/独・ウクライナ) 監督:Jakob Preuss
 ・“Login 2 Life”(2011/オーストリア・独) 監督:Daniel Moshel
 ・“Cooking History(Ako sa varia dejiny)”(2009/スロヴァキア・チェコ・オーストリア・フィンランド) 監督:Peter Kerekes
 ・“The Bengali Detective”(2011/米・英・インド) 監督:Philip Cox
 ・『クレイジーホース・パリ 夜の宝石たち』“Crazy Horse”(2011/米・仏) 監督:フレデリック・ワイズマン
 ・“Cerro rico, tierra rica”(2011/コロンビア・ボリビア・米) 監督:Juan Vallejo

 ◆3×3部門
 3x3部門は、世界から3人の映画監督を選んで3作品ずつ上映し、表彰するプログラム。

 [クロード・ルルーシュ]
 ・『男と女』“A Man and a Woman(Un homme et une femme)”(1966/仏) 監督:クロード・ルルーシュ
 ・『愛と哀しみのボレロ』“Les uns et les autres”(1981/仏) 監督:クロード・ルルーシュ
 ・“From one film to another(D'un film à l'autre)”(2011/仏) 監督:クロード・ルルーシュ

 [松本人志]
 ・『大日本人』“Big Man Japan(Dai - nihonjin)”(2007/日) 監督:松本人志
 ・『しんぼる』“Symbol(Shinboru)”(2009/日) 監督:松本人志
 ・『さや侍』“Scabbard Samurai(Saya - zamurai)”(2010/日) 監督:松本人志

 [オーレ・クリスチャン・マセン]
 ・“Kira's Reason A Love Story(En Kærlighedshistorie)”(2001/デンマーク) 監督:オーレ・クリスチャン・マセン
 ・“Prague(Prag)”(2006/デンマーク) 監督:オーレ・クリスチャン・マセン
 ・“SuperClasico”(2011/デンマーク) 監督:オーレ・クリスチャン・マセン

 ◆100%スタンリー・キューブリック

 ・『非情の罠』“Killer's Kiss”(1955/米) 監督:スタンリー・キューブリック
 ・『現金に体を張れ』“The Killing”(1956/米) 監督:スタンリー・キューブリック
 ・『突撃』“Paths of Glory”(1957/米) 監督:スタンリー・キューブリック
 ・『スパルタカス』“Spartacus” (1960/米) 監督:スタンリー・キューブリック
 ・『ロリータ』“Lolita”(1961/英・米) 監督:スタンリー・キューブリック
 ・『博士の異常な愛情』“Dr. Strangelove or How I Learned to Stop Worrying and Love the Bomb”(1964/英) 監督:スタンリー・キューブリック
 ・『2001年宇宙の旅』“2001 A Space Odyssey”(1968/英・米) 監督:スタンリー・キューブリック
 ・『時計じかけのオレンジ』“A Clockwork Orange”(1971/英・米) 監督:スタンリー・キューブリック
 ・『バリー・リンドン』“Barry Lyndon”(1975/英・米) 監督:スタンリー・キューブリック
 ・『シャイニング』“The Shining”(1980/英・米) 監督:スタンリー・キューブリック
 ・『フルメタル・ジャケット』“Full Metal Jacket”(1987/英・米) 監督:スタンリー・キューブリック
 ・『アイズ・ワイド・シャット』“Eyes Wide Shut”(1999/英・米) 監督:スタンリー・キューブリック
 ・『A.I.』“A.I. Artificial Intelligence”(2001/米) 監督:スティーヴン・スピルバーグ
 ・“Making 'The Shining'”(1980/米) 監督:Vivian Kubrick
 ・“Stanley Kubrick A Life in Pictures”(2001/米) 監督:ヤン・ハーラン(Jan Harlan)
 ・“O Lucky Malcolm!”(2006/英) 監督:ヤン・ハーラン(Jan Harlan)
 ・“Once Upon a Time a Clockwork”(2011/仏) 監督:Antoine de Gaudemar

 ◆100%スタンリー・キューブリック 短編部門

 ・『拳闘試合の日』“Day of the Fight”(1951/米) 監督:スタンリー・キューブリック
 ・『空飛ぶ牧師』“Flying Padre”(1951/米) 監督:スタンリー・キューブリック

 ◆特集「神々と男たち」(Gods and Men)

 ・“The Monk(Le moine)”(2011/西・仏) 監督:ドミニク・モル
 ・“Donoma”(2010/仏) 監督:Djinn Carrénard
 ・“The Rabbi's Cat(Le Chat du rabbin)”(2011/仏・オーストリア) 監督:Antoine Delesvaux、ジョアン・スファール
 ・“Teodora Sinner(Păcătoasa Teodora)”(2011/ルーマニア) 監督:Anca Hirte
 ・“Corrode(Kshay)”(2011/インド) 監督:Karan Gour
 ・『ヘッドショット』“Headshot(Fon Tok Kuen Fah)”(2011/タイ・仏) 監督:ペンエーグ・ラッタナルアーン
 ・“A Confession(Gan-jeung)”(2010/韓) 監督:Su-min Park
 ・“David”(2011/米) 監督:Joel Fendelman
 ・“Electrick Children”(2012/米) 監督:Rebecca Thomas
 ・“The Light in Her Eyes”(2011/米・シリア) 監督:Julia Meltzer、Laura Nix
 ・“The of the Tiger(El Año del Tigre)”(2011/チリ) 監督:Sebastián Lelio

 ◆トリビュート:キラー・フィルム (Tribute Killer Films)

 ・『パーティ★モンスター』“Party Monster”(2003/米・オランダ) 監督:フェントン・ベイリー、ランディ・バルバート
 ・“Dragonslayer”(2011/米) 監督:Tristan Pattersen
 ・『ミルドレッド・ピアース 幸せの代償』“Mildred Pierce”(2011/米) 監督:トッド・ヘインズ
 ・『恍惚』“Swoon”(1992/米) 監督:トム・ケイリン

 ◆フォーカス・セレクション:デンマーク映画

 ・『ドクター中松の発明』“The Invention of Dr. Nakamats(Opfindelsen af Dr. Nakamats)”(2009/デンマーク) 監督:Kaspar Astrup Schröder
 ・“A Funny Man(Dirch)”(2011/デンマーク) 監督:Martin Zandvliet
 ・“Ballroom Dancer”(2011/デンマーク・米・英・ウクライナ・ロシア・香港・中・独・日) 監督:Christian Bonke、Andreas Koefoed
 ・“Beast”(2011/デンマーク) 2011/デンマーク) 監督:Frederikke Aspöck
 ・“The Ambassador(Ambassadøren)”(2011/デンマーク) 監督:Mads Brügger

 ◆フォーカス・セレクション:オーストラリア映画

 ・『アニマル・キングダム』“Animal Kingdom”(2010/オーストラリア) 監督:デイヴィッド・ミショッド
 ・“Mad Bastards”(2010/オーストラリア) 監督:Brendan Fletcher
 ・“Hail”(2011/オーストラリア) 監督:Amiel Courtin-Wilson
 ・“Shut Up Little Man! An Audio Misadventure”(2011/オーストラリア) 監督:Matthew Bate
 ・『スリーピング・ビューティ/禁断の悦び』“Sleeping Beauty”(2011/オーストラリア) 監督:ジュリア・リー
 ・『ハンター』“The Hunter”(2011/オーストラリア) 監督:ダニエル・ネットハイム
 ・“The Snowtown Murders”(2011/オーストラリア) 監督:Justin Kurzel

 ◆フォーカス・セレクション:中国映画

 ・『鋼のピアノ』“The Piano in a Factory(Gang de qin)”(2010/中) 監督:チャン・メン
 ・『サンザシの樹の下で』“Under the Hawthorn Tree”(2010/中) 監督:チャン・イーモウ
 ・『唐山大地震』“Aftershock”(2010/中) 監督:フォン・シャオガン
 ・『王朝の陰謀 判事ディーと人体発火怪奇事件』“Detective Dee and the Mystery of the Phantom Flame”(2010/中) 監督:ツイ・ハーク
 ・『少林寺』“Shaolin”(2011/中) 監督:ベニー・チャン
 ・『運命の子』“Sacrifice(Zhao shi gu er)”(2011/中) 監督:チェン・カイコー

 ◆ルーマニアン・デイズ

 ・“Teodora Sinner(Păcătoasa Teodora)”(2011/ルーマニア) 監督:Anca Hirte
 ・“Best Intentions(Din dragoste cu cele mai bune intenții)”(2011/ルーマニア) 監督:Adrian Sitaru
 ・“8th of March(8 martie)”(2012/ルーマニア) 監督:Alexandru Belc
 ・“A Dream's Merchant(Un gând, un vis, Doyle... și-un pix)”(2012/ルーマニア) 監督:Bogdan Ilie-Micu
 ・“Chasing Rainbows(Și caii sunt verzi pe pereți)”(2012/ルーマニア) 監督:Dan Chișu
 ・『クルリク』“Crulic - The Path to Beyond”(2012/ルーマニア・ポーランド) 監督:アンカ・ダミアン(Anca Damian)
 ・“Everybody in Our Family(Toată lumea din familia noastră)”(2012/ルーマニア・オランダ) 監督:Radu Jude
 ・“Killing Time”(2012/ルーマニア) 監督:Florin Piersic Jr.
 ・“Of Snails and Men(Despre oameni și melci)”(2012/ルーマニア・仏) 監督:Tudor Giurgiu
 ・“Somewhere in Palilula(Undeva la Palilula)”(2012/ルーマニア) 監督:Silviu Purcărete
 ・“Three Days till Christmas (The Last Days in the Life of Elena and Nicolae Ceauşescu/Ultimele zile din viaţa Elenei şi a lui Nicolae Ceauşescu)”(2012/ルーマニア) 監督:Radu Gabrea
 ・“Turn Off the Lights”(2012/ルーマニア) 監督:Ivana Mladenovic

 ◆ルーマニア・デイズ 短編部門 ( Ro Days Shorts)

 ・“Reflex”(2011/ルーマニア) 監督:Andra Chiriac
 ・“Blu”(2011/ルーマニア)  監督:Nicolae Constantin Tănase
 ・“Grand Hotel Italia”(2011/ルーマニア) 監督:Rodi Cotenescu
 ・“Houseparty(Chefu’)”(2011/ルーマニア) 監督:Adrian Sitaru
 ・“Infinite Minutes(Minute infinite)”(2011/ルーマニア・ハンガリー) 監督:Cecilia Felméri
 ・“Sink”(2011/ルーマニア) 監督:Iulia Rugină
 ・“30-40-50”(2012/ルーマニア) 監督:Iulia Rugină, Eva Pervolovici, Stanca Radu
 ・“Daddy Rulz(Tatăl meu e cel mai tare)”(2012/ルーマニア) 監督:Radu Potcoavă
 ・“Donna Must Die!”(2012/ルーマニア) 監督:Ismail Jamaludin、Dragoș Dulea
 ・“From Now On(De azi înainte)”(2012/ルーマニア) 監督:Dorian Boguță
 ・“Hello Kitty”(2012/ルーマニア) 監督:Millo Simulov
 ・“In Godfather's Movie(În film la Nașu'”(2012/ルーマニア)) 監督:Cristina Jacob
 ・“Another Christmas(Un alt Crăciun)”( /ルーマニア) 監督:Tudor Giurgiu
 ・“Breath”( /ルーマニア) 監督:Bán Attila
 ・“The Scream(Țipătul)”( /ルーマニア) 監督:Sebastian Cosor
 ・“Vă e rău?”( /ルーマニア) 監督:Dan Cimpoeșu

 ◆ハンガリアン・デイ

 ・“Just the Wind(Csak a szél)”(2012/ハンガリー・独・仏) 監督:Benedek Fliegauf
 ・“Retrace(Vissatérés)”(2011/ハンガリー・ルーマニア・スウェーデン) 監督:Judit Elek
 ・“Hungary 2011(Magyarország 2011)”(2012/ハンガリー) 監督:András Jeles、Ágnes Kocsis、Ferenc Török、Simon Szabó、Márta Mészáros、Péter Forgács、László Siroki、ジョルジ・パールフィ、Bence Fliegauf、András Salamon、Miklós Jancsó

 ◆HBO Day

 ・“And God Created Sex(I bóg stworzł seks)”(2011/ポーランド) 監督:Konrad Szołajski
 ・“Heaven Hell(Nebe Peklo)”(2010/チェコ) 監督:David Čálek
 ・“Caught Between Two Worlds(Két világ közt)”(2011/ハンガリー) 監督:Viktor Oszkár Nagy
 ・“Digging for Life(Doina groparilor)”(2011/ルーマニア) 監督:Pavel Cuzuioc

 ◆児童向けプログラム(EducaTIFF)

 ・“Death of a Superhero”(2011/独・アイルランド) 監督:イアン・フィッツギボン
 ・“Our School( Școala noastră )”(2011/米・スイス・ルーマニア) 監督:Mona Nicoară, Miruna、Coca-Cozma
 ・“The Great Bear”(2011/デンマーク) 監督:Esben Toft Jacobsen
 ・『少年と自転車』“The Kid With a Bike( Le gamin au vélo )”(2011/ベルギー・仏・伊) 監督:ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ
 ・『クルリク』“Crulic - The Path to Beyond(Crulic – drumul spre dincolo)”(ルーマニア・ポーランド) 監督:アンカ・ダミアン(Anca Damian)
 ・“The Painting(Le tableau)”(2011/仏) 監督:ジャン=フランソワ・ラギオニ
 ・“Tom Sawyer”(2011/独) 監督:ヘルミーネ・フントゥゲボールト(Hermine Huntgeburth)

 ◆エコ・プログラム(EcoTIFF)

 ・“GasLand(GasLand)”(2010/米) 監督:Josh Fox

--------------------------------

 全部で25の部門があります。

 コンペティション部門についてみれば、トランシルヴァニア国際映画祭は、過去半年間くらいに国際映画祭で受賞を重ねてきたような作品ばかりでラインナップが組まれ、プレミア感こそありませんが、クオリティーが保証された粒よりのラインナップとなるため、それはそれで見ごたえがあるラインナップになっています。
 まあ、後発の映画祭で、全世界期待の映画作家の作品を集めることが難しい映画祭としては、なかなかうまいやり方と言えるかもしれません。

 そうした傾向は今年も同様で、各作品の主な受賞歴・出品歴は、ラインナップの下に書いた通りですが、その中に、国際映画祭で受賞を重ねてきたわけでもない、むしろ日本でもほとんど全く知られていない宮崎大祐監督の『夜が終わる場所』が入ったのは、異例の出来事で、エントリーされただけで快挙と言っていいと思います。

 これまでの全ラインナップがチェックできているわけではないので、正確なところはわかりませんが、これまでの4回のエントリー作品がヨーロッパ映画を中心に組まれていることを考えても、おそらくトランシルヴァニア国際映画祭のコンペティション部門に日本映画がエントリーされるのはこれが初めてだと思われます。

 今回、受賞するかどうかはともかく、トランシルヴァニア国際映画祭で大きな国際的なお披露目をした『夜が終わる場所』が、今後どんな風に化けていくかは要注目です。
 日本では9月にユーロスペースで公開予定。国際的には、昨年のサンパウロ国際映画祭で上映されているほか、今後もいくつかの映画祭にエントリーされているようです。
 楽しみですね。

 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・トランシルヴァニア国際映画祭2009 ラインナップ:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200905/article_15.html
 ・トランシルヴァニア国際映画祭2009 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200906/article_10.html
 ・トランシルヴァニア国際映画祭2010 ラインナップ:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201005/article_15.html
 ・トランシルヴァニア国際映画祭2010 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201006/article_9.html
 ・トランシルヴァニア国際映画祭2011 ラインナップ:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201105/article_28.html
 ・トランシルヴァニア国際映画祭2011 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201106/article_14.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2012年6月~2013年1月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201206/article_9.html

 追記:
 ・トランシルヴァニア国際映画祭2012 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201206/article_13.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック