ザグレブ国際アニメーションフェスティバル2012 ラインナップ! その2

画像


 【マスターズ・オブ・アニメーション部門】 (Masters Of Animation)

 ◆久里洋二特集
 ・『ファッション』“Fasion”(1960)
 ・『切手の幻想』“Fantasia of stamps”(1960)
 ・『人間動物園』“Human zoo”(1962)
 ・『愛』“Love”(1963)
 ・『男と女と犬』“Man and woman and dog”(1963)
 ・『椅子』“The chair”(1964)
 ・『アオス』“AOS”(1964)
 ・『隣の野郎』“The man next door”(1965)
 ・『窓』“The window”(1965)
 ・『殺人狂時代』“Au fou !”(1965)
 ・『部屋』“The room”(1967)

 ◆グランプリ1972-2012(Grand Prix 1972 - 2012 )
 ・『ケルジェネツの戦い』“Seča pri Keržence(The Battle of Kerzhenets)”(1971/ソ連) 監督:I・イワノフ・ワーノ(Ivan Ivanov Vano)、 ユーリ・ノルシュテイン
 ・“Dnevnik(Diary)”(1974/ユーゴスラビア) 監督:ネデリコ・ドラギッチ(Nedeljko Dragić)
 ・『サティマニア』“Satiemania”(1978/ユーロスラビア) 監督:ズデンコ・ガスパロヴィッチ(Zdenko Gašparović)
 ・『話の話』“Skaska skazok(Tale of Tales)”(1979/ソ連) 監督:ユーリ・ノルシュテイン
 ・『ジャンピング』“Jumping”(1981/日) 監督:手塚治虫
 ・『草上の朝食』“Eine murul(Breakfast on the Grass)”(1987/ソ連) 監督:プリート・パルン
 ・“The Brooch Pin and the Sinful Clasp”(1990/英) 監督:Joanna Woodward
 ・『フランツ・カフカ』“Franz Kafka”(1991/ポーランド) 監督:ピヨトール・ドゥマウァ(Piotr Dumala)
 ・『ウォレスとグルミット/ペンギンに気をつけろ』“The Wrong Trousers”(1993/英) 監督:ニック・パーク
 ・『1895』“1895”(1995/エストニア) 監督:プリート・パルン、Janno Põldma
 ・『水の精-マーメイド-』“The Mermaid”(1996/ロシア) 監督:アレクサンドル・ペトロフ
 ・『ある一日のはじまり』“When the Day Breaks”(1999/カナダ) 監督:アマンダ・フォービス、ウェンディ・ティルビー
 ・『岸辺のふたり』“Father and daughter”(2000/英・オランダ) 監督:マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット
 ・『頭山』“Atamayama(Mt. Head)”(2002/日) 監督:山村浩二
 ・“Dreams and Desires - Family Ties”(2006/英) 監督:ジョアンナ・クイン(Joanna Quinn)
 ・“The Pearce Sisters”(2007/英) 監督:Louis Cook
 ・『雨の中のダイバー』(雨の中の潜水夫/ダイバーズ・イン・ザ・レイン/雨のダイバー)“Tuukrid vihmas(Divers in the Rain)”(2010/エストニア) 監督:オルガ・パルン、プリート・パルン

 ◆クロアチア・アニメーションの1962-63(Croatian Animated Films 1962-63)
 ・“Bumerang(Boomerang)”(1962/ユーゴスラビア) 監督:ボリス・コラール(Boris Kolar)
 ・『戦争ごっこ』“Igra(Play)”(1962/ユーゴスラビア) 監督:ドゥシャン・ヴコティッチ(Dušan Vukotić)
 ・“Mala kronika(Everyday chronicle)”(1962/ユーゴスラビア) 監督:ヴァトロスラフ・ミミカ(Vatroslav Mimica)
 ・“Lula mira (serija Inspektor Maska)(Calumet (series Inspektor Maska))”(1962/ユーゴスラビア) 監督:ズラトコ・グルギッチ(Zlatko Grgić)
 ・“Tifusari(Typhoid)”(1963/ユーゴスラビア) 監督:ヴァトロスラフ・ミミカ(Vatroslav Mimica)
 ・“Krava na granici(Cow on the border)”(1963/ユーゴスラビア) 監督:Dragutin Vunak
 ・“Ole, torero! (series Inspektor Maska)”(1963/ユーゴスラビア) 監督:Borivoj Dovniković
 ・“Astromati(Astromutts)”(1963/ユーゴスラビア) 監督:ドゥシャン・ヴコティッチ(Dušan Vukotić)

 ◆アンドレアス・ヒュカーデ特集(Andreas Hykade)
 ・“Wir lebten im Gras(We lived in grass)”(1995/独) 監督:アンドレアス・ヒュカーデ
 ・“Gigi d'Agostino: BLA BLA BLA”(1999/独) 監督:Ged Haney、アンドレアス・ヒュカーデ
 ・『炎の輪』“Ring of Fire”(2000/独) 監督:アンドレアス・ヒュカーデ
 ・“Tom im Wald(Tom in the Woods)”(2004/独) 監督:アンドレアス・ヒュカーデ
 ・“Tom wird dick(Fat Tom)”(2004/独) 監督:アンドレアス・ヒュカーデ
 ・“Die Toten Hosen: WALKAMPF”(2004/独) 監督:アンドレアス・ヒュカーデ
 ・“Der Kloane(The runt)”(2006/独) 監督:アンドレアス・ヒュカーデ
 ・“Tom's band”(2008/独) 監督:アンドレアス・ヒュカーデ
 ・『愛と剽窃』“Love & Theft”(2010/独) 監督:アンドレアス・ヒュカーデ

 『愛と剽窃』はAnimations Festival'10で上映されています。

 ◆3x3
 ・“De karakters(The characters)”(1986/オランダ) 監督:Evert de Beijer
 ・“Hotel Narcis”(1994/オランダ) 監督:Evert de Beijer
 ・“Car Craze”(2003/オランダ) 監督:Evert de Beijer
 ・“The Man in the Lower-Left Hand Corner of the Photograph”(1997/英) 監督:Robert Morgan
 ・“The cat with hands”(2001/英) 監督:Robert Morgan
 ・“The separation”(2003/英) 監督:Robert Morgan
 ・“int.16/54//son01/30×1”(2005/オーストリア) 監督:Lia
 ・“Flow”(2006/オーストリア) 監督:Lia
 ・“Construction 76”(2008/オーストリア) 監督:Lia

--------------------------------

 【特別プログラム】 (Special Programs)

 ◆アニメーションの奇妙な果実(Strange Fruits Of Animation)
 ・“Codswallop”(2009/英) 監督:Greg McLeod、Myles McLeod
 ・『サムのホットドッグ』“Sam's Hot Dogs”(2009/英) 監督:デイヴィッド・ロペズ・レタメロ(David Lopez Retamero)
 ・“Guisado de galinha(Chicken Stew)”(2008/ポルトガル) 監督:Joana Toste
 ・『ボリス』“Boris”(2008/オーストリア) 監督:ダニエル・ランドクイスト(Daniel Lundquist)
 ・“Eläimiä eläimille(Animals for Animals)”(2011/フィンランド) 監督:タトゥ・ポホヤヴィルタ(Tatu Pohjavirta)、Mark Ståhle
 ・“Suitsupääsukese raskest elust(About the Hard Life of the Barn Swallow)”(2011/エストニア) 監督:Chintis Lundgren
 ・“Na grani(On the edge)”(2007/ウクライナ) 監督:Nikita Ratnikov、Artem Sukharev
 ・“Bolero”(1992/ロシア) 監督:イワン・マクシーモフ(Ivan Maximov)
 ・『チェーンソー・メイド』“Chainsaw maid”(2007/日) 監督:長尾武奈
 ・“Cat”(2009/米) 監督:Peyton Skyler

 『サムのホットドッグ』は「和田淳と世界のアニメーション」(2011)で上映されています。
 『ボリス』はAnimations Festival'10で上映されています。

 ◆耳で楽しむ映画部門(Cinema For The Ear)

 こんなタイトルがついていますが、要するに、アニメーションによるミュージック・ビデオ作品を上映する部門で、画質はともかくも、ほとんどの作品はYou Tubeで視聴することができます。

 ・Unkle:“An eye for an eye”(2002/英) 監督:Shynola、ルース・リングフォード(Ruth Lingford)
 ・Kraak & Smaak:“Dynamite (feat. Sebastian)”(2010/英) 監督:Superelectric、 Henk Loorbach
 ・Coldplay:“Strawberry Swing”(2009/英) 監督:Shynola
 ・Moray Mclaren:“We got time”(2009/英) 監督:デイヴィッド・ウィルソン(David Wilson)
 ・Billy Payne:“Spin spun span”(2010/英) 監督:Emily Howells、Anne Wilkins
 ・Gang gang dance:“Mindkilla'”(2011/英・米) 監督:SHOJI GOTO
 ・Nobody beats the drum:“Grindin'”(2010/オランダ) 監督:Rogier van der Zwaag
 ・Five years older:“The city”(2010/スイス) 監督:Dirk Koy
 ・Skyence:“Insct”(2010/独) 監督:Johannes Timpernagel
 ・Clark:“Herr Bar”(2007/オーストリア) 監督:Clemens Kogler
 ・Minilogue:“Animals”(2008/スウェーデン) 監督:Kristofer Ström
 ・Litle Dragon:“Twice”(2007/スウェーデン) 監督:Johannes Nyholm
 ・Oren Lavie:“Her morning elegance(Oren Lavie - Her morning elegance)”(2009/イスラエル) 監督:オレン・ラヴィ(Oren Lavie)、Merav Nathan、Yuval Nathan
 ・Danger Beach:“Apache”(2011/オーストラリア) 監督:ネッド・ウェンロック(Ned Wenlock)
 ・R.E.M.:“Discoverer”(2011/米) 監督:Lynda Stipe、マイケル・スタイプ(Michael Stipe)
 ・Chad VanGaalen:“Peace on the rise”(2011/米) 監督:チャド・ヴァンガーレン(Chad VanGaalen)
 ・Dan Wholey:“Amateur rocketry”(2010/米) 監督:AWESOME+ modest

 一部の作品は、ミュージシャン本人が監督として参加していますが、そのほかの監督もアニメーション作家としてよく知られ、人気がある人が多いようです。

 ◆ヨーロッパTV作品(European TV Series)
 ・『ミスター・ロッシ、スキーへ行く』“Il signor Rossi va a sciare(Mr. Rossi goes Skiing)”(1963/伊) 監督:ブルーノ・ボツェット
 ・『ミスター・ロッシ、キャンプへ行く』“Il signor Rossi al camping(Mr. Rossi at the Camping)”(1970/伊) 監督:ブルーノ・ボツェット(Bruno Bozzetto)
 ・“La Linea”(1970/伊) 監督:オズヴァルド・カヴァンドーリ(Osvaldo Cavandoli)
 ・“La Linea 102”(1978/伊) 監督:オズヴァルド・カヴァンドーリ(Osvaldo Cavandoli)
 ・“La Linea 103”(1978/伊) 監督:オズヴァルド・カヴァンドーリ(Osvaldo Cavandoli)
 ・“Gusztáv ágyban marad(Gustavus Stays in Bed)”(1964/ハンガリー) 監督:Attila Dargay
 ・“Gusztáv és a túlsó oldal(Gustavus and the Other Side)”(1967/ハンガリー) 監督:Marcell Jankovics
 ・『もぐらくんとラジオ』“Krtek a transistor(The Mole and the Transistor Set)”(1968/チェコスロヴァキア) 監督:ズデネック・ミレル
 ・『もぐらくんとマッチばこ』“Krtek a zápalky(The Mole and the Matchbox)”(1974/チェコスロヴァキア) 監督:ズデネック・ミレル
 ・『コオロギくんとコントラバス』“Cvrček a basa(The Cricket and the Double-bass)”(1979/チェコスロヴァキア) 監督:ズデネック・ミレル
 ・『コオロギくんとエンジン』“Cvrček a stroj(The Cricket and the Engine)”(1979/チェコスロヴァキア) 監督:ズデネック・ミレル
 ・『パットとマット/サイクリング』“Pat a Mat: Cyclisti(Pat & Mat: The Cyclists)”(1992/チェコ) 監督:ルボミール・ベネシュ(Lubomír Beneš)
 ・『パットとマット/ビリヤード』“Pat a Mat: Kulečník(Pat & Mat: Billiard)”(1994/チェコ) 監督:ルボミール・ベネシュ
 ・“Przygode Lolka a Bolka: Podwodna wycieczka(Adventures of Bolek and Lolek: An Underwater Tour)”(1974/ポーランド) 監督:Stanisław Dülz
 ・“Przygode Lolka a Bolka: Morska wyprawa(Adventures of Bolek and Lolek: The Sea Expedition)”(1977/ポーランド) 監督:Stanisław Dülz
 ・“Profesor Balthazar: Hanibalove alpe(Profesor Balthazar: Lighthouse Keeping)”(1969/ユーゴスラビア) 監督:ズラトコ・グルギッチ(Zlatko Grgić)、ボリス・コラール(Boris Kolar)、アンテ・ザニノヴィッチ(Ante Zaninović)
 ・“Profesor Balthazar: O mišu i satovima(Profesor Balthazar: Of Mice and Ben)”(1969/ユーゴスラビア) 監督:ズラトコ・グルギッチ(Zlatko Grgić)、ボリス・コラール(Boris Kolar)、アンテ・ザニノヴィッチ(Ante Zaninović)
 ・“Alfred, noćni čuvar (Alfred the Night Watchman)”(1971/独・ユーゴスラビア) 監督:ズラトコ・グルギッチ(Zlatko Grgić)
 ・“Duga prof. Balthazara(Somewhat Over the Rainbow)”(1971/独・ユーゴスラビア) 監督:アンテ・ザニノヴィッチ(Ante Zaninović)
 ・“Bim i Bum(Bim, Bam, Bum)”(1972/独・ユーゴスラビア) 監督:ズラトコ・グルギッチ(Zlatko Grgić)
 ・“Čudotvorni kolač(For Heaven's Cake)”(1972/独・ユーゴスラビア) 監督:ボリス・コラール(Boris Kolar)
 ・“Zlatko Grgić”(1972/独・ユーゴスラビア) 監督:ズラトコ・グルギッチ(Zlatko Grgić)
 ・“Figaro hop(Some Like it Hop)”(1972/独・ユーゴスラビア) 監督:ボリス・コラール(Boris Kolar)
 ・“Krojač Silvestar(The Grave Little Taylor)”(1972/独・ユーゴスラビア) 監督:ボリス・コラール(Boris Kolar)
 ・“Medved Bojan: V cirkusu(Bojan the Bear: In the Circus)”(1985/ユーゴスラビア) 監督:ブランコ・ラニトヴィッチ(Branko Ranitović)
 ・“Medved Bojan: Fotograf(Bojan the Bear: The Photographer)”(1988/ユーゴスラビア) 監督:ブランコ・ラニトヴィッチ(Branko Ranitović)

 ◆カトゥーン・ドール2011(Cartoon D'or 2011)
 ・『グラッファロー』“The Gruffalo”(英/2009) 監督:Jakob Schuh & Max Lang
 ・『エクスターナル・ワールド』“The External World”(アイルランド/2010) 監督:デイヴィッド・オライリー
 ・“Pivot”(オランダ/2009) 監督:André Bergs
 ・『MOBILE』“Mobile”(独/2010) 監督:Verena Fels
 ・『坊やと野獣』“The Little Boy and the Beast(Der Kleine und das Biest)”(独/2009) 監督:Johannes Weiland & Uwe Heidschötter
 ・『パス・オブ・ヘイト』“Paths of Hate”(ポーランド/2010) 監督:Damian Nenow

 『グラッファロー』はショートショートフィルムフェスティバル&アジア2012にて上映予定です。
 『エクスターナル・ワールド』『パス・オブ・ヘイト』は札幌国際短編映画祭2011で上映されています。『エクスターナル・ワールド』は最優秀コンテンポラリー / エクスぺリメンタルショート賞受賞。『パス・オブ・ヘイト』は最優秀ノンダイアログ賞受賞。
 『MOBILE』は東京アニメアワード2011学生部門最優秀作品賞。

 ◆最新イタリア・アニメーション(New Italian Animation)
 ・『ザ・タイト・ロープ・ウォーカー』“La funambola(The Tight-Rope Walker)”(2002/伊) 監督:ロベルト・カターニ(Roberto Catani)
 ・“The Journey of the Birdboy”(2007/伊) 監督:Chiara Ambrosio
 ・“Aztrokitifk & Mario si danno al Crimine!”(2008/伊) 監督:Gianluca Lo Presti、Ivan Manuppelli
 ・“Imago”(2008/伊) 監督:Beatrice Pucci
 ・“Giallo a Milano(Made in Chinatown)”(2009/伊) 監督:Sergio Basso、Lorenzo Latrofa
 ・“Ci sono gli spiriti(There are spirits)”(2009/伊) 監督:アウヴィズ・レンズイーニ(Alvise Renzini)
 ・“Percorso 0009-0410(Journey 009-0410)”(2010/伊) 監督:Igor Imhoff
 ・“Arithmètique”(2010/伊) 監督:Giovanni Munari、Dalila Rovazzani
 ・“Corpus Nobody”(2010/伊) 監督:Audrey Coianiz、サウル・サグアッティ(Saul Saguatti)
 ・“Topo Glassato al Cioccolato(Frosted Chocolate Mouse)”(2011/伊) 監督:Milkyeyes Donato Sansone
 ・“Silenziosa-Mente”(2011/伊) 監督:Alessia Travaglino
 ・“Djuma”(2012/伊) 監督:Michele Bernardi
 ・“Le fobie del guardrail(Phobias of guard rail)”(2012/伊) 監督:Marco Capellacci
 ・“Dieci cadute(Ten Falls)”(2012/伊) 監督:Nicola Console

 ◆3Dアニメーションの夕べ(Tales Of The Night 3D)

 ・“Les contes de la nuit(Tales of the Night)”(2011/仏) 監督:ミシェル・オスロ

--------------------------------

 【その他のプログラム】

 ◆アニメーション学校作品(Animation Schools)
 [フィンランド トゥルクアーツアカデミー]
 ・“Ilo irti(The Irresistible Smile)”(2006/フィンランド) 監督:Ami Lindholm(トゥルクアーツアカデミー)
 ・“Viimeinen elefantti(The last elephant)”(2008/フィンランド) 監督:Antti Laakso(Arts Academy at Turku University of Applied Sciences)
 ・『ベニーニ』“Benigni”(2009/フィンランド) 監督:ジャスミーニー・オッテリン(Jasmiini Ottelin)、ピンジャ・バルタネン(Pinja Partanen)、エリ・ヴォリネン(Elli Vuorinen)(トゥルクアーツアカデミー)
 ・“Kielitiettyni(The Tongueling)”(2010/フィンランド) 監督:エリ・ヴォリネン(Elli Vuorinen)(トゥルクアーツアカデミー)
 ・“Kielitiettyni(The Tongueling)”(2010/フィンランド) 監督:エリ・ヴォリネン(Elli Vuorinen)(Tトゥルクアーツアカデミー)
 ・“Hiidenkiuas(Stone)”(2011/フィンランド) 監督:Janne Kukkonen(Turku University of Applied Sciences/Arts Academy)
 ・“Sivussa(Murky Papers)”(2011/フィンランド) 監督:Heta Jokinen(Turku University of Applied Sciences/Arts Academy)
 ・“Ongelmanratkontaa alemmassa ulottuvuudessa(Problem solving in a lower dimension)”(2011/フィンランド) 監督:Anton Sundström(トゥルクアーツアカデミー)
 ・“Yli ja ympäri(Over and Out)”(2011/フィンランド) 監督:Elina Kylmänen、Kari Pieskä、Tapani Tolonen(トゥルクアーツアカデミー)
 ・“Learning to Play”(2011/フィンランド) 監督:JP Saari(Arts Academy of Turku University of Applied Sciences)

 『ベニーニ』は「和田淳と世界のアニメーション」(2011)で上映されています。

 [ドイツ バーデン・ヴュルテンベルク州立フィルムアカデミー]
 ・『赤ウサギ』“Red Rabbit”(2007/独) 監督:エグモント・マイヤー(Egmont Mayer)
 ・“Herbstlaub - Autumn Leaves (FMX Trailer 2008)”(2007/独) 監督:Oliver Vogel
 ・『レーベンザーダー』(生命線)“Lebensader”(2009/独) 監督:アンジェラ・シュテフェン(Angela Steffen)
 ・『不気味に迫る』“Loom”(2010/独) 監督:Jan Bitzer、Ilija Brunck、Csaba Letay
 ・『Rabenjunge』“Rabenjunge(Ravenboy)”(2011/独) 監督:Andrea Deppert
 ・“Hai Hase”(2011/独) 監督:Florian Greth、Julia Reck
 ・『366日』“366 Tage(366 Days)”(2011/独) 監督:Johannes Schiehsl
 ・“Globosome (FMX Trailer 2012)”(2012/独) 監督:Sascha Geddert

 『レーベンザーダー』(生命線)は広島国際アニメーションフェスティバル2010、「和田淳と世界のアニメーション」(2011)で上映されています。
 『不気味に迫る』はICAF2011で上映されています。
 『赤ウサギ』は札幌国際短編映画祭2008で上映されています。
 『Rabenjunge』は文化庁メディア芸術祭2012新人賞受賞。
 『366日』はショートショートフィルムフェスティバル&アジア2012にて上映予定です。

 [クロアチア Zagreb Academy of Fine Arts]
 ・“Priča o snijegu(Snow Story)”(2005/クロアチア) 監督:Zdenko Bašić
 ・“Mobile Mania”(2008/クロアチア) 監督:Darko Vidačković
 ・『ミラマーレ』“Miramare”(2009/クロアチア・スイス) 監督:ミカエラ・ミュラー(Michaela Müller)
 ・“Cekaonica(Waiting Room)”(2011/クロアチア) 監督:Jelena Oroz
 ・“U sjeni (In the Shadow)”(2011/クロアチア) 監督:Manuel Šumberac
 ・“Daniil Ivanoviču, slobodan si(Daniil Ivanovič, You Are Free)”(2012/クロアチア) 監督:Petra Zlonoga
 ・“Transecho”(2012/クロアチア) 監督:Nikola Radović

 『ミラマーレ』は「和田淳と世界のアニメーション」(2011)で上映されています。

 ◆ファミリー・プログラム(Family Program)
 ・『ダンボール少年ドデュ』“Dodu - o rapaz de cartão(Dodu - The Cardboard Boy)”(ポルトガル) 監督:ホセ・ミゲル・リベイロ(José Miguel Ribeiro)
 ・“Ruedas, tiritas y piruletas(Wheels, band-aids and lollipops)”(西) 監督:María Medel
 ・“Bonifacio in Summertime(L'Eté de Boniface)”(2011/仏) 監督:ピエール=リュック・グランジョン(Pierre-Luc Granjon) & アントワーヌ・ランショー(Antoine Lanciaux)
 ・“Der kleine Vogel und das Blatt(The little Bird and the Leaf)”(スイス) 監督:Lena von Döhren
 ・“Koyaa lajf je cist odbit(Koyaa the Extraordinary)”(スロヴェニア) 監督:Kolja Saksida
 ・“Potraga(The search)”(クロアチア) 監督:Ivana Guljašević
 ・“Au coeur de l'hiver(Winter Heart)”(スイス) 監督:Isabelle Favez

 『ダンボール少年ドデュ』は札幌国際短編映画祭2011で上映されています。

 ◆アニメーションによる児童教育(Educational Activities For Children)
 エキジヴィジョンとワークショップ

 ◆会場以外でのアニメーション上映会(Animafest In Your Neighbourhood)

 ◆Animafest Pro
 参加監督との懇親会(Meet the Filmmakers)、アニメーション関連本の紹介(Book Presentation)、ジャパン・メディア・アーツ・フェスティバル(Japan Arts Festival)など。

 ◆特別イベント(Special Events)

 ・ザグレブ国際アニメーションフェスティバルの40年 1972-2012(40 YEARS OF ANIMAFEST ZAGREB 1972–2012)
 記録、写真等の展示、予告編のビデオ上映など。

 そのほか、オープニング、授賞式、2012年優秀作品上映など。

--------------------------------

 前回は、アヌシーやオタワで既に上映されている作品が多く、周回遅れの感が否めなかったのですが、やはりそうした反省があったのか、今回はまだアヌシーやオタワで上映されていない作品がほとんどです。

 短編コンペティションの年は、長編コンペティションの年より必然的に上映本数が多いのですが、今年は例年に比べて、遙かに上映本数の多い大会になっています。

 この映画祭は、基本的に映画祭のタイトルに通算回数は明示していませんが、今年は1972年に映画祭が始まって40周年で、アニバーサリーとしてプログラミングにも力が入っているのだと思われます。(2004年までは中断を含んでの隔年開催で、以後、毎年開催です。今年はおそらく第22回大会になると思われます。)

 コンペティション部門をはじめ、恒例のプログラムである「耳で楽しむ映画」や「カトゥーン・ドール特集」のほか、クロアチアやイタリアのアニメーション特集、久里洋二やアンドレアス・ヒュカーデのレトロスペクティヴもあって、実に充実したプログラムになっています。

 日本からは、2本の水江未来作品のほか、13作品、そして、久里洋二作品11本が上映されることになっています。

 なお、日本に紹介されたことのある作品、および、監督は、できるだけ邦題や日本語表記で示しましたが、すべてを把握しきれているわけではないので、ケアしきれていない部分もあるかもしれません。

 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 ザグレブ国際アニメーションフェスティバルのラインナップが一覧で見られるのは全世界でここだけですよ!

 *当ブログ記事

 ザグレブ国際アニメーションフェスティバル2012 ラインナップ その1:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201205/article_25.html

 ・ザグレブ国際アニメーションフェスティバル2010 ラインナップ:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201005/article_18.html
 ・ザグレブ国際アニメーションフェスティバル2010 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201006/article_5.html
 ・ザグレブ国際アニメーションフェスティバル2011 ラインナップ:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201105/article_26.html
 ・ザグレブ国際アニメーションフェスティバル2011 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201106/article_8.html

 ・カトゥーン・ドール2011:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201111/article_20.html

 追記:
 ・ザグレブ国際アニメーションフェスティバル2012 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201206/article_6.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック