第1回オーストラリア・アカデミー賞ノミネーション!

 第1回オーストラリア・アカデミー賞(AACTA:Australian Academy of Cinema and Television Arts)のノミネーションが発表になっています。(発表は11月30日)

 オーストラリア・アカデミー賞は、1958年スタートのオーストラリア映画協会賞(Australian Film Institute (AFI) Awards)からリニューアルになった映画賞です。

 映画賞自体は、開催時期が年末から年明けに変わったくらいで、オーストラリア映画協会賞とほとんど内容が変わっていません。

 AACTAができたからと言って、AFIがなくなったわけではなく、両者は共存していくようで、ともに非営利団体で、オーストラリアの映画テレビ産業の発展を支援することを目的としています。公式サイトを読んでも、その役割分担の違いがよくわかりませんが、AACTAがオーストラリアの映画テレビ業界の内側を向いている(内部の交流の推進を通して、業界の発展を目指す)のに対して、AFIは外側=一般の観客や視聴者の方を向いているという感じでしょうか。
 ひょっとすると、単に「オーストラリア・アカデミー賞」という名前が欲しかっただけなのかもしれませんが。

 ちなみに、AACTAの初代会長は、ジェフリー・ラッシュです。

 第1回オーストラリア・アカデミー賞のノミネーションは以下の通りです。


--------------------------------

 【長編映画部門】 (Feature Film)

 ◆作品賞(SAMSUNG AACTA Award For Best Film)
 ・“The Eye Of The Storm” 監督:フレッド・スケピシ
 ・『ハンター』“The Hunter” 監督:ダニエル・ネットハム(Daniel Nettheim)
 ・“Mad Bastards” 監督:Brendan Fletcher
 ・“Oranges And Sunshine” 監督:Jim Loach
 ・“RED DOG” 監督:Kriv Stenders
 ・“Snowtown” 監督:Justin Kurzel

 IF賞(第13回Kodak Inside Film Awards)では“RED DOG”が受賞。

 ◆監督賞(AACTA Award For Best Direction)
 ・“The Eye Of The Storm” 監督:フレッド・スケピシ
 ・『ハンター』“The Hunter” 監督:ダニエル・ネットハム(Daniel Nettheim)
 ・“RED DOG” 監督:Kriv Stenders
 ・“Snowtown” 監督:Justin Kurzel

 IF賞では、Kriv Stendersが受賞。

 ◆主演男優賞(AACTA Award For Best Lead Actor)
 ・ウィレム・デフォー 『ハンター』“The Hunter”
 ・Daniel Henshall “Snowtown”
 ・ジェフリー・ラッシュ “The Eye Of The Storm”
 ・デイヴィッド・ウェンハム “Oranges And Sunshine”

 IF賞では、ジョシュ・ルーカス(“RED DOG”)が受賞。

 ◆主演女優賞(AACTA Award For Best Lead Actress)
 ・ジュディー・デイヴィス “The Eye Of The Storm”
 ・フランシス・オコナー(Frances O'Connor) 『ハンター』“The Hunter”
 ・シャーロット・ランプリング “The Eye Of The Storm”
 ・エミリー・ワトソン “Oranges And Sunshine”

 IF賞では、エミリー・ワトソンが受賞。

 ◆助演男優賞(AACTA Award For Best Supporting Actor)
 ・John Gaden “The Eye Of The Storm”
 ・サム・ニール 『ハンター』“The Hunter”
 ・Robert Rabiah “Face To Face”(監督:マイケル・ライマー(Michael Rymer))
 ・ヒューゴ・ウィーヴィング “Oranges And Sunshine”

 ◆助演女優賞(AACTA Award For Best Supporting Actress)
 ・Morgana Davies 『ハンター』“The Hunter”
 ・Louise Harris “Snowtown”
 ・ヘレン・モース(Helen Morse) “The Eye Of The Storm”
 ・Alexandra Schepisi “The Eye Of The Storm”

 ◆オリジナル脚本賞(AACTA Award For Best Original Screenplay)
 ・“Griff The Invisible”(監督:レオン・フォード) レオン・フォード(Leon Ford)
 ・“The Loved Ones”(監督:Sean Byrne) Sean Byrne
 ・“Mad Bastards” Brendan Fletcher、Dean Daley-Jones、Greg Tait、John Watson
 ・『レッド・ヒル』“Red Hill” パトリック・ヒューズ(Patrick Hughes)

 ◆脚色賞(AACTA Award For Best Adapted Screenplay)
 ・“The Eye Of The Storm” ジュディー・モリス(Judy Morris)
 ・『ハンター』“The Hunter” Alice Addison
 ・“RED DOG” ダニエル・タブリッツ(Daniel Taplitz)
 ・“Snowtown” Shaun Grant

 IF賞では、ダニエル・タブリッツが受賞。
 ジュディー・モリスは、『ベイブ/都会へ行く』『ハッピー・フィート』などの脚本を手がける脚本家/俳優。

 ◆撮影賞(AACTA Award For Best Cinematography)
 ・『ハンター』“The Hunter” ロバート・ハンフリーズ(Robert Humphreys) ACS
 ・“RED DOG” ジェフリー・ホール(Geoffrey Hall) ACS
 ・『スリーピングビューティー/禁断の悦び』 ジェフリー・シンプソン(Geoffrey Simpson) ACS
 ・“Snowtown” Adam Arkapaw

 ロバート・ハンフリーズは、『ボビーとディンガン』などを手がける撮影監督。
 ジェフリー・ホールは、『沈黙の奪還』『沈黙のステルス』などを手がける撮影監督。
 ジェフリー・シンプソンは、『8月のメモワール』『シャイン』『オスカーとルシンダ』『センターステージ』『トスカーナの休日』などを手がける撮影監督。
 Adam Arkapawは、前回の『アニマル・キングダム』に続き、2年連続ノミネート。
 IF賞では、ジェフリー・ホールが受賞。

 ◆編集賞(AACTA Award For Best Editing)
 ・“Oranges And Sunshine” ダニー・クーパー(Dany Cooper) ASE
 ・“RED DOG” ジル・ビルコック(Jill Bilcock) ASE ACE
 ・“Snowtown” ヴェロニカ・ジャネット(Veronika Jenet) ASE
 ・“Wasted On The Young”(監督:Ben C. Lucas) Leanne Cole

 ダニー・クーパーは、『キャンディ』『ディセンバー・ボーイズ』などを手がける映画編集者。
 ジル・ビルコックは、『リバティーン』『輝く夜明けに向かって』『エリザベス:ゴールデン・エイジ』『エリザベス女王 世紀の愛』などを手がける映画編集者。
 ヴェロニカ・ジャネットは、『ホーリー・スモーク』『リトル・イタリーの恋』などを手がける映画編集者。
 ダニー・クーパーは、前回の『THE SILENT WAR 戦場の絆』に続き、2年連続ノミネート。
 IF賞では、ヴェロニカ・ジャネットが受賞。

 ◆美術賞(AACTA Award For Best Production Design)
 ・“The Eye Of The Storm” メリンダ・ドーリング(Melinda Doring)
 ・『ハンター』“The Hunter” スティーヴン・ジョーンズ=エヴァンズ(Steven Jones-Evans) APDG
 ・“RED DOG” Ian Gracie
 ・『スリーピングビューティー/禁断の悦び』 アニー・ビーチャム(Annie Beauchamp)

 スティーヴン・ジョーンズ=エヴァンズは、『ノウイング』『4デイズ』などを手がける美術監督。
 IF賞では、メリンダ・ドーリングが受賞。

 ◆衣裳デザイン賞(AACTA Award For Best Costume Design)
 ・“The Eye Of The Storm” テリー・ライアン(Terry Ryan)
 ・『ハンター』“The Hunter” Emily Seresin
 ・“Oranges And Sunshine” Cappi Ireland
 ・『スリーピングビューティー/禁断の悦び』 シャリーン・ベリンジャー(Shareen Beringer)

 テリー・ライアンは、『キング・コング』『ノウイング』などを手がける衣裳デザイナー。
 Cappi Irelandは、前回の『アニマル・キングダム』に続いて、2年連続ノミネート。

 ◆録音賞(AACTA Award For Best Sound)
 ・『ハンター』“The Hunter” Sam Petty、David Lee、Robert Mackenzie、Les Fiddess MPSE、Tony Murtagh、Tom Heuzenroeder
 ・『ガフールの伝説』 Wayne Pashley、Derryn Pasquill、Polly McKinnon、Fabian Sanjurjo、Phil Heywood、Peter Smith
 ・“Mad Bastards” Phil Judd、Nick Emond、Johanna Emond
 ・“Snowtown” Frank Lipson MPSE、Andrew McGrath、Des Kenneally、Michael Carden、John Simpson、Erin McKimm

 Sam Pettyは、『アニマル・キングダム』も手がける録音技師(2年連続ノミネート)、
 David Leeは、“Tomorrow When The War Began”に続き、2年連続ノミネート。前回受賞。
 Tony Murtaghは、『THE SILENT WAR 戦場の絆』に続き、2年連続ノミネート。
 IF賞では、『ガフールの伝説』が受賞。

 ◆オリジナル作曲賞(AACTA Award For Best Original Music Score)
 ・『ハンター』“The Hunter” Matteo Zingales、マイケル・ライラ(Michael Lira)、アンドリュー・ランカスター(Andrew Lancaster)
 ・『ガフールの伝説』(監督:ザック・スナイダー) デイヴィッド・ハーシュフェルダー(David Hirschfelder)
 ・“RED DOG” チェザリー・スカビスゼウスキー(Cezary Skubiszewski)
 ・“Snowtown” Jed Kurzel

 デイヴィッド・ハーシュフェルダーは、『スライディング・ドア』『エリザベス』『オーストラリア』『サンクタム』などを手がける作曲家。
 チェザリー・スカビスゼウスキーは、前回も『THE SILENT WAR 戦場の絆』と“Bran Nue Dae”でノミネートされています。
 IF賞では、チェザリー・スカビスゼウスキーが受賞。

 ◆AFIメンバーズ・チョイス賞(AFI Members' Choice Award)
 ・“The Eye Of The Storm”
 ・『ハンター』“The Hunter”
 ・“Mad Bastards”
 ・“Oranges And Sunshine”
 ・“RED DOG”
 ・“Snowtown”

 【ドキュメンタリー部門】 (Documentary)

 ◆長編ドキュメンタリー賞(AACTA Award For Best Feature Length Documentary)
 ・“Life In Movement” 監督:Bryan Mason、Sophie Hyde
 ・“Mrs Carey's Concert” 監督:ボブ・コノリー(Bob Connolly)、Sophie Raymond
 ・“Shut Up Little Man! An Audio Misadventure”監督:Matthew Bate
 ・“The Tall Man”(SBS) 監督:Tony Krawitz Darren Dale

 ボブ・コノリーは、『黒い収穫』の監督。

 ◆1時間未満のドキュメンタリー作品賞(AACTA Award For Best Documentary Under One Hour)
 ・“The Ball”(ABC1)
 ・“Jandamarra's War”(ABC1)
 ・“Leaky Boat”(ABC1)
 ・“Orchids: My Intersex Adventure”(ABC)

 ◆ドキュメンタリー・シリーズ賞(AACTA Award For Best Documentary Series)
 ・“Immigration Nation, The Secret History Of Us”(SBS)
 ・“Outback Fight Club”(SBS)
 ・“Outback Kids”(ABC1)

 ◆ドキュメンタリー部門 監督賞(AACTA Award For Best Direction In A Documentary)
 ・“Life In Movement” Bryan Mason、Sophie Hyde
 ・“Mrs Carey's Concert”(ABC1) ボブ・コノリー(Bob Connolly)、Sophie Raymond
 ・“Shut Up Little Man! An Audio Misadventure” Matthew Bate
 ・“The Tall Man”(SBS) Tony Krawitz

 ◆ドキュメンタリー部門 撮影賞(AACTA Award For Best Cinematography In A Documentary)
 ・“Jandamarra's War”(ABC1) Allan Collins ACS、Jim Frater、Rusty Geller SOC
 ・“Mrs Carey's Concert”(ABC1) ボブ・コノリー(Bob Connolly)
 ・“Out Of The As”(SBS) Germain McMicking

 ◆ドキュメンタリー部門 編集賞(AACTA Award For Best Editing In A Documentary)
 ・“Leaky Boat”(ABC1) Lawrie Silvestrin
 ・“Mrs Carey's Concert”(ABC1) Sophie Raymond、Ray Thomas ASE、ニック・マイヤーズ(Nick Meyers) ASE
 ・“Shut Up Little Man! An Audio Misadventure” Bryan Mason
 ・“The Tall Man”(SBS) Rochelle Oshlack

 ◆ドキュメンタリー部門 録音賞(AACTA Award For Best Sound In A Documentary)
 ・“Jandamarra's War”(ABC1) Laurie Chlanda、Glenn Martin、Ric Curtin、Ash Gibson Greig、Petris Torres
 ・“Mrs Carey's Concert”(ABC1) Sophie Raymond、Bob Scott、Doron Kipen
 ・“murundak - songs of freedom”(SBS) Emma Bortignon、Michael Letho、Peter Smith、Christopher O'Young、Simon Walbrook
 ・“Shut Up Little Man! An Audio Misadventure” Jonny Elk Walsh、Pete Best、Tom Heuzenroeder、Emma Bortignon、Scott Illingworth

 【短編部門】 (Short Film)

 ◆短編映画賞(AACTA award for best short fiction film)
 ・“Adam's Tallit” 監督:Justin Olstein
 ・“Cropped” 監督:Dave Wade
 ・“The Palace”(キプロス・オーストラリア) 監督:Anthony Maras
 ・“The Telegram Man” 監督:James F. Khehtie

 IF賞では、ここにはノミネートされていない“When the Wind Changes”が受賞しています。

 ◆短編アニメーション賞(AACTA Award For Best Short Animation)
 ・“Forget Me Not” 監督:Emily Dean
 ・“The Missing Key”  監督:ジョナサン・ニックス(Jonathan Nix)
 ・“The Moment” 監督:Troy Bellchambers、Shane McNeil
 ・“Nullarbor”  監督:Patrick Sarell、Alister Lockhart

 “Nullabor”は、アヌシー国際アニメーションフェスティバル2011コンペティション部門出品。
 IF賞では、“The Missing Key”が受賞。

 ◆短編部門 脚本賞(AACTA Award For Best Screenplay In A Short Film)
 ・“Afterglow”(監督:Nadine Garner) Nadine Garner
 ・“Cropped” Dave Wade
 ・“The Palace” Anthony Maras
 ・“Waiting For The Turning Of The Earth”(監督:David Evan Giles) David Evan Giles

 “Afterglow”は、女優Nadine Garnerの初監督短編。

 【テレビ部門】 (Television)

 ◆最優秀児童向けシリーズ(AACTA Award For Best Children's Television Series)
 ・“a gURLs wURLd”(Nine Network)
 ・“Gasp! Suzanne Ryan”(Nine Network)
 ・“H2O: Just Add Water, Series 3”(Network Ten)
 ・“My Place, Series 2”(ABC3)

 ◆最優秀コメディー・シリーズ(AACTA Award For Best Television Comedy Series)
 ・“At Home With Julia”(ABC1)
 ・“Laid”(ABC1)
 ・“twentysomething”(ABC2)

 ◆最優秀ライト・エンタテインメント(AACTA Award For Best Light Entertainment Television Series)
 ・“The Gruen Transfer, Series 4”(ABC1)
 ・“Hungry Beast, Series 3”(ABC1)
 ・“Judith Lucy's Spiritual Journey”(ABC1)
 ・“Junior MasterChef, Series 1”(Network Ten)
 ・“RocKwiz”(SBS)

 ◆最優秀ドラマ・シリーズ(AACTA Award For Best Television Drama Series)
 ・“East West 101, Season 3 - The Heroes' Journey”(SBS)
 ・“Offspring, Season 2”(Network Ten)
 ・“Rake”(ABC1)
 ・“Spirited, Season 2”(FOXTEL - W)

 ◆最優秀ミニ・シリーズ(AACTA Award For Best Telefeature、Mini Series Or Short Run Series)
 ・“Cloudstreet”(FOXTEL - Showcase)
 ・“Paper Giants: The Birth Of Cleo”(ABC1)
 ・“Sisters Of War”(ABC1)
 ・“The Slap”(ABC1)

 ◆監督賞(AACTA Award For Best Direction In Television)
 ・“Paper Giants: The Birth Of Cleo”(ABC1)- Episode 1 監督:Daina Reid
 ・“The Slap”(ABC1)- Episode 1 ‘Hector’ 監督:Jessica Hobbs
 ・“The Slap”(ABC1)- Episode 3 ‘Harry’ 監督:Matthew Saville
 ・“Small Time Gangster”(FOXTEL - Movie Network)- Episode 1 'Jingle Bells' 監督:Jeffrey Walker

 ◆脚本賞(AACTA Award For Best Screenplay In Television)
 ・“Cloudstreet”(FOXTEL - Showcase)- Part 3 Tim Winton、Ellen Fontana
 ・“Laid”(ABC1)- Episode 3 Kirsty Fisher
 ・“The Slap”(ABC1)- Episode 1 'Hector' Kris Mrksa
 ・“The Slap”(ABC1)- Episode 3 'Harry' Brendan Cowell

 ◆主演男優賞(AACTA Award For Best Lead Actor In A Television Drama)
 ・Rob Carlton “Paper Giants: The Birth Of Cleo”(ABC1)
 ・アレックス・ディミトリアデス(Alex Dimitriades) “The Slap”(ABC1)
 ・ドン・ハニ(Don Hany) “East West 101, Season 3 - The Heroes' Journey”(SBS)
 ・ジョナサン・ラパグリア(Jonathan LaPaglia) “The Slap”(ABC1)

 ◆主演女優賞(AACTA Award For Best Lead Actress In A Television Drama)
 ・エシー・デイヴィス(Essie Davis) “Cloudstreet”(FOXTEL - Showcase)
 ・ケリー・フォックス “Cloudstreet”(FOXTEL - Showcase)
 ・アッシャー・ケディー(Asher Keddie) “Paper Giants: The Birth Of Cleo”(ABC1)
 ・Sarah Snook “Sisters Of War”(ABC1)

 ◆ゲスト/助演男優賞(AACTA Award For Best Guest Or Supporting Actor In A Television Drama)
 ・Richard Cawthorne “Killing Time”(FOXTEL - TV1) - Episode 2
 ・Aaron Fa'aoso “East West 101、Season 3 - The Heroes' Journey”- Episode 18 'The Price Of Salvation'(SBS)
 ・ジャセック・コーマン(Jacek Koman) “Spirited, Season 2”(FOXTEL - W)- Episode 2 'Time After Time'
 ・Todd Lasance “Cloudstreet”(FOXTEL -Showcase) - Part 3

 ◆ゲスト/助演女優賞(AACTA Award For Best Guest Or Supporting Actress In A Television Drama)
 ・ダイアナ・グレン(Diana Glenn) “The Slap”(ABC1) - Episode 3 'Harry'
 ・レナ・オーウェン(Rena Owen) “East West 101, Season 3 - The Heroes' Journey”(SBS) - Episode 18 'The Price Of Salvation'
 ・スージー・ポーター(Susie Porter) “Sisters Of War”(ABC1)
 ・ララ・ロビンソン(Lara Robinson) “Cloudstreet”(FOXTEL - Showcase) - Part 1

 ◆コメディー部門 最優秀パフォーマンス賞(AACTA Award For Best Performance In A Television Comedy)
 ・Alison Bell “Laid”(ABC1)
 ・ジェシー・ハリス(Jess Harris) “twentysomething”(ABC2)
 ・Chris Lilley “Angry Boys”(ABC1)
 ・Celia Pacquola “Laid”(ABC1)

 【AACTAオープニング賞】 (Inaugural SAMSUNG AACTA Awards Nominees)

 ◆ヤング・アクター賞(AACTA Award For Best Young Actor)
 ・Olivia DeJonge “Good Pretender”(監督:Maziar Lahooti)
 ・Emma Jefferson “My Place, Series 2”(ABC3) - Episode 17 '1848 - Johanna'
 ・ララ・ロビンソン(Lara Robinson) “Cloudstreet - Part 1”(FOXTEL - Showcase)
 ・Lucas Yeeda “Mad Bastards”

 ◆視覚効果賞(AACTA Award For Best Visual Effects)
 ・“Cloudstreet”(FOXTEL - Showcase) Scott Zero
 ・『ガフールの伝説』 Grant Freckelton
 ・『サンクタム』 David Booth、Peter Webb、Ineke Majoor、Glenn Melenhorst
 ・『ハンター』“The Hunter” Felix Crawshaw、James Rogers

 ◆AACTA レイモンド・ロングフォード賞(Raymond Longford Award)
 ◎ドナルド・M・マカルパイン(Don McAlpine)

 ドナルド・M・マカルパインは、『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』『ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女』『ピーター・パン』『NY式ハッピー・セラピー』『ムーラン・ルージュ』『グッドナイト・ムーン』『ロミオ&ジュリエット』などを手がける撮影監督。
 ※レイモンド・ロングフォード(Raymond Longford)(1978-1959)は、オーストラリア映画草創期の映画監督。

--------------------------------

 映画部門の主な作品のノミネーション状況は以下の通りです。

 ・『ハンター』(14):作品・監督・主演男優・主演女優。助演男優・助演女優・脚色・撮影・美術・衣裳・録音・作曲・チョイス・視覚効果
 ・“The Eye Of The Storm”(12):作品・監督・主演男優・主演女優・主演女優・助演男優・助演女優・助演女優・脚色・美術・衣裳・チョイス
 ・“Snowtown”(10):作品・監督・主演男優・助演女優・脚色・撮影・編集・録音・作曲・チョイス
 ・“RED DOG”(8):作品・監督・脚色・撮影・編集・美術・作曲・チョイス
 ・“Oranges And Sunshine”(7):作品・主演男優・主演女優・助演男優・編集・衣裳・チョイス
 ・“Mad Bastards”(5):作品・脚本・録音・チョイス・ヤング
 ・『スリーピングビューティー/禁断の悦び』(3):撮影・美術・衣裳
 ・『ガフールの伝説』(3):録音・作曲・視覚効果

 テレビ部門の主な作品のノミネーション状況は以下の通りです。

 ・“East West 101, Season 3”(4):ドラマ・主演男優・助演男優・助演女優
 ・“Spirited, Season 2”(2):ドラマ・助演男優
 ・“Cloudstreet”(8):ミニ・脚本・主演女優・主演女優・助演男優・助演女優・ヤング・視覚効果
 ・“Paper Giants: The Birth Of Cleo”(4):ミニ・監督・主演男優・主演女優
 ・“Sisters Of War”(3):ミニ・主演女優・助演女優
 ・“The Slap”(8):ミニ・監督・監督・脚本・脚本・主演男優・主演男優・助演女優
 ・“Laid”(4):コメディー・脚本・コメディー俳優・コメディー俳優
 “twentysomething”(2):コメディー・コメディー俳優
 “My Place, Series 2”(2):児童・ヤング

 映画部門については―

 2012年2月より日本でも拡大公開系で公開される『ハンター』が14ノミネートで、最多ノミネートとなりました。

 その脚本を手がけたジュリア・リーが監督を務め、カンヌ国際映画祭2011コンペティション部門にも出品された『スリーピングビューティー/禁断の悦び』はわずか3部門のノミネートにとどまりました。

 IF賞では無冠に終わった“The Eye Of The Storm”は、ここでは12ノミネートとなって、ノミネート数第2位となっています。

 カンヌ国際映画祭2011批評家週間に出品された“Snowtown”は10部門でのノミネート、IF賞2011を総なめにした“RED DOG”は8ノミネートになりました。

 ケン・ローチの息子ジム・ローチの初監督作品“Oranges And Sunshine”は7部門にノミネートされたものの、IF賞と同じで、監督賞にはノミネートされませんでした。監督の手腕にはあまり見るべきところはなく、キャストでもっている作品と見なされているということになるのでしょうか。観てみたいですけどね。

 テレビ部門は一応書き出すだけは書き出しましたが、いまのところ日本では観られないものばかりです。

 授賞式は、2012年1月31日です。

 *この記事が参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・オーストラリア映画協会賞2010 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201011/article_5.html
 ・オーストラリア映画協会賞2010 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201012/article_18.html
 ・オーストラリア映画協会賞2009 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200911/article_4.html
 ・オーストラリア映画協会賞2009 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200912/article_20.html

 ・第13回Kodak Inside Film Awards 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201112/article_58.html

 ・シドニー映画批評家協会賞 トップ20:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201112/article_54.html

 ・映画祭&映画賞カレンダー 2011年6月~2012年2月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201106/article_3.html

 追記:
 第1回オーストラリア・アカデミー賞 結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201202/article_10.html

--------------------------------

 映画部門の主なノミネート作品を以下に簡単に紹介しておきます。

 ・『ハンター』“The Hunter”(オーストラリア) 監督:ダニエル・ネットハム(Daniel Nettheim)
 出演:ウィレム・デフォー、フランシス・オコナー、サム・ニール
 物語:マーティンは、ヨーロッパのとあるバイオテクノロジーの会社から、タスマニア・タイガーを捕獲するためにタスマニアの奥地に送り込まれる。彼は、本人の希望とは裏腹に、行方不明の動物学者の妻と子供たちと一緒にベース・キャンプに押し込められる。タスマニア・タイガーを探して、ジャングルの奥深くをさまよううち、彼も、次第に動物学者の家族と親しくなり、一方で、この仕事の本当の目的を知り、自分のモラルと向き合うことになるのだった。
 “Sleeping Beauty”で監督デビューし、それがカンヌ国際映画祭2011コンペティション部門にエントリーされた小説家Julia Leighの原作の映画化。


 ・“The Eye of the Storm”(オーストラリア) 監督:フレッド・スケピシ
 出演:ジェフリー・ラッシュ、シャーロット・ランプリング、ジュディー・デイヴィス
 物語:エリザベス・ハンターが死の床についていた。夫はとうの昔に亡くなり、子供たちも巣立って外国に去っていた。息子のバジルは、俳優になるためにロンドンに行ったが、いくつかの用事があり、時間もできたので、オーストラリアに戻り、母のベッドサイドにきていた。娘のドロシーは、フランス人と結婚したが、離婚し、何着かのシャネルのスーツは残ったものの、金目のものは何もない状態で放り出されていた。2人ともお金と癒しを必要としていたが、エリザベスならそれらを与えられるはずであった……。
 オーストラリアのノーベル賞作家パトリック・ホワイトの『台風の目』の映画化。
 トロント国際映画祭2011 SPECIAL PRESENTATIONS部門出品。
 アジア太平洋映画賞2011 女優賞ノミネート(ジュディー・デイヴィス)。


 ・“Snowtown”(オーストラリア) 監督:Justin Kurzel
 出演:Lucas Pittaway、Daniel Henshall、Louise Harris、Frank Cwertniak、Matthew Howard、Marcus Howard、Anthony Groves、Richard Green、Aaron Viergever
 物語:16歳のジェイミーは、カリスマチックな男性を紹介されて、彼と友情を育んでいく。しかし、より深い関係になった後、ジェイミーは、オーストラリアで最も有名な連続殺人鬼ジョン・バンティングのこと(小児愛者と言われる)を知り、彼を信頼していいのか、恐れなければならないのか、わからなくなってくる。
 カンヌ国際映画祭2011 批評家週間出品。スペシャル・メンション受賞。
 IF賞2011 編集賞受賞。


 ・“RED DOG”(オーストラリア) 監督:Kriv Stenders
 出演:ジョシュ・ルーカス、レイチェル・テイラー(Rachael Taylor)、ケイシャ=キャッスル・ヒューズ(Keisha Castle-Hughes)、ノア・テイラー(Noah Taylor)、ルーク・フォード(Luke Ford)
 物語:“赤犬”についての伝説的な実話の映画化。“赤犬”は、行方知れずになった主人を捜して、オーストラリアのアウトバックをさすらうが、それがバラバラだった地元民たちを結びつけることになる。
 アジア太平洋映画賞2011 児童映画賞ノミネート。
 IF賞2011作品賞・監督賞・男優賞(ジョシュ・ルーカス)・脚本賞・撮影賞・音楽賞受賞。


 ・“Oranges and Sunshine”(オーストラリア・英) 監督:Jim Loach
 出演:デイヴィッド・ウェンハム(David Wenham)、エミリー・ワトソン、ヒューゴ・ウィーヴィング、タラ・モーリス
 物語: 1980年代、イギリスのソーシャル・ワーカーのマーガレット・ハンフリーズは、イギリス政府に「児童移民制度」について説明を求める。「児童移民制度」とは、イギリスの貧しい家庭の子供たちを、オーストラリアの裕福な家庭に養子に出すという名目で、1970年代までイギリス政府推奨の元に行なわれていた制度であったが、実際にオーストラリアに送られた子供たちは過酷な労働に就かされたり、性的虐待を受けたりしていたのだった……。
 マーガレット・ハンフリーズの回想録『からのゆりかご―大英帝国の迷子たち』を映画化したもの。
 監督のJim Loachは、ケン・ローチの息子で、これまで15年以上にわたってTVドラマの演出を手がけてきて、本作で映画監督デビュー。
 脚本は、『レディバード・レディバード』などを手がけるロナ・ムンロ。
 ローマ映画祭2010 インターナショナル・コンペティション部門出品。
 釜山国際映画祭2010 ワールド・シネマ部門出品。
 IF賞2011 女優賞(エミリー・ワトソン)・美術賞受賞。
 サテライト・アワード2011 主演女優賞(エミリー・ワトソン)、助演男優賞(ヒューゴ・ウィーヴィング)ノミネート。


 “Mad Bastards” 監督:Brendan Fletcher
 出演:Dean Daley-Jones、Karla Hart、Alex Lloyd、Douglas Macale、Patrick McCoy-Geary、Kelton Pell
 物語:TJは、まだ会ったことのない息子を見つけて、素晴らしいキンバリーを旅しようと考えている。途中で、彼はさまざな人々と出会って、音楽やハンティングやコミュニティーに触れ、自らの暴力的だった人生を振り返る。
 IF賞2011 インディペンデント・スピリット賞受賞。


 ・“Face to Face”(オーストラリア) 監督:マイケル・ライマー(Michael Rymer)
 出演:ヴィンス・コロシモ(Vince Colosimo)、ルーク・フォード(Luke Ford)、クリストファー・コネリー(Christopher Connelly)、Matthew Newton、Robert Rabiah、Josh Saks、シグリット・ソーントン(Sigrid Thornton)、Ra Chapman、ローラ・ゴードン(Laura Gordon)、Lauren Clair
 David Williamsonの同名戯曲の映画化。
 足場職人の青年がボスに暴行を振るったとされる事件について、10人が議論を交わしていく。一見、簡単そうに見えた事件は、議論が進むにつれて、思わぬ様相を呈してくる……。
 サンタバーバラ国際映画祭2011 パナヴィジョン・スピリット・アワード/インディペンデント映画賞(The Panavision Spirit Award for Independent Cinema)受賞。



 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック