BAFTA LA ブリタニア・アワード2011!

 BAFTA LA ブリタニア・アワードの授賞式が行なわれました。(11月30日)

 BAFTA LA ブリタニア・アワードは、1989年に始まったBAFTA(英国アカデミー賞)ロサンゼルスのセレモニーで、最初の10年は1人の映画人を選んでその栄誉を称えるだけでしたが、1999年以降は部門が多くなり、映画部門、TV部門、エンタテインメント部門、監督部門と各部門ごとに賞を贈る形式に変わりました。

 第1回の受賞者がプロデューサーのアルバート・ブロッコリでのちにエンタテインメント部門賞に彼の名前が冠され(本年度より)、1999年の映画部門の受賞者がスタンリー・キューブリックで、のちに映画部門賞に彼の名前が冠されるようになっています。

 この賞は、個人に贈られるものであって、作品や番組に対して贈られるものではありませんが、該当者がその年に発表した作品もしくは近年の活躍が評価の対象となって賞が贈られることが多いようです。(受賞者の発表は6月とか7月とかに順次行なわれます。)

 ま、簡単に言うと、英国アカデミー賞に先立って米国アカデミー賞のお膝元ロサンゼルスで行なわれる、英国アカデミー賞の名誉賞の授与式と考えればわかりやすいでしょうか。

 運営スタッフは、一般にはほとんど知られていないような人ばかりですが、理事委員会(The Board of Governors)には、スピルバーグ、ルーカス、スコセッシ、マイケル・ケイン、アンソニー・ホプキンス、アラン・パーカーらが名を連ねています。

 今年の受賞者は以下の通りです。

--------------------------------

 ◆スタンリー・キューブリック賞/映画における優れた活躍に対して(Stanley Kubrick Britannia Award for Excellence in Film)
 ◎ウォーレン・ビーティ

 ◆アルバート・R・ブロッコリ賞/エンタテインメント映画へのワールドワイドな貢献に対して(Albert R. Broccoli Britannia Award for Worldwide Contribution to Filmed Entertainment)
 ◎ジョン・ラセター

画像

 ◆ジョン・シュレシンジャー賞/監督賞(John Schlesinger Britannia Award for Excellence in Directing)
 ◎デイヴィッド・イェーツ

画像

 ◆ブリティッシュ・アーティスト・オブ・ザ・イヤー(Britannia Award for British Artist of the Year)
 ◎ヘレナ・ボナム・カーター

画像

 ◆チャーリー・チャップリン賞/コメディーへの優れた活躍に対して(Charlie Chaplin Britannia Award for Excellence in Comedy)
 ◎ベン・スティラー

画像

--------------------------------

 【PHOTO GALLARY】

 ・アンドレア・ライズブロー、ヘレン・ミレン

画像

 ・モーガン・フリーマン

画像

 ・フェリシティー・ジョーンズ

画像

 ・ロビン・ウィリアムス

画像

 ・ヘレン・ミレン、テイラー・ハックフォード

画像

 ・デニス・ヘイスバート

画像

 ・テリー・ポロ

画像

 ・ジェイソン・アイザックス

画像

 ・アラン・カミング

画像

 ・アントン・イェルチン

画像

 ・スキート・ウーリッチ、アメリア・ジャクソン・グレイ

画像

 ・Drake Doremus(“Like Crazy”の監督)

画像


 ・Asha Leo(ファッション・モデル)

画像

 *この記事がなかなかよかった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事
 ・BAFTA LA ブリタニア・アワード2009:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200911/article_16.html

 ・映画祭&映画賞カレンダー 2011年6月~2012年2月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201106/article_3.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック