やっぱり今年も独創的でした(笑) ロサンゼルス映画批評家協会賞2011発表!

 ロサンゼルス映画批評家協会賞2011の結果が発表されました。(12月11日)

 【ロサンゼルス映画批評家協会賞】

 ロサンゼルス映画批評家協会賞は、ハリウッドのお膝元でありながら、ハリウッド映画に全く背を向けた映画賞で、インディーズ寄りのセレクションになるならまだしも、外国映画をやたらと選んでしまうという、アメリカの映画賞らしからぬ“個性的な”映画賞になっています(いったいアメリカ映画についてどう思ってるんだって感じですが)。
 設立は1975年で、歴史もあり、1980年前後には『クレーマー、クレーマー』とか『E.T.』とか『アマデウス』とか、アカデミー賞と変わらないような作品を選んでいたのですが、どうも1985年に『未来世紀ブラジル』を選んだあたりから、「わが道を行く」ようになり、依然としてアカデミー賞の重要な前哨戦の1つと見なされながら、結果としてはアカデミー賞とはあまり重ならない映画賞として、現在に至っています(それでも『許されざる者』や『シンドラーのリスト』など、どうしても外せない年もあるようです)。
 2001年以降に作品賞を受賞した作品を見てもそれは歴然で、それぞれ『イン・ザ・ベッドルーム』『アバウト・シュミット』『アメリカン・スプレンダー』『サイドウェイ』『ブロークバック・マウンテン』『硫黄島からの手紙』『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』をベスト作品に選んで、「他の映画賞とは違う」というところを見せています(『サイドウェイ』なんか5部門受賞で最多賞受賞作品になってしまったりしています)。
 アカデミー賞でも、外国語映画賞部門以外の部門に、外国映画がノミネートされて、「なぜこれがここに?」と思ったりすることもありますが、ひょっとすると、こういうところに、逆に、ロサンゼルス映画批評家協会賞がアカデミー賞に与えている影響を見て取ることができる、ということもできるかもしれません。

画像

 ◆作品賞
 ◎“The Descendants” 監督:アレクサンダー・ペイン
 次点:『ツリー・オブ・ライフ』 監督:テレンス・マリック

 ◆監督賞
 ◎テレンス・マリック 『ツリー・オブ・ライフ』
 次点:マーティン・スコセッシ 『ヒューゴの不思議な発明』

 ◆主演男優賞
 ◎マイケル・ファスベンダー “Shame”(監督:スティーヴ・マックイーン)、“A Dangerous Method”(監督:デイヴィッド・クローネンバーグ)、“Jane Eyre”(監督:キャリー・フクナガ)、『X-Men:ファースト・ジェネレーション』(監督:マシュー・ヴォーン)
 次点:マイケル・シャノン “Take Shelter”(監督:Jeff Nichols)

 ◆主演女優賞
 ◎ユン・ジュンヒ 『ポエトリー アグネスの詩』(韓)(監督:イ・チャンドン)
 次点:キルステン・ダンスト 『メランコリア』(デンマーク・スウェーデン・仏・独) 監督;ラース・フォン・トリアー)

 ◆助演男優賞
 ◎クリストファー・プラマー 『人生はビギナーズ』(監督:マイク・ミルズ)
 次点:パットン・オズワルト 『ヤング≒アダルト』(監督:ジェイソン・ライトマン)

 ◆助演女優賞
 ◎ジェシカ・チャスティン “Coriolanus”(監督:レイフ・ファインズ)、“The Debt”(監督:ジョン・マッデン)、『ヘルプ~心がつなぐストーリー~』(監督:テイト・テイラー)、“Take Shelter”、『キリング・フィールズ 失踪地帯』(監督:アミ・カナーン・マン)、『ツリー・オブ・ライフ』
 次点:ジャネット・マクティア 『アルバート・ノッブス』(監督:ロドリゴ・ガルシア)

 ◆脚本賞
 ◎『別離』(イラン)(監督:アスガー・ファルハディ)
 次点:“The Descendants”

 ◆撮影賞
 ◎『ツリー・オブ・ライフ』
 次点:“City of Life and Death(南京!南京!)”(中)(監督:ルー・チューアン)

 ◆美術賞
 ◎『ヒューゴの不思議な発明』
 次点:“Tinker Tailor Soldier Spy”(監督:トマス・アルフレッドソン)

 ◆作曲賞
 ◎『ハンナ』(監督:ジョー・ライト)
 次点:『ドライヴ』(監督:ニコラス・ウィンディング・レフン)

 ◆アニメーション賞
 ◎『ランゴ』 監督:ゴア・ヴァービンスキー
 次点:『タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密』 監督:スティーヴン・スピルバーグ

 ◆ドキュメンタリー賞
 ◎『世界最古の洞窟壁画3D 忘れられた夢の記憶』 監督:ヴェルナー・ヘルツォーク
 次点:“The Arbor” 監督:Clio Barnard

 ◆外国語映画賞
 ◎“City of Life and Death(南京!南京!)”(中) 監督:ルー・チューアン
 次点:『別離』(イラン) 監督:アスガー・ファルハディ

 ◆ニュー・ジェネレーション賞(New Generation Award)
 ◎“Martha Marcy May Marlene”のクリエイティヴ・チームに対して(Antonio Campos(プロデューサー)、Sean Durkin(監督)、Josh Mond(プロデューサー) 、エリザベス・オルセン(主演))

 ◆ダグラス・E・エドワード賞(インディペンデント/実験映画/ビデオ作品賞)
 ◎“Spark of Being” 監督:Bill Morrison

--------------------------------

 今年は意外とオーソドックスなチョイスも多かったりしましたが、主演女優賞と脚本賞にはちょっと驚かされました。これもロサンゼルス映画批評家協会賞ならではとも言えますが、見方を変えれば、これが全世界レベルで2011年のベストであるとも考えられるわけで、ユン・ジュンヒを前にしたら、メリル・ストリープなんてなんぼのもんじゃいと啖呵を切ってみたくもなります(笑)。

 ホントは、“The Descendants”の初の作品賞受賞が注目されるべきはずなんですが、そのほかの部門がいろいろ凄すぎて、作品賞が霞んでしまいました。

 アカデミー賞を占うだけが映画賞の存在価値ではないし、こういう賞のあり方も面白いですよね。

 *この記事がなかなかよかった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・ロサンゼルス映画批評家協会賞2010:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201012/article_20.html
 ・ロサンゼルス映画批評家協会賞2009:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200912/article_23.html
 ・ロサンゼルス映画批評家協会賞2008:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200812/article_16.html

 ・ゴッサム・アワード2011 結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201111/article_25.html
 ・ニューヨーク映画批評家協会賞2011:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201111/article_27.html
 ・ナショナル・ボード・オブ・レビュー2011:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201112/article_1.html
 ・ワシントンDC映画批評家協会賞2011:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201112/article_10.html

 ・サテライト・アワード2011 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201112/article_6.html
 ・インディペンデント・スピリット・アワード2012 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201111/article_28.html
 ・ヒューストン映画批評家協会賞2011 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201112/article_16.html

 ・2011年11月時点でのオスカー予想:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201111/article_16.html

 *全米の映画批評家協会系映画賞について調べてみました:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201101/article_2.html

 ・全米の映画批評家協会系映画賞について調べてみました その2 「米国アカデミー賞に最も近い受賞結果を出す映画賞はこれだ!」:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201101/article_3.html

 ・全米の映画賞について調べてみました:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201001/article_45.html

 ・映画祭&映画賞カレンダー 2011年6月~2012年2月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201106/article_3.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック