ハリウッドで活躍する日本人俳優、戸田年冶さんのこと、“All That Remains”のこと

 海外で30年以上も俳優として活躍されている日本人俳優、Toshi Todaこと、戸田年冶さんから、主演作のスイス映画“All That Remains”が10月26日よりスイス国内(ジュネーブ、ローザンヌ、フリブール他)で劇場公開されるというお知らせをいただきました。

画像

 戸田年治さんは、『硫黄島からの手紙』をはじめ、『ジャスト・マリッジ』『もしも昨日が選べたら』『パール・ハーバー』『GODZILLA ゴジラ』『ER』『フラッシュフォワード』など、アメリカのテレビ・シリーズや映画を中心に活躍されている俳優さんです。
 正確なところはわかりませんが、これまで主役級の作品はなかったはずで、“All That Remains”のナカタ役は、30年以上に及ぶ戸田さんのキャリアの中でも最も大きな役の1つということになるのではないかと思われます。

 “All That Remains”は、主にアメリカ人俳優を使って、アメリカと日本で撮影したスイス人監督によるスイス映画で、2010年に製作され、1年かけて、世界中の映画祭をまわって、ようやくスイス国内で劇場公開となりました。今年の春に発表されたスイス映画賞では主演女優賞を獲得しています。

 監督の2人は、これが初長編で、前作の短編“Big Sur”(2008)で一緒に仕事をしたOlga RosinとTravis Shakespeareと再びキャスティングして、本作を作っていますから、“Big Sur”の製作がきっかけとなって、本作の企画がスタートしたと考えてもよさそうです。(主役の4人のうち、スイス人女優のIsabelle Caillatは、同監督の2007年の短編“961”で主役に起用されています。)

画像

 ・“All That Remains”(スイス)
 監督:Pierre-Adrian Irle、Valentin Rotelli
 出演:Isabelle Caillat、Olga Rosin、Travis Shakespeare、トシ・トダ(戸田年治)
 物語:日本人のナカタは、長らく勤めた仕事を辞め、30年来の夢を果たすために旅に出る。彼は、途中で、東京から旅立とうとしていたエレンと出会い、一緒に伝説の海岸Umikongoを目指すことになる。一方、海を挟んで、カリフォルニアの海岸では、エレンの弟ベンがミステリアスな冒険をしていた。彼は、不幸な結婚生活から解放されて新しい人生を見つけようとしているヒッチハイカー、サラとめぐり合う。ベンは、ビッグサーの崖に進むが、それは彼にとって何としても乗り越えたいものであった。そんな頃、エレンの健康が思わしくなくなり、そこから2組4人の運命が交差する……。

画像

 スイス映画賞2011 主演女優賞受賞(Isabelle Caillat)。

 ナミュール国際映画祭2010 オフィシャル・セレクション
 サンホセ・シネクエスト2011 コンペティション部門出品
 ミュンヘン・フィルムフェスト2011 オフィシャル・セレクション
 レインダンス映画祭2011 オフィシャル・セレクション
 ニューヨーク映画祭2011 オフィシャル・セレクション

 なお、スイスでは公開初日に、戸田さんをはじめとするキャストらの舞台挨拶があるそうです。

--------------------------------

 ◆戸田年冶さんのプロフィール

 東京生まれ。
 モダン&ジャズ・ダンスのダンサーとしてキャリアをスタートする。
 その後、劇団四季に入団。
 1974年にニューヨークに移り、舞台を中心とした活動を開始する。
 ブロードウェイや有名な舞台に出演。アーサー・ペンの“Sly Fox”のナショナル・ツアーに参加し、ジャッキー・グリーソンやクリーヴォン・リトルらと共演した。
 リンカーン・センターで上演されたミュージカル「エニシング・ゴーズ」は、2年ものロングランとなり、トニー賞でミュージカル・リバイバル作品賞を受賞した。
 その後、ハリウッドに移り、数々の映画やTVシリーズに出演している。
 “All That Remains”では、日本で演じたが、それは1974年に日本を離れて以来、初めてのことだった。

 ◆戸田年冶さんのフィルモグラフィー

 ・“It's My Turn”(1980/米) 監督:クローディア・ウェイル(Claudia Weill)
 教授役

 ・“Ghost Ship”(1992/米) 監督:James T. Flocker
 チャン役

 ・“Hold Me, Thrill Me, Kiss Me”(1992/米) 監督:ジョエル・ハーシュマン(Joel Hershman)
 アジア人通行人役

 ・『あなたのムチュー』“Mad About You”(1992/米) [TVシリーズ] クリエイター:ポール・ライザー(Paul Reiser)、ダニー・ジェイコブソン(Danny Jacobson)
 日本人ビジネスマン#2(‘Token Friend’の回)

 ・『ジェシカおばさんの事件簿』“Murder, She Wrote”(1993/米) [TVシリーズ] クリエイター:ピーター・S・フィッシャー(Peter S. Fischer)、リチャード・レヴィンソン(Richard Levinson)、ウィリアム・リンク(William Link)
 日本人ビジネスマン役(‘The Big Kill’の回)

 ・『ポケットいっぱいの涙』“Menace II Society”(1993/米) 監督:アルバート・ヒューズ、アレン・ヒューズ
 食料品店役

 ・“Long Shadows”(1994/米)[TV映画] 監督:シェルドン・ラリー(Sheldon Larry)
 日本人役人役

 ・“Maybe This Time”(1995/米) [TVシリーズ] クリエイター:ボブ・ヤング(Bob Young)
 ビジネスマン役(‘Julia's Day Off’の回)

 ・“Deadly Games”(1995/米) [TVシリーズ] クリエイター:ポール・バーンバウム(Paul Bernbaum)、S・S・シュヴァイツァー(S.S. Schweitzer)、アンソニー・スピナー(Anthony Spinner)
 ミスター・グリーン役(‘Car Mechanic’の回)

 ・“Don't Be a Menace to South Central While Drinking Your Juice in the Hood”(1996/米) 監督:パリス・バークレイ(Paris Barclay)
 韓国人店主

 ・“Renegade”(1996/米) [TVシリーズ] クリエイター:スティーヴン・J・キャネル(Stephen J. Cannell)
 役柄不詳(‘Hound Downtown’の回)

 ・“Hourglass”(1996/米) [ビデオ] 監督:C・トーマス・ハウエル
 タク・ナリタ役

 ・『となりのサインフェルド』“Seinfeld”(1996/米) [TVシリーズ] クリエイター:ジェリー・サインフェルド(Jerry Seinfeld)、ラリー・デイヴィッド(Larry David)
 ミスター・タナカ役(‘The Checks’の回)

 ・『GODZZILA ゴジラ』“Godzzila”(1998/米・日) 監督:ローランド・エメリッヒ
 日本人タンカー船長役

 ・『ふたりは最高! ダーマ&グレッグ』“Dharma & Greg”(1998-2002/米) [TVシリーズ] クリエイター:ドッティー・ダートランド(Dottie Dartland)、チャック・ロリー(Chuck Lorre)
 Mr. Verapong役(‘Do You Want Fries with That?’(1998)の回)
 ミスター・タナカ役(‘It's a Bird, It's a Plane, It's... My Wife’(2002)の回)

 ・“Touched by an Angel”(1999/米) [TVシリーズ] クリエイター:ジョン・マシウス(John Masius)
 Cham役(‘Made in the U.S.A.’の回)

 ・『ER 緊急救命室』“ER”(2000/米) [TVシリーズ] クリエイター:
 日本人ビジネスマン#1役(‘Mars Attacks’の回)

 ・“English for All”(2001/米) [TVシリーズ] 監督:Roberto Donati
 ビルおじさん役

 ・『パール・ハーバー』“Pearl Harbor”(2001/米) 監督:マイケル・ベイ
 歯科医役

 ・『おとぼけスティーブンス一家』“Even Stevens”(2001/米) [TVシリーズ] クリエイター:マット・ディアボーン(Matt Dearborn)
 ミスター・ヤン役(‘Duck Soup’の回)

 ・“The Huntress”(2001/米) [TVシリーズ] 監督:ロビー・ベンソン(Robby Benson)他
 The Man役(‘D&B, Inc.’の回)

 ・“Bark!”(2002/米) 監督:Kasia Adamik
 お客さんの役

 ・『保険調査員フランク25』“Frank McKlusky, C.I.”(2002/米) 監督:アーリーン・サンフォード(Arlene Sanford)
 Lim Nung役

 ・“Ocha Cups for Christmas”(2002/米)[短編] 監督:マイケル・フィモナリ(Michael Fimognari)
 ミスター・イシカワ役

 ・『Mr.ディーズ』“Mr. Deeds”(2002/米) 監督:スティーヴン・ブリル
 Card Reader役

 ・“Harvey Birdman, Attorney at Law”(2002/米) [TVシリーズ] クリエイター:Michael Ouweleen、Erik Richter
 Shoyu Weenie's Manager役(声/米)(‘Shoyu Weenie’の回)

 ・『FBI 失踪者を追え!』“Without a Trace”(2002/米) [TVシリーズ] クリエイター:ハンク・スタインバーグ(Hank Steinberg)
 店主役(‘Birthday Boy’の回)

 ・『ジャスト・マリッジ』“Just Married”(2003/米) 監督:ショーン・レヴィ
 ユアン役

 ・“Dragnet”(2003/米) [TVシリーズ] クリエイター:ジャック・ウェッブ(Jack Webb)、ディック・ウルフ(Dick Wolf)
 ミツヒロ・キモラ役(‘The Silver Slayer’の回)

 ・“12”(2003/米) 監督:Lawrence Bridges
 政府の捜査官役

 ・『タイムコップ2』“Timecop: The Berlin Decision”(2003/米) [ビデオ] 監督:スティーヴ・ボーヤム(Steve Boyum)
 日本人外交官Sushwel役

 ・“Grounded for Life”(2003/米) [TVシリーズ] クリエイター:Bill Martin、Mike Schiff
 コック役(‘Pay You Back with Interest’の回)

 ・“Windy City Heat”(2003/米)[TV映画] 監督:ボブ・ゴールドウェイト(Bobcat Goldthwait)
 ヒロシマ・ナガサキ役

 ・“Medal of Honor: Pacific Assault”(2004/米)[ビデオ・ゲーム] 監督:
 Additional Voices (声)

 ・“Drake & Josh”(2004/米) [TVシリーズ] クリエイター:ダン・シュナイダー(Dan Schneider)
 空手のインストラクター役(‘Hug Me, Brother: Pilot’の回)
 Performing Centerオーナー(‘First Crush’の回)

 ・“Good Girls Don't...”(2004/米) [TVシリーズ] クリエイター:クラウディア・ロナウ(Claudia Lonow)
 庭師役(‘The Big O’の回)

 ・“Reno 911!”(2004/米) [TVシリーズ] クリエイター:ロバート・ベン・ガラント(Robert Ben Garant)、ケリー・ケニー(Kerri Kenney)、トーマス・レノン(Thomas Lennon)
 Ring Leader役(‘Junior Gets Married’の回)

 ・『エイリアス』“Alias”(2005/米) [TVシリーズ] クリエイター:J・J・エイブラムス
 トシヒロ・タケナダ役(‘In Dreams...’の回)

 ・『ラリーのミッドライフ★クライシス』“Curb Your Enthusiasm”(2005/米) [TVシリーズ] クリエイター:ラリー・デイヴィッド
 スシ職人#2役 (‘Kamikaze Bingo’の回)

 ・『ブル~ス一家は大暴走!』“Arrested Development”(2005/米) [TVシリーズ] クリエイター:ミシェル・ハーウィッツ(Mitchell Hurwitz)
 日本人ビジネスマン#1役(‘Mr. F’の回)

 ・『もしも昨日が選べたら』“Click”(2006/米) 監督:フランク・コラチ
 Watsuhita Executive役

 ・“How to Go Out on a Date in Queens”(2006/米) 監督:Michelle Danner
 シェフ・ペペ役

 ・『アドレナリン』“Crank”(2006/米) 監督:マーク・ネヴェルダイン(Mark Neveldine)、ブライアン・テイラー(Brian Taylor)
 日本人ビジネスマン役

 ・『硫黄島からの手紙』“Letters from Iwo Jima”(2006/米) 監督:クリント・イーストウッド
 足立大佐役

 ・『アントラージュ★オレたちのハリウッド』“Entourage”(2006-2008/米) [TVシリーズ] クリエイター:ダグ・エリン(Doug Ellin)
 仕立屋役(‘Guys and Doll’(2006)の回)
 ジョジョ役(‘The All Out Fall Out’(2008)の回)

 ・『ザ・ユニット3 米軍極秘部隊』“The Unit”(2007/米) [TVシリーズ] クリエイター:デイヴィッド・マメット
 フアン首相(‘The Broom Cupboard’の回)

 ・『scrubs~恋のお騒がせ病棟』“Scrubs”(2007/米) [TVシリーズ] クリエイター:ビル・ローレンス
 ミスター・チュン役

 ・“Worst Week”(2008/米) [TVシリーズ] 監督:Marc Buckland
 タクシー・ドライバー役(‘Pilot’の回)

 ・『リトル・ブリテンUSA』“Little Britain USA”(2008/英・米) [TVシリーズ] 監督:
 日本の首相ウダガワ役(‘Episode #1.5’の回)

 ・『ゴースト~天国からのささやき』“Ghost Whisperer”(2008/米) [TVシリーズ] クリエイター:ジョン・フレイ
 果物の行商人(‘Ball & Chain’の回)

 ・“The 8th Samurai”(2009/米)[短編] 監督:Justin Ambrosino
 The Director役

 ・“Table for Three”(2009/米) 監督:Michael Samonek
 日本人男性役

 ・『しあわせの処方箋』“Hawthorne”(2009/米) [TVシリーズ] クリエイター:ジョン・マシウス(John Masius)
 ミスター・タナカ役(‘The Sense of Belonging’の回)

 ・『アート・オブ・ウォー3』“The Art of War III: Retribution”(2009/米) [ビデオ] 監督:ジェリー・リヴリー(Gerry Lively)
 Jung役

 ・『フラッシュフォワード』“FlashForward”(2009/米) [TVシリーズ] クリエイター:ブラノン・ブラーガ(Brannon Braga)、デイヴィッド・S・ゴイヤー(David S. Goyer)
 ミスター・ナカハラ役(‘Believe’の回)

 ・“Funny or Die Presents...”(2010/米) [TVシリーズ] クリエイター:
 The Slovin & Allen Showのキャストとして(‘Episode #1.7’の回)

 ・“All That Remains”(2010/スイス) 監督:Pierre-Adrian Irle、Valentin Rotelli
 ナカタ役

 ・“The Middle”(2010/米)[TVシリーズ] クリエイター:アイリーン・ハイスラー(Eileen Heisler)、ディアン・エリーヌ(DeAnn Heline)
 タカユキの父役(‘Foreign Exchange’の回)

 ・『CHUCK/チャック』“Chuck”(2010/米)[TVシリーズ] クリエイター:ジョシュ・シュワルツ、クリス・フェダク
 Thai Bossman役(‘Chuck Versus Phase Three’の回)

 ・“Delivered”(2011/米) 監督:Michael Madison
 Katsuro役

 ・『THE EVENT/イベント』“The Event”(2011/米)[TVシリーズ] クリエイター:ニック・ワウターズ(Nick Wauters)
 日本の首相役(‘Turnabout’の回)

 ・“Floating Lanterns”(2011/米) [短編] 監督:Jamie Renee Williams
 ケイおじさん役

--------------------------------

 海外で活躍する多くの日本人俳優、日系俳優と同様に、大雑把にアジア人というくくりで、日本人以外のアジア人の役を振られることも少なくないのですが、それでも圧倒的に日本人の役が多いのは、戸田さん本人が日本人として日本人を演じることにこだわりを持っているからでしょうか。

 アメリカで活躍する以上、日本人として(あるいはアジア系としてでも)、主役級のキャスティングは望めないというのは、まあ、仕方ないところで、戸田さんの役も、言ってしまえば小さな役ばかりですが、そんな中でも、何度も「首相」にキャスティングされているのは、戸田さんの威厳に満ちた風貌、および、確かな演技力ゆえ、でしょうか。

 同じシリーズで、別の役で起用されたりすることが何度もあったりするのも、バイ・プレーヤーとしての演技力や存在感が制作サイドから信頼が置かれているからだと思われます。

 “All That Remains”が、何らかの形で日本に紹介されるかどうかはわかりませんが、今後の戸田さんの活躍と出演作には注目して、チェックしてみたいと思います。

 *参考サイト
 ・“All That Remains”公式サイト:http://www.allthatremains-movie.com/welcome.html
 ・asianimprovのアジア系アメリカ雑記帖:http://asianimprov.at.webry.info/200701/article_5.html

 *当ブログ記事
 ・スイス映画賞2011 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201102/article_42.html
 ・スイス映画賞2011 結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201103/article_17.html
 ・海外で活躍する日本人俳優リスト! 2008年秋版:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200809/article_8.html
 ・海外で活躍する日本人俳優リスト! 2010年冬版:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201003/article_27.html

 *この記事がなかなかよかった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

この記事へのコメント

2011年11月07日 13:52
細やかな情報、またこういったアプローチ!
また訪問させて下さい。

この記事へのトラックバック