ナストロ・ダルジェント賞2011 結果発表!

 第65回ナストロ・ダルジェント賞の結果が発表になりました。(6月25日)

 【ナストロ・ダルジェント賞】
 ナストロ・ダルジェント賞(Nastro d'Argento / シルバー・リボン賞)は、イタリアの映画批評家協会(The Sindacato Nazionale dei Giornalisti Cinematografici Italiani(Association of Italian Film Critics))の映画批評家たちが投票して決める賞、つまり「イタリア映画批評家協会賞」のことで、1947年にスタートして、今年で、65回目を迎えています。
 Wikipediaでは、米国アカデミー賞に次いで世界で2番目に古い映画賞であると紹介されています。「米国アカデミー賞が世界で最も古い映画賞である」という言い方には、各方面から異議申し立てが出そうですが、まあ、ナストロ・ダルジェント賞が世界でも最も古い伝統ある映画賞の1つであるということは確かなことなのだろうと思われます。

 受賞結果は、以下の通りです。

--------------------------------

 ◆監督賞(Regista Del Miglior Film)
 ◎ナンニ・モレッティ “Habemus Papam (We have a Pope)”(伊・仏)
 ・サヴェリオ・コンスタンツォ 『素数たちの孤独』(伊・仏・独)
 ・パスクァーレ・シメカ(Pasquale Scimeca) “Malavoglia (The House by the Medlar Tree)”(伊)
 ・マルコ・ベロッキオ “Sorelle Mai(Sisters Never)”(伊)
 ・クラウディオ・クッペリーニ 『穏やかな暮らし』(伊・独・仏)

画像

 ◆主演男優賞(Attore Protagonista)
 ・クラウディオ・ビシオ、Alessandro Siani “Benvenuti Al Sud(Welcome to the South)”(伊) 監督:Luca Miniero
 ・ラウル・ボヴァ(Raoul Bova) “Nessuno mi può giudicare (Nobody Can Judge Me)” (伊) 監督:Massimiliano Bruno
 ・エミリオ・ソルフリッツィ(Emilio Solfrizzi) “Se sei così, ti dico sì (If You're Like That, I Say Yes)”(伊) 監督:Eugenio Cappuccio
 ・トニ・セルヴィッロ 『穏やかな暮らし』、“Il gioiellino (The Jewel)”(伊・仏)(監督:アンドレア・モライヨーリ)
 ◎キム・ロッシ・スチュアート “Vallanzasca Gli Angeli Del Male(Angels of Evil)”(伊) 監督:ミケーレ・プラチド

画像

 ◆主演女優賞(Attrice Protagonista)
 ・イザベラ・ラゴネーゼ 『初任地にて』“Il primo incarico (The First Assignment)”(伊) 監督:ジョルジャ・チェチェレ(Giorgia Cecere)
 ・アンジェラ・フィノチアーノ “Benvenuti Al Sud(Welcome to the South)”、“La banda dei Babbi Natale (The Santa Claus Gang)”(伊) 監督:Paolo Genovese
 ◎アルバ・ロルヴァケル 『素数たちの孤独』
 ・Donatella Finocchiaro “Manuale d'Amore 3 (Manual of Love 3)”(イタリア式恋愛マニュアル3)(伊)(監督:ジョヴァンニ・ヴェロネージ)、“Sorelle Mai (Sisters Never)”
 ・Paola Cortellesi “Nessuno Mi Può Giudicare (Nobody Can Judge Me)”、“Maschi contro Femmine (Men vs. Women)”(伊) 監督:ファウスト・ブリッツィ(Fausto Brizzi)

画像

 ◆助演男優賞(Attore Non Protagonista)
 ・ロッコ・パパレオ(Rocco Papaleo) “Che bella giornata (What a Beautiful Day)”(伊) 監督:Gennaro Nunziante
 ・Geppy Gleijeses “Gorbaciof (Gorbachev)”(伊) 監督:Stefano Incerti
 ・リッキー・メンフィス(Ricky Memphis)、Maurizio Mattioli “Immaturi (The Immature)”(伊) 監督:Paolo Genovese
 ・ジョルジョ・コランジェリ(Giorgio Colangeli) “La donna della mia vita (The Woman of My Life)”(伊)(監督:Luca Lucini)、“Tatanka (Raging Tatanka)”(伊)(監督:Giuseppe Gagliardi)
 ◎ジュゼッペ・バティストン 『ラ・パッショーネ』“La Passione”(伊)(監督:カルロ・マッツァクラーティ)、『星の子どもたち』“Figli delle stelle (Children of the Stars)”(伊)(監督:ルーチョ・ペッレグリーニ(Lucio Pellegrini))、“Senza arte né parte (Make a Fake)”(伊)(監督:Giovanni Albanese)

 ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞でもジュゼッペ・バティストンが受賞。

画像

 ◆助演女優賞(Attrice Non Protagonista)
 ・ヴァレンティーナ・ロドヴィーニ “Benvenuti Al Sud”
 ◎Carolina Crescentini “Boris il film (Boris the Film)”(伊)(監督:Giacomo Ciarrapico、Mattia Torre、Luca Vendruscolo)、“20 sigarette (20 Cigarettes)”(伊)(監督:Aureliano Amadei)
 ・アニタ・カプリオーリ(Anita Caprioli)、Pasqualina Scuncia “Corpo celeste (Celestial Body)”(伊・スイス・仏) 監督:Alice Rohrwacher
 ・マルタ・ガスティーニ(Marta Gastini) 『ザ・ライト-エクソシストの真実-』(米) 監督:ミカエル・ハフストローム
 ・Anna Foglietta “Nessuno Mi Può Giudicare ”

 ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞ではヴァレンティーナ・ロドヴィーニが受賞。

画像

 ◆脚本賞(Sceneggiatura)
 ◎マッシモ・ガウディオソ(Massimo Gaudioso) “Benvenuti al Sud”
 ・Antonio Capuano “L'amore buio (Dark Love)”(伊) 監督:Antonio Capuano
 ・パスクァーレ・シメカ、Nennella Buonaiuto、トニーノ・グエッラ “Malavoglia”
 ・Massimiliano Bruno、Edoardo Falcone、ファウスト・ブリッツィ(Fausto Brizzi) “Nessuno mi può giudicare ”
 ・Daniele Gaglianone “Pietro”(伊) 監督:ダニエーレ・ガリアノーレ(Daniele Gaglianone)

 ◆オリジナル・ストーリー賞(Soggetto)
 ◎ナンニ・モレッティ、Federica Pontremoli 、Francesco Piccolo “Habemus Papam”
 ・ロベルタ・トッレ 『キスを叶えて』
 ・Paolo Genovese “Immaturi ”
 ・プーピ・アヴァーティ “Una sconfinata giovinezza (Endless Youth)”(伊) 監督:プーピ・アヴァーティ
 ・Filippo Gravino 『穏やか暮らし』

 ◆最優秀撮影賞(Migliore Fotografia)
 ◎アレッサンドロ・ペシ(Alessandro Pesci) “Habemus Papam”
 ・ファビオ・チャンケッティ 『素数たちの孤独』
 ・Duccio Cimatti “Malavoglia ”
 ・Michele Paradisi “Tatanka”
 ・アルナルド・カティナーリ “Vallanzasca Gli Angeli Del Male”

 ◆最優秀編集賞(Migliore Montaggio)
 ・Marco Spoletini “Corpo celeste”、“La banda dei Babbi Natale ”
 ・ジャコポ・カドリ(Jacopo Quadri) “Gangor (Behind the Bodice)”(伊・インド) 監督:Italo Spinelli
 ・エスメラルダ・カラブリア(Esmeralda Calabria) “Habemus Papam”
 ・フランチェスカ・カルヴェッリ “Sorelle Mai(Sisters Never)”、『素数たちの孤独』
 ◎Consuelo Catucci “Vallanzasca Gli Angeli Del Male”

 ◆最優秀美術賞(Migliore Scenografia)
 ・Francesco Frigeri “Amici Miei - Come Tutto Ebbe Inizio(My Friends - How It All Began)”(伊) 監督:Neri Parenti
 ◎パオラ・ビッツァリ(Paola Bizzarri) “Habemus Papam”
 ・Sabrina Balestra 『初任地にて』
 ・アントネロ・ゲレン(Antonello Geleng)、Marina Pinzuti Ansolini 『素数たちの孤独』
 ・ジュリアーノ・バヌーティ(Giuliano Pannuti) “Una sconfinata giovinezza”

 ◆最優秀衣裳賞(Migliori Costumi)
 ・Alfonsina Lettieri “Amici Miei - Come Tutto Ebbe Inizio(My Friends - How It All Began)”
 ◎リーナ・ネッリ・タヴィアーニ(Lina Nerli Taviani) “Habemus Papam ”
 ・Loredana Buscemi 『キスを叶えて』
 ・フランチェスカ・サルトーリ 『ラ・パッショーネ:』
 ・Roberto Chiocchi “Qualunquemente (Whatsoeverly)”(伊) 監督:ジュリオ・マンフレドニア

 ◆最優秀録音賞(Migliore Sonoro In Presa Diretta)
 ◎Mario Iaquone “20 Sigarette”、“Il gioiellino”
 ・Emanuele Cecere “L'amore buio”
 ・Valentino Gianni “La vita facile (The Easy Life)”(伊) 監督:ルーチョ・ペッレグリーニ
 ・マリッチェッタ・ロンバルド(Maricetta Lombardo) “Malavoglia”
 ・Vito Martinelli “Pietro”、“Tatanka”

 ◆最優秀作曲賞(Migliore Colonna Sonora)
 ・カルロ・シリオット(Carlo Siliotto) “Il padre e lo straniero (The Father and the Foreigner)”(伊) 監督:リッキー・トニヤッツィ
 ・Massimiliano Pani、Franco Serafini “La banda dei Babbi Natale”
 ・Francesco Sàrcina、パオロ・ブオンヴィーノ(Paolo Buonvino) “La scuola è finita (School is Over)”(伊・スイス) 監督:Valerio Jalongo
 ・パスクァーレ・カタラーノ(Pasquale Catalano) “La versione di Barney (Barney's Version)”(カナダ・伊)(監督:リチャード・J・ルイス)、“L'amore buio (Dark Love)”
 ◎ネグラマーロ(Negramaro) “Vallanzasca - Gli angeli del male”

 ◆最優秀オリジナル歌曲賞(Migliore Canzone Originale)
 ・“Che Bella Giornata(What a Beautiful Day)”(伊)(監督:Gennaro Nunziante)-‘Che bella giornata’ Checco Zalone
 ・“Femmine contro Maschi (Women vs. Men)”(伊)(監督:ファウスト・ブリッツィ)-‘Vuoto a perdere’ ガエターノ・クレリ(Gaetano Curreri)、ヴァスコ・ロッシ(Vasco Rossi)、Noemi
 ・“Immaturi”-‘Immaturi’ アレックス・ブリッティ(Alex Britti)
 ・“Manuale d'Amore 3 (Manual of Love 3)”-‘Follia d'amore’ ラファエル・グアラッツィ(Raphael Gualazzi)
 ◎“Se sei così, ti dico sì ”-‘Amami di più’ Francesco Cerasi、エミリオ・ソルフリッツィ(Emilio Solfrizzi)、Alessio Bonomo

 ◆最優秀コメディー賞(Migliore Commedia)
 ・Luca Miniero “Benvenuti al Sud”
 ・Giacomo Ciarrapico、Mattia Torre、Luca Vendruscolo “Boris il film”
 ・Gennaro Nunziante “Che bella giornata (What a Beautiful Day)”
 ・ファウスト・ブリッツィ “Femmine contro Maschi”
 ・ジャンニ・ディ・グレゴリオ “Gianni e le donne (The Salt of Life)”(伊)
 ・Paolo Genovese “Immaturi”
 ・Paolo Genovese “La banda dei Babbi Natale”
 ・ルーチョ・ペッレグリーニ “La vita facile”
 ・ファウスト・ブリッツィ “Maschi contro Femmine”
 ◎Massimiliano Bruno “Nessuno mi può giudicare”
 ・ジュリオ・マンフレドニア “Qualunquemente”
 ・Giovanni Albanese “Senza arte né parte”

画像

 ◆ドキュメンタリー賞(Nastro d'argento al miglior documentario)
 ◎“1960” 監督:ガブリエーレ・サルヴァトレス
 ・“Io sono Tony Scott, ovvero come l'Italia fece fuori il più grande clarinettista del jazz” 監督:Franco Maresco
 ・“Niente paura” 監督:ピエルジョルジョ・ガイ(Piergiorgio Gay)
 ・“Noi che siamo ancora vive” 監督:Daniele Cini
 ・“This Is My Land Hebron” 監督:Giulia Amati、Stephen Natanson

 ◆映画にまつわるドキュメンタリー映画賞(Miglior documentario sul cinema)
 ◎“Dante Ferretti scenografo italiano” 監督:ジャンフランコ・ジャーニ(Gianfranco Giagni)
 ・“Ritratto di mio padre” 監督:マニア・ソーレ・トニヤッツィ(Maria Sole Tognazzi)
 ・“Ennio Flaiano: il meglio è passato” 監督:Steve Della Casa、Giancarlo Rolandi
 ・“Liliana Cavani, una donna nel cinema” 監督:Peter Marcias
 ・“Vittorio racconta Gassman, una vita da mattatore” 監督:Giancarlo Scarchilli

 ◆新人監督賞(Regista Esordiente)
 ・Edoardo Leo “Diciotto Anni Dopo (18 Years Later)”(伊)
 ・Aureliano Amadei “20 Sigarette”
 ◎Alice Rohrwacher “Corpo celeste”
 ・Ascanio Celestini “La pecora nera (The Black Sheep)”(伊)
 ・Massimiliano Bruno “Nessuno Mi Può Giudicare”

画像

 ◆プロデューサー賞(Produttore)
 ・“20 Sigarette” ティルデ・コルシ、ジャンニ・ロモーリ、クラウディ・ボニヴェント 、RAI
 ・“Benvenuti al Sud” Medusa Film、Cattleya
 ・“Che bella giornata” ピエトロ・ヴァルセッキ(Pietro Valsecchi)
 ◎“Habemus Papam” ナンニ・モレッティ、ドメニコ・プロカッチ
 ・『穏やかな暮らし』、“Into Paradiso”(伊)(監督:Paola Randi) ファブリツィオ・モスカ(Fabrizio Mosca)

 ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞では、“20 Sigarette”がプロダクション賞を受賞。

 ◆ヨーロッパ映画賞(Miglior Film Europeo)
 ・“Another Year”(英) 監督:マイク・リー
 ◎『英国王のスピーチ』(英) 監督:トム・フーパー
 ・『未来を生きる君たちへ』(デンマーク・スウェーデン) 監督:スザンネ・ビア
 ・『しあわせの雨傘』(仏) 監督:フランソワ・オゾン
 ・『神々と男たち』(仏) 監督:グザヴィエ・ボーヴォワ

 ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞でも、『英国王のスピーチ』が受賞。

 ◆非ヨーロッパ映画賞(Miglior Film Extraeuropeo)
 ◎『ヒアアフター』(米) 監督:クリント・イーストウッド
 ・『ブラック・スワン』(米) 監督:ダーレン・アルノフスキー
 ・『インセプション』(米) 監督:クリストファー・ノーラン
 ・『ソーシャル・ネットワーク』(米) 監督:デイヴィッド・フィンチャー
 ・『ウィンターズ・ボーン』(米) 監督:デブラ・グラニック

 ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞でも、『ヒアアフター』が受賞。

 【特別賞】

 ◆ナストロ・ダルジェント特別賞2011(Nastro speciale dell'anno 2011)
 ◎マリオ・マルトーネ 『われわれは信じていた』“Noi credevamo (We Believed)”

 ◆ナストロ・ダルジェント キャリア賞(Nastro D’Argento Alla Carriera)
 ◎Emidio Greco(監督)
 ◎フルヴィオ・ルチザーノ(Fulvio Lucisano)(プロデューサー)
 ◎Marina Piperno(プロデューサー)

 Emidio Grecoは、70年代から活躍するベテラン監督。
 フルヴィオ・ルチザーノは、『トスカニーニ』『ムーンリットナイト』などで知られるプロデューサー。
 Marina Pipernoは、60年代から活躍するプロデューサーで、主にドキュメンタリーを中心に手がけている。

 ◆第65回大会特別賞(Nastro speciale del 65A°)
 ◎プーピ・アヴァーティ “Una sconfinata giovinezza (Endless Youth)”

 ◆スペシャル・メンション
 ◎製作会社Titanus(“Nastro alla Titanus”)
 ジュゼッペ・トルナトーレ “L'ultimo Gattopardo: Ritratto di Goffredo Lombardo ((The Last Leopard: Portrait of Goffredo Lombardo)”

Nastro d'argento europeo [modifica]Michel Piccoli – Habemus Papam[4]
Valeria Bruni Tedeschi

--------------------------------

 作品のノミネーション&受賞状況は以下の通りです。

 ・“Habemus Papam”(6/7):監督・ストーリー・撮影・編集・美術・衣裳・プロデューサー
 ・“Benvenuti Al Sud”(1/6):主演男優・主演女優・助演女優・脚本・コメディー・プロデューサー
 ・“Nessuno mi può giudicare”(1/6):主演男優・主演女優・助演女優・脚本・コメディー・新人監督
 ・『素数たちの孤独』(1/5):監督・主演女優・撮影・編集・美術
 ・“Malavoglia”(0/4):監督・脚本・撮影・録音
 ・『穏やかな暮らし』(0/4):監督・主演男優・ストーリー・プロデューサー
 ・“Vallanzasca Gli Angeli Del Male”(2/4):主演男優・撮影・編集・作曲
 ・“La banda dei Babbi Natale”(0/4):主演女優・編集・作曲・コメディー
 ・“Che bella giornata”(0/4):助演男優・歌曲・コメディー・プロデューサー
 ・“Immaturi”(0/4):助演男優・ストーリー・歌曲・コメディー
 ・“20 sigarette”(2/4):助演女優・録音・新人監督・プロデューサー
 ・“Sorelle Mai”(0/3):監督・主演女優・編集
 ・“Tatanka ”(0/3):助演男優・撮影・録音
 ・“Corpo celeste”(1/3):助演女優・編集・新人監督
 ・“L'amore buio”(0/3):脚本・録音・作曲
 ・“Se sei così, ti dico sì”(1/2):主演男優・歌曲
 ・“Il gioiellino”(1/2):主演男優・録音
 ・『初任地にて』(0/2):主演女優・美術
 ・“Manuale d'Amore 3”(0/2):主演女優・歌曲
 ・“Maschi contro Femmine”(0/2):主演女優・コメディー
 ・『ラ・パッショーネ』(1/2):助演男優・衣裳
 ・“Senza arte né parte”(0/2):助演男優・コメディー
 ・“Boris il film”(1/2):助演女優・コメディー
 ・“Pietro”(0/2):脚本・録音
 ・『キスを叶えて』(0/2):ストーリー・衣裳
 ・“Una sconfinata giovinezza”(0/2):ストーリー・衣裳
 ・“Amici Miei - Come Tutto Ebbe Inizio”(0/2):美術・衣裳
 ・“Qualunquemente”(0/2):衣裳・コメディー
 ・“La vita facile”(0/2):録音・コメディー
 ・“Femmine contro Maschi”(0/2):歌曲・コメディー
 ・“Gorbaciof”(0/1):助演男優
 ・“La donna della mia vita”(0/1):助演男優
 ・『星の子供たち』(0/1):助演男優
 ・『ザ・ライト-エクソシストの真実-』(0/1):助演女優
 ・“Gangor”(0/1):編集
 ・“Il padre e lo straniero”(0/1):作曲
 ・“La scuola è finita”(0/1):作曲
 ・“La versione di Barney”(0/1):作曲
 ・“Gianni e le donne”(0/1):コメディー
 ・“Diciotto Anni Dopo”(0/1):新人監督
 ・“La pecora nera”(0/1):新人監督
 ・“Into Paradiso”(0/1):プロデューサー

 “Habemus Papam”がノミネートされていた7部門のうち6部門を制して、最多受賞になりました。

 そのほかでは、ロルヴァケル姉妹がいずれも受賞を果たしたことが注目されます。

 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・ナストロ・ダルジェント賞2011 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201105/article_29.html
 ・ナストロ・ダルジェント賞2010 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201006/article_2.html
 ・ナストロ・ダルジェント賞2010 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201006/article_23.html
 ・ナストロ・ダルジェント賞2009 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200906/article_29.html

 ・ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞2011 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201105/article_22.html

 ・イタリア映画祭2011 ラインナップ:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201103/article_10.html

 ・映画祭&映画賞カレンダー 2010年12月~2011年5月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201012/article_48.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック