ナストロ・ダルジェント賞2011 ノミネーション発表!

 第65回ナストロ・ダルジェント賞のノミネーションが発表になりました。(5月27日)

 【ナストロ・ダルジェント賞】
 ナストロ・ダルジェント賞(Nastro d'Argento / シルバー・リボン賞)は、イタリアの映画批評家協会(The Sindacato Nazionale dei Giornalisti Cinematografici Italiani(Association of Italian Film Critics))の映画批評家たちが投票して決める賞、つまり「イタリア映画批評家協会賞」のことで、1947年にスタートして、今年で、65回目を迎えています。
 Wikipediaでは、米国アカデミー賞に次いで世界で2番目に古い映画賞であると紹介されています。「米国アカデミー賞が世界で最も古い映画賞である」という言い方には、各方面から異議申し立てが出そうですが、まあ、ナストロ・ダルジェント賞が世界でも最も古い伝統ある映画賞の1つであるということは確かなことなのだろうと思われます。

 先行するダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞とは、対象期間が異なるので、ノミネート作品にも多少ずれがあり、こちらの方がより多く新しい作品がノミネートされてきます。(今年で言えば、カンヌ国際映画祭で上映されたばかりのナンニ・モレッティ監督作品がノミネートされたりしています。)

 ノミネーションの形式としては、作品賞がなくて、プロデューサー賞があり、また、ノミネーション対象およびその対象作品は複数あってもいいということになっているようです。


--------------------------------

 ◆監督賞(Regista Del Miglior Film)
 ・ナンニ・モレッティ “Habemus Papam (We have a Pope)”(伊・仏)
 ・サヴェリオ・コンスタンツォ 『素数たちの孤独』(伊・仏・独)
 ・パスクァーレ・シメカ(Pasquale Scimeca) “Malavoglia (The House by the Medlar Tree)”()
 ・マルコ・ベロッキオ “Sorelle Mai(Sisters Never)”(伊)
 ・クラウディオ・クッペリーニ 『穏やかな暮らし』(伊・独・仏)

 ◆主演男優賞(Attore Protagonista)
 ・クラウディオ・ビシオ、Alessandro Siani “Benvenuti Al Sud(Welcome to the South)”(伊) 監督:Luca Miniero
 ・ラウル・ボヴァ(Raoul Bova) “Nessuno mi può giudicare (Nobody Can Judge Me)” (伊) 監督:Massimiliano Bruno
 ・エミリオ・ソルフリッツィ(Emilio Solfrizzi) “Se sei così, ti dico sì (If You're Like That, I Say Yes)”(伊) 監督:Eugenio Cappuccio
 ・トニ・セルヴィッロ 『穏やかな暮らし』、“Il gioiellino (The Jewel)”(伊・仏)(監督:アンドレア・モライヨーリ)
 ・キム・ロッシ・スチュアート “Vallanzasca Gli Angeli Del Male(Angels of Evil)”(伊) 監督:ミケーレ・プラチド

 ◆主演女優賞(Attrice Protagonista)
 ・イザベラ・ラゴネーゼ 『初任地にて』“Il primo incarico (The First Assignment)”(伊) 監督:ジョルジャ・チェチェレ(Giorgia Cecere)
 ・アンジェラ・フィノチアーノ “Benvenuti Al Sud(Welcome to the South)”、“La banda dei Babbi Natale (The Santa Claus Gang)”(伊) 監督:Paolo Genovese
 ・アルバ・ロルヴァケル 『素数たちの孤独』
 ・Donatella Finocchiaro “Manuale d'Amore 3 (Manual of Love 3)”(イタリア式恋愛マニュアル3)(伊)(監督:ジョヴァンニ・ヴェロネージ)、“Sorelle Mai (Sisters Never)”
 ・Paola Cortellesi “Nessuno Mi Può Giudicare (Nobody Can Judge Me)”、“Maschi contro Femmine (Men vs. Women)”(伊) 監督:ファウスト・ブリッツィ(Fausto Brizzi)

 ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞ではPaola Cortellesiが受賞。

 ◆助演男優賞(Attore Non Protagonista)
 ・ロッコ・パパレオ(Rocco Papaleo) “Che bella giornata (What a Beautiful Day)”(伊) 監督:Gennaro Nunziante
 ・Geppy Gleijeses “Gorbaciof (Gorbachev)”(伊) 監督:Stefano Incerti
 ・リッキー・メンフィス(Ricky Memphis)、Maurizio Mattioli “Immaturi (The Immature)”(伊) 監督:Paolo Genovese
 ・ジョルジョ・コランジェリ(Giorgio Colangeli) “La donna della mia vita (The Woman of My Life)”(伊)(監督:Luca Lucini)、“Tatanka (Raging Tatanka)”(伊)(監督:Giuseppe Gagliardi)
 ・ジュゼッペ・バティストン 『ラ・パッショーネ』“La Passione”(伊)(監督:カルロ・マッツァクラーティ)、『星の子どもたち』“Figli delle stelle (Children of the Stars)”(伊)(監督:ルーチョ・ペッレグリーニ(Lucio Pellegrini))、“Senza arte né parte (Make a Fake)”(伊)(監督:Giovanni Albanese)

 ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞ではジュゼッペ・バティストンが受賞。

 ◆助演女優賞(Attrice Non Protagonista)
 ・ヴァレンティーナ・ロドヴィーニ “Benvenuti Al Sud”
 ・Carolina Crescentini “Boris il film (Boris the Film)”(伊)(監督:Giacomo Ciarrapico、Mattia Torre、Luca Vendruscolo)、“20 sigarette (20 Cigarettes)”(伊)(監督:Aureliano Amadei)
 ・アニタ・カプリオーリ(Anita Caprioli)、Pasqualina Scuncia “Corpo celeste (Celestial Body)”(伊・スイス・仏) 監督:Alice Rohrwacher
 ・マルタ・ガスティーニ(Marta Gastini) 『ザ・ライト-エクソシストの真実-』(米) 監督:ミカエル・ハフストローム
 ・Anna Foglietta “Nessuno Mi Può Giudicare ”

 ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞ではヴァレンティーナ・ロドヴィーニが受賞。

 ◆脚本賞(Sceneggiatura)
 ・マッシモ・ガウディオソ(Massimo Gaudioso) “Benvenuti al Sud”
 ・Antonio Capuano “L'amore buio (Dark Love)”(伊) 監督:Antonio Capuano
 ・パスクァーレ・シメカ、Nennella Buonaiuto、トニーノ・グエッラ “Malavoglia”
 ・Massimiliano Bruno、Edoardo Falcone、ファウスト・ブリッツィ(Fausto Brizzi) “Nessuno mi può giudicare ”
 ・Daniele Gaglianone “Pietro”(伊) 監督:ダニエーレ・ガリアノーレ(Daniele Gaglianone)

 ◆オリジナル・ストーリー賞(Soggetto)
 ・ナンニ・モレッティ、Federica Pontremoli 、Francesco Piccolo “Habemus Papam”
 ・ロベルタ・トッレ 『キスを叶えて』
 ・Paolo Genovese “Immaturi ”
 ・プーピ・アヴァーティ “Una sconfinata giovinezza (Endless Youth)”(伊) 監督:プーピ・アヴァーティ
 ・Filippo Gravino 『穏やか暮らし』

 ◆最優秀撮影賞(Migliore Fotografia)
 ・アレッサンドロ・ペシ(Alessandro Pesci) “Habemus Papam”
 ・ファビオ・チャンケッティ 『素数たちの孤独』
 ・Duccio Cimatti “Malavoglia ”
 ・Michele Paradisi “Tatanka”
 ・アルナルド・カティナーリ “Vallanzasca Gli Angeli Del Male”

 ◆最優秀編集賞(Migliore Montaggio)
 ・Marco Spoletini “Corpo celeste”、“La banda dei Babbi Natale ”
 ・ジャコポ・カドリ(Jacopo Quadri) “Gangor (Behind the Bodice)”(伊・インド) 監督:Italo Spinelli
 ・エスメラルダ・カラブリア(Esmeralda Calabria) “Habemus Papam”
 ・フランチェスカ・カルヴェッリ “Sorelle Mai(Sisters Never)”、『素数たちの孤独』
 ・Consuelo Catucci “Vallanzasca Gli Angeli Del Male”

 ◆最優秀美術賞(Migliore Scenografia)
 ・Francesco Frigeri “Amici Miei - Come Tutto Ebbe Inizio(My Friends - How It All Began)”(伊) 監督:Neri Parenti
 ・パオラ・ビッツァリ(Paola Bizzarri) “Habemus Papam”
 ・Sabrina Balestra 『初任地にて』
 ・アントネロ・ゲレン(Antonello Geleng)、Marina Pinzuti Ansolini 『素数たちの孤独』
 ・ジュリアーノ・バヌーティ(Giuliano Pannuti) “Una sconfinata giovinezza”

 ◆最優秀衣裳賞(Migliori Costumi)
 ・Alfonsina Lettieri “Amici Miei - Come Tutto Ebbe Inizio(My Friends - How It All Began)”
 ・リーナ・ネッリ・タヴィアーニ(Lina Nerli Taviani) “Habemus Papam ”
 ・Loredana Buscemi 『キスを叶えて』
 ・フランチェスカ・サルトーリ 『ラ・パッショーネ:』
 ・Roberto Chiocchi “Qualunquemente (Whatsoeverly)”(伊) 監督:ジュリオ・マンフレドニア

 ◆最優秀録音賞(Migliore Sonoro In Presa Diretta)
 ・Mario Iaquone “20 Sigarette”、“Il gioiellino”
 ・Emanuele Cecere “L'amore buio”
 ・Valentino Gianni “La vita facile (The Easy Life)”(伊) 監督:ルーチョ・ペッレグリーニ
 ・マリッチェッタ・ロンバルド(Maricetta Lombardo) “Malavoglia”
 ・Vito Martinelli “Pietro”、“Tatanka”

 ◆最優秀作曲賞(Migliore Colonna Sonora)
 ・カルロ・シリオット(Carlo Siliotto) “Il padre e lo straniero (The Father and the Foreigner)”(伊) 監督:リッキー・トニヤッツィ
 ・Massimiliano Pani、Franco Serafini “La banda dei Babbi Natale”
 ・Francesco Sàrcina、パオロ・ブオンヴィーノ(Paolo Buonvino) “La scuola è finita (School is Over)”(伊・スイス) 監督:Valerio Jalongo
 ・パスクァーレ・カタラーノ(Pasquale Catalano) “La versione di Barney (Barney's Version)”(カナダ・伊)(監督:リチャード・J・ルイス)、“L'amore buio (Dark Love)”
 ・ネグラマーロ(Negramaro) “Vallanzasca - Gli angeli del male”

 ◆最優秀オリジナル歌曲賞(Migliore Canzone Originale)
 ・“Che Bella Giornata(What a Beautiful Day)”(伊)(監督:Gennaro Nunziante)-‘Che bella giornata’ Checco Zalone
 ・“Femmine contro Maschi (Women vs. Men)”(伊)(監督:ファウスト・ブリッツィ)-‘Vuoto a perdere’ ガエターノ・クレリ(Gaetano Curreri)、ヴァスコ・ロッシ(Vasco Rossi)、Noemi
 ・“Immaturi”-‘Immaturi’ アレックス・ブリッティ(Alex Britti)
 ・“Manuale d'Amore 3 (Manual of Love 3)”-‘Follia d'amore’ ラファエル・グアラッツィ(Raphael Gualazzi)
 ・“Se sei così, ti dico sì ”-‘Amami di più’ Francesco Cerasi、エミリオ・ソルフリッツィ(Emilio Solfrizzi)、Alessio Bonomo

 ◆最優秀コメディー賞(Migliore Commedia)
 ・Luca Miniero “Benvenuti al Sud”
 ・Giacomo Ciarrapico、Mattia Torre、Luca Vendruscolo “Boris il film”
 ・Gennaro Nunziante “Che bella giornata (What a Beautiful Day)”
 ・ファウスト・ブリッツィ “Femmine contro Maschi”
 ・ジャンニ・ディ・グレゴリオ “Gianni e le donne (The Salt of Life)”(伊)
 ・Paolo Genovese “Immaturi”
 ・Paolo Genovese “La banda dei Babbi Natale”
 ・ルーチョ・ペッレグリーニ “La vita facile”
 ・ファウスト・ブリッツィ “Maschi contro Femmine”
 ・Massimiliano Bruno “Nessuno mi può giudicare”
 ・ジュリオ・マンフレドニア “Qualunquemente”
 ・Giovanni Albanese “Senza arte né parte”

 ◆新人監督賞(Regista Esordiente)
 ・Edoardo Leo “Diciotto Anni Dopo (18 Years Later)”(伊)
 ・Aureliano Amadei “20 Sigarette”
 ・Alice Rohrwacher “Corpo celeste”
 ・Ascanio Celestini “La pecora nera (The Black Sheep)”(伊)
 ・Massimiliano Bruno “Nessuno Mi Può Giudicare”

 ◆プロデューサー賞(Produttore)
 ・“20 Sigarette” ティルデ・コルシ、ジャンニ・ロモーリ、クラウディ・ボニヴェント 、RAI
 ・“Benvenuti al Sud” Medusa Film、Cattleya
 ・“Che bella giornata” ピエトロ・ヴァルセッキ(Pietro Valsecchi)
 ・“Habemus Papam” ナンニ・モレッティ、ドメニコ・プロカッチ
 ・『穏やかな暮らし』、“Into Paradiso”(伊)(監督:Paola Randi) ファブリツィオ・モスカ(Fabrizio Mosca)

 ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞では、“20 Sigarette”がプロダクション賞を受賞。

 ◆ヨーロッパ映画賞(Miglior Film Europeo)
 ・“Another Year”(英) 監督:マイク・リー
 ・『英国王のスピーチ』(英) 監督:トム・フーパー
 ・『未来を生きる君たちへ』(デンマーク・スウェーデン) 監督:スザンネ・ビア
 ・『しあわせの雨傘』(仏) 監督:フランソワ・オゾン
 ・『神々と男たち』(仏) 監督:グザヴィエ・ボーヴォワ

 ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞では、『英国王のスピーチ』が受賞。

 ◆非ヨーロッパ映画賞(Miglior Film Extraeuropeo)
 ・『ヒアアフター』(米) 監督:クリント・イーストウッド
 ・『ブラック・スワン』(米) 監督:ダーレン・アルノフスキー
 ・『インセプション』(米) 監督:クリストファー・ノーラン
 ・『ソーシャル・ネットワーク』(米) 監督:デイヴィッド・フィンチャー
 ・『ウィンターズ・ボーン』(米) 監督:デブラ・グラニック

 ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞では、『ヒアアフター』が受賞。

 【特別賞】

 ◆ナストロ・ダルジェント特別賞2011(Nastro speciale dell'anno 2011)
 ◎マリオ・マルトーネ 『われわれは信じていた』“Noi credevamo (We Believed)”

 ◆ナストロ・ダルジェント キャリア賞(Nastro D’Argento Alla Carriera)
 ◎Emidio Greco(監督)
 ◎フルヴィオ・ルチザーノ(Fulvio Lucisano)(プロデューサー)
 ◎Marina Piperno(プロデューサー)

 Emidio Grecoは、70年代から活躍するベテラン監督。
 フルヴィオ・ルチザーノは、『トスカニーニ』『ムーンリットナイト』などで知られるプロデューサー。
 Marina Pipernoは、60年代から活躍するプロデューサーで、主にドキュメンタリーを中心に手がけている。

 ◆第65回大会特別賞(Nastro speciale del 65A°)
 ◎プーピ・アヴァーティ “Una sconfinata giovinezza (Endless Youth)”

 ◆スペシャル・メンション
 ◎製作会社Titanus(“Nastro alla Titanus”)
 ジュゼッペ・トルナトーレ “L'ultimo Gattopardo: Ritratto di Goffredo Lombardo ((The Last Leopard: Portrait of Goffredo Lombardo)”

--------------------------------

 作品のノミネーション状況は以下の通りです。

 ・“Habemus Papam”(7):監督・ストーリー・撮影・編集・美術・衣裳・プロデューサー
 ・“Benvenuti Al Sud”(6):主演男優・主演女優・助演女優・脚本・コメディー・プロデューサー
 ・“Nessuno mi può giudicare”(6):主演男優・主演女優・助演女優・脚本・コメディー・新人監督
 ・『素数たちの孤独』(5):監督・主演女優・撮影・編集・美術
 ・“Malavoglia”(4):監督・脚本・撮影・録音
 ・『穏やかな暮らし』(4):監督・主演男優・ストーリー・プロデューサー
 ・“Vallanzasca Gli Angeli Del Male”(4):主演男優・撮影・編集・作曲
 ・“La banda dei Babbi Natale”(4):主演女優・編集・作曲・コメディー
 ・“Che bella giornata”(4):助演男優・歌曲・コメディー・プロデューサー
 ・“Immaturi”(4):助演男優・ストーリー・歌曲・コメディー
 ・“20 sigarette”(4):助演女優・録音・新人監督・プロデューサー
 ・“Sorelle Mai”(3):監督・主演女優・編集
 ・“Tatanka ”(3):助演男優・撮影・録音
 ・“Corpo celeste”(3):助演女優・編集・新人監督
 ・“L'amore buio”(3):脚本・録音・作曲
 ・“Se sei così, ti dico sì”(2):主演男優・歌曲
 ・“Il gioiellino”(2):主演男優・録音
 ・『初任地にて』(2):主演女優・美術
 ・“Manuale d'Amore 3”(2):主演女優・歌曲
 ・“Maschi contro Femmine”(2):主演女優・コメディー
 ・『ラ・パッショーネ』(2):助演男優・衣裳
 ・“Senza arte né parte”(2):助演男優・コメディー
 ・“Boris il film”(2):助演女優・コメディー
 ・“Pietro”(2):脚本・録音
 ・『キスを叶えて』(2):ストーリー・衣裳
 ・“Una sconfinata giovinezza”(2):ストーリー・衣裳
 ・“Amici Miei - Come Tutto Ebbe Inizio”(2):美術・衣裳
 ・“Qualunquemente”(2):衣裳・コメディー
 ・“La vita facile”(2):録音・コメディー
 ・“Femmine contro Maschi”(2):歌曲・コメディー
 ・“Gorbaciof”(1):助演男優
 ・“La donna della mia vita”(1):助演男優
 ・『星の子供たち』(1):助演男優
 ・『ザ・ライト-エクソシストの真実-』(1):助演女優
 ・“Gangor”(1):編集
 ・“Il padre e lo straniero”(1):作曲
 ・“La scuola è finita”(1):作曲
 ・“La versione di Barney”(1):作曲
 ・“Gianni e le donne”(1):コメディー
 ・“Diciotto Anni Dopo”(1):新人監督
 ・“La pecora nera”(1):新人監督
 ・“Into Paradiso”(1):プロデューサー

 ※昨年まであったドキュメンタリー賞がなくなり、昨年新設されたばかりの3D映画賞はたった1回で廃止されてしまいました。

 カンヌ国際映画祭2011で上映されたばかりの作品がナンニ・モレッティの“Habemus Papam (We have a Pope)”のほかに、“Corpo celeste (Celestial Body)”がノミネートされています。(後者はアルバ・ロルヴァケルのお姉さんの初監督作品になります。)

 ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞2011で上位にノミネートされた『ぼくたちの生活』や“Basilicata Coast To Coast”は、ナストロ・ダルジェント賞では前回のノミネート&受賞作品なのでここにはノミネートされていません。

 ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞2011で最多ノミネート&最多受賞になった『われわれは信じていた』は、なぜか1部門にもノミネートされず、特別賞受賞となっています。

 そのほかの上位陣は、ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞2011ノミネーションとほぼ似たようなものとなっています。

 今回の見どころは、ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞2011でも上位にノミネートされながら、受賞に恵まれなかった“Benvenuti Al Sud”や“Nessuno mi può giudicare”、『素数たちの孤独』、“Vallanzasca Gli Angeli Del Male”がここで複数部門での受賞を果たすのか、それとも最多ノミネートの“Habemus Papam”が最多受賞になるのか、ということになるでしょうか。

 ちなみに、Paolo Genovese監督は、“La banda dei Babbi Natale”(2010)と“Immaturi”(2011)、ルーチョ・ペッレグリーニは『星の子どもたち』(2010)と“La vita facile”(2011)、ファウスト・ブリッツィは“Maschi contro Femmine”(2010)と“Femmine contro Maschi”(2011)で、それぞれダブル・ノミネートされています。
 ファウスト・ブリッツィは、さらに、“Nessuno mi può giudicare”と“Amici Miei - Come Tutto Ebbe Inizio”でも脚本に参加しています。

 授賞式は、6月25日です。

 *当ブログ記事

 ・ナストロ・ダルジェント賞2010 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201006/article_2.html
 ・ナストロ・ダルジェント賞2010 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201006/article_23.html
 ・ナストロ・ダルジェント賞2009 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200906/article_29.html

 ・ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞2011 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201105/article_22.html

 ・イタリア映画祭2011 ラインナップ:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201103/article_10.html

 ・映画祭&映画賞カレンダー 2010年12月~2011年5月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201012/article_48.html

 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

--------------------------------

 以下に、文字数の許す限り、ノミネート作品の紹介を行なってみたいと思います。

 ・“Habemus Papam(We have a Pope)”(伊・仏) 監督:ナンニ・モレッティ
 出演:ミシェル・ピコリ、ナンニ・モレッティ、イエルジー・スチュエル(Jerzy Stuhr)、レナート・スカルパ(Renato Scarpa)、Franco Graziosi、マルゲリータ・ブイ、ダリオ・カンタレッリ(Dario Cantarelli)
 物語:ローマ教皇の死後、後継者選びの選挙が開かれ、複数回の投票を経てようやく1人の枢機卿が教皇に選出される。大勢の信者たちが、サンピエトロ広場のバルコニーに新教皇が現れるのを待つ中、選出された枢機卿はまだその責任の重圧に耐える準備ができていなかった。不安? うつ状態? それとも重責への恐れ? 世界全体が気を揉むなか、バチカンではこの危機を乗り越えるため、枢機卿たちが必死に解決策を模索する。
 カンヌ国際映画祭2011 コンペティション部門出品。

 ・“Benvenuti Al Sud(Welcome to the South)”(伊) 監督:Luca Miniero
 出演:クラウディオ・ビシオ、アンジェラ・フィノチアーノ、Alessandro Siani、ヴァレンティーナ・ロドヴィーニ
 物語:ミラノ近郊に住む郵便局員のアルベルト(クラウディオ・ビシオ)は、ミラノに住むことが夢で、転勤願いを出すが、インチキがばれて、南イタリアに飛ばされることになる。田舎くさい南イタリアへなど行きたくないと妻シルビア(アンジェラ・フィノチアーノ)に拒絶された彼は、単身赴任することになるが、徐々に南イタリアの魅力に取りつかれ、最後にはもうここから離れたくないとまで思うようになるのだった。
 ダニー・ブーンの“Bienvenue chez les Ch'tis”(2008)のリメイク作品。ダニー・ブーン版では、南仏から北部へ転勤させられるのを、イタリア版では北部から南部へという風に設定が変えられています。この作品は、さらに“Welcome to the Sticks”というタイトルで、アメリカでもリメイクされることが発表されています。


 ・“Nessuno Mi Può Giudicare(Nobody Can Judge Me)”(伊) 監督:Massimiliano Bruno
 出演:Paola Cortellesi、ロッコ・パパレオ、Anna Foglietta
 物語:35歳のアリスは、起業家の夫と9歳の息子がいて、ローマの北の美しい家で、何不自由ない暮らしをしていた。しかし、夫が交通事故で死んで、大きな負債が残され、彼女は、これまでの暮らしのすべてを棄てて、息子と2人で再出発しなければなくなる。
 監督のMassimiliano Brunoは、俳優であり、『元カノ/カレ』の脚本家の1人で、これが初監督長編です。

 ・“Malavoglia (The House by the Medlar Tree)”(伊) 監督:パスクァーレ・シメカ(Pasquale Scimeca)
 物語:祖父と息子、その妻と4人の子供たちという漁師の一家。ある日、船の事故で主人が死に、一家は崩壊の危機に瀕する。
 ベネチア国際映画祭2010 Orizzonti部門出品。
 トロント国際映画祭2010 SPECIAL PRESENTATIONS部門出品。

 ・“Vallanzasca - Gli angeli del male(Angels of Evil)”(伊) 監督:ミケーレ・プラチド
 出演:キム・ロッシ・スチュアート、パス・ベガ、モーリッツ・ブライプトロイ、フィリッポ・ティーミ、Francesco Scianna
 窃盗、強盗、侵入、殺人などの罪を犯し、懲役260年の刑を宣告されているミラノのマフィア、Renato Vallanzascaの半生を描く。
 ベネチア国際映画祭2010 アウト・オブ・コンペティション部門出品。

 ・“Immaturi(The Immature)”(伊) 監督:Paolo Genovese
 出演:Ambra Angiolini、ラウル・ボヴァ、Ricky Memphis、Luca Bizzarri、バルボラ・ボブローヴァ、Paolo Kessisoglu、アニタ・カプリオーリ
 物語:ジョルジョ、ペーター、ルイーズ、ヴァージル、フランクの5人は、ともに38歳で、かつては、クラスメートで、親友であった。しかし、あることから、友情が壊れ、離れ離れになってしまう。夢と失望。この20年間を彼らがどう過ごしたかを、時におかしく、時にセンチメンタルに描いていく。

 ・“20 Sigarette(20 Cigarettes)”(伊) 監督:Aureliano Amadei
 出演:Vinicio Marchioni
 物語:アウレリアーノは、定職もなく、恋人もいなくて、イラクで平和維持活動をするイタリア軍を撮影する映画クルーのアシスタント・ディレクターとして、イラクに向かうことになる。彼は、アナーキストで、反戦活動家だったが、イタリア軍と身近に接するうちに、兵隊たちが人間くさくて、仲間意識が強く、自分がこれまで持っていたイメージが偏見でしかなかったことに気づかされる。時は、2003年11月。彼らの取材していたイタリア軍は、「ナシリアの自爆攻撃」を受けることになる。アウレリアーノには一箱のタバコを吸い終える時間もなかった……。
 ベネチア国際映画祭2010 Controcampo Italiano部門出品。Controcampo Italiano Prize&スペシャル・メンション、Francesco Pasinetti (SNGCI) Award、Biografilm Lancia Award受賞。


 ・“Sorelle Mai(Sisters Never”(伊) 監督:マルコ・ベロッキオ
 出演:Donatella Finocchiaro、Pier Giorgio Bellocchio、Maria Luisa Bellocchio、Letizia Bellocchio、Elena Bellocchio、アルバ・ロルヴァケル
 物語:1999年から2008年まで、エレナの5歳から13歳までを6つのエピソードで語る。
 ベロッキオの故郷ボッビオで、ベロッキオ自身の2人の姉ら実際の身内を起用し、エレナの成長に合わせて、撮影された。
 ベネチア国際映画祭2010 アウト・オブ・コンペティション部門出品。


 ・“Tatanka (Raging Tatanka)”(伊) 監督:Giuseppe Gagliardi

 ・“Corpo celeste (Celestial Body)”(伊・スイス・仏) 監督:Alice Rohrwacher
 出演:Yle Vianello、サルバトーレ・カンタルーポ(Salvatore Cantalupo)、Pasqualina Scuncia、アニタ・カプリオーリ(Anita Caprioli)
 物語:13歳のマルタは、スイスで10年暮らした後、南イタリアにやってくる。彼女は、新しい街に溶け込もうとするがなかなかうまくいかない。公教要理を受けようとしても、地元のカトリック・コミュニティーの反発を受けてしまう。彼女は、髪を切る決心をし、そこからすべてが変わり始める……。
 カンヌ国際映画祭2011 監督週間出品。
 監督のAlice Rohrwacherは、アルバ・ロルヴァケルの妹で、劇映画の監督はこれが初めて。


 ・“L'amore buio (Dark Love)”(伊) 監督:Antonio Capuano
 出演:Irene De Angelis、Gabriele Agrio、ルイザ・ラギエリ、Corso Salani、ヴェレリア・ゴリーノ、ファビリツィオ・ジフーニ
 物語は集団レイプから始まる。加害者であるシロも、被害者であるイレーヌも同じ年齢で、映画は、加害者側からと被害者側からと、同じ都市を全く異なる角度から描いてみせる。
 2010年6月に48歳で亡くなったCorso Salaniの遺作。
 ベネチア国際映画祭2010 ベネチア・デイズ部門出品。Lanterna Magica賞&FEDIC賞&AIF Forfilmfest Award&Gianni Astrei Award受賞。

 ・“Il gioiellino(The Jewel)”(伊・仏) 監督:アンドレア・モライヨーリ(Andrea Molaioli)
 出演:トニ・セルヴィッロ、レモ・ジローネ、セイラ・フェルバーバウム、Fausto Maria Sciarappa、リノ・グアンチャーレ、Vanessa Compagnucci
 物語:主人公は、一族で巨大食料品会社を経営している。彼らのモットーは、やむことのない事業の拡大で、5大陸に事業を拡大し、よりいっそうの発展を目指している。やがて成長が頭打ちになるが、彼らはそれを認めることができず、帳簿を改ざんし、政治家に取り入り、無謀な生産拡大を行なって、慎ましく生活している人々の資産を事業につぎ込んでいく。破綻は目に見えて大きくなり、歯止めが利かなくなっていく……。


 ・“Amici Miei - Come Tutto Ebbe Inizio”(私の友だち~すべてに始まりがあるように)(伊) 監督:Neri Parenti
 出演:ミケーレ・プラチド、Giorgio Panariello、バルバラ・エンリキ、パオロ・ヘンデル、マッシモ・ギーニ、パメラ・ヴィロレッジ、クリスチャン・デ・シーカ、Alessandra Acciai、 マッシモ・チェッケリーニ、Chiara Francini、アレッサンドロ・ベンヴェヌッティ
 物語:ドゥッチョ、チェッコ、ジャコポ、マンフレード、フィリッポの5人は、大人になるのを恐れるように、ふざけあいながら、日々の生活を送っている。
 1975年に製作されたマリオ・モニチェリの『私の友だち』“Amici Miei”の前日譚に当たる作品で、舞台は、1400年代、ロレンツィ・デ・メディチの時代のトスカーナ地方に設定されている。

 ・“Qualunquemente (Whatsoeverly)”(伊) 監督:ジュリオ・マンフレドニア
 出演:アントニオ・アルバネーゼ、セルジオ・ルビーニ、Lorenza Indovina
 物語:Cetto La Qualunqueは、何でも欲しがるくせに、すべてダメにしてしまう男で、低姿勢でいるべき時にそうする賢さは持っているものの、カラブリア生まれらしく、民主主義やら環境やらには全くおかまいなしで、ビジネスマンと自称してはいるものの、やることなすことすべてががさつで、手段を選ばないところがあった。そんな彼が久しぶりに故郷に帰ってくる。故郷には長年病気を患っている妻と期待はずれの息子がいたが、彼は、新しいガールフレンドとその娘を連れてきていた……。
 ベルリン国際映画祭2011 パノラマ部門出品。

 ・“Gorbaciof”(ゴルバチョフ)(伊) 監督:Stefano Incerti
 出演:トニ・セルヴィッロ、Salvatore Ruocco、ネッロ・マーシャ、Mi Yang
 物語:前頭部が赤いことからそういうあだ名された会計士“ゴルバチョフ”は、刑務所で働いていて、ナポリ中のことに通じていた。彼らは、若い娘リラを助け、守ることに決める。
 ベネチア国際映画祭2010 アウト・オブ・コンペティション部門出品。

 ・“Gianni e le donne(The Salt Of Life)”(ジャンニと女)(伊) 監督:ジャンニ・ディ・グレゴリオ
 出演:ジャンニ・ディ・グレゴリオ、Valeria De Franciscis Bendoni、Alfonso Santagata、Aylin Prandi
 物語:ジャンニは、つい最近、仕事をやめて、ローマのアパートで年金生活に入った。妻と娘に、バカにされながら、散歩をしたり、買い物をしたりして、過ごすが、そんな彼を見かねて、友人のアルフォンソが、仲間を見ろ、今こそ、恋をすべきだと、いろいろおせっかいを焼いてくる……。
 ベルリン国際映画祭2011 ベルリナーレ・スペシャル部門出品。

 ・“La Pecora Nera(The Black Sheep)”(伊) 監督:Ascanio Celestini
 出演:Ascanio Celestini、ジョルジョ・ティラバッシ、マヤ・サンサ
 物語:精神病院を舞台にした物語。
 ベネチア国際映画祭2010 コンペティション部門出品。

--------------------------------

 *この記事がなかなかよかった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事
 ・ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞2010 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201005/article_10.html
 ・ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞2009 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200905/article_2.html

 ・映画祭&映画賞カレンダー 2010年12月~2011年5月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201012/article_48.html

 ・イタリア映画祭2011 ラインナップ:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201103/article_10.html

 追記:
 ナストロ・ダルジェント賞2011 結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201106/article_16.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック