今年も日本人がノミネート! 米・視覚効果協会賞(VES)2011!

 第9回視覚効果協会賞(VES:Visual Effects Society)のノミネーションが発表になりました。(1月10日)

画像

 【映画部門】

 ◆視覚効果賞 視覚効果が作品に大きく寄与している長編映画部門(Outstanding Visual Effects in a Visual-Effects Driven Feature Motion Picture)
 ・『インセプション』
 ・『アイアンマン2』
 ・『トロン:レガシー』
 ・『アリス・イン・ワンダーランド』
 ・『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』

 ◆視覚効果賞 視覚効果が補助的に使われている長編映画部門(Outstanding Supporting Visual Effects In A Motion Picture)
 ・『グリーン・ゾーン』
 ・『ソルト』
 ・『ヒア アフター』
 ・『ブラック・スワン』
 ・『ロビン・フッド』

 ◆視覚効果賞 長編アニメーション部門(Outstanding Animation In An Animated Motion Picture)
 ・『塔の上のラプンツェル』
 ・『ヒックとドラゴン』
 ・『トイ・ストーリー3』
 ・『シュレック フォーエバー』
 ・『ガフールの伝説』

 ◆アニメーション・キャラクター賞 長編映画部門(Outstanding Animated Character In A Live Action Motion Picture)
 ・『ナルニア国物語 第3章 アスラン王と魔法の島』–リーチピープ
 ・『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』 – ドビー
 ・『キャッツ&ドッグス 地球最後の肉球大戦争』 – キティ・ガロア
 ・『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』 – クリーチャー

 ◆アニメーション・キャラクター賞 長編アニメーション部門(Outstanding Animated Character In An Animated Motion Picture)
 ・『ガフールの伝説』 ディガー
 ・『ヒックとドラゴン』 トゥースレス
 ・『塔の上のラプンツェル』 ラプンツェル
 ・『メガマインド』 Minion

 ◆長編アニメーションにおけるアニメーション効果賞(Outstanding Effects Animation In An Animated Feature Motion Picture)
 ・『シュレック フォーエバー』
 ・『ヒックとドラゴン』
 ・『ガフールの伝説』
 ・『トイ・ストーリー3』

 ◆環境クリエーション賞 長編映画部門(Outstanding Created Environment In A Feature Motion Picture)
 ・『アイアンマン2』 – Stark Expo
 ・『トロン:レガシー』 – Disc Game(ディスク・ゲーム)
 ・『インセプション』 – Paris Dreamscape(パリの幻影)
 ・『プリンス・オブ・ペルシャ 時間の砂』 – Sand Room(砂の部屋)

 ◆模型・ミニチュア賞 長編映画部門(Outstanding Models And Miniatures In A Feature Motion Picture)
 ・『シャッター・アイランド』 – Ward-C Int./Ext. Lighthouse Int./Ext.
 ・『アイアンマン2』 – Hammer Military Drones
 ・『エクスペンダブルズ』 – The Palace Explodes
 ・『インセプション』 – Hospital Fortress Destruction

 ◆合成賞 長編映画部門(Outstanding Compositing In A Feature Motion Picture)
 ・『トロン:レガシー』
 ・『アリス・イン・ワンダーランド』 – タルトを盗むシーン(Stolen Tarts)
 ・『インセプション』
 ・『ヒア アフター』 – 津波シーン

 ◆短編アニメーション賞(Outstanding Achievement in an Animated Short)
 ・『ルーニー・テューンズ ロード・ランナーとワイリー・ コヨーテ』“Looney Tunes - Coyote Falls”
 ・『デイ&ナイト』“Day & Night”
 ・“Paths of Hate”
 ・“Tick Tock Tale”
 ・『Cat Shit One - The Animated Series』“Cat Shit One - The Animated Series”

 【テレビ部門】

 ◆視覚効果賞 テレビ ミニシリーズ/テレビ映画/特別番組部門(Outstanding Visual Effects In A Broadcast Miniseries, Movie Or Special)
 ・“Last Day of the Dinosaurs”
 ・“Inside The Perfect Predator”
 ・『ザ・パシフィック』“The Pacific”
 ・“Prep and Landing: Operation Secret Santa”
 ・“America – Story of US”

 ◆視覚効果賞 テレビ シリーズ番組部門(Outstanding Visual Effects In A Broadcast Series)
 ・“Caprica”
 ・“No Ordinary Family”
 ・“V”
 ・“The Event”
 ・“Stargate: Universe”

 ◆視覚効果賞 視覚効果が作品に補助的に使われているテレビ番組部門(Outstanding Supporting Visual Effects In A Broadcast Program)
 ・“The Walking Dead”
 ・“Human Target”
 ・“Undercovers”
 ・“Boardwalk Empire”
 ・『LOST』“Lost”

 ◆アニメーション・キャラクター賞 テレビ番組/CM部門(Outstanding Animated Character in a Broadcast Program or Commercial)
 ・“Citron C3 The Spacebox” – Citro
 ・“Cadbury” - Freida Steer
 ・“Prep and Landing: Operation Secret Santa” – Lanny
 ・“Logitech” – Robot

 ◆環境クリエーション賞 実写テレビ番組部門(Outstanding Created Environment in a Live Action Broadcast Program)
 ・“Boardwalk Empire” – Boardwalk
 ・“The Event” - To Keep Us Safe
 ・『ザ・パシフィック』“The Pacific” - The Battle of Iwo Jima(硫黄島の戦い)
 ・“Boardwalk Empire” - Family Limitation

 ◆模型・ミニチュア賞 テレビ番組/CM部門(Outstanding Models & Miniatures in a Broadcast Program or Commercial)
 ・“Family Guy” - Brian Griffin's House of Payne
 ・“Boardwalk Empire” - The Ivory Tower

 ◆合成賞 テレビ番組/CM部門(Outstanding Compositing in a Broadcast Program or Commercial)
 ・“Drench Cubehead”
 ・“Boardwalk Empire” -第1話(Episode 1)
 ・“Travelers "Watering Hole"”
 ・『ザ・パシフィック』“The Pacific” - Peleliu landing

 【その他の部門】

 ◆視覚効果賞 実写CM部門(Outstanding Visual Effects in a Live Action Commercial)
 ・“Wrigley's 5 Gum - React”
 ・“DirecTV "Ice Cream"”
 ・“Barclaycard Rollercoaster”
 ・“Halo: Reach”
 ・“Verizon – Towers”

 ◆視覚効果賞 アニメーションCM部門Outstanding Animated Commercial
 ・“World of Warcraft”
 ・“Dante's Inferno: Hell Awaits”
 ・“Target "A Better Bullseye"”
 ・“Andrex”
 ・“Cadbury's Spots V Stripes”

 ◆視覚効果賞 特別開催プロジェクト部門(Outstanding Visual Effects In A Special Venue Project)
 ・“City of Ruins”
 ・“King Kong 360 3D”
 ・“Flight of the Dragon”
 ・“Harry Potter and the Forbidden Journey”

 ◆視覚効果賞 ビデオゲーム リアル・タイム動画部門(Outstanding Real Time Visuals In A Video Game)
 ・“StarCraft II”
 ・“Need for Speed”
 ・“Halo: Reach”
 ・“Kinectimals”

 ◆視覚効果賞 ビデオゲーム 予告編部門(Outstanding Visual Effects In A Video Game Trailer)
 ・“World of Warcraft”
 ・“Star Wars: The Force Unleashed”
 ・“Star Wars: The Old Republic 2”
 ・“Deus Ex: Human Revolution”

 ◆アニメーション・キャラクター賞 ビデオゲーム部門(Outstanding Animated Character in a Video Game)
 ・“Halo: Reach” – Kat
 ・“Kinectimals” – Cub
 ・“StarCraft II” - Sarah Kerrigan

 ◆学生作品賞(Outstanding Visual Effects in a Student Project)
 ・“LOOM”
 ・“Time For Change”
 ・“Das Tub”
 ・“Nuisible(s)”

 ※公式のノミネーション・リストには対象者が記載されていますが、あまりにも煩雑になるのでここでは割愛させてもらいました。

--------------------------------

 いくつかの部門で、廃止と新設が行なわれたようです。

 廃止になった部門:マット・ペインティング賞 長編映画部門、シングル視覚効果・オブ・ザ・イヤー、マット・ペインティング賞 テレビ/CM部門
 新設された部門:短編アニメーション部門、模型・ミニチュア賞 テレビ番組/CM部門、アニメーション・キャラクター賞 ビデオゲーム部門
 分割された部門:視覚効果賞CM部門が実写部門とアニメーション部門とに分割

 映画部門の視覚効果賞に関しては、アカデミー賞視覚効果賞とほぼ同じ展開を見せています。

 昨年は『アバター』の圧勝でしたが、今年はそれほど強い作品は見当たらないようです。

 この賞は、一昨年に『山のあなた~徳市の恋~』が模型・ミニチュア部門でノミネートされたことで、一部で話題になりましたが(作品はアメリカで劇場公開されていなくてもよく、規定を満たしていれさえすればいいらしいので、日本からももっとエントリーすればいいのに!)、毎年何人かは日本人がノミネートされています。

 まずは、日本からのエントリー作品が新設された短編アニメーション部門に作品がノミネートされています。
 それは、『Cat Shit One - The Animated Series』で、ノミネート対象者は
 プロデューサー:岡部淳也
 監督:笹原和也
 アート・ディレクター:石川智久
 コンセプト・アーティスト:岡部義之
 となっています。

 そのほか、視覚効果賞 ビデオゲーム 予告編部門にノミネートされた“Deus Ex: Human Revolution”に、VFX Supervisorとして、深井充治がノミネートされています。

 昨年は、5人の日本人がノミネート対象者となり、そのうち、アニメーション・キャラクター賞 実写テレビ番組/CM部門で四角英孝さんが見事受賞を果たしましたが、今年はどうなるでしょうか。

 受賞結果の発表は、2月1日です。

 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 応援してね!

 *当ブログ記事
 ・視覚効果協会賞2010 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201001/article_34.html
 ・視覚効果協会賞2010 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201003/article_4.html
 ・視覚効果協会賞2009 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200901/article_23.html
 ・視覚効果協会賞2009 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200902/article_31.html

 ・米国アカデミー賞2011 視覚効果賞候補ロングリスト:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201012/article_15.html
 ・米国アカデミー賞2011 視覚効果賞候補 セミファイナリスト:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201101/article_9.html

 ・映画祭&映画賞カレンダー 2010年12月~2011年5月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201012/article_48.html

 ・2010年度映画賞の結果をまとめてみました! アメリカ編!:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201012/article_59.html
 ・カンザスシティ映画批評家協会賞2011 結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201101/article_4.html
 ・オンライン映画批評家協会賞2011 結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201101/article_6.html
 ・セントラル・オハイオ映画批評家協会賞2011 結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201101/article_11.html
 ・全米映画批評家協会賞2010 結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201101/article_12.html
 ・ピープルズ・チョイス・アワード2011 結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201101/article_14.html

 ・脚本家組合賞(WGA)2011 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201101/article_7.html
 ・製作者組合賞(PGA)2011 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201101/article_8.html
 ・美術監督組合賞(ADG)2011 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201101/article_15.html
 ・映画音響協会(CAS)2011 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201101/article_16.html

 ・2009年度映画賞の結果をまとめてみました! アメリカ編:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200912/article_43.html
 ・2009年度映画賞の結果をまとめてみました! アメリカ編 後半戦:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201003/article_14.html
 ・2008年度映画賞の結果をまとめてみました! アメリカ編:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200812/article_37.html
 ・2008年度映画賞の結果をまとめてみました! アメリカ編 後半戦:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200902/article_26.html

 ・全米の映画批評家協会系映画賞について調べてみました:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201101/article_2.html
 ・全米の映画批評家協会系映画賞について調べてみました その2 「米国アカデミー賞に最も近い受賞結果を出す映画賞はこれだ!」:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201101/article_3.html

 ・全米の映画賞について調べてみました:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201001/article_45.html

 追記:
 ・米・視覚効果協会賞(VES)2011 結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201102/article_4.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック