ナショナル・ボード・オブ・レビュー2010 結果発表!

 ナショナル・ボード・オブ・レビューの結果が発表されました。(12月2日)

画像

 ◆作品賞
 ◎『ソーシャル・ネットワーク』(監督:デイヴィッド・フィンチャー)

 ここで『ソーシャル・ネットワーク』が1賞です。
 あとは、『ソーシャル・ネットワーク』と“The King’s Speech”で作品賞を獲ったり獲られたりという関係になるのか、『ソーシャル・ネットワーク』が独走体制に入るのか、が見どころです。

 ◆トップ10作品
 ・“Another Year”(監督:マイク・リー)
 ・“The Fighter”(監督:デイヴィッド・O・ラッセル)
 ・『ヒアアフター』(監督:クリント・イーストウッド)
 ・『インセプション』(監督:クリストファー・ノーラン)
 ・“The King’s Speech”(監督:トム・フーパー)
 ・『シャッター・アイランド』(監督:マーティン・スコセッシ)
 ・『ザ・タウン』(監督:ベン・アフレック)
 ・『トイ・ストーリー3』(監督:リー・アンクリッチ)
 ・“True Grit”(監督:ジョエル&イーサン・コーエン)
 ・『ウィンターズ・ボーン』(監督:デブラ・グリニック)

 ◆監督賞
 ◎デイヴィッド・フィンチャー 『ソーシャル・ネットワーク』

 ◆主演男優賞
 ◎ジェシー・アイゼンバーグ 『ソーシャル・ネットワーク』

 ◆主演女優賞
 ◎レスリー・マンヴィル “Another Year”

 レスリー・マンヴィルは、主演女優賞候補の1人ですが、イギリス映画だし、イギリス人だし、“Another Year”はまだ全米公開されていないので、ちょっと意外でした。

 ◆助演男優賞
 ◎クリスチャン・ベール “The Fighter”

 ◆助演女優賞
 ◎ジャッキー・ウィーバー “Animal Kingdom”

 ジャッキー・ウィーバーは、助演女優賞候補の1人ですが、オーストラリア人であり、オーストラリア映画からの受賞でした。

 ◆オリジナル脚本賞
 ◎クリス・スパーリング 『[リミット]』

 全受賞者の中で、ここが一番意外でした。「アイデアとしては面白いけど、これが受賞するんだったら……」と思うプロの脚本家は多いのではないでしょうか。

 ◆脚色賞
 ◎アーロン・ソーキン 『ソーシャル・ネットワーク』

 ◆美術賞
 ◎ダンテ・フェレッティ 『シャッター・アイランド』

 ◆ブレイクスルー・パフォーマンス賞
 ◎ジェニファー・ローレンス 『ウィンターズ・ボーン』

 ◆アンサブル・キャスト賞
 ◎『ザ・タウン』

 ◆初監督賞
 ◎Sebastian Junger、Tim Hetherington “Restrepo”

 ◆トップ10インディペンデント作品
 ・“Animal Kingdom” 監督:David Michôd
 ・『[リミット]』 監督:ロドリゴ・コルテス
 ・“Fish Tank” 監督:アンドレア・アーノルド
 ・『ゴースト・ライター』 監督:ロマン・ポランスキー
 ・“Greenberg” 監督:ノア・バウムバック
 ・“Let Me In” 監督:マット・リーヴス
 ・“Monsters” 監督:Gareth Edwards
 ・“Please Give” 監督:Nicole Holofcener
 ・“Somewhere” 監督:ソフィア・コッポラ
 ・“Youth in Revolt” 監督:Miguel Arteta

 “Fish Tank”が1年遅れでランクイン。
 “Monsters”は、1年前の『第9地区』と同じ立ち位置でしょうか。
 “Youth in Revolt”は、これまで下馬評に全く挙がってこなかった作品です。

 ◆長編ドキュメンタリー賞
 ◎“Waiting for 'Superman'” 監督:デイヴィス・グッゲンハイム

 ◆トップ・ドキュメンタリー映画
 ・“A Film Unfinished” 監督:Yael Hersonski
 ・“Inside Job” 監督:チャールズ・ファーガソン
 ・“Joan Rivers: A Piece of Work” 監督:Ricki Stern、Annie Sundberg
 ・“Restrepo” 監督:Tim Hetherington、Sebastian Junger
 ・“The Tillman Story” 監督:Amir Bar-Lev

 ここに挙がっている6本のドキュメンタリーの中で、“A Film Unfinished”と“Joan Rivers: A Piece of Work”以外の4本は、アカデミー賞候補にも挙がっています。

 ◆長編アニメーション賞
 ◎『トイ・ストーリー3』 監督:リー・アンクリッチ

 ◆外国語映画賞
 ◎『神々と男たち』(仏) 監督:グザヴィエ・ボーヴォワ

 ◆トップ外国語映画
 ・“I Am Love(Io sono l'amore)”(伊) 監督:ルカ・グアダグニーノ
 ・“Incendies”(カナダ) 監督:デニ・ヴィルヌーヴ
 ・“Life, Above All”(南ア・独) 監督:オリバー・シュミッツ
 ・『ソウル・キッチン』(独) 監督:ファティ・アキン
 ・『ホワイト・マテリアル』(仏・カメルーン) 監督:クレール・ドゥニ

 ここに挙がっている外国語映画の中で、アカデミー賞外国語映画賞候補にもなっている作品は、『神々と男たち』と“Incendies”と“Life, Above All”です。

 ◆スポットライト賞
 ◎シルヴァン・ショメ、ジャック・タチ 『イリュージョニスト』

 ◆特別功労賞(Special Filmmaking Achievement Award)
 ◎ソフィア・コッポラ “Somewhere”の脚本・監督・製作に対して

 ◆ウィリアム・K・エヴァーソン フィルム・ヒストリー賞(William K. Everson Film History Award)
 ◎Leonard Maltin(映画批評家・映画史家)

 ◆NBR 自由の表現賞
 ◎“Fair Game” 監督:ダグ・リーマン
 ◎“Conviction” 監督:トニー・ゴールドウィン
 ◎“Howl” 監督:ロブ・エプスタイン、ジェフリー・フリードマン

--------------------------------

 これまで2010年度全米映画賞レースで発表されたのは、ゴッサム・アワードの受賞結果と、インディペンデント・スピリット・アワードのノミネーション、サテライト・アワードのノミネーションという3つですが、ここにきて、本命の『ソーシャル・ネットワーク』が初の作品賞を含む4冠を達成しました。

 全体的には、あれっ、これが受賞するの?という部門もないではありませんでしたが、概ね本命もしくは順当な候補が受賞しました。

 ただ、アカデミー賞の結果を占うと言われるナショナル・ボード・オブ・レビューですが、昨年は、長編アニメーション賞(本命)と長編ドキュメンタリー賞(多数派)というたった2部門しかアカデミー賞とは同じになりませんでした。なので、『ソーシャル・ネットワーク』も安心はできませんね~。

 来週以降、全米の映画批評家協会賞が続々発表されていく予定です。

 当ブログでは、できるだけそういう結果をフォローしていきたいと思っていますが、どうなりますでしょうか。記事にしておきたい情報やネタがありすぎて、もう既にアップアップなんですが。

 *とういうわけで、応援してくださいね!
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・ナショナル・ボード・オブ・レビュー2009 結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200912/article_6.html
 ・ナショナル・ボード・オブ・レビュー2008結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200812/article_10.html
 ・ナショナル・ボード・オブ・レビュー2007結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200712/article_11.html
 ・ナショナル・ボード・オブ・レビュー2006結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200612/article_5.html

 ・ゴッサム・アワード2010 結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201011/article_33.html
 ・インディペンデント・スピリット・アワード2011 ノミネーション発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201012/article_1.html
 ・サテライト・アワード2010 ノミネーション発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201012/article_3.html

 ・2010年11月時点でのオスカー予想:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201011/article_12.html
 ・2010年にブレイクアウトした10人!:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201010/article_5.html
 ・ポスト・トロントでのオスカー2011 詳細予想! 21部門:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201009/article_41.html
 ・25週前のオスカー2011予想!:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201009/article_1.html
 ・2010年前半期全米ムービー・チャート TOP35!:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201007/article_9.html
 ・早くも米国アカデミー賞2011を予想してみました!:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201003/article_25.html

 ・映画祭&映画賞カレンダー 2010年5月~2011年2月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201005/article_23.html

 追記:
 ナショナル・ボード・オブ・レビュー2010 授賞式:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201101/article_25.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック