女性映画批評家協会賞2010 発表!

 女性映画批評家協会賞(Women Film Critics Circle Awards)が発表になりました。(12月21日)

 当ブログでこの賞の受賞結果について触れるのも3年目ですが、けっこう辛辣だなと思わせられたり、そういう見方もあるのかと思わせられたり、と、女性ならでは(?)の視点で映画を斬ってくるので、なかなかユニークで、新鮮さが感じられる映画賞になっています。

--------------------------------

 ◆最優秀女性映画賞(Best Movie About Women )
 ◎『愛する人』

 ◆女性が作った映画賞(Best Movie By A Woman)
 ◎『ウィンターズ・ボーン』

 ◆脚本賞(Best Woman Storyteller [Screenwriting Award])
 ◎『キッズ・オールライト』 リサ・チョロデンコ

 ◆主演女優賞
 ◎アネット・ベニング 『キッズ・オールライト』

 ◆主演男優賞
 ◎コリン・ファース 『英国王のスピーチ』

 ◆若手女優賞(Best Young Actress)
 ◎ジェニファー・ローレンス 『ウィンターズ・ボーン』

 ◆コメディエンヌ賞(Best Comedic Actress)
 ◎アネット・ベニング 『キッズ・オールライト』

 ◆外国映画賞(Best Foreign Film By Or About Women)
 ◎『母なる証明』
 ◎『男のいない女たち』“Women Without Men”(監督:シリン・ネシャット)

 ◆映画の中のベスト女性像(Best Female Images In A Movie)
 ◎“Conviction”

 ◆映画の中のワースト女性像(Worst Female Images In A Movie) [新設]
 דBlack Swan”

 ◆映画の中のベスト男性像(Best Male Images In A Movie) [新設]
 ◎“Another Year”
 ◎『英国王のスピーチ』

 ◆映画の中のワースト男性像(Worst Male Images In A Movie) [新設]
 ◎“Jackass 3D”

 ◆女性の、または女性による、最優秀劇場未公開映画(Best Theatrically Unreleased Movie By Or About Women [Includes films released on DVD or TV, or screened at film festivals, in recognition of the limited opportunities available for films by and about women on screen])
 ◎“Temple Grandin”(監督:Mick Jackson)
 テンプル・グランディン(1947- )は、自閉症が社会的に認められる以前から、自閉症を患い、よい指導者に恵まれて、動物学者となり、非虐待的な家畜施設を考案した。1995年にオリバー・サックスが著書『火星の人類学者』(ハヤカワ文庫NF)の中で取り上げたことから、一般にも広く知られるようになった。
 HBOでテレビ映画としてドラマ化された本作は、ミニシリーズ/TV映画部門で、エミー賞主演女優賞、サテライト・アワード主演女優賞を主演のクレア・デーンズにもたらしている。

画像

 ◆性の平等賞(Best Equality Of The Sexes)
 ◎“Another Year”
 ◎“Fair Game”

 ◆最優秀アニメーション女性キャラクター(Best Animated Females)
 ◎『怪盗グルーの月泥棒』

 ◆ファミリー映画賞(Best Family Film)
 ◎『トイ・ストーリー3』

 ◆生涯貢献賞(Lifetime Achievement Award)
 ◎ヘレン・ミレン

 ◆演技と社会活動賞(Acting And Activism)
 ◎リナ・ホーン(故人)(1917年6月30日-2010年5月9日)
 反人種差別主義活動家として。彼女は、第二次世界大戦下のイタリアで、人種隔離がなされていた米軍観客の前に出ることを拒否した。予定では、白人部隊の前と黒人部隊の前と別々にステージを行なうことになっていた。ホーンは、人種隔離していない観客の前でパフォーマンスすることを主張して、米軍から断られた。結局、彼女は、米軍の黒人兵と白人のドイツ兵捕虜の前でパフォーマンスすることになった。また、彼女は、ポール・ロベンソン(Paul Robeson)とつきあったことや、その信条から、多くの右派の保守派からコミュニストのシンパと見なされ、1950年代にはブラックリストに載せられることになった。リナ・ホーンは、母の日に92歳で亡くなった。

 ◆アドリエンヌ・シェリー賞:女性に対する暴力に最も闘った作品に贈られる(ADRIENNE SHELLY AWARD: For A Film That Most Passionately Opposes Violence Against Women)
 ◎『ウィンターズ・ボーン』

 ◆ジョゼフィン・ベイカー賞:アメリカの有色人種の女性を最も優れて表現した作品に贈られる(Josephine Baker Award: For Best Expressing The Woman Of Color Experience In America)
 ◎“For Colored Girls”
 “For Colored Girls”は、同名の舞台の映画化作品で、20の詩の内容をそれぞれに女優を割り当てて演じさせている作品。ジャネット・ジャクソン、タンディー・ニュートン、ケリー・ワシントン、ウーピー・ゴールドバーグ、アニカ・ノニ・ローズ、ロレッタ・ディヴァイン、マイケル・イーリー、キンバリー・エリスらが出演。

画像

 ◆カレン・モーリー賞:歴史や社会における女性の立場を最もよく表わし、勇気を持って調査した作品に贈られる(Karen Morley Award: For best exemplifying a woman’s place in history or society, and a courageous search for identity)
 ◎“Fair Game”

 ◆勇気ある演技賞(Courage In Acting [Taking on unconventional roles that radically redefine the images of women on screen])
 ◎ヘレン・ミレン “The Tempest”

 ◆見えない女優賞(ドラマ的、社会的、歴史的に無視されても、スクリーンの中では際立った存在感を見せている女性のパフォーマンスに贈られる)(The Invisible Woman Award [Performance by a woman whose exceptional impact on the film dramatically, socially or historically, has been ignored])
 ◎Q’Orianka Kilcher “Princess Kaiulani”(米・英)(監督:Marc Forby)
 “Princess Kaiulani”は、ハワイ諸島がアメリカの植民地化の脅威にさらされていく中で独立を守ったハワイの王女カウイラニのことを描いた物語。

画像

 ◆女性監督による最優秀ドキュメンタリー賞(Best Documentary By A Woman)
 ◎“A Film Unfinished”(独・イスラエル) 監督:Yael Hersonski

 ◆女性たちの仕事:最優秀アンサンブル賞(Women’s Work: Best Ensemble) [新設]
 ◎『愛する人』

 ◆ベスト・カップル賞(Best Screen Couple) [新設]
 ◎“Another Year”におけるジム・ブロードベントとルース・シーン(Tom and Gerri)

--------------------------------

 都市別/地域別映画批評家協会賞ではなかなかピックアップされてこない作品が取り上げられたりしていて、「おっ!そんな作品があるんだ!」と思わせてくれます。
 アメリカ映画も、そしてアメリカの映画賞も、こういうものがあるから、ちょっと侮れません。

 “Temple Grandin”は、NHKあたりで放映されそうだし、“Princess Kaiulani”もなんらかの形で日本に紹介されるのではないでしょうか。

 いくつか、昨年のこの映画賞にはなかった賞がありますが、部門ごとに年間最優秀作品を表彰するという方向性がある一方で、表彰したい作品に見合った賞を与えるという方向性もあるようで、年によって、発表される賞の内容は変わってくるようです。

 昨年まであった、女性の描き方に問題があると思われる作品に異議申し立てをする「恥の殿堂賞(WFCC Top Ten Hall Of Shame)」は、今年は発表されませんでした。

 *この記事がなかなか興味深かった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *公式サイト:http://wfcc.wordpress.com/women-film-critics-circle-awards-2010/

 *当ブログ記事
 ・女性映画批評家協会賞2009 結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200912/article_22.html
 ・女性映画批評家協会賞2008 結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200812/article_26.html

 ・ゴッサム・アワード2010 結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201011/article_33.html
 ・インディペンデント・スピリット・アワード2011 ノミネーション発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201012/article_1.html
 ・ナショナル・ボード・オブ・レビュー2010 結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201012/article_5.html
 ・ワシントンDC映画批評家協会賞2010 結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201012/article_11.html
 ・ニューヨーク映画批評家協会賞2010 結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201012/article_19.html
 ・ロサンゼルス映画批評家協会賞2010 結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201012/article_20.html
 ・インディアナ映画ジャーナリスト賞2010 結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201012/article_21.html
 ・ニューヨーク映画批評家協会賞2010 結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201012/article_23.html
 ・ボストン映画批評家協会賞2010 結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201012/article_25.html
 ・サンフランシスコ映画批評家協会賞2010 結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201012/article_26.html
 ・トロント映画批評家協会賞2010 結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201012/article_27.html
 ・ゴールデン・グローブ賞2011 ノミネーション 映画部門:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201012/article_28.html
 ・ゴールデン・グローブ賞2011 ノミネーション TV画部門:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201012/article_29.html
 ・サウス・イースタン映画批評家協会賞2010 結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201012/article_31.html
 ・アフリカン・アメリカン映画批評家協会賞:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201012/article_33.html
 ・サンディエゴ映画批評家協会賞2010 結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201012/article_34.html
 ・俳優組合賞2011 ノミネーション発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201012/article_35.html
 ・デトロイト映画批評家協会賞2010 結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201012/article_37.html
 ・ダラス・フォートワース映画批評家協会賞 結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201012/article_38.html
 ・ラスベガス映画批評家協会賞2010 結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201012/article_39.html
 ・ヒューストン映画批評家協会賞2010 結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201012/article_41.html
 ・サテライト・アワード2010 結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201012/article_42.html
 ・フロリダ映画批評家協会賞2010 結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201012/article_44.html
 ・セントルイス映画批評家協会賞2010 結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201012/article_45.html
 ・シカゴ映画批評家協会賞2010 結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201012/article_46.html

 ・2009年度映画賞の結果をまとめてみました! アメリカ編:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200912/article_43.html
 ・2009年度映画賞の結果をまとめてみました! アメリカ編 後半戦:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201003/article_14.html
 ・2008年度映画賞の結果をまとめてみました! アメリカ編:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200812/article_37.html
 ・2008年度映画賞の結果をまとめてみました! アメリカ編 後半戦:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200902/article_26.html

 ・全米の映画賞について調べてみました:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201001/article_45.html

 ・映画祭&映画賞カレンダー 2010年5月~2011年2月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201005/article_23.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック