『ブラック・スワン』も躍進! ニューヨーク映画批評家協会賞オンライン2010!

 ニューヨーク映画批評家協会賞オンライン2010(New York Film Critics Online 2010)の結果が発表されました。(12月12日)

画像

 ◆作品賞
 ◎『ソーシャル・ネットワーク』
 ナショナル・ボード・オブ・レビュー、ワシントンDC映画批評家協会賞に続いての受賞。

 ◆監督賞
 ◎デイヴィッド・フィンチャー ソーシャル・ネットワーク』
 ナショナル・ボード・オブ・レビュー、ワシントンDC映画批評家協会賞に続いての受賞。

 ◆主演男優賞
 ◎ジェームズ・フランコ “127 Hours”

 ◆主演女優賞
 ◎ナタリー・ポートマン “Black Swan”

 ◆助演男優賞
 ◎クリスチャン・ベール “The Fighter”
 ナショナル・ボード・オブ・レビュー、ワシントンDC映画批評家協会賞に続いての受賞。

 ◆助演女優賞
 ◎メリッサ・レオ “The Fighter”
 ワシントンDC映画批評家協会賞に続いての受賞。

 ◆脚本賞
 ◎アーロン・ソーキン 『ソーシャル・ネットワーク』
 ナショナル・ボード・オブ・レビュー(脚色賞)、ワシントンDC映画批評家協会賞(脚色賞) に続いての受賞。

 ◆撮影賞
 ◎マシュー・リバティーク “Black Swan”

 ◆作曲賞
 ◎クリント・マンセル “Black Swan”

 ◆アンサンブル・キャスト賞 『キッズ・オールライト』

 ◆ブレイクスルー・パフォーマンス賞 ノオミ・ラパス 『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』

 ◆初監督賞
 ◎John Wells “The Company Men”

 ◆ドキュメンタリー賞
 ◎“Exit Through the Gift Shop” 監督:Banksy
 ワシントンDC映画批評家協会賞に続いての受賞。

 ◆アニメーション賞 『トイ・ストーリー3』
 ナショナル・ボード・オブ・レビュー、ワシントンDC映画批評家協会賞に続いての受賞。

 ◆外国語映画賞
 ◎“I Am Love(Io sono l'amore)”(伊) 監督:ルカ・グアダグニーノ

--------------------------------

 ニューヨーク映画批評家協会賞オンラインは、いろいろある映画批評家協会賞の中では、さほど重要度は高くありませんが、こうやって早い時期に結果が発表されると、注目されますね。

 現在までに結果が発表されている全米映画賞は、ゴッサム・アワードとナショナル・ボード・オブ・レビューとワシントンDC映画批評家協会賞と今回のニューヨーク映画批評家協会賞オンラインの4つ、ノミネーションが発表されているのが、インディペンデント・スピリット・アワードとサテライト・アワード、デトロイト映画批評家協会賞の3つですが、アカデミー賞を占う結果であるかどうかはともかく、いくつかの部門で明らかに“流れ”ができつつあります。

 作品賞:『ソーシャル・ネットワーク』
 監督賞:デイヴィッド・フィンチャー 『ソーシャル・ネットワーク』
 助演男優賞:クリスチャン・ベール “The Fighter”
 脚色賞:アーロン・ソーキン 『ソーシャル・ネットワーク』
 長編アニメーション賞 『トイ・ストーリー3』

 このうち、当確なのは『トイ・ストーリー3』だけですが、そのほかの4つも本命になりつつあります。
 あと、助演女優賞のメリッサ・レオ、ドキュメンタリー賞の“Exit Through the Gift Shop”、外国語映画賞の“I Am Love(Io sono l'amore)”もかなり有力視されるようになりました。

 今回3部門で受賞を果たした“Black Swan”は、これでやっと本格的に映画賞レースに参戦してきたという感じがします。

 一方で、有力作品である『ウィンターズ・ボーン』や『英国王のスピーチ』はここでは全く無視されています。

 今後の映画賞のスケジュールは、13日にニューヨーク映画批評家協会賞とロサンゼルス映画批評家協会賞、16日にデトロイト映画批評家協会賞が発表されることになっています。

 楽しみですね!

 *というわけで、続々発表される映画賞の結果が楽しみだと言う方は、こっそり覗いて読み逃げするだけじゃなくて、たまにはクリックしてね!。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 応援してね!

 ちなみに、ニューヨーク映画批評家協会賞は、あらゆる映画賞の中で、一番最初に『アバター』に作品賞を贈った映画賞であり、そのほか、監督賞にキャスリン・ビグローを選び、主演男優賞にジェフ・ブリッジスを、外国語映画賞に『白いリボン』を、ドキュメンタリー賞に『ザ・コーヴ』を選んでします。昨年、この結果を見た時は、ここはなんだか変わったことをやるなあ~というような印象だったと思いますが、今から考えると、かなり画期的な結果でしたね。

 *当ブログ記事

 ・ニューヨーク映画批評家協会賞オンライン2009 結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200912/article_23.html

 ・ゴッサム・アワード2010 結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201011/article_33.html
 ・インディペンデント・スピリット・アワード2011 ノミネーション発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201012/article_1.html
 ・サテライト・アワード2010 ノミネーション発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201012/article_3.html
 ・ナショナル・ボード・オブ・レビュー2010 結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201012/article_5.html
 ・ワシントンDC映画批評家協会賞2010 結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201012/article_11.html
 ・デトロイト映画批評家協会賞2010 ノミネーション発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201012/article_16.html

 ・映画祭&映画賞カレンダー 2010年5月~2011年2月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201005/article_23.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック