日本からは5作品! シカゴ国際映画祭2010 ラインナップ!

 シカゴ国際映画祭は、北米で最も古い映画祭の1つで(一番古いのはサンフランシスコ国際映画祭)、そういう伝統の力もあってか、優れた作品がたくさん集まってきます。

 たとえば、2009年は、作品賞こそ、“Mississippi Damned”(米)というローカルでマイナーな作品でしたが、監督賞は『勝利を』のマルコ・ベロッキオ、主演男優賞と主演女優賞はともに『勝利を』からフィリッポ・ティーミとジョヴァンニ・メッツォジョルノ。観客賞は『プレシャス』。

 2008年の作品賞は、スティーヴ・マックイーンの『ハンガー』で、この作品は主演男優賞も受賞。脚本賞は『ゴモラ』で、ドキュメンタリー賞(ドキュフェスト賞)は『アンヴィル!夢を諦めきれない男たち』、観客賞が『スラムドッグ$ミリオネア』と『縞模様のパジャマの少年』が受賞しています。

 2007年の作品賞は、カルロス・レイガダスの『静かな光』で、ドキュメンタリー賞はアレックス・ギブニーの『闇へ』(“Taxi to the Dark Side”)、主演男優賞は『コントロール』のサム・ライリーで、『コントロール』は脚本賞も受賞、主演女優賞は『トゥヤーの結婚』のユー・ナンで、『トゥヤーの結婚』は審査員特別賞も受賞。監督賞は『愛おしき隣人』のロイ・アンダーソンが受賞……。

 いずれの作品も、その後、(各地の/各国の)映画賞レースで受賞を重ねていく作品ばかりで、シカゴ国際映画祭は、そんな映画賞レースの前哨戦にもなっています。

 アメリカにもローカルな映画祭(たとえ名前に「国際」を冠していても)はたくさんありますが、こんな特権的なポジションにある/注目すべき映画祭は他にはありません。

 今年だと、メイン・コンペティションに、カンヌ国際映画祭2010のコンペティション部門出品作品が4本、ベルリン国際映画祭2010のコンペティション部門出品作品が1本、モントリオール世界映画祭のワールド・コンペティション部門出品作品が2本もエントリーされていて(そういう価値のある映画祭であると認められて作品が出品されて)、他の国際映画祭とは違うというところを見せつけています。(そのほか、特別上映部門にカンヌ国際映画祭2010のコンペティション部門出品作品が1本、ベネチア国際映画祭2010のコンペティション部門出品作品が1本、ワールド・シネマ部門にカンヌ国際映画祭2010のコンペティション部門出品作品が3本、ベルリン国際映画祭2010のコンペティション部門出品作品が2本あります。)

 第46回を迎えた2010年のラインナップ(開催期間は10月7日-21日)は以下の通りです。

画像

 ※全部で13の部門がありますが、複数の部門にエントリーされている作品があります。

--------------------------------

 ◆メイン・コンペティション(Main Competition)

 ・“Nannerl, Mozart's Sister”(仏) 監督:ルネ・フェレ(René Féret)
 ・“The Princess of Montpensier”(仏・独) 監督:ベルトラン・タヴェルニエ
 ・『贋作』“Certified Copy”(仏・イラン・伊) 監督:アッバス・キアロスタミ
 ・“A Screaming Man”(ベルギー ・チャド・仏) 監督:マハマット=サレー・ハルーン
 ・“My Joy”(独) 監督:Sergei Loznitsa
 ・“Last Report on Anna”(ハンガリー) 監督:Márta Mészáros
 ・『強盗』“The Robber”(オーストリア・独) 監督:ベンヤミン・ハイゼンベルク
 ・“Mamas & Papas”(チェコ) 監督:Alice Nellis
 ・“Tuesday, After Christmas”(ルーマニア) 監督:Radu Muntean
 ・“A Somewhat Gentle Man”(ノルウェー) 監督:Hans Petter Moland
 ・“How I Ended the Summer”(ロシア) 監督:Aleksei Popogrebsky
 ・“The Matchmaker”(イスラエル) 監督:Avi Nesher
 ・『必死剣 鳥刺し』“Sword of Desperation”(日) 監督:平山秀幸
 ・“Drunkboat”(米) 監督:Bob Meyer
 ・“Trust”(米) 監督:デイヴィッド・シュワイマー
 ・“We Are What We Are”(メキシコ) 監督:Jorge Michel Grau
 ・“Asleep in the Sun”(アルゼンチン) 監督:Alejandro Chomski
 ・“Brother & Sister”(アルゼンチン) 監督:Daniel Burman

 ◆新人監督コンペティション(New Directors Competition)

 ・“Skeletons”(英) 監督:Nick Whitfield
 ・“Love Like Poison”(仏) 監督:Katell Quillevere
 ・“The Sentiment of the Flesh”(仏) 監督:Roberto Garzelli
 ・“All Good Children”(ベルギー・仏・アイルランド) 監督:Alicia Duffy
 ・“Happy Housewife”(オランダ) 監督:Antoinette Beumer
 ・“Shahada”(独) 監督:Burhan Qurbani
 ・“Erratum”(ポーランド) 監督:Marek Lechki
 ・“Black Field”(ギリシャ) 監督:Vardis Marinakis
 ・“The Tree”(オーストラリア) 監督:Julie Bertuccelli
 ・“Missing Man”(ロシア) 監督:Anna Fenchenko
 ・“Heartbeats”(カナダ) 監督:Xavier Dolan
 ・“Go For It!”(米) 監督:Carmen Marron
 ・“The Myth of the American Sleepover”(米) 監督:David Mitchell
 ・“Norman”(米) 監督:Jonathan Segal

 ◆特別上映作品(Special Presentations)

 ・“Made In Dagenham”(英) 監督:ナイジェル・コール
 ・“Tamara Drewe”(英) 監督:スティーヴン・フリアーズ
 ・“Black Swan”(米) 監督:ダーレン・アロノフスキー
 ・“The Company Men”(米) 監督:John Wells
 ・“Conviction”(米) 監督:トニー・ゴールドウィン
 ・“Fair Game”(米) 監督:ダグ・リーマン
 ・“Rabbit Hole”(米) 監督:ジョン・キャメロン・ミッチェルl
 ・“Red”(米) 監督:Robert Scwentke
 ・“The Tempest”(米) 監督:ジュリー・テイモア
 ・『レボリューション』“Revolución”(メキシコ) 監督:カルロス・レイガダス、ガエル・ガルシア・ベルナル、ディエゴ・ルナ、パトリシア・リヘン、ロドリゴ・ガルシア、ヘラルド・ナランホ、マリアナ・チェニーリョ、ロドリゴ・プラ、フェルナンド・エインビッケ、アマ・エスカレンテ
 ・“Legacy”(ナイジェリア・英) 監督:Thomas Ikimi

 ◆ワールド・シネマ

 ・“Honeymooner”(英) 監督:Col Spector
 ・“For 80 Days”(西) 監督:Jon Garaño、José María Goenaga
 ・“Copacabana”(仏) 監督:Marc Fitoussi
 ・“Family Tree”(仏) 監督:オリヴィエ・デュカステル(Olivier Ducastel)、ジャック・マルティノ(Jacques Martineau)
 ・“Man at Bath”(仏) 監督:クリストフ・オノレ(Christophe Honoré)
 ・“On Tour”(仏) 監督:マチュー・アマルリック
 ・“R U There”(オランダ・台湾) 監督:David Verbeek
 ・“Come Undone”(伊) 監督:シルヴィオ・ソルディーニ
 ・“Loose Cannons”(伊) 監督:フェルザン・オズペテク(Ferzan Ozpetek)
 ・“Our Life”(伊) 監督:ダニエル・ルケッティ
 ・『テン・ウィンターズ』“Ten Winters”(伊) 監督:ヴァレリオ・ミエリ(Valerio Mieli)
 ・“The Hairdresser”(独) 監督:ドリス・デリエ
 ・“Sasha”(独) 監督:Dennis Todorovic
 ・“Days of Desire”(ハンガリー) 監督:József Pacskovszky
 ・“All That I Love”(ポーランド) 監督:Jacek Borcuch
 ・“Little Rose”(ポーランド) 監督:Jan Kidawa-Blonski
 ・“Love Life of a Gentle Coward”(クロアチア) 監督:Pavo Marinkovic
 ・“Devil's Town”(セルビア) 監督:Vladimir Paskaljevic
 ・“The Building Manager”(ギリシャ) 監督:Periklis Hoursoglou
 ・“King's Road”(アイスランド) 監督:Valdís
 ・“My Good Enemy”(デンマーク) 監督:Oliver Ussing
 ・“If I Want to Whistle, I Whistle”(スウェーデン・ルーマニア) 監督:Florin Serban
 ・“Lisanka”(ロシア) 監督:Daniel Díaz Torres
 ・“White as Snow”(トルコ) 監督:Selim Günes
 ・『テヘラン』“Tehroun”(仏・イラン) 監督:ナデール・T・ホマユン(Nader T. Homayoun)
 ・『ブンミおじさん』“Uncle Boonmee who Can Recall His Past Lives”(タイ) 監督:アピチャッポン・ウィーラセタクン
 ・“Sandcastle”(シンガポール) 監督:ブー・ジュンフェン
 ・“Amphetamine”(香港) 監督:Scud
 ・“Little Big Soldier”(香港) 監督:Sheng Ding
 ・“The Housemaid”(韓) 監督:イム・サンス
 ・『武士の家計簿』“Abacus and Sword”(日) 監督:森田芳光
 ・『キャタピラー』“Caterpillar”(日) 監督:若松孝二
 ・『ゴールデンスランバー』“Golden Slumber”(日) 監督:中村義洋
 ・“Blame”(オーストラリア) 監督:Michael Henry
 ・“Red Hill”(オーストラリア) 監督:Patrick Hughes
 ・“The Neighbor”(カナダ) 監督:Naghmeh Shirkhan
 ・“Twice a Woman”(カナダ) 監督:François Delisle
 ・“Black, White and Blues”(米) 監督:マリオ・ヴァン・ピーブルズ
 ・“Cold Weather”(米) 監督:Aaron Katz
 ・“I Will Follow”(米) 監督:Ava DuVernay
 ・“Mooz-lum”(米) 監督:Qasim Basir
 ・“Nice Guy Johnny”(米) 監督:Edward Burns
 ・“Polish Bar”(米) 監督:Ben Berkowitz
 ・“Leap Year”(メキシコ) 監督:Michael Rowe
 ・“The Middle of the World”(メキシコ) 監督:Jaime Ruiz Ibáñez
 ・“Of Love and Other Demons”(コロンビア) 監督:Hilda Hidalgo
 ・『ボリビア南方の地区にて』“Southern District”(ボリビア) 監督:Juan Carlos Valdivia
 ・『ファベーラ物語』“5X Favela”(ブラジル) 監督:ヴァグネル・ノバイス(Wagner Novais)、マナイラ・カルネイロ(Manaíra Carneiro)、ホドリゴ・フェーリャ(Rodrigo Felha)、カカウ・アマラウ(Cacau Amaral)、ルシアーノ・ヴィヂガウ(Luciano Vidigal)、カドゥ・バルセロス(Cadu Barcellos)、ルシアナ・ベゼーラ(Luciana Bezerra)
 ・“Lula, the Son of Brazil”(ブラジル) 監督:Fabio Barreto
 ・“Besouro”(ブラジル) 監督:João Daniel Tikhomiroff
 ・『カランチョ』“Carancho”(アルゼンチン) 監督:パブロ・トラペロ
 ・“I Miss You”(アルゼンチン・メキシコ・ウルグアイ) 監督:Fabián Hofman
 ・“The Place In Between”(ブルキナファソ) 監督:Sarah Bouyain

 ◆ドキュフェスト(Docufest)

 ・“Moving To Mars”(タイ・英) 監督:マット・ホワイトクロス
 ・“Postcard to Daddy”(独) 監督:Michael Stock
 ・“Problema”(独) 監督:Ralf Schmerberg
 ・“Tony & Janina's American Wedding”(ポーランド・米) 監督:Ruth Leitman
 ・“Love Translated”(ウクライナ) 監督:Julia Ivanova
 ・“Circus Kids”(イスラエル・米) 監督:Alexandra Lipsitz
 ・“Beautiful Darling”(米) 監督:James Rasin
 ・“Louder Than a Bomb”(米) 監督:Greg Jacobs、Jon Siskel
 ・“The Minutemen”(米) 監督:Corey Wascinski
 ・“Sex Magic: Manifesting Maya”(米) 監督:Jonathan Schell、Eric Liebman
 ・“Thunder Soul”(米) 監督:Mark Landsman
 ・『ヴィック・ムニーズ/ごみアートの奇跡』“Waste Land”(ブラジル・英) 監督:ルーシー・ウォーカー

 ◆アフター・ダーク(After Dark)

 ・『巨乳ドラゴン 温泉ゾンビVSストリッパー5』“Big Tits Zombie”(日) 監督:中野貴雄
 ・“Bitter Feast”(米) 監督:Joe Maggio
 ・“The Defiled”(米) 監督:Julian Grant

 ◆ブラック・パースペクティヴ(Black Perspectives)

 ・“A Screaming Man ”(ベルギー・チャド・仏) 監督:マハマット=サレー・ハルーン
 ・“Black, White and Blues”(米) 監督:マリオ・ヴァン・ピーブルズ
 ・“I Will Follow”(米) 監督:Ava DuVernay
 ・“Mooz-lum”(米) 監督:Qasim Basir
 ・“Thunder Soul”(米) 監督:Mark Landsman
 ・“Legacy”(ナイジェリア・英) 監督:Thomas Ikimi
 ・“The Place In Between”(ブルキナファソ) 監督:Sarah Bouyain

 ・フォレスト・ウィテカー トリビュート(Black Perspectives Tribute: Forest Whitaker)[トリビュート/レセプション/パーティー]

 ◆シネマ・オブ・アメリカ(Cinema of the Americas)

 ・“Lisanka”(ロシア) 監督:Daniel Díaz Torres
 ・“Go For It!”(米) 監督:Carmen Marron
 ・“Leap Year”(メキシコ) 監督:Michael Rowe
 ・“The Middle of the World”(メキシコ) 監督:Jaime Ruiz Ibáñez
 ・“We Are What We Are”(メキシコ) 監督:Jorge Michel Grau
 ・“Of Love and Other Demons”(コロンビア) 監督:Hilda Hidalgo
 ・『ボリビア南方の地区にて』“Southern District”(ボリビア) 監督:フアン・カルロス・ヴァルデヴィア
 ・『ファベーラ物語』“5X Favela”(ブラジル) 監督:ヴァグネル・ノバイス(Wagner Novais)、マナイラ・カルネイロ(Manaíra Carneiro)、ホドリゴ・フェーリャ(Rodrigo Felha)、カカウ・アマラウ(Cacau Amaral)、ルシアーノ・ヴィヂガウ(Luciano Vidigal)、カドゥ・バルセロス(Cadu Barcellos)、ルシアナ・ベゼーラ(Luciana Bezerra)
 ・“Besouro”(ブラジル) 監督:João Daniel Tikhomiroff
 ・“Lula, the Son of Brazil”(ブラジル) 監督:Fabio Barreto
 ・『ヴィック・ムニーズ/ごみアートの奇跡』“Waste Land”(ブラジル・英) 監督:ルーシー・ウォーカー
 ・“Asleep in the Sun”(アルゼンチン) 監督:Alejandro Chomski
 ・“Brother & Sister”(アルゼンチン) 監督:Daniel Burman
 ・『カランチョ』“Carancho”(アルゼンチン) 監督:パブロ・トラペロ
 ・“I Miss You”(アルゼンチン・メキシコ・ウルグアイ) 監督:Fabián Hofman

 ・ギレルモ・デル・トロ トリビュート(Cinema of the Americas Tribute: Guillermo Del Toro)[ディスカッション/レトロスペクティヴ・スクリーニング/パーティー]

 ◆女たちの映画(Reel Women)

 ・“Love Like Poison”(仏) 監督:Katell Quillevere
 ・“Michel Ciment, The Art of Sharing Movies”(仏) 監督:Simone Lainé
 ・“All Good Children”(ベルギー・仏・アイルランド) 監督:Alicia Duffy
 ・“Happy Housewife”(オランダ) 監督:Antoinette Beumer
 ・“The Hairdresser”(独) 監督:ドリス・デリエ
 ・“Last Report on Anna”(ハンガリー) 監督:Márta Mészáros
 ・“Tony & Janina's American Wedding”(ポーランド・米) 監督:Ruth Leitman
 ・“Mamas & Papas”(チェコ) 監督:Alice Nellis
 ・“King's Road”(アイスランド) 監督:Valdís
 ・“Missing Man”(ロシア) 監督:Anna Fenchenko
 ・“Love Translated”(ウクライナ) 監督:Julia Ivanova
 ・“Circus Kids”(イスラエル・米) 監督:Alexandra Lipsitz
 ・“The Tree”(オーストラリア) 監督:Julie Bertuccelli
 ・“The Neighbor”(カナダ) 監督:Naghmeh Shirkhan
 ・“Go For It!”(米) 監督:Carmen Marron
 ・“I Will Follow”(米) 監督:Ava DuVernay
 ・“Of Love and Other Demons”(コロンビア) 監督:Hilda Hidalgo
 ・ReelWomen Tribute: Paula Wagner  監督:
 ・『ヴィック・ムニーズ/ごみアートの奇跡』“Waste Land”(ブラジル・英) 監督:ルーシー・ウォーカー

 ◆男たちの映画(OUTrageous)

 ・“For 80 Days”(西) 監督:Jon Garaño、José María Goenaga
 ・“Family Tree”(仏) 監督:オリヴィエ・デュカステル(Olivier Ducastel)、ジャック・マルティノ(Jacques Martineau)
 ・“Man at Bath”(仏) 監督:クリストフ・オノレ
 ・“Loose Cannons”(伊) 監督:フェルザン・オズペテク
 ・“Postcard to Daddy”(独) 監督:Michael Stock
 ・“Sasha”(独) 監督:Dennis Todorovic
 ・“Amphetamine”(香港) 監督:Scud
 ・“Heartbeats”(カナダ) 監督:Xavier Dolan
 ・“Beautiful Darling”(米) 監督:James Rasin

 ◆イリノイの映画作家たち(Illiois[e]makers)
 地元イリノイ州にルーツを持つ映画作家たちの長編・短編・ドキュメンタリーを上映するプログラム。

 ・“Tony & Janina's American Wedding”(ポーランド・米) 監督:Ruth Leitman
 ・“The Defiled”(米) 監督:Julian Grant
 ・“Drunkboat”(米) 監督:Bob Meyer
 ・“Go For It!”(米) 監督:Carmen Marron
 ・“Louder Than a Bomb”(米) 監督:Greg Jacobs、Jon Siskel
 ・“Polish Bar”(米) 監督:Ben Berkowitz

 ◆映画の映画(Film on Film)

 ・“Cameraman: The Life and Work of Jack Cardiff”(英) 監督:Craig McCall
 ・“Michel Ciment, The Art of Sharing Movies”(仏) 監督:Simone Lainé
 ・“Hitler in Hollywood”(ベルギー・仏) 監督:Frédéric Sojcher
 ・“Daniel Schmid: Le chat qui pense”(スイス) 監督:Pascal Hofmann、Benny Jaberg

--------------------------------
 南北アメリカの映画を紹介するかと思えば、地元イリノイの映画作家にも目配せし、ドキュメンタリー映画やファンタ系の映画、黒人映画もチェックする。また、女性映画を特集する(Reel Women)だけならありきたりですが、それを男の映画(OUTrageous)とペアで上映するという、心憎い演出をしています。

 日本からの出品は、5作品ですが、やはり『巨乳ドラゴン』が異彩を放っています。

 ◆メイン・コンペティション(Main Competition)
 ・『必死剣 鳥刺し』“Sword of Desperation”(日) 監督:平山秀幸

 ◆ワールド・シネマ
 ・『武士の家計簿』“Abacus and Sword”(日) 監督:森田芳光
 ・『キャタピラー』“Caterpillar”(日) 監督:若松孝二
 ・『ゴールデンスランバー』“Golden Slumber”(日) 監督:中村義洋

 ◆アフター・ダーク(After Dark)
 ・『巨乳ドラゴン 温泉ゾンビVSストリッパー5』“Big Tits Zombie”(日) 監督:中野貴雄

画像

 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事
 ・シカゴ国際映画祭2009 ラインナップ&受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200911/article_29.html

 ・映画祭&映画賞カレンダー 2010年5月~2011年2月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201005/article_23.html

 追記:
 シカゴ国際映画祭2010 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201011/article_4.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック