『孤高のメス』が賞を獲ったというのはここです! 金鶏百花電影節2010 受賞結果! 

 第30回百花奨の受賞結果は、数日前にアップしていましたが、その授賞式が行なわれた第19回金鶏百花電影節では、百花奨とは別の、映画祭としての賞も設けられていて、そこで日本映画『孤高のメス』が観客賞作品賞を受賞しました。(10月15日)

 記事にするのが遅れたのは、第19回金鶏百花電影節の映画祭部分の情報が公式サイトとしてまとめられていなくて(たぶん)、上映作品のラインナップも受賞結果も把握できていなかったためで、いろいろ情報をかき集めて、ようやく映画祭部分がどのようなものであるかがわかってきました。中国語が読めれば、もっと簡単に情報に到達できたと思うのですが、なかなか一朝一夕に中国語が読めるようになるはずもなく、授賞式が終わってから何日もかかってしまいました。

 ただし、それでも映画祭のラインナップを書き出してあるようなものは見つけられず、わかったのは受賞結果と映画祭の概要だけです。

 映画祭であり、今年、第19回を迎えた金鶏百花電影節には、外国映画を上映する部門と、特集上映部門があり、外国映画を上映する部門が金鶏国際影展(金鸡国际影展)で、今年は、ニュージーランド国際映画祭からの出品作4作品を含む30作品が上映され、特集上映としては、香港映画特集(香港影展)とマカオ特集(澳门题材电影展)が行なわれました。

 *参考サイト
 ・Yahoo! China:http://ent.cn.yahoo.com/ypen/20101009/42797.html

 『孤高のメス』の受賞を伝える日本のマスコミの記事には、「中国金鶏賞での『孤高のメス』の受賞」とか、「同映画祭は、中国のアカデミー賞と呼ばれている」とか書かれていましたが、『孤高のメス』が賞を受賞したのは金鶏賞ではありませんし、中国のアカデミー賞と呼ばれているのは、「映画祭」でも『孤高のメス』に賞を与えた金鶏百花電影節でもなくて、奇数年に「金鶏百花電影節の中で発表されている」金鶏奨の方なので、いろいろ間違えていて、誤解を与えかねません。

 まあ、金鶏奨と百花奨と金鶏百花奨と金鶏百花電影節と金鶏国際影展の関係について、日本語でていねいに説明してくれている記事は、これまで1つもなかった(私も今回調べてみるまでわかっていなかった)ので、仕方がないと言えば仕方がないことなのですが、もうちょっと何とかしてもらいたいですね~。中国語や中国映画に詳しい人はたくさんいるはずですし……。

画像

--------------------------------

 第19回金鶏百花電影節 金鶏国際影展(外国映画部門) 受賞結果

 すべて観客賞(观众最喜爱的××奖)です。今年はすべての部門で、2つずつの受賞となりました。

 ◎作品賞:『孤高のメス』“孤高的手術刀(孤高的手术刀)”(日) 監督:成島出

画像

 ◎作品賞:“The Rowan Waltz (Ryabinoviy Vals)”(ロシア) 監督:Alyona Semenova、Aleksandr Smirnov
 この作品は上海国際映画祭2010のメイン・コンペティション部門(金爵奨)にも出品されていた作品です。

画像

 ◎監督賞:ジュゼッペ・カポトンディ 『重なりあう時』(伊)

 ◎監督賞:キム・テギュン 『裸足の夢』(韓)

 ◎男優賞:Aung Thura “Shadow of the Past”(米・スイス)(監督:Sin Yaw Mg Mg)

 ◎男優賞:Piotr Adamczyk “Trick”(ポーランド)(監督:Jan Hryniak)

画像

 ◎女優賞:チャン・ナラ “하늘과 바다/Sky and Sea”(ハヌルとパダ)(韓)(監督:オ・ダルギュン)

画像

 ◎女優賞:リヤ・ケベテ 『デザート・フラワー』(独・オーストリア・仏)(監督:シェリー・ホーマン)

 今回の映画祭の華は、チャン・ナラで、受賞結果を伝える記事のほとんどは、チャン・ナラの写真を掲載していました。

 このほか、上映作品には、ウディ・アレンの『それでも恋するバルセロナ』なども入っていたようですが、無冠に終わりました。

 *参考サイト
 ・163.com:http://ent.163.com/10/1016/01/6J33EOU500032KMI.html

 *この記事がなかなタメになった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事
 ・百花奨2010 発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201010/article_28.html

 ・映画祭&映画賞カレンダー 2010年5月~2011年2月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201005/article_23.html

--------------------------------

 ちなみに、全上映作品らしきものは、下記サイトにありました。
 http://news.idoican.com.cn/jyrb/html/2010-10/12/content_1660601.htm?div=-1

 一応、それぞれの作品の原題を探ってはみたのですが、監督名も製作国もわからないのでは、調べつくすことはできませんでした。調べてわかったのは以下の通りですが、それらしいというだけで、確実とは言い切れないものもあります。

 ・“Roman Polanski: Wanted and Desired”(被通缉的与被渴望的)(2008/英・米) 監督:Marina Zenovich
 ・“The Accidental Husband”(意外老公)(2008/米・アイルランド) 監督:Griffin Dunne
 ・『デザート・フラワー』“沙漠之花”(独・オーストリア・仏) 監督:シェリー・ホーマ ・『重なりあう時』“双重时间”(伊) 監督:ジュゼッペ・カポトンディ

 ・“Trick”(计谋)(ポーランド) 監督:Jan Hryniak
 ・“Мы из будущего 2”(我们来自未来2)(ロシア) 監督:Oleg Pogodin、Dmitri Voronkov
 ・“The Rowan Waltz (Ryabinoviy Vals)”(灰色华尔兹)(ロシア) 監督:Alyona Semenova、Aleksandr Smirnov
 ・“今天不回家”(台湾) 監督:黄清元
 ・“金大班的最后一夜”(台湾) 監督:熊源偉(シォン・ユアンウェイ)
 ・“Watch to Break Up Club”(分手说爱你)(香港) 監督:Chun-Chun Wong
 ・“The Pye-Dog”(野良犬)(2007/香港) 監督:Chi-kin Kwok
 ・『裸足の夢』“赤脚的梦”(韓) 監督:キム・テギュン
 ・“하늘과 바다/Sky and Sea”(ハヌルとパダ)(韓) 監督:オ・ダルギュン
 ・『京都太秦物語』“京都太秦物语”(日) 監督:山田洋次
 ・『孤高のメス』“孤高的手术刀”(日) 監督:成島出
 ・“Red shoes”(红鞋子)(2009/カナダ) 監督:Micah Meisner
 ・“Dan in real life”(丹的真实生活)(2008/米) 監督:Peter Hedges
 ・『それでも恋するバルセロナ』“午夜巴塞罗那”(2008/西・米) 監督:ウディ・アレン
 ・“Salve Geral”(保持常态)(2009/ブラジル) 監督:Sergio Rezende

 断念してしまったタイトルは以下の通り。

 ・永不放弃
 ・爱情时装表演
 ・夺标
 ・这样一位将军
 ・金门新娘
 ・派饭
 ・新来的李老师
 ・寂寞的十七岁
 ・谈判专家
 ・回魂
 ・秋歌
 ・堂口故事
 ・还有一星期
 ・农家花园
 ・我爱北京天安门
 ・大碌碡和他的村民们
 ・村官普兴发
 ・尤物姐妹
 ・做人
 ・孩子王
 ・不要烧
 ・花峦
 ・山村趣事
 ・房不剩防
 ・雕花的马鞍
 ・斯琴杭菇
 ・遥远的邓诺
 ・壮乡木棉花
 ・鲜花
 ・圣地额济纳
 ・飞行的霞光

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック