シッチェス・カタロニア国際ファンタスティック映画祭2010 受賞結果!

 第43回シッチェス・カタロニア国際ファンタスティック映画祭の各部門の受賞結果が発表になりました。(10月17日)

画像

 【オフィシャル・ファンタスティック・セレクション コンペティション部門
 Official Fantàstic In Competition Sitges 43

 ◆最優秀作品賞(Best Motion Picture)
 ◎“Rare Exports: A Christmas Tale”(フィンランド・ノルウェー・仏・スウェーデン) 監督:Jalmari Helander

 ◆監督賞(Best Director)
 ◎Jalmari Helander “Rare Exports: A Christmas Tale”(フィンランド・ノルウェー・仏・スウェーデン)

 ◆脚本賞(Best Script)
 ◎Nicolás Goldbart “Fase 7”(アルジェリア)(監督:Nicolás Goldbart)

画像

 ◆撮影賞(Best Cinematography)
 ◎Mika Orasmaa “Rare Exports: A Christmas Tale”(フィンランド・ノルウェー・仏・スウェーデン)

 ◆男優賞(Best Actor)
 ◎パトリック・ファビアン(Patrick Fabian) “The Last Exorcism”(米)(監督:Daniel Stamm)

画像

 ◆女優賞(Best Actress)
 ◎ジェシー・ホー “Dream Home(維多利亞壹號)”(香港)(監督:パン・ホーチョン)

 ◆美術賞(Best Production Design)
 ◎林田裕至 『十三人の刺客』(日)(監督:三池崇史)

 ◆メイキャップ/FX賞(Best Make Up FX)
 ◎Vitaya Deerattakul & Andrew Lin “Dream Home(維多利亞壹號)”(香港)

 ◆特殊効果賞(Best Special Effects)
 ◎Gareth Edwards “Monsters”(英)(監督:Gareth Edwards)

画像

 ◆オリジナル・サウンドトラック賞(Best Original Soundtrack)
 ◎Seppuku Paradigm、Alex & Willie Cortes “Red Nights (Nuits Rouges Du Bourreau De Jade )”(香港・中・仏)(監督:ジュリアン・カーボン、ローラン・クティオ)

画像

 ◆特別審査員賞(Special Jury Award)
 ◎“We Are The Night(Wir Sind die Nacht)”(独) 監督:デニス・ガンゼル(Dennis Gansel)

画像

 【オフィシャル・ファンタスティック・セレクション 短編コンペティション

 ◆最優秀短編賞(Best Short Film)
 ◎“The Legend Of Beaver Damm”(カナダ) 監督:Jérôme Sable

 ◆最優秀短編賞スペシャル・メンション(Special Mention to the short film)
 ◎“Vicenta”(西) 監督:Sam Millor

 ※審査員(オフィシャル・セレクション コンペティション長編部門&短編部門):フランチェスコ・バリッリ(Francesco Barilli)、ジャウメ・コレット=セラ(Jaume Collet-Serra)、Colin Geddes、ヤン・ハーラン(Jan Harlan)、エレナ・マンリケ(Elena Manrique)

 【オフィシャル・ファンタスティック・セレクション パノラマ-コンペティション部門
 Official Fantàstic Competition Panorama

 ◆作品賞(Best Motion Picture)
 ◎“Tucker & Dale VS. Evil”(カナダ・米) 監督:Eli Craig

 【オフィシャル・ファンタスティック・セレクション パノラマ・短編部門

 ◆最優秀短編賞(Best Short Film)
 ◎“The Familiar”(カナダ) 監督:Kody Zimmermann

 ※審査員(パノラマ部門長編&短編):Philipp Engel、Annick Mahnert、Carlos Pumares

 【ヤング審査員賞】(CARNET JOVE)

 ◆オフィシャル・セレクション部門作品賞(Best Motion Picture Fantàstic)
 ◎『タイヤ』“Rubber”(仏) 監督:Quentin Dupieux

 ◆ミッドナイト・エクストレム部門(Best Motion Picture Midnight X-Treme)
 ◎『戦闘少女 血の鉄仮面伝説』“Mutant Girls Squad”(日) 監督:井口昇、西村喜廣、坂口拓

 ※審査員:Gerard Alonso、Alba Carmona、Anna Gual、Marian López、Daniel Mourenza

 【ニュー・ヴィジョンズ部門】(Noves Visions)

 ◆最優秀作品賞(Best Motion Picture Sponsored by SEAT)
 ◎“Lights Out (Simon Werner a disparu)”(仏) 監督:Fabrice Gobert [フィクション部門]

画像

 ◆スペシャル・メンション(Special Mention)
 ◎“Sound of Noise”(仏・スウェーデン・デンマーク) 監督:Ola Simonsson & Johannes Stjarne Nilsson [フィクション部門]
 ストーリーとビジュアルとサウンドのユニークなブレンドに対して。

画像

 ◎“5150 Rue Des Hormes (5150 Elm's Way)”(カナダ) 監督:Éric Tessier [ダーク・フィクション部門]
 古典的な撮影とモラルに新たな地平を切り開くファンタジーのパイオニア的なブレンドに対して。

画像

 ◆ディスカバリー部門優秀賞(Discovery Motion Picture Diploma)
 ◎“Tony”(英) 監督:Gerard Johnson

画像

 ◆ノンフィクション部門優秀賞(Non-Fiction Motion Picture Diploma)
 ◎“Vampires”(ベルギー) 監督:Vincent Lannoo

画像

 ※審査員:Ferran Audi、Rafael Maluenda、Laurent Pécha

 【アニメーション部門】(ANIMA'T – Gertie Award)

 ◆長編アニメーション賞(Best Animated Film)
 ◎“Jackboots on Whitehall”(英) 監督:Edward McHenry & Rory McHenry

画像

 ◆短編アニメーション賞(Best Animated Short film)
 ◎“A New Life! (Une nouvelle vie!)”(仏) 監督:Fred Joyeux

 ◆キッズ賞(Best Animated Feature for Kids)
 ◎“The Ugly Duckling”(ロシア) 監督:Garry Bardin

 ※審査員:Daniel Cohen、Rubén Lardín、Joan Pons

 【カーサ・アジア部門】(Casa Àsia)

 ◆最優秀作品賞(Best Motion Picture)
 ◎『冷たい熱帯魚』(日) 監督:園子温
 この作品は、カーサ・アジア部門ではなく、パノラマ-コンペティション部門にエントリーされていた作品ですが、審査は、アジア映画の全上映作品が対象となったようです。

 ※審査員:Daniel Cohen、Rubén Lardín、Joan Pons

 【ブリガドーン部門】(Brigadoon)

 ◆ポール・ナッシー賞 最優秀短編賞(Best short film)
 ◎“St. Christophorus Roadkill”(独) 監督:Gregor Erler

 ※審査員:Joan I. Alonso、Jorge Manrique、Dani Moreno

 【学生作品部門
 NOVA AUTORIA SGAE – FUNDACIÓ AUTOR – INSTITUT BUÑUEL

 ◆監督賞(Best Director)
 ◎Sílvia Subirós(Escola de Cinema de Barcelona (ECIB)) “La Edad Del Sol”

 ◆脚本賞(Best Screenplay)
 ◎Jaime Serrano(Estudis Cinematogràfics de Catalunya (CECC)) “La Lona”

 ◆オリジナル作曲賞(Best Original Score)
 ◎Gonçal Perales Roy (Escola d’Animació de Catalunya-9 Zeros) “The Smiley”

 ※審査員:Xavier Capellas、Maria Ripoll、Albert Solé Millor

 【観客賞】(Audience Award El Periódico de Catalunya)

 ◆最優秀作品賞(Best Motion Picture)
 ◎『十三人の刺客』(日) 監督:三池崇史 [オフィシャル・ファンタスティック・セレクション コンペティション部門]

 【批評家賞】(Critic Awards)

 ◆Jose Luis Guarner批評家賞(Jose Luis Guarner Critic Award)
 ◎『ブンミおじさん』“Uncle Boonmee Who Can Recall His Past Lives”(英・タイ・仏・独・西) 監督:アピチャッポン・ウィーラセタクン [オフィシャル・ファンタスティック・セレクション コンペティション部門]

画像

 ◆市民ケーン賞-有望監督賞(Citizen Kane Award to an up-and-coming director)
 ◎Quentin Dupieux 『タイヤ』“Rubber”(仏)  [オフィシャル・ファンタスティック・セレクション コンペティション部門]

 ※審査員:Carlos Losilla、Joan Millaret 、Xavi Serra

 【メリエス賞】(ヨーロッパ映画賞)

 この賞は、ヨーロッパの9つのファンタスティック映画祭で上映された全ヨーロッパ映画を対象とし、ヨーロッパ・ファンテスティック映画祭連盟(European Fantastic Film Festival Federation (EFFFF))から贈られるもので、本映画祭のプログラムにエントリーされているかどうかとは無関係に選ばれます。

 ◆金賞 長編部門(Golden Méliès for Best European Motion Picture)
 ◎『[リミット]』(西) 監督:ロドリゴ・コルテス

画像

 ◆銀賞 長編部門(Silver Méliès for Best European Motion Picture)
 ◎『タイヤ』“Rubber”(仏) 監督:Quentin Dupieux

 ◆金賞 短編部門(Golden Méliès for Best European Short Film)
 ◎“El Ataque De Los Robots De Nebulosa –5”(西) 監督:Chema García Ibarra

画像

 ◆銀賞 短編部門(Silver Méliès Award for Best Europea Short Film)
 ◎“Les Bessones Del Carrer Ponent”(西) 監督:Marc Riba、Anna Solanas

画像

 ◆スペシャル・メンション(Special Mention)
 ◎“Rare Exports: A Christmas Tale(フィンランド・ノルウェー・仏・スウェーデン) 監督:Jalmari Helander

 ※審査員:Philipp Engel、Annick Mahnert、Carlos Pumares

--------------------------------

 【名誉賞・功労賞】

 ◎Màquina del Temps Award:トム・サビーニ

画像

 ◎Màquina del Temps Award:Mick Garris(アメリカのプロデューサー/監督/脚本家)

画像

 ◎Màquina del Temps Award:Richard Kelly(アメリカの監督)

画像

 ◎Màquina del Temps Award:ジョー・ダンテ

画像

 ◎Màquina del Temps Award:レベッカ・デモーネイ

画像

 ◎Màquina del Temps Award:キム・ジウン

画像

 ◎Gran Premi Honorífic:ヴァンサン・カッセル

画像

 ◎Maria Honorífica Award:Josep Maixenchs(スペインの教育者/プロデューサー)

画像

 ◎Maria Honorífica Award:Caroline Munro(イギリスの女優)

画像

 ◎Maria Honorífica Award:Julio Coll(スペインの監督/プロデューサー/TVの演出家/ジャーナリスト/音楽評論家/演劇評論家)

画像

 ◎Maria Honorífica Award:Sid Haig(アメリカのTVプロデューサー)

画像

 ◎Maria Honorífica Award:ジュリー&ロジャー・コーマン

画像

 ◎ノスフェラトゥ賞(Nosferatu Award/生涯功労賞):ユージニオ・マーティン(Eugenio Martín)(スペインの監督)

画像

 細かい規定はどうなっているかわかりませんが、Màquina del Temps Award(タイムマシーン賞)は、現役の映画人に贈られる特別賞で、Maria Honorífica Awardは、ベテランの映画人に贈られる名誉賞、Gran Premi Honoríficは特別名誉賞、ノスフェラトゥ賞は生涯功労賞、というような感じになっているようです。昨年は、塚本晋也がMàquina del Temps Awardを受賞しています。

--------------------------------

 審査員がどれだけ他の映画祭の受賞結果を意識したのかはわかりませんが、プチョン国際ファンタスティック映画祭2010でグランプリを受賞した『ビーデビルド』や審査員賞を受賞した『告白』はここでは無冠で、監督賞を受賞した“Monsters”には特殊効果賞を与えるにとどまっています。

 カンヌ国際映画祭2010パルムドール受賞作品の『ブンミおじさん』も批評家賞は受賞したものの、映画祭の部門賞受賞はなく、チャン・イーモウやアンドリュー・ラウ、イム・サンス、レハ・エルデムも無冠に終わり、ロカルノ国際映画祭2010では無冠だったフィンランド映画“Rare Exports: A Christmas Tale”が作品賞・監督賞・撮影賞の3賞を受賞するという結果になっています。

 受賞結果全体を見ると必ずしもそうではありませんが、若干、アジア映画やアメリカ映画に厳しく、ヨーロッパ映画を積極的に評価するという傾向性が顕著になったようです。

 多くの作品がエントリーされた日本映画もわりと健闘した方で、ここでもう一度受賞結果をまとめておくと以下の日本映画が受賞を果たしています。

 ◆オフィシャル・ファンタスティック・セレクション コンペティション部門 美術賞(Best Production Design)
 ◎林田裕至 『十三人の刺客』(日)(監督:三池崇史)

 ◆ヤング審査員賞 ミッドナイト・エクストレム部門
 ◎『戦闘少女 血の鉄仮面伝説』“Mutant Girls Squad”(日) 監督:井口昇、西村喜廣、坂口拓

 ◆カーサ・アジア部門 最優秀作品賞
 ◎『冷たい熱帯魚』(日) 監督:園子温

 ◆観客賞 最優秀作品賞
 ◎『十三人の刺客』(日) 監督:三池崇史

 ベネチア国際映画祭2010では無冠だった『十三人の刺客』が2冠となり、このところあちこちの映画祭で受賞を重ねている『冷たい熱帯魚』がここでも受賞していることが注目されます。
 映画祭的にはたぶんもうこれ以上の展開はないと思いますが(いくつかの小さな賞を受賞することはあっても)、現在までの評価の高さを受けて、この2作は、ヨーロッパを中心に劇場公開が決まっていくんじゃないかと思われます。日本国内の映画賞受賞もちょっと期待していいのではないでしょうか。

 なお、各受賞作品の内容に関しては、下記リンク先から当該記事を参照してください。

 *この記事がなかなかよかった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事
 ・シッチェス・カタロニア国際ファンタスティック映画祭2010 ラインナップ その1:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201009/article_33.html
 ・シッチェス・カタロニア国際ファンタスティック映画祭2010 ラインナップ その2:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201009/article_34.html
 ・シッチェス・カタロニア国際ファンタスティック映画祭2010 ラインナップ その3:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201009/article_43.html
 ・シッチェス・カタロニア国際ファンタスティック映画祭2010 ラインナップ その4:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201009/article_45.html

 ・シッチェス・カタロニア国際ファンタスティック映画祭2009 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200910/article_10.html

 ・プチョン国際ファンタスティック映画祭2010 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201007/article_23.html

 ・映画祭&映画賞カレンダー 2010年5月~2011年2月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201005/article_23.html

--------------------------------

 ◆PHOTO GALLERY

 ・西村喜廣のパフォーマンス!TOKYO GORE MASTERとして、『ヘルドライバー』の監督として

画像

画像

画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック