中国・百花奨2010 発表!

 第19回金鶏百花電影節/第30回百花奨の受賞結果が発表になりました。(10月16日)

 百花奨は、中国の映画雑誌“大衆電影(大众电影)”での読者投票によって選ばれる映画賞で、2005年からは中国電影家協会の主催する金鶏奨と合わさって金鶏百花奨となり、それ以降、偶数年は百花奨、奇数年は金鶏奨が発表されるという形になっています。

 一方、百花奨と金鶏奨が一緒になる13年前の1992年から、金鶏百花電影節という映画祭がスタートしていて(5日間にわたって開催)、その閉幕式が金鶏百花奨の発表の場(授賞式)となっています。なので、金鶏百花電影節は今年で19回目、百花奨は今年で通算30回目(1962年スタート、中断あり)、来年の金鶏奨(1981年スタート)は28回目となります。ここらへんは、ちょっとややこしい……。

 金鶏百花電影節は、外国映画の上映、セミナー、映画マーケットなどを行なう映画祭で、上海国際映画祭、長春国際電影節、珠海電影節と合わせて、中国4大映画祭と呼ばれたりもするそうです。

 金鶏奨は、中国の映画業界人(中国電影家協会)が選ぶ内輪の映画賞であるということもあって、中国のアカデミー賞と呼ばれ、部門も多いのですが、百花奨は、一般の投票で決まる映画賞ということで、主要7部門のみ、というシンプルな映画賞になっています。

 今年の受賞結果は、以下の通りです。

--------------------------------

 ◆作品賞(最佳影片奖)
 ◎『建国大業』 監督:韓三平、ホアン・チェンシン(黄建新)
 ・“花木蘭(花木兰)”(ムーラン) 監督:ジングル・マ
 ・“驚天動地(惊天动地)” 監督:王珈(ワン・ジア)、沈東
 ・『ボディガード&アサシンズ』“十月圍城” 監督:テディ・チャン
 ・“風聲(The Message)” 監督:チェン・クォフー(陳国富)

画像

 ◆監督賞(最佳导演奖)
 ◎フォン・シャオガン 『狙った恋の落とし方。』“非誠勿擾”
 ・王珈、沈東 “驚天動地(惊天动地)”
 ・韓三平、ホアン・チェンシン(黄建新) 『建国大業』
 ・テディ・チャン 『ボディガード&アサシンズ』“十月圍城”
 ・チェン・クォフー(陳国富) “風聲(The Message)”

画像

 ◆主演男優賞(最佳男主角奖)
 ◎陳坤(チェン・クン) 『画皮』“畫皮(Painted Skin)”(監督:ゴードン・チャン)
 ・チャン・グオリー(張國立) 『建国大業』
 ・ホアン・シァオミン(黄暁明) “風聲(The Message)”
 ・ドニー・イェン 『イップ・マン 序章』(監督:ウィルソン・イップ)
 ・ホウ・ヨン(侯勇) “驚天動地(惊天动地)”

 ◆主演女優賞(最佳女主角奖)
 ◎ヴィッキー・チャオ(赵薇) “花木蘭(花木兰)”(ムーラン)
 ・ジョウ・シュン(周迅) 『画皮』“畫皮(Painted Skin)”
 ・スー・チー(舒淇) 『狙った恋の落とし方。』“非誠勿擾”
 ・ファン・ビンビン(范冰冰) 『ボディガード&アサシンズ』“十月圍城”
 ・白静 “鉄人(铁人)”(監督:尹力(イン・リー))

画像

 ◆助演男優賞(最佳男配角奖)
 ・リー・ヨウピン(李幼斌) “驚天動地(惊天动地)”
 ◎アレック・スー(蘇有朋) “風聲(The Message)”
 ・フェン・ユエンジョン(憑遠征) 『狙った恋の落とし方。』“非誠勿擾”
 ・ジェイシー・チェン(房祖名) “花木蘭(花木兰)”(ムーラン)
 ・ホアン・ボー(黄渤) “鉄人(铁人)”

画像

 ◆助演女優賞(最佳女配角奖)
 ・スン・リー(孫儷) 『画皮』“畫皮(Painted Skin)”
 ◎王嘉 “驚天動地(惊天动地)”
 ◎シュー・チン(許晴) 『建国大業』
 ・車暁(チャー・シャオ) 『狙った恋の落とし方。』“非誠勿擾”
 ・馬蘇(マースー) “鉄人(铁人)”

画像

 ◆新人賞(最佳新人奖)
 ◎徐箭 “驚天動地(惊天动地)”
 ・クリス・リー(李宇春) 『ボディガード&アサシンズ』“十月圍城”
 ・メンケ・バータル(巴特爾) 『ボディガード&アサシンズ』“十月圍城”
 ・ミュウミュウ・コン(鞏新亮) 『狙った恋の落とし方。』“非誠勿擾”
 ・リュウ・フォンチャオ(劉峰超) 『孔子』(監督:胡政)

画像

 ◆最優秀劇映画賞(优秀故事片奖)
 ◎“花木蘭(ムーラン)”
 ◎“驚天動地(惊天动地)”

画像

 ◆生涯功労賞(终身成就奖)
 ◎于洋
 同じ名前のもっともっと若い男優がいますが、こちらは1930年生まれの監督/俳優です。

画像

 ◎ティエン・ホア(田華)
 1928年生まれの女優。日本でも上映されている作品としては、1950年の『白毛女』があります。

画像

--------------------------------

 作品のノミネート&受賞状況は以下の通りです。

 ・“驚天動地(惊天动地)”(2/6):作品・監督・主演男優・助演男優・助演女優・新人
 ・『狙った恋の落とし方。』(1/5):監督・主演女優・助演男優・助演女優・新人
 ・『建国大業』(2/4):作品・監督・主演男優・助演女優
 ・“風聲(The Message)”(1/4):作品・監督・主演男優・助演男優
 ・『ボディガード&アサシンズ』(0/4):作品・監督・主演女優・新人
 ・“花木蘭(花木兰)”(ムーラン)(1/3):作品・主演女優・助演男優
 ・『画皮』“畫皮(Painted Skin)”(1/3):主演男優・主演女優・助演女優
 ・“鉄人(铁人)”(0/3):主演女優・助演男優・助演女優
 ・『イップ・マン 序章』(0/1):主演男優
 ・『孔子』(0/1):新人

 昨年の金鶏奨とは、『画皮』と“鉄人”がかぶっていますが、やはり読者投票ということもあってか、こちらの方がぐっと大衆的なセレクションになっています。

 間違っても、ヨーロッパの映画祭でウケるような映画作家の作品はノミネートされませんし、ましてや中国政府から睨まれるような作品が選ばれたりするようなことはありません。

 受賞結果は、7部門を6つの映画で分ける形になりました。これが、今の中国の映画ファンのバランス感覚なのでしょうか。あるいは、飛び抜けた作品がなかったということか。

 当ブログ初登場の“驚天動地(惊天动地)”は、四川大地震(中国での呼称は四川汶川地震)に遭遇した軍隊が、様々な困難に遭いながら、被災者を救援するという物語で、一方、“鉄人(铁人)”は、50年代末から60年代にかけて、石油採掘のために力を注いで、鉄人と呼ばれた実在の人物、王進喜の半生を描いた作品で、『建国大業』といい、これらの作品といい、今年は、とても愛国主義的な作品が人気だった、ということになります。ま、建国60周年ということもあったのかもしれませんが。

画像

 *この記事がなかなかよかった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事
 ・金鶏奨2009 発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200910/article_12.html

 ・映画祭&映画賞カレンダー 2010年5月~2011年2月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201005/article_23.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック