日本人の知らない日本がいっぱい! バンクーバー国際映画祭2010 ラインナップ!

 第29回バンクーバー国際映画祭(9月30日~10月15日)のラインナップです。

 バンクーバー国際映画祭は、トロント国際映画祭、モントリオール世界映画祭に次ぐ、カナダで三番目に大きな国際映画祭で、それら2つの映画祭と1ヶ月と空けずに開催される映画祭でありながら、独自の差別化を図って、それらと勝るとも劣らぬ個性的な映画祭として頑張っている映画祭です。

 特徴としては、トロントやモントリオールよりは、地元カナダ映画の上映に力を入れていること(カナディアン・イメージ部門)、まとまった形で最新のアジア映画を紹介していること(ドラゴン&タイガー部門)、そして、100本近いドキュメンタリー作品を3つの部門に分けて上映していることでしょうか。

 そのほかには、常設部門として、ワールド・シネマを上映する「我らの時代の映画」(Cinema of Our Time)部門や、最新フランス映画を上映する「スポットライト・オン・フランス」部門などがあります。

 今年は、アフリカを題材にした映画を集めた「アフリカ・トゥデイ」部門も設けられています。


--------------------------------

 ◆スペシャル・プレゼンテーションズ部門(Special Presentations)

 ・“Another Year”(英) 監督:マイク・リー
 ・“Biutiful”(西・メキシコ) 監督:アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ
 ・『贋作』“Certified Copy”(仏・伊・ベルギー) 監督:アッバス・キアロスタミ
 ・“Made in Dagenham”(英) 監督:ナイジェル・コール
 ・『レボリューション』“Revolución”(メキシコ) 監督:マリアナ・チェニリョ、フェルナンド・エインビッケ、アマ・エスカランテ、ガエル・ガルシア・ベルナル、ロドリゴ・ガルシア、ディエゴ・ルナ、ヘラルド・ナランホ、ロドリゴ・プラ、カルロス・レイガダス、パトリシア・リヘン
 ・“Tamara Drewe”(英) 監督:スティーヴン・フリアーズ
 ・“The Ugly Duckling(Le villain petit canard)”(ロシア・仏) 監督:Garri Bardin
 ・“Winds of Heaven”(カナダ) 監督:Michael Ostroff

 ◆ガラ・プレゼンテーションズ部門(GALA PRESENTATIONS)
 特別招待作品。

 ・“The Illusionist(L'illusionniste)”(英・仏) 監督:シルヴァン・ショメ
 ・“Barney's Version”(伊・カナダ) 監督:Richard J. Lewis
 ・“Score: A Hockey Musical”(カナダ) 監督:Michael McGowan

 ◆観客賞作品上映(Audience Award Winner)
 一般投票で選ばれた人気作品の上映。

 ・“12 Angry Lebanese: The Documentary”(レバノン) 監督:Özlem Sulak
 ・“For Once in My Life”(米) 監督:Jim Bigham、Mark Moorman
 ・『ギャランツ~シニアドラゴン龍虎激闘』“Gallants (打擂台/Da Lui Toi)”(香港) 監督:Derek Kwok & Clement Cheng
 ・“Kawasaki's Rose”(チェコ) 監督:ヤン・フジェベイク
 ・“Me, Too(Yo, también)”(西) 監督:Álvaro Pastor、Antonio Naharro
 ・“Stolen Dreams(Sonhos roubados)”(ブラジル) 監督:Sandra Werneck
 ・“Waiting for "Superman"”(米) 監督:デイヴィス・グッゲンハイム
 ・『ヴィック・ムニーズ/ごみアートの奇跡』“Waste Land”(英・ブラジル) 監督:ルーシー・ウォーカー

 ◆我らの時代の映画(Cinema of Our Time)
 ワールド・シネマ部門。

 ・“Down Terrace”(英) 監督:Ben Wheatley
 ・『プリズン211』“Cell211”(西) 監督:ダニエル・モンソン
 ・“Born to Suffer(Nacidas para sufrir)”(西) 監督:Miguel Albaladejo
 ・“You Are All Captains(Todos vos sodes capitans)”(西・仏) 監督:Olivier Laxe
 ・“The Infidel”(英) 監督:Josh Appignanesi
 ・“Monsters”(英) 監督:Gareth Edwards
 ・“Snap”(アイルランド) 監督:Carmel Winters
 ・“The Strange Case of Angelica(O estranho caso de Angélica)”(西・ポルトガル・仏・ブラジル) 監督:マノエル・デ・オリヴェイラ
 ・“Rubber”(仏・米) 監督:Quentin Dupieux
 ・“Pulsar”(ベルギー) 監督:Alex Stockman
 ・“R U There?”(オランダ) 監督:David Verbeek
 ・“Win/win”(オランダ) 監督:Jaap van Heusden
 ・“Our Life (La nostra vita)”(伊・仏) 監督:ダニエレ・ルケッティ
 ・『やがて来たる者』“The Man Who Will Come(L' uomo che verrà)”(伊) 監督:ジョルジョ・ディリッティ
 ・“In the Shadows(In the Shadows)”(独) 監督:Thomas Arslan
 ・“L.A. Zombie”(独・米) 監督:ブルース・ラ=ブルース
 ・“My Words, My Lies - My Love(Lila Lila)”(独) 監督:Alain Gsponer
 ・“Transfer”(独) 監督:Damir Lukacevic
 ・“When We Leave(Die Fremde)”(独) 監督:Feo Aladag
 ・『強盗』“The Robber(Der Räuber)”(オーストリア・独) 監督:ベンジャミン・ハイゼンベルク
 ・“Vespa”(ハンガリー) 監督:Diana Groó
 ・“Reverse”(ポーランド) 監督:Borys Lankosz
 ・“Mamas & Papas”(チェコ) 監督:Alice Nellis
 ・“Protector(Protektor)”(チェコ) 監督:Marek Najbrt
 ・“Surviving Life”(チェコ・スロヴァキア) 監督:ヤン・シュヴァンクマイエル
 ・“Honeymoons”(アルバニア) 監督:ゴラン・パスカリェーヴィチ
 ・“Aurora”(ルーマニア・仏・スイス・独) 監督:Cristi Puiu
 ・“Belly of the Whale”(ルーマニア) 監督:Ana Lungu [中編]
 ・“If I Want to Whistle, I Whistle(Eu Cand Vreau Sa Fluier, Fluier)”(ルーマニア) 監督:Florin Serban
 ・“Morgen”(ルーマニア・ハンガリー) 監督:Marian Crisan
 ・“My Joy (Schastye moe)”(ロシア) 監督:Sergei Loznitsa
 ・“King's Road(Kóngavegur)”(アイスランド) 監督:Valdís Óskarsdóttir
 ・“R”(デンマーク) 監督:Michael Noer、Tobias Lindholm
 ・“Song of Tomorrow”(スウェーデン) 監督:Jonas Holmström、Jonas Bergergård
 ・“A Somewhat Gentle Man(En ganske snill mann)”(ノルウェー) 監督:Hans Petter Moland
 ・“How I Ended This Summer(Kak ya provel etim letom)”(ロシア) 監督:Alexei Popogrebsky
 ・“Dissolution”(イスラエル) 監督:Nina Menkes
 ・“Zindeeq”(パレスチナ・英・ベルギー・UAE) 監督:Michel Khleifi
 ・“Tales from Kars(Kars Öyküleri)”(トルコ) 監督:Ülkü Oktay、Zehra Derya Koç、Ahu Öztürk、Emer Akay
 ・“Gold & Copper”(イラン) 監督:Homayoun Asadian
 ・“The White Meadows”(イラン) 監督:Mohammad Rasoulof
 ・“Chantrapas”(グルジア・仏) 監督:オタール・イオセリアーニ
 ・『明りを灯す人』“The Light Thief (Svet-ake)”(キルギスタン・独・仏・オランダ) 監督:アクタン・アブディカリコフ
 ・“City of Life”(UAE) 監督:Ali F. Mostafa
 ・“I Am(Afia megha abhimanyu omar)”(インド) 監督:Onir
 ・“The Tree (L’arbre)”(オーストラリア・仏) 監督:Julie Bertucelli
 ・“Anton Chekhov's The Duel”(米) 監督:Dover Kosashvili
 ・“Cold Weather”(米) 監督:Aaron Katz
 ・“Littlerock”(米) 監督:Mike Ott
 ・“The Neighbor(Hamsayeh)”(米・イラン・カナダ) 監督:Naghmeh Shirkhan
 ・“Putty Hill”(米) 監督:Matt Porterfield
 ・“Leap Year(Año bisiesto)”(メキシコ) 監督:Michael Rowe
 ・“Of Love and Other Demons(Del amor y otros demonios)”(コスタリカ・コロンビア) 監督:Hilda Hidalgo
 ・“The Tenants(Os inquilinos)”(ブラジル) 監督:Sergio Bianchi
 ・“October (Octubre)”(ペルー) 監督:Daniel Vega、Diego Vega
 ・“Norberto's Deadline(Norberto apenas tarde)”(ウルグアイ・アルゼンチン) 監督:Daniel Hendler
 ・『カランチョ』“Carancho”(アルゼンチン) 監督:パブロ・トラペロ
 ・“Microphone”(エジプト) 監督:Ahmad Abdalla
 ・“Harragas”(アルジェリア・仏) 監督:Merzak Allouache

 ◆ドラゴン&タイガー部門(DRAGONS & TIGERS)
 アジア映画部門。
 いろんな国際映画祭で話題になったアジアの映画作家の作品が集められています。日本からは7作品がエントリーされていますが、おなじみの作品にまじって、PFFから3作品がエントリーされているところがユニークなところでしょうか。

 ・“Baby Arabia”(タイ) 監督:Panu Aree、Kaweenipon Ketprasit、Kong Rithdee
 ・“Insects in the Backyard”(タイ) 監督:Tanwarin Sukkhapisit
 ・『ありふれた話』“Mundane History”(タイ) 監督:A.スィッチャーゴーンポン(Anocha Suwichakornpong)
 ・“Don't Be Afraid, Bi!”(ベトナム) 監督:Phan Dang Di
 ・『夢追いかけて』“The Dreamer”(インドネシア) 監督:リリ・リザ
 ・“Chassis”(フィリピン) 監督:Adolfo Alix
 ・『マニラ・スカイ』“Manila Skies”(フィリピン) 監督:レイモンド・レッド
 ・“sampaguita, National Flower”(フィリピン) 監督:Francis X Pasion
 ・『タイガー・ファクトリー』“The Tiger Factory”(マレーシア) 監督:ウー・ミンジン
 ・『赤とんぼ』“Red Dragonflies”(シンガポール) 監督:リャオ・チエカイ(Liao Jiekai)
 ・“Sandcastle”(シンガポール) 監督:ブー・ジュンフェン
 ・『4枚目の似顔絵』“The Fourth Portrait(第四張畫)”(台湾) 監督:チョン・モンホン
 ・『ピノイ・サンデー』“Pinoy Sunday(台北星期天)”(台湾・日・フィリピン・仏) 監督:ウィ・ディン・ホー(何蔚庭/Wi Ding Ho)
 ・『お父さんの初七日』“Seven Days in Heaven”(台湾) 監督:ワン・ユィリン(王育麟/Yulin Wang)、エッセイ・リウ(刘梓洁/Zi-jie Liu)
 ・“The Drunkard”(香港) 監督:Freddie Wong
 ・“Echoes of the Rainbow/歳月神偸)”(香港・中) 監督:アレックス・ロー(Alex Law)
 ・“Merry-Go-Round”(香港) 監督:Yan Yan Mak、Clement Cheng
 ・“Aftershock(唐山大地震)”(中) 監督:フォン・シャオガン
 ・“Crossing the Mountain(翻山)”(中) 監督:Yang Rui
 ・“Fortune Teller”(中) 監督:Xu Tong
 ・『海上伝奇』“I Wish I Knew(上海伝奇)”(中) 監督:ジャ・ジャンクー
 ・“The High Life (尋歓作楽)”(中) 監督:Zhao Dayong(趙大勇)
 ・“Karamay”(中) 監督:Xu Xin
 ・“Winter Vacation”(中) 監督:Li Hongqi
 ・“Rumination”(中) 監督:Xu Ruotao
 ・『独身男』“Single Man”(中) 監督:ハオ・ジェ
 ・“Thomas Mao”(中) 監督:Zhu Wen
 ・“End of Animal”(韓) 監督:Jo Sung-Hee
 ・“Hahaha”(韓) 監督:ホン・サンス
 ・“Kimu; the strange dance”(韓) 監督:Park Donghyun [中編]
 ・“The Man from Nowhere”(韓) 監督:Lee Jeong-beom
 ・“Metamorphosis”(韓) 監督:Lee Samchil
 ・“My Film and My Story”(韓) 監督:Kim Taeho、Kim Hankyul、Moon Yoojung、Lee Hwejae、Lim Youngbin、Han Gitae、Hong Youjin
 ・“Oki's Movie”(韓) 監督:ホン・サンス
 ・『詩』“Poetry”(韓) 監督:イ・チャンドン
 ・『十三人の刺客』“13 Assassins”(日) 監督:三池崇史
 ・『冷たい熱帯魚』“Cold Fish”(日) 監督:園子温
 ・『PEACE』“Peace”(米・日) 監督:想田和弘
 ・『川の底からこんにちは』“Sawako Decides”(日) 監督:石井裕也

 ・『家族コンプリート』“The Family Complete”(日) 監督:今泉浩一

画像

 ・『世界グッドモーニング!!』“Good Morning to the World!”(日) 監督:廣原暁

画像

 ・『白昼のイカロス』“Icarus Under the Sun”(日) 監督:阿部綾織、高橋那月

画像

 ◆カナディアン・イメージ部門(Canadian Images)
 最新カナダ映画特集。

 ・“Altitude”(カナダ) 監督:Kaare Andrews
 ・“Amazon Falls”(カナダ) 監督:Katrin Bowen
 ・“Breaking the Silence: Burma's Resistance”(カナダ) 監督:Pierre Mignault、Hélène Magny
 ・“Cry Rock”(カナダ) 監督:Banchi Hanuse [中編]
 ・“Curling”(カナダ) 監督:Denis Côté
 ・“A Drummer's Dream”(カナダ) 監督:John Walker
 ・“Everywhere”(カナダ) 監督:Alexis Durand-Brault
 ・“Father & Sons”(カナダ) 監督:カール・ベッサイ
 ・“Guido Superstar: The Rise of Guido”(カナダ) 監督:Silvio Pollio
 ・“Heartbeats”(カナダ) 監督:Xavier Dolan
 ・“Here I Am: Denny Doherty and The Mamas & the Papas”(カナダ) 監督:Paul Ledoux
 ・“Hope Builders”(カナダ) 監督:Fernand Dansereau
 ・“Incendies”(カナダ) 監督:デニ・ヴィルヌーヴ
 ・“Leave Them Laughing”(カナダ) 監督:John Zaritsky
 ・“Love Translated”(カナダ) 監督:Julia Ivanova
 ・“Mammalian”(カナダ) 監督:Frank Wolf [中編]
 ・“Marion Woodman: Dancing in the Flames”(カナダ) 監督:Adam Reid
 ・“Mighty Jerome”(カナダ) 監督:Charles Officer
 ・“MODRA”(カナダ) 監督:Ingrid Veninger
 ・“Mourning for Anna”(カナダ) 監督:Catherine Martin
 ・“A Night for Dying Tigers”(カナダ) 監督:Terry Miles
 ・“Repeaters”(カナダ) 監督:カール・ベッサイ
 ・“Route 132”(カナダ) 監督:Louis Belanger
 ・“Snow and Ashes”(カナダ) 監督:Charles-Olivier Michaud
 ・“Two Indians Talking”(カナダ) 監督:Sara McIntyre
 ・“Uncle Brian”(カナダ) 監督:Nick McAnulty
 ・“When the Devil Knocks”(カナダ) 監督:Helen Slinger
 ・“Whirligig”(カナダ) 監督:Chaz Thorne

 ◆スポットライト・オン・フランス部門(Spotlight on France)
 最新フランス映画の特集。

 ・『小さな山のまわりで』“Around a Small Mountain(36 vues du Pic Saint-Loup)”(仏) 監督:ジャック・リヴェット
 ・“Chicks(La vie au ranch)”(仏) 監督:Sophie Letourneur
 ・“The Counsel(L' avocat)”(仏) 監督:Cédric Anger
 ・“Dear Prudence(Belle épine)”(仏) 監督:Rebecca Zlotowski
 ・“Family Tree(L' arbre et la forêt)”(仏) 監督:オリヴィエ・デュカステル、Jacques Martineau
 ・『神々と男たち』“Of Gods and Men(Des hommes et des dieux)”(仏) 監督:グザヴィエ・ボーヴォワ
 ・“The Princess of Montpensier(La princesse de Montpensier)”(独・仏) 監督:ベルトラン・タヴェルニエ
 ・“The Sleeping Beauty(La belle endormie)”(仏) 監督:カトリーヌ・ブレイヤ

 ◆アフリカ・トゥデイ(AFRICA TODAY)

 ・“Shooting With Mursi”(英) 監督:Ben Young、Olisarali Olibui
 ・“Zanzibar Musical Club”(仏・独) 監督:Philippe Gasnier, Patrice Nezan
 ・“A Screaming Man(Un homme qui crie)”(仏・チャド・ベルギー) 監督:マハマット=サレー・ハルーン
 ・“Good Morning Africa!”(独) 監督:Chiara Sambuchi
 ・“Kinshasa Symphony”(独) 監督:Claus Wischmann、Martin Baer
 ・“A Place Without People”(ギリシャ・タンザニア) 監督:Andreas Apostolides
 ・“Bush League”(米) 監督:Cy Kuckenbaker
 ・“Raindrops Over Rwanda”(ルワンダ) 監督:Charles Annenberg Weingarten [短編]
 ・“Togetherness Supreme”(ケニア) 監督:Nathan Collett

 ◆エコロジー・オブ・マインド(Ecologies Of Mind)
 ナチュラル・ドキュメンタリー特集。
 昨年の部門タイトルは「Money & Nature」で、お金と環境に関わるドキュメンタリー作品を上映していましたが、今年は、経済関係のドキュメンタリーはこの部門からは外されたようです。

 ・“Robinson in Ruins”(英) 監督:Patrick Keiller
 ・“Severn, The Voice of Our Children”(仏) 監督:Jean-Paul Jaud
 ・“Think Global, Act Rural(Solutions locales pour désordre global)”(仏) 監督:Coline Serreau
 ・“The Eye 3D - Life and Science on Cerro Paranal(Das Auge - Leben und Forschen auf dem Cerro Paranal)”(独) 監督:Nikolai Vialkowistch [中編]
 ・“Plug & Pray”(独) 監督:Jens Schanze
 ・“Feathered Cocaine(Fálkasaga)”(アイスランド) 監督:Thorkell Hardarson、Örn Marínó Arnarson
 ・“Cities on Speed - Bogotá Change”(デンマーク) 監督:Andreas Møl Dalsgaard [中編]
 ・“Cities on Speed - Mumbai Disconnected”(デンマーク) 監督:Camilla Nielsson [中編]
 ・“Into Eternity”(デンマーク) 監督:Ron Mann [中編]
 ・“A Simple Rhythm”(カナダ) 監督:Tess Girard
 ・“An Ecology of Mind”(カナダ) 監督:Nora Bateson [中編]
 ・“Force of Nature: The David Suzuki Movie”(カナダ) 監督:Sturla Gunnarsson
 ・“In the Wake of the Flood”(カナダ) 監督:Ron Mann [中編]
 ・“The 4th Revolution - Energy Autonomy(Die 4. Revolution - Energy Autonomy)”(米・独) 監督:Carl-A. Fechner
 ・“Back to the Garden, Flower Power Comes Full Circle”(米) 監督:Kevin Tomlinson
 ・“Psychohydrography”(米) 監督:Peter Bo Rappmund [中編]
 ・“ReGENERATION”(米) 監督:Phillip Montgomery
 ・“Save the Farm”(米) 監督:Michael Kuehnert [短編]
 ・“Schooling the World: The White Man's Last Burden”(米) 監督:Carol Black [中編]
 ・“Vapor Trail (Clark)”(米) 監督:John Gianvito
 ・“Windfall”(米) 監督:Laura Israel

 ◆アーツ&レターズ部門(ARTS & LETTERS)
 建築・ダンス・絵画・音楽などのアートを題材としたドキュメンタリー作品を集めたプログラム。

 注目の作品は、いくつかありますが、日本人がらみのもので言うと、イギリス映画“Turn It Loose”はb-boyを題材としたドキュメンタリーで、主要な登場人物の1人として日本人も取り上げられているようです。


 ・“The Arbor”(英) 監督:Clio Barnard
 ・“Turn It Loose”(英) 監督:Alistair Siddons
 ・“Wagner & Me”(英) 監督:Patrick Mcgrady
 ・“The Yellow Bittern: The Life And Times Of Liam Clancy”(アイルランド) 監督: Alan Gilsenan
 ・“Checkpoint Rock: Songs From Palestine”(西) 監督:Javier Corcuera、Fermin Muguruza
 ・“Rio Sonata”(仏) 監督:Georges Gachot
 ・“Snow White”(仏) 監督:Angelin Preljocaj
 ・“I am Tony Scott. The Story of How Italy Got Rid of the Greatest Jazz Clarinetist(IO SONO TONY SCOTT, OVVERO COME L'ITALIA FECE FUORI IL PIU' GRANDE CLARINETTIST)”(伊) 監督:Franco Maresco
 ・“Dancing Dreams: Teenagers Perform “Kontakthof” By Pina Bausch”(独) 監督:Anne Linsel, Rainer Hoffman
 ・“Palimpsest”(ハンガリー) 監督:János Domokos
 ・“Daniel Schmid”(スイス) 監督:Pascal Hofmann、Benny Jaberg
 ・“Sodankylä Forever - The Century of Cinema”(フィンランド) 監督:Peter von Bagh
 ・“The Desert of Forbidden Art”(ウズベキスタン・米・ロシア) 監督:Tchavdar Georgiev、Amanda Pope
 ・“ANPO: Art × War”(米・日) 監督:リンダ・ホーグラント
 ・“American Grindhouse”(米) 監督:Elijah Drenner
 ・『バスキアのすべて』“Jean-Michel Basquiat: The Radiant Child”(米) 監督:タムラ・デイビス
 ・“Rejoice And Shout”(米) 監督:Don Mcglynn
 ・“Ride, Rise, Roar”(米) 監督:David Hillman Curtis
 ・“Strange Powers: Stephin Merritt And The Magnetic Fields”(米) 監督:Kerthy Fix, Gail O'hara
 ・“The Woodmans”(米) 監督:C. Scott Willis
 ・“Tribeca”(1980/米) 監督:Alistair Siddons [短編]

 ◆ドキュメンタリー映画2010(Nonfiction Features of 2010)
 上記の、2ジャンルのドキュメンタリー以外のドキュメンタリーを集めた部門がここになります。
 割といろんな映画祭で上映される作品もありますが、初めて見るというようなタイトルもあります。そんな中で注目される1本は、ドクター中松にスポットライトを当てたデンマーク映画“The Invention of Dr. Nakamats(Opfindelsen at Dr. Nakamats)”で、長さからするとたぶんテレビ用に製作されたものだと思いますが、そうした題材が、デンマークで興味を持たれ、映画が製作されて、日本では全く知られないまま、バンクーバーで上映されるというのが面白いところではないでしょうか。

画像

 そのほか、『白夜の時を越えて』で知られるピルヨ・ホンカサロ監督の“Ito: Diary of an Urban Priest(Seitti - kilvoittelijan päiväkirja)”は、ボクサーから浄土真宗本願寺派僧侶に転身して、夜はバーのマスターもしている藤岡善信を題材にしたドキュメンタリーです。

画像

 ・“Pink Saris”(英) 監督:キム・ロンジノット
 ・“108”(西) 監督:Renate Costa
 ・“Garbo the Spy”(西) 監督:Edmon Roch
 ・“Heart in the Wrong Place”(西) 監督:Josu Venero [短編]
 ・“The Arrivals(Les arrivants)”(仏) 監督:Claudine Bories、Patrice Chagnard
 ・“Himalaya, A Path to the Sky”(仏) 監督:Marianne Chaud [中編]
 ・“Nénette”(仏) 監督:Nicolas Philibert
 ・“Later We Care”(オランダ) 監督:Claire Pijman、Piet Oomes [中編]
 ・“Gaza Hospital”(伊) 監督:Marco Pasquini
 ・“David Wants to Fly”(独・スイス) 監督:David Sieveking
 ・“Ruhr”(独・米) 監督:James Benning
 ・“Hunky Blues: The American Dream”(ハンガリー) 監督:Péter Forgács
 ・“The Autobiography of Nicolae Ceausescu(Autobiografia lui Nicolae Ceausescu)”(ルーマニア) 監督:Andrei Ujica
 ・“A Mother's Courage - Talking Back to Autism”(アイスランド) 監督:フリドリック・トール・フリドリクソン
 ・“Armadillo”(デンマーク) 監督:Janus Metz
 ・“The Invention of Dr. Nakamats(Opfindelsen at Dr. Nakamats)”(デンマーク) 監督:Kaspar Astrup Schröder [中編]
 ・“The Red Chapel”(デンマーク) 監督:Mads Brügger
 ・“Ito: Diary of an Urban Priest(Seitti - kilvoittelijan päiväkirja)”(フィンランド) 監督:ピルヨ・ホンカサロ(Pirjo Honkasalo)
 ・“Russian Lessons”(ロシア) 監督:Andrei Nekrasov、Olga Konskaya
 ・“A Film Unfinished”(イスラエル) 監督:Yael Hersonski
 ・“Precious Life”(イスラエル) 監督:Shlomi Eldar
 ・“September 12”(トルコ) 監督:Özlem Sulak [中編]
 ・“The Cure Women”(イラン) 監督:Keivan Majidi [短編]
 ・『ブンミおじさん』“Uncle Boonmee Who Can Recall His Past Lives”(タイ・英・独・仏・西) 監督:アピチャッポン・ウィーラセタクン
 ・“In My Father's Country”(オーストラリア) 監督:Tom Murray
 ・“Mogadishu Dreaming”(オーストラリア) 監督:Lesley Brangan [短編]
 ・“Sunrise”(オーストラリア・カンボジア) 監督:Platon Theodoris [短編]
 ・“Get Out of the Car”(カナダ) 監督:Thom Andersen [中編]
 ・“5 Variations on a Long String”(米) 監督:Peter Esmonde [中編]
 ・“Bhutto”(米) 監督:Duane Baughman、Johnny O'Hara
 ・“Family Affair”(米) 監督:Chico Colvard
 ・“Foreign Parts”(米) 監督:Verena Paravel、J. P. Sniadecki
 ・“Hell Roaring Creek”(米) 監督:Lucien Castaing-Taylor [短編]
 ・“The Indian Boundary Line”(米) 監督:Thomas Comerford [中編]
 ・“Ingelore”(米) 監督:Frank Stiefel [中編]
 ・“Inside Job”(米) 監督:チャールズ・ファーガソン
 ・“Into the Wind”(米・カナダ) 監督:Steve Nash、Ezra Holland [中編]
 ・“Lucky”(米) 監督:Jeffrey Blitz
 ・“Los Maravillistas”(米) 監督:Richard O'Connell [短編]
 ・“PLASTICITY 3D”(米) 監督:Ryan Suits [短編]
 ・“Stonewall Uprising”(米) 監督:Kate Davis、David Heilbroner
 ・“The Two Escobars”(米・コロンビア) 監督:Jeff Zimbalist、Michael Zimbalist
 ・“The Yellow Bank”(米・中) 監督:J. P. Sniadecki [短編]
 ・“Defiant Brasilia(Avenida Brasilia formosa)”(ブラジル) 監督:Gabriel Mascaro
 ・“Secrets of the Tribe”(ブラジル) 監督:ジョゼ・パジーリャ(José Padilha)
 ・“Nostalgia for the Light”(チリ) 監督:Patricio Guzmán

 ※「我らの時代の映画」部門、カナディアン・イメージ部門、ドラゴン&タイガー部門の3部門に関しては、短編作品は割愛させていただきました。(全部あわせるとたぶん100本くらいになります。)

--------------------------------

 長編日本映画は、ドラゴン&タイガー部門で上映される7作品ですが、そのほかにも(上で紹介した作品のほかにも)日本映画や日本がらみの作品はいろいろあります。

 ◆ドラゴン&タイガー部門 短編作品
 ・『aramaki』(日) 監督:平林勇

 ・『Experiment for Animated Graphic Score』(日) 監督:吉田悠

 ・『わからないブタ』“In a Pig’s Eye”(日) 監督:和田淳

 ・『PATTERNS』(日) 監督:佐藤義尚

 ・『shikasha』(日) 監督:平林勇

 ・『ガクセイプロレスラー』“The Student Wrestler”(日) 監督:今成夢人

 ◆カナディアン・イメージ部門
 ・“Henry's Glasses”(カナダ) 監督:Brendan Uegama
 戦時中の日系カナダ人収容所を舞台にした短編映画。


 ・“Junko's Shamisen”(カナダ) 監督:Sol Friedman
 盲目の三味線引きによって語られる江戸時代の復讐譚(短編作品)。


 ・“Sapporo Project”(カナダ) 監督:マリー=ホセ・サン=ピエール(Marie-Josee Saint-Pierre)
 2008年にS-AIRの招聘によりアーティストインレジデンスとして札幌に滞在したマリー=ホセ・サン=ピエール監督が、北海道を代表する書家・樋口雅山房とトンコリ奏者OKIの音楽を取り入れて、制作した短編アニメーション作品。


 ◆「我らの時代の映画」部門
 ・“Littlerock”(米) 監督:Mike Ott
 日本人旅行者を主人公にした物語。
 物語:アツコは、車のトラブルによって、カリフォルニア州のリトルロックに足止めされてしまう。しかし、リトルロックに暮らす人々のあくせくしない生き方に魅了されて、言葉も通じないながら、その地に腰を落ち着けることにする。
 主演はOkatsuka Atsukoという方で、監督のMike Ottは、これまでミュージック・ビデオを手がけている監督さんだそうです。


 そのほか、東京国際映画祭2010でも上映されるウー・ミンジン監督の『タイガー・ファクトリー』は、早稲田大学大学院国際情報通信研究科・安藤紘平研究室で学ぶマレーシア人留学生、エドモンド・楊さんが企画・脚本などを手掛けた作品で、安藤研究室とマレーシア・グリーンライトピクチャーズの共同で製作され、今年のカンヌ国際映画祭監督週間にも出品されています。


--------------------------------

 *この記事がなかなかよかった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事
 ・映画祭&映画賞カレンダー 2010年5月~2011年2月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201005/article_23.html

 追記:
 バンクーバー国際映画祭2010 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201010/article_27.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック