トロント国際映画祭2010 ラインナップ第3弾発表!

 トロント国際映画祭2010のラインナップ第3弾が発表になりました。

 今回はカナダからのエントリー作品の発表で、9部門で、全64作品あります。

 昨年のカナダ映画の話題をさらった“恐るべき子供”Xavier Dolanの新作(カンヌで披露済みですが)や、昨年の東京国際映画祭で観客賞を受賞したジェイコブ・ティアニーの新作(ワールド・プレミア)、日本でも作品が紹介されているデニ・ヴィルヌーヴやカール・ベッサイなどの作品もあります。

 個人的に観てみたいと思うのは、ブルース・マクドナルドの新作です。この作品は、何か賞を獲る可能性もありそうですが、賞を獲ったら日本での上映の可能性も出てくるでしょうか。

--------------------------------

 【CANADA FIRST!】

 ・“Daydream Nation”(ブリティッシュ・コロンビア州) 監督:Mike Goldbach [ワールド・プレミア]

 ・“Amazon Falls”(ブリティッシュ・コロンビア州) 監督:Katrin Bowen [ワールド・プレミア]

 ・“High Cost of Living”(ケベック州) 監督:Deborah Chow [ワールド・プレミア]

 ・“Jaloux”(ケベック州) 監督:Patrick Demers [北米プレミア]

 ・“Oliver Sherman”(オンタリオ州) 監督:Ryan Redford [ワールド・プレミア]

 ・“You Are Here”(オンタリオ州) 監督:Daniel Cockburn [北米プレミア]

 【CANADIAN OPEN VAULT】

 ・“A Married Couple”(1969/カナダ) 監督:Allan King [修復版]

 【CONTEMPORARY WORLD CINEMA】

 ・“À l’origine d’un cri(Crying Out)”(カナダ) 監督:Robin Aubert [ワールド・プレミア]
 物語:ある家族の三世代の男たちが車でケベック州の田舎を旅する。

画像

 ・“MODRA”(カナダ) 監督:Ingrid Veninger [ワールド・プレミア]
 物語:ティーンエイジャーの自己発見の旅。自由な精神の持ち主のレコは、最近沈みがちなリナを誘って、スロヴァキアのModraに住む遠い親戚を訪ねる。

画像

 ・“A Night for Dying Tigers”(カナダ) 監督:Terry Miles [ワールド・プレミア]
 出演:ジェニファー・ビールス、Gil Bellows、Kathleen Roberston、Lauren Lee Smith、Tygh Runyon、John Pyper-Ferguson
 物語:ジャックは、5年間の刑務所服役が決まっているが、その前に晩にさよならパーティーを開いてもらう。好意で開かれたその会は、後悔の吐露から始まり、その反動が来て、さらに暴露大会へと変わる……。

画像

 ・“Route 132”(カナダ) 監督:Louis Bélanger [カナダ・プレミア]
 物語:愛する者を失った者が旅に出て、悲しみを忘れ、自分のルーツを探す。

画像

 ・“Small Town Murder Songs”(カナダ) 監督:Ed Gass-Donnelly [ワールド・プレミア]
 出演:ピーター・ストーメア、Jill Hennessy、Aaron Poole、マーサ・プリンプトン
 抑圧と不信を描くギリシャ悲劇に官能と信仰と伝統をミックスしたような作品。

画像

 【GALA PRESENTATIONS】

 ・“A Beginners Guide to Endings”(カナダ) 監督:Jonathan Sobol [ワールド・プレミア]
 出演:スコット・カーン、Paolo Costanzo、ウェンディ・クルーソン(Wendy Crewson)、トリシア・ヘルファー(Tricia Helfer)、Jason Jones、J・K・シモンズ
 ギャンブラーの父親が残したちょっとわけありの財産と3人の息子の物語。

画像

 【MIDNIGHT MADNESS】

 ・“Fubar II”(カナダ) 監督:Michael Dowse [ワールド・プレミア] [オープニング・ナイト]
 物語:テリーとディーンが一攫千金と1杯のビールにありつくためにアルバータの油田地帯に向かう。
 2002年にヒットしたカルト・コメディー“Fubar”の続編。

画像

 【REAL TO REEL】

 ・“How to Start Your Own Country”(カナダ) 監督:Jody Shapiro [ワールド・プレミア]
 極小国家(micro-nations)について、ユーモアと同情を交えつつ、国家や市民権に関する概念の分析も含めて、まじめに考察する。

 ・“The Man of a Thousand Songs”(カナダ) 監督:William D. MacGillivray [ワールド・プレミア]
 伝説的なソング・ライターRon Hynes(1950- )の半生についてのドキュメンタリー。

画像

 【SPECIAL PRESENTATIONS】

 ・“Force of Nature: The David Suzuki Movie”(カナダ) 監督:Sturla Gunnarsson [ワールド・プレミア]
 75歳にして、いっこうに衰えを見せない環境保護活動家のDavid Suzukiに関するドキュメンタリー。

画像

 ・“Good Neighbours”(カナダ) 監督:ジェイコブ・ティアニー [ワールド・プレミア]
 出演:スコット・スピードマン(Scott Speedman)、エミリー・ハンプシャー(Emily Hampshire)、Jay Baruchel
 物語:ルイーズは、全然客の来ない中華料理店のウェイトレスで、病気がちのネコと暮らしていた。同じアパートに住むスペンサーは彼女の唯一の友人で、車椅子で生活している男やもめだった。そこに小学校教師ヴィクターが引っ越してくる。彼は、これまでルイーズやスペンサーが気にもとめなかったこと、近隣で起こった未解決の殺人事件に興味を示す……。
 東京国際映画祭2009で観客賞を受賞したジェイコブ・ティアニーの最新作。

画像

 ・“Incendies”(カナダ) 監督:デニ・ヴィルヌーヴ [北米プレミア]
 出演:ルブナ・アザバル(Lubna Azabal)、Mélissa Désormeaux-Poulin、Maxim Gaudette、レミー・ジラール(Rémy Girard)
 物語:母の最後の望みは、双子のジャンとシモンに、彼らのルーツであるレバノンに旅させることであった。
 Wajdi Mouawadの舞台劇の映画化。
 ベネチア国際映画祭2010 ベネチア・デイズ出品。

画像

 ・“Les amours imaginaires (Heartbeats)”(カナダ) 監督:Xavier Dolan [カナダ・プレミア]
 出演:Xavier Dolan、Niels Schneider、Monia Chokri
 物語:友人どうしのフランシス(Xavier Dolan)とマリーは、ともに同じ相手ニコラスを好きになる。この瞬間から、この3人には奇妙な三角関係が生まれ、互いが互いを疑い、牽制し合う関係になる。
 カンヌ国際映画祭2010 ある視点部門出品。

画像

 ・“Repeaters”(カナダ) 監督:カール・ベッサイ [ワールド・プレミア]
 物語:主人公は、リハビリ・センターに収容されている3人の中毒患者。毎日毎日同じことの繰り返しに飽き飽きした彼らは……。

画像

 ・“Trigger”(カナダ) 監督:ブルース・マクドナルド [ワールド・プレミア]
 出演:モーリー・パーカー、トレイシー・ライト、サラ・ポーリー、ドン・マッケラー、カラム・キース・レニー
 物語:かつて女性デュオのロック・バンドを組んでいた2人が、解散後、10年以上経って、再会し、友情を確かめ合い、ロックへの思いを再熱させる。
 2010年6月に亡くなったトレイシー・ライトの遺作(の1つ)。彼女にとっての出世作はブルース・マクドナルドの『ハイウェイ61』でした。

画像

 【VISIONS】

 ・“Curling”(カナダ) 監督:Denis Côté [北米プレミア]
 物語:ジャン・フランソワは、長くシングル・ファーザーを続けている。しかし、ある出来事が起こって、12歳の娘とのバランス関係が危うくなる。
 ロカルノ国際映画祭2010 インターナショナル・コンペティション部門出品。

画像

 ・“Trois temps après la mort d'Anna”(カナダ) 監督:Catherine Martin [カナダ・プレミア]
 物語:愛する娘が死んで、母フランソワーズは故郷の地に引きこもってしまう。しかし、旧友がやってきて、彼女に生きる希望を取り戻させようとする。
 カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭2010 コンペティション部門出品。

画像

 【SHORT CUTS CANADA】

 ・“Above The Knee”(オンタリオ州) 監督:Greg Atkins
 ・“The Adder’s Bite”(オンタリオ州) 監督:Firas Momani
 ・“Animal Control”(オンタリオ州) 監督:Kire Paputts
 ・“The Camera and Christopher Merk”(オンタリオ州) 監督:Brandon Cronenberg
 ・“Champagne”(オンタリオ州) 監督:Hans Olson
 ・“The Closer You Get to Canada”(ブリティッシュ・コロンビア州) 監督:John Bolton
 ・“Eggcellent”(オンタリオ州) 監督:Martin Sokol
 ・“File Under Miscellaneous”(ケベック州) 監督:Jeff Barnaby
 ・“A Fine Young Man”(ブリティッシュ・コロンビア州) 監督:Kevan Funk
 ・“Les fleurs de l’âge”(ケベック州) 監督:Vincent Biron
 ・“Green Crayons”(オンタリオ州) 監督:Kazik Radwanski
 ・“The High Level Bridge”(アルバータ州) 監督:Trevor Anderson
 ・“Home: Life Advice”(オンタリオ州) 監督:Aaron Phelan
 ・“How To Rid Your Lover Of A Negative Emotion Caused By You!”(オンタリオ州) 監督:Nadia Litz
 ・“Interregnum”(オンタリオ州) 監督:Nick Fox-Gieg
 ・“The Legend Of Beaver Dam”(ケベック州) 監督:Jerome Sable
 ・“Lipsett Diaries”(ケベック州) 監督:セオドア・ウシェフ
 ・“Living History”(オンタリオ州) 監督:Isaac Cravit
 ・“Love. Marriage. Miscarriage.”(オンタリオ州) 監督:Darragh McDonald
 ・“Manèges”(ケベック州) 監督:Sophie Goyette
 ・“Marius Borodine”(ケベック州) 監督:Emanuel Hoss-Desmarais
 ・“La Métropolitaine”(ケベック州) 監督:Dan Popa
 ・“Mokhtar”(ケベック州) 監督:Halima Ouardiri
 ・“Negativipeg”(マニトバ州) 監督:Matthew Rankin
 ・“The Old Ways”(オンタリオ州) 監督:Michael Vass
 ・“On The Way To The Sea”(ケベック州) 監督:Tao Gu
, ・“Open Window”(オンタリオ州) 監督:Cam Woykin
 ・“Poudre”(ケベック州) 監督:Ky Nam Le Duc
 ・“Le Projet Sapporo”(ケベック州) 監督:Marie-Josee Saint-Pierre
 ・“Sad Bear”(ブリティッシュ・コロンビア州) 監督:Liz Van Allen Cairns、Joe LoBianco
 ・“Les Softies”(オンタリオ州) 監督:Emmanuel Shirinian、Russell Bennett
 ・“Sophie Lavoie”(ケベック州) 監督:Anne Émond
 ・“The Trenches”(ケベック州) 監督:Claude Cloutier
 ・“Tsunami, Horses and Civilization”(オンタリオ州) 監督:Carla Susanto
 ・“Turkey”(オンタリオ州) 監督:Sara St. Onge
 ・“Vapor”(ケベック州) 監督:Kaveh Nabatian
 ・“Wapawekka”(オンタリオ州) 監督:Danis Goulet
 ・“Warchild”(マニトバ州) 監督:Caroline Monnet
 ・“Woman Waiting”(ブリティッシュ・コロンビア州) 監督:Antoine Bourges
 ・“Yesno”(オンタリオ州) 監督:Brian D. Johnson

--------------------------------

 *この記事がなかなかよかった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事
 ・トロント国際映画祭2010 ラインナップ第1弾:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201007/article_28.html
 ・トロント国際映画祭2010 ラインナップ第2弾(ドキュメンタリー):http://umikarahajimaru.at.webry.info/201008/article_2.html
 ・トロント国際映画祭2010 ラインナップ第4弾:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201008/article_8.html
 ・トロント国際映画祭2010 ラインナップ第5弾:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201008/article_10.html
 ・トロント国際映画祭2010 ラインナップ第6弾:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201008/article_11.html
 ・トロント国際映画祭2010 ラインナップ第7弾:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201008/article_12.html
 ・トロント国際映画祭2010 全タイトル・リスト:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201008/article_13.html

 ・映画祭&映画賞カレンダー 2010年5月~2011年2月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201005/article_23.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック