コンペティション以外 ベネチア国際映画祭2010 ラインナップ!

 ◆アウト・オブ・コンペティション部門

 追悼上映、トリビュート・プログラム、審査員の作品、コンペ部門出品監督の関連作品、3D映画など、盛りだくさんな内容で構成。

 ・“Lope”(西・ブラジル) 監督:Andrucha Waddington
 出演:ソニア・ブラガ、レオノール・ワトリング、ルイス・トサル、アルベルト・アマン、ピラール・ロペス・デ・アジャラ
 スペインの著名な劇作家で詩人のロペ・デ・ヴェガ(1562-1635)の物語。
 物語:ロペが、戦争からマドリッドに戻ってくる。彼がすぐに足を向けた先は、マドリッドで最も重要な劇場で、彼はすぐにボスの娘にちょっかいを出して、マドリッドにいられなくなる。

 ・“Vittorio racconta—Una vita da Mattatore”(伊) 監督:Giancarlo Scarchilli [オマージュ・トゥ・ヴィットリオ・ガスマン]

 ・“Sorelle Mai”(伊) 監督:マルコ・ベロッキオ
 出演:Donatella Finocchiaro、Pier Giorgio Bellocchio、Maria Luisa Bellocchio、Letizia Bellocchio、Elena Bellocchio、アルバ・ロルヴァケル
 物語:1999年から2008年まで、エレナの5歳から13歳までを6つのエピソードで語る。
 ベロッキオの故郷ボッビオで、ベロッキオ自身の2人の姉ら実際の身内を起用し、エレナの成長に合わせて、撮影された。

 ・“Niente Paura—Come siamo come eravamo e le canzoni di Luciano Ligabue”(何も恐れない、我々がこれまでそうであったように または、ルチアーノ・リガブーエの歌)(伊) 監督:Piergiorgio Gay [ドキュメンタリー]
 出演:ルチアーノ・リガブーエ、カルロ・ヴェルドーネ、Fabio Volo、パオロ・ロッシ
 人気歌手ルチアーノ・リガブーエと彼の観客を通して、イタリアという社会を映し出すドキュメンタリー。

 ・“Dante Ferretti—Production Designer”(伊) 監督:Gianfranco Giagni
 フェリーニ、パゾリーニ、フェレーリから、スコセッシの一連の近作までを手がける美術監督ダッテ・フェレッティについてのドキュメンタリー。

 ・“Notizie degli Scavi”(掘り出し物のニュース)(伊) 監督:Emidio Greco

 ・“Gorbaciof”(ゴルバチョフ)(伊) 監督:Stefano Incerti
 出演:トニ・セルヴィッロ、Salvatore Ruocco、ネッロ・マーシャ、Mi Yang
 物語:前頭部が赤いことからそういうあだ名された会計士“ゴルバチョフ”は、刑務所で働いていて、ナポリ中のことに通じていた。彼らは、若い娘リラを助け、守ることに決める。

画像

 ・“Sei Venezia”(あなたはベニスだ)(伊) 監督:カルロ・マッツァクラティ

 ・“Vallanzasca - Gli angeli del male”(悪の天使ヴァランザスカ)(伊) 監督:ミケーレ・プラチド
 出演:キム・ロッシ・スチュアート、パス・ベガ、モーリッツ・ブライプトロイ、フィリッポ・ティーミ、Francesco Scianna
 窃盗、強盗、侵入、殺人などの罪を犯し、懲役260年の刑を宣告されているミラノのマフィア、Renato Vallanzascaの半生を描く。

 ・“All Inclusive 3D”(伊・オーストリア) 監督:Nadia Ranocchi、David Zamagni

 ・“1960”(伊) 監督:ガブリエーレ・サルヴァトレス
 1960年についてのドキュメンタリー。

 ・“La prima volta a Venezia”(伊) 監督:Antonello Sarno

 ・“L’ultimo Gattopardo: Ritratto di Goffredo Lombardo”(最後の豹:ゴッフレード・ロンバルドの肖像)(伊) 監督:ジュゼッペ・トルナトーレ
 50年代~60年代にかけて活躍したイタリアの映画プロデューサー、ゴッフレード・ロンバルドについてのドキュメンタリー。

 ・“Passione”(伊) 監督:ジョン・タトゥーロ
 出演:Fiorello、Peppe Barra、Massimo Ranieri、Lina Sastri、Peppe Servillo
 ミュージカルのルーツとナポリの歴史をテーマにした作品。

画像

 ・“Prežít Svuj Život (Surviving Life)”(チェコ・スロヴァキア) 監督:ヤン・シュヴァンクマイエル
 現実世界と夢の中とで二重生活を送っている主人公の物語。

 ・“That Girl in Yellow Boots”(インド) 監督:アヌラーグ・カシヤプ(Anurag Kashyap)
 物語:ルースは父親を捜している。父親のことはほとんど覚えていないが、忘れることもできない。やけくそになった彼女は、マッサージ・パーラーで、欲求不満の男たちに“ハッピーエンド”を与えたりもする。彼女がなんとか独りでやっていこうとしているムンバイは、人種のるつぼで、ふとすると自分の居場所もみつけられなくなる。街の迷宮に飲み込まれてしまいそうになるのだ。

 ・“Raavan”(インド/タミル語版) 監督:マニラトナム
 出演:アビシェーク・バッチャン、アイシュワリヤ・ライ、ゴーヴィンダ
 物語:盗賊のリーダーが、彼の妹を殺した警官の妻を誘拐する。しかし、彼女のことを愛してしまう。

画像

 ・“The Return of Chen Zhen(精武風雲)”(中・香港) 監督:アンドリュー・ラウ [オープニング・ナイト/ブルース・リー トリビュート]
 出演:ドニー・イェン、スー・チー、アンソニー・ウォン、倉田保昭
 物語:1920年代の上海。陳真は、師匠を殺された恨みを晴らすべく、蛇口道場へ向かい、銃弾を浴びながらも、伝説の空中蹴りを使って、憎き日本人を皆殺しにする。それから数年後、陳真は死んだと思われていたが、変装して戻って、悪の帝国内に潜入し、この国に蔓延している病根を一網打尽にしようとする。

画像

 ・“Showtime(用心跳/Yongxin Tiao)”(中) 監督:スタンリー・クワン
 出演:カリーナ・ラウ、レオン・カーファイ、フー・ジュン、ホアン・レイ
 上海を舞台にしたミュージカル・コメディー。

画像

 ・“The Child’s Eye 3D”(中・香港) 監督:オキサイド&ダニー・パン
 出演:エレイン・コング、レイニー・ヤン、ショーン・ユー、ラム・カートン、Izz Xu
 物語:タイの反政府活動のおかげで、バンコク空港が封鎖されて、6人の香港の旅行者が、古いホテルに足止めをくらう。そのホテルでは、奇妙な3人の子供たちと子犬の姿を見かけたりしていたが、やがて次々とおかしなことが起こり、6人の旅行者の中から、1人また1人と姿を消していく……。
 香港初の3Dホラー。

画像

 ・“Space Guy(Taikong Xia 3D)”(中) 監督:チャン・ユアン
 チャン・ユアン監督による3D映画で、11分の作品という情報もあります。

 ・『ゼブラーマン』 “Zebraman”(2004/日) 監督:三池崇史

 ・『ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲』“Zebraman 2: Attack on Zebra City”(日) 監督:三池崇史

 ・『戦慄迷宮3D』“Shock Labyrinth 3D”(日) 監督:清水崇

 ・“Machete”(米) 監督:ロバート・ロドリゲス、Ethan Maniquis [オープニング・ナイト ミッドナイト・ムービー]
 出演:ダニー・トレホ、ミシェル・ロドリゲス、ジェシカ・アルバ、ロバート・デニーロ、リンジー・ローハン、スティーヴン・セガール、ドン・ジョンソン
 物語:マチェットは、上院議員暗殺の仕事を請け負う。しかし、いざ上院議員を撃とうとした時になって、彼を狙うスナイパーがいることに気づく。彼は、自分を罠にはめようとした者がいることを知って、復讐を誓う。
 ロバート・ロドリゲス作品の常連で、B級映画、C級映画を問わず、200本近い映画に脇役、悪役で出演しているダニー・トレホを主役に据えたアクション映画。

画像

 ・“The Tempest”(米) 監督:ジュリー・テイモア [クロージング・ナイト・フィルム]
 出演:ヘレン・ミレン、ラッセル・ブランド、アルフレッド・モリーナ、ジャイモン・ハンスゥ、クリス・クーパー、デイヴィッド・ストラザーン、ベン・ウィショウ、フェリシティ・ジョーンズ、トム・コンティ
 物語:16~17世紀。プロスペラ(ヘレン・ミレン)は、弟に権力を奪われて、4歳の娘ともども、船で追放される。船は、何もない孤島に流れ着く……。
 シェークスピアの『テンペスト』の、プロスペローを男性から女性に変えて、映画化した作品。(孤島に流れ着いた後、母親的キャラクターから父親的キャラクターに変わるという趣向だそうです。)

画像

 ・“The Town”(米) 監督:ベン・アフレック
 出演:ベン・アフレック、ジェレミー・レナー、ピート・ポスルスウェイト、ジョン・ハム、ブレイク・リブリー、レベッカ・ホール、クリス・クーパー
 物語:ダグ(ベン・アフレック)は、ボストンの銀行強盗一味のリーダーだった。しかし、彼らが、銀行のマネージャー、クレアを人質に取り、しかも、ダグが彼女に恋してしまったことからすべてが変わってしまう。彼は、仲間を裏切るのか、恋した女を諦めるのか、究極の選択を迫られることになる。

画像

 ・“I’m Still Here: the Lost Year of Joaquin Phoenix”(米) 監督:ケイシー・アフレック
 出演:ホアキン・フェニックス、ケリー・コフィー、Geoff Koch、ウェイン・カークパトリック、キャロリン・ドーン・ジョンソン
 前途有望な俳優としてのキャリアを捨てて、ラッパーに転身したホアキン・フェニックスについてのドキュメンタリー(モキュメンタリー?)。
 タイトルは、おそらく、『アイム・ノット・ゼア』のもじり。

 ・『ラスト・ムービー』“The Last Movie”(1971/米) 監督:デニス・ホッパー

 ・“A Letter to Elia”(米) 監督:マーティン・スコセッシ、Kent Jones
 エリア・カザンについてのドキュメンタリー。

 ◆Controcampo Italiano(イタリア映画部門)

 ・“Lost Kisses”(伊) 監督:Roberta Torre
 ・“20 Sigarette”(伊) 監督:Aureliano Amadei
 ・“Il Primo Incarico”(伊) 監督:Giorgia Cecere
 ・“A Woman”(伊) 監督:Giada Colagrande
 ・“Tajabone”(伊) 監督:Salvatore Mereu
 ・“Ma che storia”(伊) 監督:Gianfranco Pannone
 ・“Into Paradiso”(伊) 監督:Paola Randi

 ◆Controcampo Italiano Shorts(イタリア短編映画部門)

 ・“Come un soffio”(伊) 監督:Michela Cescon
 ・“Sposero Nichi Vendola”(伊) 監督:Andrea Costantino
 ・“Bassa Marea”(伊) 監督:Roberto De Paolis
 ・“Achille”(伊) 監督:Giorgia Farina
 ・“Niente Orchidee”(伊) 監督:Simone Godano、Leonardo Godano

 ◆Controcampo Italiano Out of Competition(イタリア映画 アウト・オブ・コンペティション部門)

 ・“Tarda Estate”(伊) 監督:Antonio Di Trapani
 ・“Il Loro Natale”(伊) 監督:Gaetano Di Vaio
 ・“Ward 54”(伊) 監督:Monica Maggioni
 ・“Flaiano: il meglio e passato”(伊) 監督:Gianfranco Rolandi、Steve Della Casa
 ・“Se hai una montagna di neve, tienila all’ombra”(伊) 監督:Elisabetta Sgarbi、 Eugenio Lio
 ・“Fughe e approdi”(伊) 監督:Giovanna Taviani

 ◆Orizzonti部門

 ドキュメンタリー、中・短編作品を含め、世界の新しいトレンドを紹介する部門。

 ・“The Nine Muses”(英・ガーナ) 監督:John Akomfrah [ドキュメンタリー]

 ・“Robinson in Ruins”(英) 監督:Patrick Keiller [ドキュメンタリー]

 ・“A Espada e a Rosa”(ポルトガル・仏) 監督:João Nicolau

 ・“Caracremada”(西) 監督:Lluís Galter

 ・“Guest”(西) 監督:ホセ・ルイス・ゲリン [ドキュメンタリー]
 ホセ・ルイス・ゲランが招待された20カ国以上の外国を巡る旅の記録。

 ・“Sleeping Beauty(La Belle aux Bois Dormant)”(仏) 監督:カトリーヌ・ブレイヤ [オープニング作品]
 出演:Carla Besnaïnou、Kérian Mayan、Julia Artamonov 、David Chausse
 『青髭』に続いて、カトリーヌ・ブレイヤが贈るシャルル・ペロー原作の映画化作品『眠れる森の美女』。

 ・“Dharma Guns”(仏・ポルトガル) 監督:F. J. Ossang

 ・“El Sicario Room 164”(仏・伊) 監督:Gianfranco Rosi

 ・“The Forgotten Space”(オランダ・オーストリア) 監督:Noel Burch、Allan Sekula

 ・“Per questi stretti morire (ovvero cartografia di una passione)”(伊) 監督:Giuseppe Gaudino、Isabella Sandri

 ・“Malavoglia”(伊) 監督:パスクァーレ・シメカ(Pasquale Scimeca)

 ・“Nainsukh”(スイス・インド) 監督:Amit Dutta

 ・“When We Were Communists”(レバノン・仏・UAE) 監督:Maher Abi Samra [ドキュメンタリー]

 ・“Reconstructing Faith(西方去此不远)”(中) 監督:ホァン・ウェンハイ(黄文海/Huang Wenhai) [ドキュメンタリー]
 湖南岳陽市で活動する、身障者や独り暮らしの老人を支援するNGO団体に関するドキュメンタリー。

 ・“Oki's Movie”(韓) 監督:ホン・サンス [クロージング作品]
 出演:イ・ソンヨン、チョン・ユミ、ムン・ソングン
 チョン・ユミ演じる映画学校の学生が監督を務める映画に関する物語。

画像

 ・“Anti Gas Skin”(韓) 監督:Kim Gok 、Kim Sun

 ・『冷たい熱帯魚』“Cold Fish”(日) 監督:園子温
 出演:吹越満、黒沢あすか、神楽坂恵、でんでん
 「実際に起きたいくつかの連続猟奇殺人事件からインスパイアされた人間の狂気と極限の愛を紡ぎ上げた『愛のむきだし』に続く作品。家庭不和の中、熱帯魚店を営む主人公が、ある日であった同業者の手伝いをするうちに、想像を絶する猟奇殺人事件に巻き込まれていく。」

画像

 ・“News from Nowhere”(米) 監督:ポール・モリセイ
 出演:Demian Gabriel、Viva Hoffman、Nicole Laliberte、Olga Liriano

 ・“Verano de Goliat”(メキシコ・カナダ) 監督:Nicolás Pereda

 ・“Jean Gentil”(ドミニコ・メキシコ・独) 監督:Laura Amelia Guzman、Israel Cardenas

 ・“Zelal”(エジプト・仏) 監督:Marianne Khoury、Mustapha Hasnaoui [ドキュメンタリー]

 [Orizzonti 中編&短編]

 ・“The Futurist”(英/4分) 監督:Emily Richardson [実験映画]

 ・“Better Life(Ten Thousand Waves)”(英・中/55分) 監督:アイザック・ジュリアン
 出演:マギー・チャン、チャオ・タオ、ヤン・フートン
 イギリスのモーカム湾の惨事に、媽祖が海から漁師たちを救う「湄洲島物語」を結びつけた物語で、マギー・チャンが媽祖を演じる。

画像

 ・“Painéis de São Vicente de Fora, Visão Poética”(ポルトガル/16分) 監督:マノエル・デ・オリヴェイラ
 出演:Ricardo Trepa、Diogo Dòria
 15世紀のポルトガルの画家ヌーノ・ゴンサルヴェスの描いた『サン・ヴィセンテの祭壇画』をモチーフとした作品。Serralves Foundationの文化プロジェクト20周年を記念して制作が依頼された。

 ・“The Life and Death of Henry Darger(Lif Og Daudi Henry Darger)”(仏・アイスランド/6分) 監督:Bertrand Mandico

 ・“Diane Wellington”(仏/15分) 監督:Arnaud des Pallières [実験映画]

 ・“Les Barbares”(仏/5分) 監督:Jean Gabriel Périot [実験映画]

 ・“La linea generale”(仏/16分) 監督:Oleg Tcherny [実験映画]

 ・“Fading”(仏/58分) 監督:Olivier Zabat [ドキュメンタリー/実験映画]

 ・“Stardust”(ベルギー/20分) 監督:Nicolas Provost

 ・“Il Capo”(伊/15分) 監督:Yuri Ancarani [ドキュメンタリー]

 ・“Non si può nulla contro il vento”(伊/6分) 監督:Flatform [実験映画]

 ・“Future Archaeology”(伊・独/20分) 監督:Armin Linke、Francesco Mattuzzi [ドキュメンタリー]

 ・“Atom”(独/30分) 監督:Markus Loeffler、Andrée Korpys [実験映画]

 ・“The External World”(独/15分) 監督:デイヴィッド・オライリー [アニメーション]

 ・“Shadow Cuts”(オーストリア/5分) 監督:Martin Arnold [実験映画]

 ・“Mouse Palace”(オーストリア/10分) 監督:Harald Hund、Paul Horn [実験映画]

 ・“The Future will not be Capitalist”(オーストリア/19分) 監督:Sasha Pirker [ドキュメンタリー]

 ・“Coming Attractions”(オーストリア/25分) 監督:Peter Tscherkassy [実験映画]

 ・“Casus Belli”(ギリシャ/11分) 監督:Georgios Zois

 ・“How to pick Berries”(フィンランド/19分) 監督:Elina Talversaari [ドキュメンタリー]

 ・“The Death of an Insect(Erään Hyönteisen Tuho)”(フィンランド/7分) 監督:Hannes Vartianen、Pekka Veikkolainen [実験映画]

 ・“On Rubiks' Road”(ラトヴィア/30分) 監督:Laila Pakalnina [ドキュメンタリー]

 ・“Weak Rot Front(Slabyj Rot Front)”(ロシア/12分) 監督:Victor Alimpiev [実験映画]

 ・“Inspiration(Voodhushevlenie)”(ロシア/45分) 監督:Galina Myznikova、Sergey Provorov [実験映画]

 ・“Diamonds(Brilianty)”(ロシア/26分) 監督:Rustam Khamdamov

 ・“Out(Tse)”(イスラエル/35分) 監督:Roee Rosen

 ・“720 Degrees”(バングラデシュ/5分) 監督:Ishtiaque Zico

 ・“Woman I”(タイ/20分) 監督:Nuntanat Duangtisarn

 ・“Four Seasons(Nok Ka Mhin)”(タイ/11分) 監督:Chaisiri Jiwarangsan

 ・“Crust(壳/Qiao)”(中/13分) 監督:ホァン・ウェンハイ(黄文海/Huang Wenhai) [ドキュメンタリー]

 ・“Red Earth”(中・香港・オーストラリア/21分) 監督:クララ・ロー
 出演:ダニエル・ウー
 香港国際映画祭の求めに応じて制作された、環境問題に焦点を当てた未来的なラブストーリー。

画像

 ・“21 Grams”(中/29分) 監督:Xun Sun [アニメーション]

 ・『春のしくみ』“Mechanic of Spring(Haru No Shikumi)”(日/5分) 監督:和田淳 [アニメーション]
 「誰でも一年に一度はおそわれるという春のうずうず感。気にはなっていたけれど、どこかで見ないふりをしていた春のうずうず感。このうずうず感のメカニズムの解明に果敢に挑戦する。」
 2008年に2分55秒の同タイトルの作品が発表されていますが、それの5分バージョンということでしょうか。

画像

 ・“Cold Clay, Emptiness...”(ニュージーランド/7分) 監督:SJ Ramir [実験映画]

 ・“House”(米/7分) 監督:Doug Aitken

 ・“The Agent”(米/12分) 監督:ヴィンセント・ギャロ

 ・“Magic for Beginners”(米/20分) 監督:Jesse McLean [実験映画]

 ・“Man in a Room”(米・メキシコ・スイス/6分) 監督:Rafael Palacio Illingworth

 ・“John's Gone”(米/21分) 監督:Josh Safdie、Benny Safdie

 ・“El Pozo”(メキシコ/8分) 監督:ギレルモ・アリアガ
 出演:Humberto Berlanga、Francisca Urquieta
 TV Aztecaの求めに応じて制作された、メキシコの独立200年、革命100年記念の13本の短編のうちの1つ。

 ・“Indefatigable”(エクアドル・英/7分) 監督:Ruth Jarman、Joe Gerhardt [ドキュメンタリー]

 ・“O mundo é belo”(ブラジル/9分) 監督:Luiz Pretti [実験映画]

 ・“En el Futuro”(アルゼンチン/52分) 監督:Mauro Andrizzi

 [Orizzonti アウト・オブ・コンペティション]

 ・“k.364 a journey by train”(英・仏/67分) 監督:Douglas Gordon [ドキュメンタリー]

 ・“The Leopard”(英・伊/20分) 監督:アイザック・ジュリアン
 出演:Vanessa Myrie、Juliette Barton、Saiko Kino、Riccardo Meneghini、Kyoung-Shin Kim、Alexander Varona
 アイザック・ジュリアンのWestern Unionシリーズの第7弾で、ヴィスコンティの『山猫』からインスパイアされたインスタレーションのような作品のようです。

画像

 ・“Un anno dopo Progetto Memory Hunters”(伊/22分) 監督:Carlo Liberatore、Matteo Di Bernardino、Antonio Iacobone、Stefano Ianni、Marco Castellani 、他 [ドキュメンタリー].

 ・“A Loft”(米/16分) 監督:Ken Jacobs [実験映画]

 ※ Orizzonti部門審査員:シリン・ネシャット、Raja Amari、Lav Diaz、Alexander Horwath、Pietro Marcello.

 ◆イタリア・コメディー映画レトロスペクティヴ(1937-1988)(Retrospective section on Italian comedy (1937-1988))

 恒例のイタリア映画の回顧上映プログラムですが、さすがにこのジャンルの作品はこれまであまり日本には紹介されて来なかったようです。

 ・“Gli Allegri Masnadieri”(1936?/伊) 監督:Marco Elter
 出演:Giorgio & Guido De Rege

 ・“Imputato, Alzatevi!”(1939/伊) 監督:マリオ・マットリ(Mario Mattoli)

 ・“Non Ti Pago!”(1942/伊) 監督:カルロ・ルドヴィゴ・ブラガリア(Carlo Ludovico Bragaglia)
 出演:エドゥアルド & ペピーノ・デ・フィリッポ(Eduardo & Peppino De Filippo)

 ・“6x8/48 (Tutta La Città Canta)”(1945/伊) 監督:リッカルド・フレーダ(Riccardo Freda)
 出演:ニーノ・タラント(Nino Taranto)

 ・“E' Arrivato Il Cavaliere!”(1950/伊) 監督:マリオ・モニチェリ(Mario Monicelli)、Steno
 出演:ティノ・スコッティ(Tino Scotti)

 ・“Botta E Risposta(I'm in the Revue)”(1950/伊) 監督:マリオ・ソルダーティ(Mario Soldati)

 ・“Guardie E Ladri”(1951/伊) 監督:マリオ・モニチェリ(Mario Monicelli)、Steno
 出演:Totò、アルド・ファブリッツィ(Aldo Fabrizi)

 ・『無常なるかな人生』“Un Giorno In Pretura (Episodio)”(1954/伊) 監督:Steno
 出演:アルベルト・ソルディ(Alberto Sordi)

 ・“Lo Scapolo(The Bachelor)”(1955/伊) 監督:アントニオ・ピエトランジェリ(Antonio Pietrangeli)
 出演:アルベルト・ソルディ(Alberto Sordi)

 ・“L'onorata Società”(1961/伊) 監督:Riccardo Pazzaglia
 出演:フランコ・フランキ(Franco Franchi)、チッチョ・イングラッシア(Ciccio Ingrassia)

 ・“Il Mantenuto”(1961/伊) 監督:Ugo Tognazzi
 出演:ウーゴ・トニヤッツィ(Ugo Tognazzi)

 ・‘La Lepre E La Tartaruga’(Episode From “Le Quattro Verità(Three Fables of Love)”)(1962/伊・西・仏) 監督:アレッサンドロ・ブラゼッティ(Alessandro Blasetti)
 出演:モニカ・ヴィッティ

 ・“Le Pillole Di Ercole”(1962/伊・仏) 監督:ルチアーノ・サルチェ(Luciano Salce)
 出演:ニーノ・マンフレディ(Nino Manfredi)

 ・‘La Manina Di Fatma’( Episode From “I Cuori Infranti”)(1963/伊) 監督:ヴィットリオ・カプリオーリ(Vittorio Caprioli)
 出演:Franca Valeri

 ・“Il Giovedì(The Thursday)”(1963/伊) 監督:ディーノ・リージ(Dino Risi)
 出演:ワルテル・キアーリ(Walter Chiari)

 ・“Lo Scatenato(Catch As Catch Can)”(1967/伊) 監督:フランコ・インドヴィナ(Franco Indovina)
 出演:ヴィットリオ・ガスマン

 ・“Io Non Spezzo...Rompo”(1971/伊) 監督:ブルーノ・コルブッチ(Bruno Corbucci)
 出演:エンリコ・モンテサーノ(Enrico Montesano)、アリギェロ・ノスケーゼ(Alighiero Noschese)

 ・“Il Domestico”(1974/伊) 監督:ルイジ・フィリッポ・ダミーコ(Luigi Filippo D'amico)
 出演:ランド・ブッツァンカ(Lando Buzzanca)

 ・“Febbre Da Cavallo”(1976/伊) 監督:Steno
 出演:Gigi Proietti、エンリコ・モンテサーノ(Enrico Montesano)

 ・“Casotto(Beach House)”(1977/伊) 監督:セルジオ・チッティ(Sergio Citti)
 出演:Gigi Proietti

 ・“Fracchia La Belva Umana”(1981/伊) 監督:Neri Parenti
 出演:Paolo Villaggio

 ・“Eccezzziunale...Veramente”(1982/伊) 監督:カルロ・ヴァンツィーナ(Carlo Vanzina)
 出演:Diego Abatatuono

 ・“Il Ragazzo Di Campagna”(1984/伊) 監督:カステラーノ&ピッポロ(Castellano & Pipolo)
 出演:Renato Pozzetto

 ・『あきれた刑事(デカ)-南の島へ行く』“Il Commissario Lo Gatto”(1987/伊) 監督:ディーノ・リージ(Dino Risi)
 出演:リノ・バンフィ(Lino Banfi)

 ・“Compagni Di Scuola”(1988/伊) 監督:カルロ・ヴェルドーネ(Carlo Verdone)

--------------------------------

 *この記事がなかなかよかった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事
 ・ベネチア国際映画祭2010 コンペティション部門ラインナップ:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201007/article_29.html
 ・ベネチア国際映画祭2010 コンペティション部門以外 ラインナップ その2:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201008/article_1.html
 ・ベネチア国際映画祭2010 追加上映作品:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201008/article_4.html 
 ・ベネチア国際映画祭2010 受賞結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201009/article_21.html
 ・映画祭&映画賞カレンダー 2010年5月~2011年2月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201005/article_23.html

この記事へのコメント

nevermore
2010年08月01日 01:08
張元(チャン・ユアン)の「太空侠(Space Guy / Taikong Xia)」は11分の3Dアニメ短編(今後は長編化も考えているそうですが)。
上海万博の太空家園館でも上映されてます。

あと、細かいツッコミで大変申し訳ないのですが、スタンリー・クァンの「用心跳」のキャスト、トニー・レオン(梁朝偉)ではなく、レオン・カーファイ(梁家輝)の方です(梁家輝の英名もトニー・レオンなのですが...)。

umikarahajimaru
2010年08月01日 06:34
nevermoreさま
失礼しました。
ここらへんの映画は、IMDbにもタイトルが挙がっていないような映画が多くて、ヒヤヒヤものです。
慎んで訂正させていただきます。
どうもありがとうございました。

この記事へのトラックバック