モスクワ国際映画祭2010 受賞結果発表!

 モスクワ国際映画祭2010の各賞が発表になりました。(6月26日)

画像

 ◆グランプリ(The Main Prize “Golden George” For The Best Film)
 ◎“Brother(Hermano)”(2010/ベネズエラ) 監督:Marcel Rasquin
 物語:ダニエルは、サッカーの優れたストライカーで、フリオは、生まれながらのリーダー気質を持ったチームのキャプテンだった。2人は、兄弟のように育てられたが、ダニエルがプロのサッカー選手になるのを夢見ているのに対し、フリオは犯罪を犯してでも家族を養うことを考えなければならなかった。そんな彼らの試合にカラカスのクラブからスカウトがやってくる。しかし、彼らを悲劇が襲い、彼らは、家族か、復讐か、夢の実現か、という究極の選択を迫られることになる……。


画像

 ◆審査員特別賞(The Special Jury Prize “Silver George”)
 ◎“The Albanian(Der Albaner)”(2009/独・アルバニア) 監督:Johannes Naber
 物語:アルバニア人を意味するアルベンの物語。彼は、貧しい国を出て、裕福な国に向かうが、その国では、よそ者は歓迎されず、最強の者だけが生き残っていけるのだった。

画像

 ◆監督賞(The Prize “Silver George”For The Best Director)
 ◎Jan Kidawa-Blonski “Little Rose(Rózyczka)”(2010/ポーランド)
 物語:1967年。カミーラは、大学の事務員になって、そこでロマンと恋に落ちる。ロマンは、表向きは国家外国貿易企業の管理職のポストに就いていたが、実は、反体制派のインテリを監視する役目を負った防衛省の役人なのだった。彼のターゲットの1人は、西側の反共産組織とつながりがあると思われる有名作家アダム・ウォシャウスキであった。しかし、アダムはなかなか尻尾をつかませず、ロマンは最終兵器としてカミーラを使い、彼女にアダムの愛人になるよう仕向けるのだった……。

画像

画像

 ◆男優賞(The Prize “Silver George”For The Best Actor)
 Nik Xhelilaj “The Albanian(Der Albaner)”(2009/独・アルバニア)

画像

 ◆女優賞(The Prize “Silver George”For The Best Actress)
 Vilma Cibulková “An Earthy Paradise for the Eyes(Zemský ráj to na pohled)”(2009/チェコ) 監督:Irena Pavlásková
 物語:物語は1968年のソ連侵攻前夜から始まり、1977年の憲章77で終わる。マーサは、バイタリティーあふれる魅力的な女性で、マージャとガビーナという2人の娘を育てている。ある日、彼女は、有名な作家で反体制派でもあるヤン・パヴェル(明らかにヴァーツラフ・ハヴェルをモデルとしている)と出会って、一緒に暮らし始め、否応なしに、歴史の激動に巻き込まれていく……。

画像

画像

 ◆パースペクティヴズ・コンペティション グランプリ(The Prize “Silver George” For The Best Film Of The "Perspectives" Competition)
 ◎“Reverse(Rewers)”(2009/ポーランド) 監督:Borys Lankosz
 物語:サビーナは、30歳になるというのに、結婚相手もおらず、心配した母親は、彼女のために次々と花婿候補を探してくるが、いずれもサビーナの興味の持てない相手ばかりだった。しかし、どこからともなく、知的で、ハンサムで、魅力的な男性が彼女の前に現れる。ところが、彼の出現によって、思ってもみないことが立て続けに起こり、女たちの暗い本性が明らかになっていくのだった……。
 この作品は、ワルシャワ国際映画祭2009 1-2コンペティションで国際批評家連盟賞を受賞しているほか、米国アカデミー賞2010外国語映画賞ポーランド代表にも選ばれています。


 ◆ワールド・シネマへの多大な貢献に対する特別賞(The Special Prize For An Outstanding Contribution To The World Cinema)
 ◎クロード・ルルーシュ

画像

 ◆女優としてのキャリアとスタニスラフスキー演劇学校の方針に対する貢献への特別賞(The Special Prize For The Outstanding Achievement In The Career Of Acting And Devotion To The Principles Of K.Stanislavsky's School.)
 ◎エマニュエル・ベアール

画像

画像

--------------------------------

 ベネズエラやアルバニアの映画が上位の賞を受賞しました。

 アルバニアはともかく、ベネズエラは、わりと映画産業が盛んな国のようで、日本ではフィナ・トレスくらいしか知られていませんが、IMDbで検索するとけっこうたくさんの映画が登録されていることがわかります。今年は、上海国際映画祭のコンペティション部門にも作品(Elia K Schneider “Un-Authorized(Desautorizados)”)をエントリーさせていて、昨年のクラクフ映画祭、今年のグアダラハラ国際映画祭でもベネスエラ映画は入賞を果たしていますから、ひょっとすると現在ベネズエラでは何かしらのムーブメント(若い監督の台頭?)が起こっている、ということなのでしょうか。

 また、オリバー・ストーンが、チャベス大統領についてのドキュメンタリー映画“South of The Border”を撮り、ショーン・ペンがベネスエラで映画を撮るかもしれないと伝えられていますから、インターナショナルに見て、今、ベネズエラは注目の地域になっている、ということなのかもしれません。

 秋の映画祭シーズンに、日本でも、上海かモスクワか、どちらかのベネズエラ映画を観せてもらえたりするでしょうか。

 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事
 ・モスクワ国際映画祭2010 ラインナップその1:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201006/article_20.html
 ・モスクワ国際映画祭2010 ラインナップその2:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201006/article_21.html
 ・モスクワ国際映画祭2009 ラインナップその1:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200906/article_18.html
 ・モスクワ国際映画祭2009 ラインナップその2:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200906/article_19.html
 ・モスクワ国際映画祭2009 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200906/article_30.html

 ・映画祭&映画賞カレンダー 2010年5月~2011年2月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201005/article_23.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック