ナストロ・ダルジェント賞2010 ノミネーション発表!

 イタリアの映画賞、ナストロ・ダルジェント賞のノミネーションが発表になりました(5月28日)。

 ナストロ・ダルジェント賞Nastro d’Argento (Silver Ribbons)というのは、イタリア映画記者組合(National Union of Italian Film Journalists)が選ぶイタリア映画に対する映画賞で、1947年スタートという歴史ある(アカデミー賞に次いで古い)映画賞です。

 ノミネーション対象期間が違うので、ダヴィッド・ディ・ドナッテロ賞のノミネーション作品とは微妙にずれています。
 ダヴィッド・ディ・ドナッテロ賞で、最多受賞作品となったマルコ・ヴェロッキオ『勝利を』は前回のノミネート対象作品で(4部門受賞)、その代わり、こちらには、プーピ・アヴァーティの新作“Figlio Più Piccolo”やシルヴィオ・ソルディーニの新作“Cosa Voglio Di Più(What More Do I Want)”、ステファニア・サンドレッリの初監督作品“Christine Cristina”、カンヌに出品されたばかりのダニエレ・ルケッティ“La Nostra Vita(Our Life)”などがノミネートされたりしています。

 ノミネーション結果は以下の通りです。

 ※ナストロ・ダルジェント賞には、監督賞とプロデューサー賞はありますが、いわゆる作品賞はありません。

画像

--------------------------------

 ◆監督賞(Regista Del Miglior Film)
 ・フランチェスカ・コメンチーニ 『まっさらな光のもとで』“Lo Spazio Bianco”
 ・ジョルジョ・ディリッティ 『やがて来たる者』“L’Uomo Che Verrà”
 ・ダニエレ・ルケッティ “La Nostra Vita(Our Life)”
 ・フェルザン・オズペテク “Mine Vaganti(Loose Canntons)”
 ・パオロ・ヴィルツィ “La Prima Cosa Bella(The First Beautiful Thing)”

 ◆主演男優賞(Attore Protagonista)
 ・セルジョ・カステリット 『頭を上げて』“Alza La Testa”(監督:アレッサンドロ・アンジェリーニ)、『小さな山のまわりで』“Questione Di Punti Di Vista”(監督:ジャック・リヴェット)
 ・Christian De Sica “Figlio Più Piccolo”(監督:プーピ・アヴァーティ)
 ・エリオ・ジェルマーノ “La Nostra Vita(Our Life)”
 ・ヴァレリオ・マスタンドレア “La Prima Cosa Bella(The First Beautiful Thing)”、“Good Morning, Aman”(監督:Claudio Noce)
 ・リッカルド・スカルマチョ “Mine Vaganti(Loose Canntons)”、“La Prima Linea”(監督:Renato De Maria)

 ◆主演女優賞(Attrice Protagonista)
 ・マルゲリータ・ブイ 『まっさらな光のもとで』“Lo Spazio Bianco”、“Matrimoni e Altri Disastri”(監督:Nina Di Majo)
 ・ヴァレリア・ゴリーノ “L’Uomo Nero(The Black Man)”(監督:Sergio Rubini)
 ・ミカエラ・ラマゾッティ、ステファニア・サンドレッリ “La Prima Cosa Bella(The First Beautiful Thing)”
 ・アルバ・ロルヴァケル “Cosa Voglio Di Più(What More Do I Want)” (監督:シルヴィオ・ソルディーニ)
 ・ヴァレリア・ソラリノ(Valeria Solarino) “Viola Di Mare(The Sea Purple)”(監督:Donatella Maiorca)

 ◆助演男優賞(Attore Non Protagonista)
 ・エンニオ・ファンタスキーニ “Mine Vaganti(Loose Canntons)”
 ・ピエル・フランチェスコ・ファヴィーノ “Baciami Ancora(Kiss Me Again)”(監督:ガブリエーレ・ムッチーノ)
 ・マルコ・ジャリーニ “Io, Loro e Lara(Me,Them and Lara)”(監督:カルロ・ヴェルドーネ)
 ・Marco Messeri “La Prima Cosa Bella(The First Beautiful Thing)”
 ・ルカ・ジンガレッティ(Luca Zingaretti) “Il Figlio Più Piccolo”、“La Nostra Vita(Our Life)”

 ◆助演女優賞(Attrice Non Protagonista)
 ・ヴァレリア・ブルーニ=テデスキ “Baciami Ancora(Kiss Me Again)”
 ・Luciana Littizzetto “Matrimoni e Altri Disastri”
 ・Claudia Pandolfi “La Prima Cosa Bella(The First Beautiful Thing)”、『コズモナウタ‐宇宙飛行士』“Cosmonauta”(監督:スザンナ・ニッキャレッリ)
 ・イザベラ・ラゴネーゼ(IsabelLara(Me,Them and Lara)gonese) “La Nostra Vita(Our Life)”、“Due Vite per Caso”(監督:Alessandro Aronadio)
 ・Lunetta Savino、エレナ・ソフィア・リッチ “Mine Vaganti(Loose Canntons)”

 ◆脚本賞(Sceneggiatura)
 ・フランチェスコ・ブルーニ、Francesco Piccolo、パオロ・ヴィルツィ “La Prima Cosa Bella(The First Beautiful Thing)”
 ・Ivan Cotroneo、フェルザン・オズペテク “Mine Vaganti(Loose Canntons)”
 ・Alessandro Genovesi、ガブリエーレ・サルヴァトレス “Happy Family”(監督:ガブリエーレ・サルヴァトレス)
 ・ガブリエーレ・ムッチーノ “Baciami Ancora(Kiss Me Again)”
 ・サンドロ・ペトラリア(Sandro Petraglia)、ステファーノ・ルリー(Stefano Rulli)、ダニエレ・ルケッティ “La Nostra Vita(Our Life)”

 ◆オリジナル・ストーリー賞(Soggetto)
 ・アレッサンドロ・アンジェリーニ、Angelo Carbone 『頭を上げて』“Alza La Testa”
 ・プーピ・アヴァーティ “Il Figlio Più Piccolo”
 ・ルーカ・グアダニーノ(Luca Guadagnino) “Io Sono L’Amore(I Am Love)”(監督:ルーカ・グアダニーノ)
 ・カルロ・ヴェルドーネ、Francesca Marciano、Pasquale Plastino “Io, Loro e Lara(Me,Them and Lara)”
 ・ジョヴァンニ・ヴェロネージ(Giovanni Veronesi)、Ugo Chiti、Andrea Agnello “Genitori & Figli: Agitare Bene Prima Dell'uso”(監督:ジョヴァンニ・ヴェロネージ)

 ◆最優秀撮影賞(Migliore Fotografia)
 ・イタロ・ペットリチョーネ(Italo Petriccione) “Happy Family”
 ・Roberto Cimatti 『やがて来たる者』“L’Uomo Che Verrà”
 ・クラウディオ・コッレピッコロ(Claudio Collepiccolo) “La Nostra Vita(Our Life)”
 ・ニコラ・ペコリーニ(Nicola Pecorini) “La Prima Cosa Bella(The First Beautiful Thing)”、『Dr.パルナサスの鏡』(監督:テリー・ギリアム)
 ・Maurizio Calvesi “Mine Vaganti(Loose Canntons)”

 ◆最優秀編集賞(Migliore Montaggio)
 ・クラウディオ・ディ・マウロ(Claudio Di Mauro) “Baciami Ancora(Kiss Me Again)”
 ・Massimo Fiocchi “Happy Family”、『まっさらな光のもとで』“Lo Spazio Bianco”
 ・ジョルジョ・ディリッティ、Paolo Marzoni 『やがて来たる者』“L’Uomo Che Verrà”
 ・ミルコ・ガローネ(Mirco Garrone)  “La Nostra Vita(Our Life)”
 ・Simone Manetti “La Prima Cosa Bella(The First Beautiful Thing)”

 ◆最優秀美術賞(Migliore Scenografia)
 ・Rita Rabassini “Happy Family”
 ・ジャンカルロ・バーシリ(Giancarlo Basili) 『やがて来たる者』“L’Uomo Che Verrà”
 ・アンドレア・クリザンティ(Andrea Crisanti) “Mine Vaganti(Loose Canntons)”
 ・パオロ・ベンヴェヌーティ(Paolo Benvenuti)、Aldo Buti 『プッチーニと娘』“Puccini e La Fanciulla”(監督:パオロ・ベンヴェヌーティ)
 ・ダヴィデ・バッサン(Davide Bassan) “Shadow – L’Ombra”(監督:Federico Zampaglione)

 ◆最優秀衣裳賞(Migliori Costumi)
 ・ネーナ・チェッキ(Nanà Cecchi) “Christine Cristina”(監督:ステファニア・サンドレッリ)
 ・Antonella Cannarozzi “Io Sono L’Amore(I Am Love)”
 ・リア・モランディーニ(Lia Francesca Morandini) 『やがて来たる者』“L’Uomo Che Verrà”
 ・マウリツィオ・ミレノッティ(Maurizio Millenotti) “L’Uomo Nero(The Black Man)”、“Tris Di Donne e Abiti Nuziali(Bets & Wedding Dresses)”(監督:Vincenzo Terracciano)
 ・ガブリエラ・ペスクッチ(Gabriella Pescucci) “La Prima Cosa Bella(The First Beautiful Thing)”、“Agora”(監督:アレハンドロ・アメナバール)

 ◆最優秀音響賞(Migliore Sonoro In Presa Diretta)
 ・Stefano Savino 『ドン・ジョヴァンニ~天才劇作家とモーツァルトの出会い~』“Io, Don Giovanni”(監督:カルロス・サウラ)
 ・Carlo Missidenti 『やがて来たる者』“L’Uomo Che Verrà”
 ・ブルーノ・プッパロ(Bruno Pupparo) “La Nostra Vita(Our Life)”
 ・Mario Iaquone “La Prima Cosa Bella(The First Beautiful Thing)”
 ・アレッサンドロ・ザノン(Alessandro Zanon) 『まっさらな光のもとで』“Lo Spazio Bianco”

 ◆最優秀作曲賞(Migliore Colonna Sonora)
 ・リタ・マルコトゥッリ(Rita Marcotulli) “Basilicata Coast To Coast”(監督:Rocco Papaleo)
 ・フランコ・ピエサンティ(Franco Piersanti) “La Nostra Vita(Our Life)”
 ・パスクァーレ・カタラーノ(Pasquale Catalano) “Mine Vaganti(Loose Canntons)”, “Christine Cristina”、『重なりあう時』“La Doppia Ora”(監督:ジュゼッペ・カポトンディ)
 ・アンドレア・グエラ(Andrea Guerra) 『NINE』“Nine”(監督:ロブ・マーシャル)
 ・The Alvarius、Francesco Zampaglione “Shadow – L’Ombra”

 ◆最優秀オリジナル歌曲賞(Migliore Canzone Originale)
 ・Jovanotti、Saturnino Celani、Riccardo Onori ‘Baciami Ancora’(“Baciami Ancora(Kiss Me Again)”)
 ・Checco Zalone ‘Angela’(“Cado Dalle Nubi”(監督:Gennaro Nunziante))
 ・ジャンナ・ナンニーニ(Gianna Nannini) ‘Scusa’(“Genitori & Figli – Agitare Bene Prima Dell’Uso”)
 ・Marco Giacomelli、Fabio Petrillo、Ilaria Cortese、Patty Pravo ‘Sogno’(“Mine Vaganti(Loose Canntons)”)
 ・ジャンナ・ナンニーニ(Gianna Nannini) ‘Sogno’(“Viola Di Mare(The Sea Purple)”)

 ◆最優秀コメディー賞(Migliore Commedia)
 ・“Cado Dalle Nubi” 監督:Gennaro Nunziante
 ・“Genitori & Figli: Agitare Bene Prima Dell'uso” 監督:ジョヴァンニ・ヴェロネージ
 ・“Happy Family” 監督:ガブリエーレ・サルヴァトレス
 ・“Io, Loro e Lara(Me,Them and Lara)” 監督:カルロ・ヴェルドーネ
 ・“Mine Vaganti(Loose Canntons)” 監督:フェルザン・オズペテク

 ◆最優秀ドキュメンタリー賞(Nastro Per Il Miglior Documentario)
 ・サビーナ・グッツァンティ(Sabina Guzzanti) “Draquila – L’Italia Che Trema”
 ・Claudio Giovannesi “Fratelli D’Italia”
 ・Pietro Marcello “La Bocca Del Lupo(The Mouth Of Wolf)”
 ・Thomas Torelli “Sangue e Cemento”
 ・エドゥアルド・ウィンスピア “Sotto Il Celio Azzurro(A School with A View)”

 “Draquila – L’Italia Che Trema”はカンヌ国際映画祭2010 特別上映作品。
 “Fratelli D’Italia”は、ローマ国際映画祭2009ドキュメンタリー・コンペティション スペシャル・メンション受賞。
 “La Bocca Del Lupo”は、トリノ映画祭2009グランプリ&国際批評家連盟賞受賞。

 ◆映画にまつわるドキュメンタリー映画賞(Miglior Documentario Sul Cinema)
 ・Marco Spagnoli “Hollywood Sul Tevere”
 ・Emanuele Salce、Andrea Pergolari “L’Uomo Dalla Bocca Storta”
 ・Francesco Del Grosso、Daniele Anzellotti “Negli Occhi(In The Eyes)”
 ・Maite Carpio Bulgari “Sorriso Amaro”
 ・マリオ・カナーレ(Mario Canale)、アンナローザ・モッリ(Annarosa Morri) “Vittorio D.”

 “Negli Occhi(In The Eyes)”は、ベネチア国際映画祭2009 Controcampo Italiano部門 Controcampo Italiano スペシャル・メンション、Biografilm Lancia Award(ドキュメンタリー部門)。
 “Vittorio D.”は、『マルチェロ・マストロヤンニ 甘い追憶』の監督コンビによる最新作。

 ◆新人監督賞(Regista Esordiente)
 ・ジュゼッペ・カポトンディ 『重なりあう時』“La Doppia Ora”
 ・ヴァレリオ・ミエーリ 『テン・ウィンターズ』“Dieci Inverni”
 ・スザンナ・ニッキャレッリ(Susanna Nicchiarelli) 『コズモナウタ‐宇宙飛行士』“Cosmonauta”
 ・Claudio Noce “Good Morning, Aman”
 ・Rocco Papaleo “Basilicata Coast To Coast”

 ◆プロデューサー賞(Produttore)
 ・Simone Bachini、ジョルジョ・ディリッティ (Arancia Film With Rai Cinema) 『やがて来たる者』“L’Uomo Che Verrà”
 ・CSC、Rai Cinema 『テン・ウィンターズ』“Dieci Inverni”
 ・Andrea Occhipinti “La Prima Linea”
 ・ドメニコ・プロカッチ(Fandango) プロダクション・オブ・ザ・イヤーとして(Le Produzioni Dell’Anno)
 ・リッカルド・トッツィー(Riccardo Tozzi)、マルコ・シミッズ(Marco Chimenz)、ジョヴァンニ・スタビリーニ(Giovanni Stabilini)(Cattleya) With Rai Cinema “La Nostra Vita(Our Life)”

 ◆ヨーロッパ映画賞(Miglior Film Europeo)
 ・ラデュ・ミヘイレアニュ 『オーケストラ!』“Il Concerto”
 ・ミヒャエル・ハネケ 『白いリボン』“Il Nastro Bianco”
 ・ジャック・オーディアール 『アンプロフェット』“Il Profeta”
 ・ロマン・ポランスキー “The Ghost Winter”
 ・フィリップ・リオレ 『ウェルカム』“Welcome”

 ◆非ヨーロッパ映画賞(Miglior Film Extraeuropeo)
 ・クエンティン・タランティーノ 『イングロリアス・バスターズ』“Bastardi Senza Gloria”
 ・シリン・ネシャット 『男のいない女たち』“Donne Senza Uomini”
 ・Samuel Maoz “Lebanon”
 ・マーティン・スコセッシ 『シャッター・アイランド』
 ・ジェイソン・ライトマン 『マイレージ、マイライフ』“Tra Le Nuvole”

 ◆3D映画賞(Miglior Film In 3D)
 ・ティム・バートン 『アリス・イン・ワンダーランド』
 ・ジェームズ・キャメロン 『アバター』
 ・ピート・ドクター、ボブ・ピーターソン 『カールじいさんの空飛ぶ家』

 ◆ナストロ・ダルジェント賞2010(Nastro D’Argento Dell’Anno 2010)
 ◎ジュゼッペ・トルナトーレ 『バーリア』“Baarìa”

 ◆ナストロ・ダルジェント キャリア賞(Nastro D’Argento Alla Carriera)
 ◎アルマンド・トロバヨーリ(Armando Trovajoli)
 ◎ジル・ジャコブ(Gilles Jacob)(カンヌ国際映画祭会長)
 ◎イラリア・オッキーニ(Ilaria Occhini)(女優)
 ◎ウーゴ・グレゴッティ(Ugo Gregoretti)(監督)

 アルマンド・トロバヨーリは、『黄金の七人』『セッソ・マッソ』『女性上位時代』などで知られる作曲家。

 ◆ナストロ・ダルジェント特別賞2010(Nastri D’Argento Speciale 2010)
 ◎Michelangelo Frammartino “Le Quattro Volte”
 作品の、詩的リアリズムと驚くべきエモーションに対して( “Per Il Realismo Poetico、Le Emozioni Di Un Film Sorprendente” )

 ◆スペシャル・メンション(Menzione Speciale)
 ◎Nicola Nocella(男優) “Il Figlio Più Piccolo”

 ◎“La Pivellina”(監督:Tizza Covi、Rainer Frimmel)の全スタッフ&キャスト
 映画祭や国際マーケットでの活躍に対して(per la straordinaria performance nei festival e mercati internazionali)

 ◆ナストロ・ダルジェント 吹替賞(Nastro D’Argento Per Il Doppiaggio)
 ◎Carlo Di Carlo
 ◎Maura Vespini

 ◆ナストロ・ダルジェント ヨーロッパ映画人賞(Nastri D’Argento Europei)
 ◎ティルダ・スウィントン “Io Sono L’Amore(I Am Love)”
 ◎ヴァンサン・ランドン 『ウェルカム』“Welcome”

--------------------------------

 主な作品のノミネート状況は以下の通りです。

 ・“La Nostra Vita(Our Life)”(10):監督・主演男優・助演男優・助演女優・脚本・撮影・編集・音響・作曲・プロデューサー
 ・“Mine Vaganti(Loose Canntons)”(10):監督・主演男優・助演男優・助演女優・脚本・撮影・美術・作曲・歌曲・コメディー
 ・“La Prima Cosa Bella(The First Beautiful Thing)”(10):監督・主演男優・主演女優・助演男優・助演女優・脚本・撮影・編集・衣裳・音響
 ・『やがて来たる者』“L’Uomo Che Verrà”(7):監督・撮影・編集・美術・衣裳・音響・プロデューサー
 ・“Baciami Ancora(Kiss Me Again)”(5):助演男優・助演女優・脚本・編集・歌曲
 ・“Happy Family”(5):脚本・撮影・編集・美術・コメディー
 ・『まっさらな光のもとで』“Lo Spazio Bianco”(4):監督・主演女優・編集・音響
 ・“Figlio Più Piccolo”(3):主演男優・助演男優・ストーリー
 ・“Io, Loro e Lara(Me,Them and Lara)”(3):助演男優・ストーリー・コメディー
 ・“Genitori & Figli: Agitare Bene Prima Dell'uso”(3):ストーリー・歌曲・コメディー
 ・『頭を上げて』“Alza La Testa”(2):主演男優・ストーリー
 ・“Good Morning, Aman”(2):主演男優・新人監督
 ・“La Prima Linea”(2):主演男優・プロデューサー
 ・“L’Uomo Nero(The Black Man)”(2):主演女優・衣裳
 ・“Viola Di Mare(The Sea Purple)”(2):主演女優・歌曲
 ・『コズモナウタ‐宇宙飛行士』“Cosmonauta”(2):助演女優・新人監督
 ・“Io Sono L’Amore(I Am Love)”(2):ストーリー・衣裳
 ・“Shadow – L’Ombra”(2):美術・作曲
 ・“Christine Cristina”(2):衣裳・作曲
 ・“Basilicata Coast To Coast”(2):作曲・新人監督
 ・『重なりあう時』“La Doppia Ora”(2):作曲・新人監督
 ・“Cado Dalle Nubi”(2):歌曲・コメディー
 ・『テン・ウィンターズ』“Dieci Inverni”(2):新人監督・プロデューサー

 最多ノミネートは、“La Nostra Vita(Our Life)”と“Mine Vaganti(Loose Canntons)”と“La Prima Cosa Bella(The First Beautiful Thing)”の3作品がそれぞれ10部門ノミネートで、これに『やがて来たる者』を加えた4作品が上位を占めています。

 これら上位4作品は、『やがて来たる者』の除けば、家族を題材とした作品で、イタリア映画っぽいといえばイタリア映画っぽいのですが、『ゴモラ』や『イル・ディーヴォ』や『勝利を』といった作品と比べると、作品としてはいささか小ぶりという感じでしょうか。

 今回のノミネート作品をダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞と比べると、『勝利を』と『バーリア』の代わりに、“La Nostra Vita(Our Life)”がノミネートされているという感じで、部門別に見ると、およそ半数がダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞と重なりを見せています。

 ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞2010では、『勝利を』が8部門を制して最多受賞になったので、ここではそれとは違った顔ぶれが受賞を果たすことになります。

 昨年と比べると、女優賞のマルゲリータ・ブイ、アルバ・ロルヴァケル、ヴァレリア・ゴリーノ、脚本(ストーリー)のプーピ・アヴァーティ以外は、ノミネーションの顔ぶれがすべて入れ替わっています。これは、これらの女優たちが、いま、もっとも売れっ子であるということ、そして、高い評価を受けるような作品に2年連続でスタッフとして参加することは難しいということ、を表わしているように思えます。

 有力なのは、主演男優賞でヴァレリオ・マスタンドレアかエリオ・ジェルマーノ、主演女優賞でミカエラ・ラマゾッティ、助演男優賞でエンニオ・ファンタスキーニ、あたりでしょうか。

 部門で見ると、新たにドキュメンタリー部門が2部門になり、3D映画賞が追加されたことが注目されます。
 ドキュメンタリー賞は、他の部門とは別の団体が選考を行なう部門なので、部門を新設したというよりは、今年はたまたま「映画」にまつわるドキュメンタリー作品が多かったので、こういう部門を設けてみた、というだけで、常設ではないのかもしれません。
 3D映画賞は、全世界的に見て、大きな映画賞の中にこういう賞が設けられたのは初めてのはずですが、ノミネート作品のすべてがアメリカ映画であることもあり、ここにこういう賞を設けたことには議論を呼ぶかもしれません。(来年はもうないかも?)

 授賞式は、6月19日です。

 *この記事が参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 応援してね!

 *当ブログ記事
 ・ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞2010 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201005/article_10.html
 ・ナストロ・ダルジェント賞2009 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200906/article_29.html
 ・映画祭&映画賞カレンダー 2010年5月~2011年2月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201005/article_23.html

 追記:
 ナストロ・ダルジェント賞2010 結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201006/article_23.html

--------------------------------

 【主なノミネート作品】

 ・“La Nostra Vita(Our Life)”(伊・仏)
 監督:ダニエレ・ルケッティ
 出演:エリオ・ジェルマーノ、イザベラ・ラゴネーゼ、ラウル・ボヴァ、リッカルド・スカルマチョ、Luca Argentero
 物語:クラウディオは、ローマ近郊で働く30代の建設作業員で、2人の子供がいて、3人目を望んでいた。しかし、突然に妻エレーナが亡くなり、彼は途方に暮れてしまう。その喪失感はあまりにも大きくて、彼は誤った方向に走り始めてしまう。
 カンヌ国際映画祭2010 コンペティション部門出品。男優賞(エリオ・ジェルマーノ)受賞。

画像

 ・“Mine Vaganti(Loose Canntons)”(伊)
 監督:フェルザン・オズペテク
 出演:リッカルド・スカルマチョ、Nicole Grimaudo、エンニオ・ファンタスキーニ、イラリア・オッキーニ、エレナ・ソフィア・リッチ
 物語:カントーネ家は、イタリアのパーリアで、パスタ工場を営んでいる。今日は、長男のアントニオが工場を引き継ぐのを記念して、家族みんなで集まって食事会をすることになっている。弟のトマッソは、この機会に、自分がゲイであることをみんなに告白して楽になろうと考えていたが、彼が口を開こうとした瞬間に、先に、兄が自分がゲイであると宣言してしまう。しかも、彼は、男の恋人がいることまで話してしまったので、いったい工場は誰が引き継いでいくことになるのかと、大騒ぎになってしまう……。
 ベルリン国際映画祭2010 パノラマ部門出品。

画像

 ・“La Prima Cosa Bella”(伊)
 監督:パオロ・ヴィルツィ
 出演:ヴァレリオ・マスタンドレア、ミカエラ・ラマゾッティ、ステファニア・サンドレッリ、Marco Messeri、Claudia Pandolfi
 物語:ブルーノは、ミラノの学校で文学を教えている中年男性で、自分の不幸な人生にうんざりしていた。そんな彼は、妹ヴァレリアに母が癌で余命いくばくもないという連絡を受けて、トスカーナ地方にある故郷リヴォルノに帰省する。彼は、ここで、過去と対峙し、これまでの関係を修復することに決める……。

画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック