ここでも『日々の音色』が受賞! アヌシー国際アニメーションフェスティバル2010 受賞結果発表!

 第50回アヌシー国際アニメーションフェスティバルの各賞が発表されました。(6月12日)

 【長編コンペティション部門】

 ◆グランプリ(The Cristal for best feature)
 ◎“Fantastic Mr. Fox”(米) 監督:ウェス・アンダーソン
 物語:ミスター・フォックスと彼の妻フェリシティーは、農場を襲って、罠にかかり、つかまってしまう。フェリシティーは、妊娠しているし、もっと安全な仕事を見つけてほしいと夫に頼む。2年後、フォックスは新聞のコラムニストをし、息子のアッシュたちとともに、一家で穴の中で暮らしている。彼は、弁護士であるアナグマの警告を無視して、3つの農場に囲まれた木の根元に新しい家を買う。ミスター・フォックスとオポッサムのカイリーは、農場から食べ物を盗み出す計画を立て、実行に移す。農場主たちは、動物に農場を荒されまいとしてあれこれ手を尽くすが、ミスター・フォックスは、持ち前に機転と勇気でそれを次々と出し抜いていく。
 ロアルド・ダールの同名小説の映画化。

画像

 ◆特別賞(Special Distinction)
 ◎“Kerity la Maison des contes(Eleanor's Secret)”(仏・伊) 監督:Dominique Monféry
 物語:ナサニエルは、もうすぐ7歳になるが、まだ字は読めない。そんな彼におばエレノアは膨大な蔵書をプレゼントしてくれるが、ナサニエルはかえってやる気をなくしてしまう。しかし、これらの本には秘密があり、夜になると、本の中からちっちゃなヒーローたちが飛び出してくるのだった……。

画像

 ◆観客賞(Audience Award)
 ◎“Fantastic Mr. Fox”(米) 監督:ウェス・アンダーソン

 【短編コンペティション部門】

 ◆グランプリ(The Annecy Cristal)
 ◎“The Lost Thing”(オーストラリア・米) 監督:Andrew Ruhemann、Shaun Tan
 物語:少年が、海辺で、奇妙な赤い生きものをみつける。それはこの世にはもう存在しないと思われていたようなものだった……。
 オーストラリアの絵本作家/イラストレーターのショーン・タンの原作絵本の映画化。

画像

 ◆審査員特別賞(Special Jury Award)
 ◎“Sinna mann(Angry Man)”(ノルウェー) 監督:Anita Killi
 物語:そのまま秘密にしておいた方がいいと思われる秘密についての物語。

画像

 ◆第一回作品賞("Jean-Luc Xiberras" Award for a first film)
 ◎“Jean-François”(仏) 監督:Tom Haugomat、Bruno Mangyoku
 物語:ジャン・フランソワは、水泳のチャンピオンで、子供の頃に過ごした海辺を懐かしく思い出している。

画像

 ◆特別賞(Special Distinction)
 ◎“Les Journaux de Lipsett(Lipsett's Diaries)”(カナダ) 監督:セオドア・ウシェフ
 カナダの、アヴァンギャルドで実験的な短編作品を発表してきた映画作家アーサー・リプセット(1936-1986)。素晴らしいクリエーターである彼の人生と浮沈を物語る。

画像

 ◎“Don't Go”(トルコ) 監督:Turgut Akacik
 物語:人間には見えなくて、ネコには見えるものがある……。

画像

 ◆オリジナル音楽賞(Sacem Award for original music)
 ◎“Love & Theft”(独) 監督:Andreas Hykade
 「ぼくは君がくれたものを今でも大事にしている。それは今ではぼくの体の一部になっている。ぼくはそれを育み、そして守ってきた。墓場まで、永遠に一緒だ」ボブ・ディランの同名の曲より
 ザグレブ国際アニメーションフェスティバル2010 スペシャル・メンション受賞。

画像

 ◆観客賞(Audience Award)
 ◎“Sinna mann(Angry Man)”(ノルウェー) 監督:Anita Killi

 ◆ヤング審査員賞(Junior Jury Award for a short film)
 ◎“Don't Go”(トルコ) 監督:Turgut Akacik

 ◆ユニセフ賞(Unicef Award)
 ◎“Sinna mann(Angry Man)”(ノルウェー) 監督:Anita Killi

 ◆国際批評家連盟賞
 ・“Fröken Märkvärdig & Karriären”(スウェーデン・アイルランド・デンマーク) 監督:Joanna Rubin Dranger
 物語:親に大きな期待を受けながら、どんどん落ちぶれていく主人公を描いたユーモラスなアニメーション作品。

画像

 【TV作品部門】

 ◆TV作品グランプリ(The Cristal for best TV production)
 ◎“Der Kleine und das Biest(Le Petit Garçon et le Monstre/ The Little Boy and the Beast)”(独) 監督:Johannes Weiland、Uwe Heidschötter
 物語:母親が野獣に変身した時、いろんなことが変わってしまう。

画像

 ◆TVシリーズ部門特別賞(Special Award for a TV series)
 ◎Dragons et Princesses "Le garçon qui ne mentait jamais"(仏) 監督:ミシェル・オスロ
 『アズールとアズマール 3D』制作後、ミシェル・オスロは、原点に立ち返って、低予算、少ないスタッフ、少ない装備、少ない時間で、しかも満足感の得られるものを作るべく、Eric Serreとともに、1編13分、全10編(11編?)のTVシリーズ“Dragons and Princesses”(2010)に着手している。

画像

 ◆TVスペシャル最優秀作品賞(Award for best TV special)
 ◎“The Gruffalo”(英) 監督:Jakob Schuh、Max Lang
 物語:ネズミが森を歩いていて、彼を食べようとする3つの生き物、キツメ、フクロウ、ヘビに出会う。ネズミは、機転を利かせて、それぞれをやり過ごして、生き延びていく。

画像

 【商業作品部門】(Commissioned films)

 ◆教育・科学・産業映画部門最優秀作品(Educational, scientific or industrial film Award)
 ◎“Giallo a Milano”(伊) 監督:Sergio Basso
 ミラノの中国人コミュニティーに関するバラード。

画像

 ◆広告作品部門最優秀作品(Advertising or promotional film Award)
 ◎Harmonix "The Beatles: Rock Band"(英・米) 監督:Pete Candeland
 Harmonixの新しいゲームのイントロダクション。

画像

 ◆ミュージック・ビデオ部門最優秀作品(Award for best music video)
 ◎SOUR 『日々の音色』(日)  監督:川村真司、Hal Kirkland, ナカムラマギコ、中村将良
 「日々の音色」は、クラムボンのミトがプロデュースする3ピース・バンド、SOURの楽曲で、本作は、2009年文化庁メディア芸術祭エンターテインメント部門大賞、Webby Award2010 オンライン映画&ビデオ部門編集賞People’s Choice賞を受賞しています。



 【学生卒業制作部門】

 ◆最優秀作品賞(Award for best graduation film)
 ◎“The Lighthouse Keeper”(仏) 監督:David François、Rony Hotin、Jérémie Moreau、Baptiste Rogron、Gaëlle Thierry、Maïlys Vallade
 物語:灯台守が奇妙な虫に起こされる。

画像

 ◆審査員特別賞(Special Jury Award)
 ◎“Sauvage”(仏) 監督:Paul Cabon
 物語:毛の生えていない人間が野生に帰る。

画像

 ◆特別賞(Special Distinction)
 ◎“Lebensader”(独) 監督:Angela Steffen
 物語:少女が1枚の葉の中に「世界」を見出す。
 ザグレブ国際アニメーションフェスティバル2010Dusan Vukotic賞(学生作品部門グランプリ)受賞。

画像

 ◆ヤング審査員賞(Junior Jury Award for a graduation film)
 ◎“Kungfu Bunny 3 – Counterattack”(中) 監督:Zhiyong Li
 物語:机の上で何かが始まろうとしている。戦いが始まるが、カンフー・バニーは今回も勝つことができるのだろうか?

画像

 ◆CANAL+賞("CANAL+ creative aid" Award for a short film)
 ◎“Je te pardonne(I Forgive You)”(ベルギー) 監督:Pierre Mousquet、Jérôme Cauwe
 物語:2人のレスラーが、議論し、言い争い、最後には許し合う。

画像

 【その他の賞】(Other prizes)

 ◆アヌシー2010 You Tube賞(Annecy 2010 YouTube Award)
 ◎“POP”(オーストラリア) 監督:Bernard Derriman

--------------------------------

 クラクフ映画祭の受賞結果を見たりすると、アニメーションにも新しい動きがでてきているのかなと思ったりもしますが、アニメーション作家によるアニメーションの祭典であるアヌシー国際アニメーションフェスティバルは、同じ作品がエントリーされていても、そういう動きには左右されないというか(そういうことには鈍感というか)、やっぱり「アニメーション作家によるアニメーションの祭典」らしい作品が選ばれています。

 例年だとアヌシーの受賞作の中から米国アカデミー賞(および各国映画賞のアニメーション部門)にからんでくる作品が出てきたりするものですが、今回の長編部門グランプリは2009年度映画賞対象作品“Fantastic Mr. Fox”なので、そうした可能性が低くなっています。
 フランス・イタリア合作の“Kerity la Maison des contes(Eleanor's Secret)”が、長編部門で米国アカデミー賞にエントリーされる可能性は低そうですし、ノミネートの可能性があるとすれば、短編部門のグランプリ作品“The Lost Thing”、ということになるでしょうか。

 今回、日本からたくさんの作品がエントリーされましたが、ミュージック・ビデオ部門で『日々の音色』が受賞したことで、何とか無冠となることだけは免れました。
 『日々の音色』をアニメーションとみなしていいのかどうかということは議論の余地はあると思いますが、いまさらながら、この作品の素晴らしさが世界共通だということがわかって、ちょっとうれしいですね。

 *この記事がなかなかよかった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事
 ・アヌシー国際アニメーションフェスティバル2010 オフィシャル・セレクション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201005/article_24.html
 ・アヌシー国際アニメーションフェスティバル2010 オフィシャル・セレクション以外のラインナップ その1:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201005/article_26.html
 ・アヌシー国際アニメーションフェスティバル2010 オフィシャル・セレクション以外のラインナップ その2:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201005/article_27.html
 ・アヌシー国際アニメーションフェスティバル2009 受賞結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200906/article_15.html
 ・アヌシー国際アニメーションフェスティバル2009 ラインナップ完全版!その1:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200906/article_11.html
 ・アヌシー国際アニメーションフェスティバル2009 ラインナップ完全版!その2:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200906/article_12.html
 ・アヌシー国際アニメーションフェスティバル2008 受賞結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200806/article_20.html
 ・アヌシー国際アニメーションフェスティバル グランプリ リスト(~2007年):http://umikarahajimaru.at.webry.info/200703/article_22.html
 ・ザグレブ国際アニメーションフェスティバル2010ラインナップ:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201005/article_18.html
 ・ザグレブ国際アニメーションフェスティバル2010:受賞結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201006/article_5.html
 ・ザグレブ国際アニメーションフェスティバル2009ラインナップ:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200906/article_3.html
 ・ザグレブ国際アニメーションフェスティバル2009 受賞結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200906/article_9.html
 ・オタワ国際アニメーションフェスティバル2009 ラインナップ:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200910/article_9.html
 ・オタワ国際アニメーションフェスティバル2009 受賞結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200911/article_5.html
 ・オーバーハウゼン国際短編映画祭2010 受賞結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201005/article_12.html
 ・クラクフ映画祭2010 受賞結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201006/article_8.html

 ・映画祭&映画賞カレンダー 2010年5月~2011年2月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201005/article_23.html

この記事へのコメント

藤助
2010年08月09日 00:08
Fantastic Mr. Foxの配給はFOXなんだね

この記事へのトラックバック