日本人監督作品は9作品! ザグレブ国際アニメーションフェスティバル2010

 ザグレブ国際アニメーションフェスティバルは、奇数年が長編、偶数年が短編なので、今年は、短編作品の上映年になります。

 今年は、9組の日本人監督の作品が上映されますが、そのうちの2人はコンペティション部門へのエントリーで、また、2人は海外で活躍されている監督さんです。

 上映作品のいくつかは、ラピュタ・アニメーション・フェスティバル2010とショートショートフィルムフェスティバル&アジア2010で上映予定になっているほか、いくつかの作品はネット上で視聴することができます。


--------------------------------

 第20回ザグレブ国際アニメーションフェスティバル(6月1日~6日)ラインナップ

 ◆コンペティション部門(Grand Competition)

 ・“A Family Portrait”(英) 監督:Joseph Pierce
 ・“The Black Dog's Progress”(英) 監督:Stephen Irwin
 ・“Je criais contre la vie. Ou pour elle(I was crying out at life. Or for it)”(仏) 監督:Vergine Keaton
 ・“4”(仏) 監督:Eduard Salier
 ・“Logorama”(仏) 監督:François Alaux、Ludovic Houplain、Hervé De Crécy
 ・“Inukshuk”(仏) 監督:Camillelvis Thery
 ・“The Phantom of the Cinema”(オランダ) 監督:Erik van Schaaik
 ・『MUTO』“Muto”(伊) 監督:Blu
 ・“Videogioco - a loop experiment(Videogame - a loop experiment)”(伊) 監督:Donato Sansone
 ・『リタッチ』“Retouches”(スイス・仏) 監督:ジュルジュ・シュヴィツゲベル
 ・“Love & Theft”(独) 監督:Andreas Hykade
 ・『ザ・ダヴィンチ・タイムコード』“Der Da Vinci Timecode(The Da Vinci Time Code)”(独) 監督:ギル・アルカベッツ
 ・“Please Say Something”(独・アイルランド) 監督:デイヴィッド・オライリー
 ・“tulipa”(オーストリア・独) 監督:Karo Goldt
 ・“Tinteukiller(Ink Erazer)”(オーストリア) 監督:Veronika Shubert
 ・“Stroboscopic Noise~”(オーストリア) 監督:Manuel Knapp
 ・“Esterhazy”(ポーランド・独) 監督:Izabela Pluci Ska
 ・“Moj put(My Way)”(クロアチア) 監督:Veljko Popović
 ・“I Speak True Things”(クロアチア) 監督:Marko Tadic
 ・“Kaasasündinud kohustused(Inherent Obligations)”(エストニア) 監督:ラオ・ヘイドメッツ(Rao Heidmets)
 ・『雨の中の潜水夫(雨の中のダイバー)』“Tuukrid vihmas(Divers in the Rain)”(エストニア) 監督:オルガ・パルン、プリート・パルン
 ・“Dialogos (Dialogos)”(エストニア) 監督:ウロ・ピッコフ(Ülo Pikkov)
 ・“Tussilago”(スウェーデン) 監督:ヨナス・オデル(Jonas Odell)
 ・『リトル・パペット・ボーイのお話』“Saga nom lille Dockpojken(The Tale of Little puppetboy)”(スウェーデン) 監督:ヨハネス・ナイホルム(Johannes Nyholm)
 ・“Abstract?”(ロシア) 監督:Alexei Dmitriev
 ・“Mang Zhong(A Clockwork Cock)”(中) 監督:Xi Chen、Xu An
 ・“弗洛伊德,鱼和蝴蝶(Freud, Fish and Butterfly)”(中) 監督:Haiyang Wang
 ・“The Wonder Hospital”(韓) 監督:Beomsik Shimbe Shim
 ・『Hand Soap』“Hand Soap”(日) 監督:大山慶
 ・『Jam』“Jam”(日) 監督:水江未来
 ・“Playtime”(カナダ) 監督:Steven Woloshen
 ・『背骨』“The Spine”(カナダ) 監督:クリス・ランドレス
 ・“La Tranchée(No Man's Land)”(カナダ) 監督:Claude Cloutier
 ・“Les Journaux de Lipsett(Lipsett's Diaries)”(カナダ) 監督:セオドア・ウシェフ(Theodore Ushev)
 ・“I Love You.”(米) 監督:Katy O'Connor
 ・『あなたは私の誇りよ』“I am so proud of you”(米) 監督:ドン・ハーツフェルト
 ・“Western Spaghetti”(米) 監督:PES
 ・“Luis”(チリ) 監督:Niles Atallah、Cristobal Leon、Joaquin Cociña
 ・“Der Kleinere Raum(The Smaller Room)”(チリ、スイス) 監督:Cristobal Leon、Nina Wehrle

 ※審査員:Nigel Davies(イギリスのプロデューサー、アードマン・アニメーションズのCM監督)、Ron Diamond(Acme Filmworksの創立者)、Marko Meštrović(クロアチアのアニメーション作家)、Flore Poinsard(フランスのアニメーションのキャスティング・ディレクター、アシスタント・ディレクター)、Gitanjali Rao(インドのアニメーション作家)

 “Inukshuk”『MUTO』『リタッチ』“Please Say Something”『リトル・パペット・ボーイのお話』“Western Spaghetti”は、アヌシー国際アニメーションフェスティバル2009短編コンペティション部門出品作品。

 “Dialogos (Dialogos)”は、クラクフ映画祭2009 インタナーショナル・短編アニメーションコンペティション出品。

 『ザ・ダヴィンチ・タイムコード』、“Dialogos (Dialogos)”、『Jam』、『背骨』は、アヌシー国際アニメーションフェスティバル2009短編アウト・オブ・コンペティション部門出品作品。

 『MUTO』は、イメージフォーラム・フェスティバル2009にて上映。
 『背骨』『リタッチ』は、第10回カナダ・アニメーション・フェスティバル(2009)にて上映。
 『雨の中の潜水夫』『あなたは私の誇りよ』は、イメージフォーラム・フェスティバル2010にて上映。
 『ザ・ダヴィンチ・タイムコード』『雨の中のダイバー』『Jam』は、ラピュタ・アニメーション・フェスティバル2010にて上映。

 ◆パノラマ部門(Grand Panorama)

 ・“The Fly in the Sky”(英) 監督:Vera Neubauer
 ・“Animal Lifting”(英) 監督:Richard Fenwick
 ・“Unicycle Film”(英) 監督:Thomas Hicks
 ・“Atormenta(Atormenta)”(西) 監督:Cesar Diaz Melendez、Isabel Heredia Carrion
 ・“Red-end and the seemingly symbiotic society”(オランダ) 監督:Robin Noorda、Bethany de Forest
 ・“12 Jahre(12 years)”(独) 監督:Daniel Nocke
 ・『ママ』“Mama”(ハンガリー) 監督:Géza M. Tóth
 ・“Guliver”(クロアチア) 監督:Zdenko Bašić
 ・“Format”(クロアチア) 監督:Darko Bakliža
 ・“Ništa ne traje vječno(Keep going)”(クロアチア) 監督:Darko Vučenik
 ・“Ne spavanje ne ubija(No sleep won't kill you)”(クロアチア) 監督:Marko Meštrović
 ・“Cikorja an' kafe(Chicory 'n' Coffee)”(スヴェロニア) 監督:Dusan Kastelic
 ・『クロコダイル』“Krokodill(Crocodile)”(エストニア) 監督:カスパル・ヤンシス(Kaspar Jancis)
 ・“Lily”(エストニア) 監督:リホ・ウント(Riho Unt)
 ・“Sparni un Airi(Wings and Oars)”(ラトヴィア) 監督:Vladimir Leschiov
 ・“The Father”(韓) 監督:Lim Choi
 ・『やんやんマチコ』“Yan Yan Machiko”(日) 監督:富岡聡、西村朋子
 ・“The Astronomers Dream”(カナダ) 監督:Malcolm Sutherland
 ・“Vive La Rose”(カナダ) 監督:Bruce Alcock
 ・“Mamori”(カナダ) 監督:Karl Lemieux
 ・“Drux Flux”(カナダ) 監督:セオドア・ウシェフ
 ・“La Formation des nuages”(カナダ) 監督:Marie-Hélène Turcotte
 ・『逆回転の恋』“Backwards”(米) 監督:Aaron Hughes
 ・“Santa, The Fascist Years”(米) 監督:ビル・プリンプトン
 ・“Golpe de espejo(Coup Mirror)”(チリ) 監督:Claudio Diaz

 『クロコダイル』、“Sparni un Airi(Wings and Oars)”は、アヌシー国際アニメーションフェスティバル2009短編コンペティション部門出品作品。

 “Drux Flux”は、クラクフ映画祭2009 インタナーショナル・短編アニメーションコンペティション出品。ジニー賞2009 短編アニメーション賞ノミネーション、Jutra賞2009アニメーション賞ノミネーション。

 “The Fly in the Sky”は、オーバーハウゼン国際短編映画祭2010 Prize of the Cinema Jury スペシャル・メンション受賞。

 『クロコダイル』は、ラピュタ・アニメーション・フェスティバル2010で上映。

 『ママ』と『逆回転の恋』は、ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2010で上映。

 ◆学生作品コンペティション(Student Competition)

 ・“Fly On The Window”(英) 監督:Nikita Diakur
 ・“Rabbit Punch”(英) 監督:Kristian Andrews
 ・“Sam's Hot Dogs”(英) 監督:David Lopez Retamero
 ・“Planet A”(仏) 監督:瀬戸桃子
 ・“Trois quatre(Three four)”(仏) 監督:Jean-Patrice Blanc
 ・“Parade”(仏) 監督:Pierre-Emmanuel Lyet
 ・“Notebook”(オランダ) 監督:Evelien Lohbeck
 ・“Flowerpots”(スイス・英) 監督:Rafael Sommerhalder
 ・“Urs”(独) 監督:Moritz Mayerhofer
 ・“Shi hua Show(The Truth - Quizshow)”(独) 監督:Wu Kung
 ・“The Forest”(独) 監督:David Scharf
 ・“Arachmaninoff”(独) 監督:Rene Lange
 ・“Magus Maximus”(独) 監督:Emanuel Strixner
 ・“Lebensader”(独) 監督:Angela Steffen
 ・“Germania Wurst(Germania Wurst – German history in a bite)”(独) 監督:Volker Schlecht
 ・“Zupelnie inna historia(Different Story)”(ポーランド) 監督:Pawel Debski
 ・“Viliam”(スロヴァキア) 監督:Veronika Obertová
 ・“Miramare”(クロアチア) 監督:Michaela Müller
 ・“Sheep!”(デンマーク) 監督:Nicole Gallagher
 ・“Benigni”(フィンランド) 監督:Pinja Partanen、Elli Vuorinen、Jasmiini Ottelin
 ・“Väike Maja(Small House)”(エストニア) 監督:Kristjan Holm
 ・“Баллада о цирюльнике(The ballad about a barber)”(ロシア) 監督:Ekaterina Kolosvskaya
 ・“Voyage”(イスラエル) 監督:Olga Komosko
 ・“Deux regards”(韓・米) 監督:Kangmin Kim
 ・“View”(韓) 監督:Nayoon Rhee
 ・『服を着るまで』“Fuku wo kirumade(Getting dressed)”(日) 監督:北村愛子
 ・『つままれるコマ』“Tsumamareru Koma(Bring me up)”(日) 監督:田中美妃
 ・『わからないブタ』“Wakaranai buta(In a pig's eye)”(日) 監督:和田淳
 ・“Symphony”(米) 監督:Erick Oh
 ・“The Terrible Thing of Aplha-9!”(米) 監督:Jake Armstrong

 “Rabbit Punch”、“Notebook”、“Sheep!”、“Väike Maja(Small House)”、“Symphony”は、アヌシー国際アニメーションフェスティバル2009 学生部門出品。

 『わからないブタ』は、イメージフォーラム・フェスティバル2010にて上映。

 ◆学生作品パノラマ(Student Panorama)

 ・“Palimpsest”(英) 監督:Pia Borg
 ・“The Conservatory”(英) 監督:Matilda Tristram
 ・“The Silence of Sons”(英) 監督:Magdalena Anna Osinska
 ・“Smolik”(ポルトガル) 監督:Cristiano Mourato
 ・“Founding or not Founding”(仏) 監督:Youlia Rainous
 ・『シグナリス』“Signalis”(スイス) 監督:Adrian Flückiger
 ・“In Limbo”(スイス) 監督:Michelle Ettlin
 ・“Be Nice Be Nice”(独) 監督:Marita Mayer、Vanessa Eder、Tim-Urs Vogel、Christian Manzke、Rike Rothe、Lisa Neubauer
 ・“Stumm ist Trumpf (SIT)”(独) 監督:Kim Nguyen
 ・“They will come to town”(独) 監督:Thilo Ewers
 ・“Zerebrale Dichotomie(Cerebral Dichotomy)”(オーストリア) 監督:Florian Juri
 ・“Orsolya”(ハンガリー) 監督:Bella Szederkényi
 ・“Homeland”(チェコ・西) 監督:Juan de Dios Marfil
 ・“Extrospekcja”(ポーランド) 監督:Stephanie Sergeant
 ・“Bog i zemljani(God And Earthlings)”(クロアチア) 監督:Siniša Mataić
 ・“Delo Work”(スロヴェニア) 監督:Breznik Urban、Leder Timon
 ・“Draw Poker”(デンマーク) 監督: Emil Sellström、Svend Rothmann Bonde、Stephan Sussmann、Lise Vestergaard Jensen
 ・“Leitmotif”(デンマーク) 監督:Jeanette Nørgaard、Mette Ilene Holmriis、Marie Jørgensen、Marie Thorhauge
 ・“Familjelampan(The Unplugged Son)”(フィンランド) 監督:Milla Nybondas
 ・“The Year I Cut My Hair”(フィンランド) 監督:Ami Lindholm
 ・“Graduation Film”(イスラエル) 監督:Idan Vardi
 ・“In aporia”(イスラエル) 監督:Michal Ronen
 ・“Seeking You”(カナダ) 監督:Jean-Julien Pous

 『シグナリス』、“They will come to town”は、アヌシー国際アニメーションフェスティバル2009 学生部門出品。

 『シグナリス』は、ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2010で上映。

 ◆商業作品コンペティション(Commissioned Films Competition)
 CM、ミュージック・ビデオ、教育映画などを対象とするコンペティション。

 ・“Everytime Everytime”(英・ポーランド) 監督:Katarzyna Kijek、Przemyslaw Adamski
 ・“How Snow is Made”(英) 監督:Amael Isnard、Thomas Castellani
 ・“Comparethemarket.com 'Journey of Courageousness'”(英) 監督:ダーレン・ウォルシュ(Darren Walsh)
 ・“Harmonix 'The Beatles: Rock Band' Intro Cinematic”(英) 監督:Pete Candeland
 ・“Sleep Sleep”(英) 監督:Tibor Banoczki、Sarlota Szabo
 ・“I'd Rather Be With You”(英) 監督:Thomas Hicks
 ・“How to destroy the world 'food'”(英) 監督:Pete Bishop
 ・“One world films”(仏) 監督:Weiss Claude
 ・“Ange et Démon”(ベルギー) 監督:Gerlando Infuso
 ・“White Swan”(オランダ) 監督:Sil van der Woerd
 ・“Holland Animation FIlm Festival 2009 Trailer”(オランダ) 監督:中村元道
 ・“Holland Animation FIlm Festival: Robin”(オランダ) 監督:Pete Bishop、Lee Wilson Wolfe
 ・“ITFS Zoopraxiscope”(独) 監督: Johannes Schiehsl
 ・“Aanaatt Aanaatt”(独・英・日) 監督:Max Hattler
 ・“Only Human”(独) 監督:Benjamin Swiczinsky
 ・“eFTe Radzi. Nie Ryzykuj. Segreguj(eFTe's Advise. Don't Risk. Recycle)”(ポーランド) 監督:Katarzyna Kijek、Przemyslaw Adamski
 ・“Far East Film Festival Trailer”(スロヴェニア) 監督:Spela Cadez
 ・“Katalena: Ta aldowska”(スロヴェニア) 監督:Živa Moškrič
 ・“Media and Diversity - People with disabilities”(ブルガリア) 監督:Ivan Bogdanov、Vessela Dantcheva
 ・“Media and Diversity - HIV/AIDS”(ブルガリア) 監督:Vessela Dantcheva、Ivan
 ・“Henry Fiat´s Open Sore - I Rock”(スウェーデン) 監督:Gabriel Watson
 ・“Hong Long Century Plaza”(中) 監督:Bohong Deng
 ・“Spacious Thoughts”(カナダ) 監督:Fluorescent Hill
 ・“Creation Museum 'Dinosaurs'”(米) 監督:Soyeon Kim、Todd Hemker
 ・“Electric Car”(米) 監督:Max Porter、Ru Kuwahata
 ・“Sarah Sarah”(米) 監督:Caroline Attia
 ・“Breast Cancer Stamp”(米) 監督:John Ryan
 ・“Essa Canção Francesa(This French Song)”(ブラジル) 監督:Rafael Barion、Adams Carvalho
Bogdanov
 ・“The Right Blend”(米) 監督:Nando Costa

 ◆児童映画コンペティション(Films for Children Competition)

 ・“The Happy Duckling”(英) 監督:Gili Dolev
 ・『ウォレスとグルミット ベーカリー街の悪夢』“Wallace and Gromit: A Matter of Loaf and Death”(英) 監督:ニック・パーク
 ・“Lost and Found”(英) 監督:Philip Hunt
 ・“The Henhouse”(英) 監督:Elena Pomares
 ・“Speechless”(英) 監督:Daniel Greaves
 ・“J'ai faim(I'm hungry)”(ベルギー) 監督:11人の子供たち
 ・“Warda”(ベルギー) 監督:12人のパレスチナ人の子供たち
 ・“Hudud”(ベルギー) 監督:12人のパレスチナ人のティーンエージャー
 ・“Hoppeldihopp Hop(Hop.Hippityhop)”(独) 監督:Ralf Kukula
 ・“Magyar népmesék/ Marci és az elátkozott királylány(Hungarian Folk Tales / Martin and the Cursed Princess)”(ハンガリー) 監督:Mária Horváth
 ・『Log Jam』“Log Jam”(ハンガリー) 監督:アレクセイ・アレクセイェフ(Alexei Alexeev)
 ・“Tišina Silence”(クロアチア) 監督:Borivoj Dovniković
 ・“Čamac života(The life boat)”(クロアチア) 監督:Neven Petričić
 ・“Pauk Praško(Dusty the spider)”(クロアチア) 監督:Ivana Guljašević
 ・“Čovječuljak Snovuljak(Little man Dreamsy)”(クロアチア) 監督:Ivana Guljašević
 ・“Ronki- prase u krevetu(Ronki- pig in a bed)”(クロアチア) 監督:Denin Serdarević
 ・“Mulc - fraca Kiddo - slingshot”(スロヴェニア) 監督:Kolja Saksida
 ・“Guri Gursjen og Gursjan Gru(Guri Gursjen and Gursjan Gru)”(ノルウェー) 監督:Eirik Aure、Johanne Anda
 ・“Miriami värvid(Miriam's Colors)”(エストニア) 監督:Girlin-Bassovskaja
 ・“Porgand suvitamas(Carrot on the Beach)”(エストニア) 監督:Pärtel Tall
 ・“Burvīga diena(Wonderful Day)”(ラトヴィア) 監督:Nils Skapans
 ・“Kozya Hatka(Goats House)”(ロシア) 監督:Marina Karpova
 ・『環境レストラン』“Kankyoh Resutoran(An Environment Restaurant)”(日) 監督:西島真弓
 ・“Tin Can Heart”(オーストラリア) 監督:Rod March
 ・“Land of the Heads”(カナダ・スイス) 監督:Cédric Louis、Claude Barras
 ・“Q&A”(米) 監督:Tim Rauch、Mike Rauch
 ・“Le Noeud Cravate(The Necktie)”(カナダ) 監督:Jean-François Lévesque
 ・“Inner View”(カナダ) 監督:Patrick Jenkins
 ・“Western Spaghetti”(米) 監督:PES
 ・“Bailarino e o Bonde(The Dancer and the Tram)”(ブラジル) 監督:Rogerio Nunes
 ・『仕事人間』“El Empleo(The Employment)”(アルゼンチン) 監督:Santiago 'Bou' Grasso

 ・『ウォレスとグルミット ベーカリー街の悪夢』、“J'ai faim(I'm hungry)”、“Guri Gursjen og Gursjan Gru”、“Western Spaghetti”、“Q&A”、『仕事人間』は、アヌシー国際アニメーションフェスティバル2009 短編コンペティション部門出品。
 “Western Spaghetti”は、観客賞受賞。『仕事人間』は、国際批評家連盟賞受賞。

 『Log Jam』は、飛騨国際メルヘンアニメ映像祭2009 最優秀作品賞&こどもメルヘン大賞受賞。
 『仕事人間』は、ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2010で上映。

--------------------------------

 現時点で公式サイトに挙がっている情報は、タイトルと監督名と製作国と上映時間くらいで、過去にどこかで上映されたもの以外は、内容不詳ですが、ここでは日本人監督の作品について、少しだけまとめておきたいと思います。

 ・『Hand Soap』“Hand Soap”(日) 監督:大山慶

 大山慶監督は、映画『Tokyo Loop』参加監督の1人で、映画『私は猫ストーカー』のアニメーション部分を担当しているアニメーション作家でもあり、2009年10月にはアップリンク・ファクトリーで特集上映も行なわれています。
 本作で、オーバーハウゼン国際短編映画祭2010 オーバーハウゼン国際短編映画祭賞受賞。
 本作は、アヌシー国際アニメーションフェスティバル2010 短編コンペティション部門にもエントリーされています。

 ・大山慶公式ブログ「Kei Oyama Official Weblog」:http://d.hatena.ne.jp/keioyama/
 ・大山慶 on Twitter:http://twitter.com/Kei_Oyama
 ・大山慶に関するWikipedia:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E5%B1%B1%E6%85%B6
 ・Web Dice 大山慶・黒坂圭太・山村浩二トークショー:http://www.webdice.jp/dice/detail/2052/
 ・映画『Tokyo Loop』公式サイト:http://www.imageforum.co.jp/tokyoloop/


 ・『Jam』“Jam”(日) 監督:水江未来

 水江監督は、4年連続でアヌシーにエントリーされています。(アヌシーへは新作“Playground”で参加)
 以前は、本編(2分45秒)がHP(http://web.mac.com/mirai_mizue/iweb/MIRAIwebsite/JAM.html)で公開されていたのですが、現在は動画での紹介はなくなってしまったようです。
 音楽に合わせて映像が変化していくような、ある意味、抽象的な作品で、微生物からクラゲ、昆虫、節足動物へと進化していく様子が描かれています。

 ・水江未来公式ブログ:http://web.mac.com/mirai_mizue/iweb/MIRAIwebsite/Blog/Blog.html
 ・水江未来 on Twitter:http://twitter.com/MIRAI_MIZUE



 ・『やんやんマチコ』“Yan Yan Machiko”(日) 監督:富岡聡、西村朋子

 カナバングラフィックスが『ウサビッチ』に続いて贈る、関西弁の乙女なヒツジ マチコ(20歳)を主人公とするWeb アニメーション。

 ・公式サイト:http://yanyan-machiko.com/
 ↑第1話を視聴することができます。
 ・やんやんマチコ on Twitter:http://twitter.com/yanyan_machiko
 ・富岡聡公式HP:http://www.tt.rim.or.jp/~tomioka/
 ・カナバングラフィックス公式HP:http://www.kanaban.com/


 ・“Planet A”(仏) 監督:瀬戸桃子

 1981年千葉県生まれ。フランス・フレノワ国立近代アートスタジオに学ぶ。
 2008年の第20回東京学生映画祭で『PARIS PRAGE』が上映されています。

 ・瀬戸桃子公式HP(多言語混在):http://www.setomomoko.org/main.html
 ・“Planet A”公式HP:http://www.setomomoko.org/planetA.html


 ・『服を着るまで』“Fuku wo kirumade(Getting dressed)”(日) 監督:北村愛子

 「私たちは、朝起きて、服を着た瞬間から社会システムの中で生きていくのである。それが正しい世界なのかどうかはわからない。そこから逃れようとしても、いつかは戻らなければならない。」

 北村監督は、1985年、京都生まれ。京都精華大学ビジュアルデザイン科卒業。東京藝術大学大学院映像研究科のアニメーション専攻一期生。
 『服を着るまで』は、DVD『東京藝術大学アニメーション専攻一期生卒業制作作品集』に収録されています。

 ・公式HP「Aico Studio」:http://aico-studio.com/
 ・公式ブログ「AICO MEMO」:http://aico-studio.sblo.jp/
 ・北村愛子 on Twitter:http://twitter.com/Aico_kitamura


 ・『つままれるコマ』“Tsumamareru Koma(Bring me up)”(日) 監督:田中美妃

 「人生を親につままれて成長してゆく僕。親の行動に左右された受動的な僕の生き方。
お父さんがサイコロを動かし、お母さんが僕をつまみ上げ、僕は進んでゆく。
その家族の仕組みはいつまで続けられる事ができるのか。僕はついに切り離す事を決断する、、、。」(「GEIDAI ANIMATION 01+」より)

 田中美妃監督は、東京藝術大学大学院映像研究科のアニメーション専攻一期生。
 『つままれるコマ』は、DVD『東京藝術大学アニメーション専攻一期生卒業制作作品集』に収録されています。


 ・『わからないブタ』“Wakaranai buta(In a pig's eye)”(日) 監督:和田淳

 「家の前にとても大きなブタがいる。その家には人間が住んでいる。みんなブタのことを知っているし、ブタもみんなのことに気づいているが、それぞれどれくらいにどんなふうに知っているかは判らない。お母さんもお父さんのことが判らない。」(「GEIDAI ANIMATION 01+」より)

 和田淳監督は、1980年、兵庫県生まれ。2004年大阪教育大学教養学科芸術専攻美術コース卒。2005年イメージフォーラム付属映像研究所卒。2010年東京藝術大学大学院映像研究科のアニメーション専攻(一期生)卒。
 『わからないブタ』は、DVD『東京藝術大学アニメーション専攻一期生卒業制作作品集』に収録されています。


 ・「こどものなかのこども」HP:http://codocodo.com/wada/

 ・“Holland Animation FIlm Festival 2009 Trailer”(オランダ) 監督:中村元道



 中村監督は、1972年東京渋谷生まれ。1996年ニューヨークのパーソンズスクールオブデザインを卒業後、2年間ニュ-ヨークでウェブデザイナーとして働く。1998年南米エクアドルに移住、デザインスタジオ"juvenile media"を設立。2001年ニューヨークで、フリーでアニメーション、ウェブデザインの仕事を続けている。

 ・公式HP「QRIME.COM Animations」:http://www.motomichi.com/anim_qrime.html

 ・『環境レストラン』“Kankyoh Resutoran(An Environment Restaurant)”(日) 監督:西島真弓

 「地球をモチーフにしたレストランで、自然を食べている人間。自然も動物もしだいに消えていき、最後には自分たち人間に災難がまわってくる。」(西島真弓公式HPより)
 公式HPでは動画の一部を視聴することができます。

 西島監督は、1984年、岡山県倉敷市生まれ。倉敷芸術科学大学芸術学部美術学科卒業。

 ・西島真弓公式HP:http://www4.atpages.jp/mocanimation/profile.html
 ・西島真弓公式ブログ:http://www3.atword.jp/mocanimation/


--------------------------------

 日本人による監督作品について調べてちょっと驚いたのは、9作品のうち、3作品が東京藝術大学大学院映像研究科のアニメーション専攻一期生の作品であることです。

 このことはザグレブの映画祭事務局をも驚かせたようで、東京藝術大学には映画祭から最優秀学校賞(Award to an educational institution for the best choice of films submitted for pre-selection to the Tokyo University of Arts)が贈られることも発表されています。授賞式には、同大学映像研究科 アニメーション専攻教授 山村浩二監督が出席するようです。

 そういえば、時々、ユーロスペースで藝大生の作品の特集が組まれてレイトショー上映されていたように思いましたが、着々と成果を上げていたんですね。米国アカデミー賞短編アニメーション賞を再び日本人監督が受賞する日もそう遠くないのかもしれません。

 6月19日~7月2日には、「GEIDAI#4」と題した、東京藝術大学大学院映像研究科映画専攻第四期生とアニメーション専攻第一期生の作品をまとめたプログラムがユーロスペースでレイトショー上映される予定になっています。

 そのほか、今回の映画祭では、アードマン・アニメーションとAcme FilmworksとFolimageという3つのアニメーション・スタジオを紹介するプログラムが組まれたり、クロアチア・アニメーションの回顧上映(History of Croatian Animation)などが行なわれるほか、サラエボの映画教育者Midhat Ajanović-Ajanに特別功労賞が、フレデリック・バックに生涯功労賞2010が贈られることが発表されています。

 *この記事がなかなかよかった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事
 ・オーバーハウゼン国際短編映画祭2010 受賞結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201005/article_12.html
 ・ザグレブ国際アニメーションフェスティバル2009 受賞結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200906/article_9.html
 ・ザグレブ国際アニメーションフェスティバル2009ラインナップ:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200906/article_3.html
 ・アヌシー国際アニメーションフェスティバル2009 受賞結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200906/article_15.html
 ・アヌシー国際アニメーションフェスティバル2009 ラインナップ完全版!その1:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200906/article_11.html
 ・アヌシー国際アニメーションフェスティバル2009 ラインナップ完全版!その2:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200906/article_12.html

 ・ザグレブ国際アニメーションフェスティバル2010 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201006/article_5.html

この記事へのコメント

2010年05月18日 11:27
日本人が9作品エントリーされているんですね。

この記事へのトラックバック