トランシルヴァニア国際映画祭2010 ラインナップ!

 2009年度の映画賞の発表が先日のダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞の発表でようやく終わったと思ったら、5月から7月にかけて、断続的に続いていく初夏の映画祭シーズンがやってきました。再来月には、もうベネチア国際映画祭とトロント国際映画祭のラインナップが発表されると思うと、1年なんてあっという間で、気持ちばかり焦ってしまいますが……。

 今回は、まず、今年で、第9回を迎えたトランシルヴァニア国際映画祭(5月28日~6月6日)のラインナップを書き出してみたいと思います。

 コンペ部門は、各国の映画祭をまわって、受賞を重ねてきた作品を集めたコンペティションで、プレミア感はありませんが、評価の高い作品ばかりが揃っています。

 ここは特集上映にかなり力を入れていて、今年も、国別・テーマ別に、なかなか魅力的な特集が組まれています。

画像

--------------------------------

 第9回トランシルヴァニア国際映画祭 ラインナップ

 ◆コンペティション部門
 監督第1作か第2作を集めたコンペティション部門。

 ・“Nothing Personal”(2009/アイルランド・オランダ) 監督:Urszula Antoniak
 ロカルノ国際映画祭2009 第1回監督賞&女優賞&国際批評家連盟賞&CICAE Prize&ヤング審査員賞受賞。

 ・『デブたち』“Fat People(Gordos)”(2009/西) 監督:ダニエル・サンチェス・アレバロ(Daniel Sanchez Arevalo)
 モンテカルロ・コメディー映画祭2009 審査員賞受賞。ゴヤ賞2010助演男優賞受賞。

 ・“Bel age(L'insurgée/Restless)”(2009/仏) 監督:Laurent Perreau
 ロカルノ国際映画祭2009コンペティション部門出品作品。

 ・“Last Conversation”(2009/オランダ) 監督:Noud Heerkens

 ・“Altiplano”(2009/独・ベルギー・オランダ) 監督:Peter Brosens、Jessica Hope Woodworth
 バンコク国際映画祭2009 グランプリ&Special Golden Kinaree for Promoting the Environment 受賞

 ・“Reverse(Rewers)”(2009/ポーランド) 監督:Borys Lankosz
 ワルシャワ国際映画祭2009 1-2コンペティション部門 国際批評家連盟賞受賞。

 ・“Devil’s Town(Djavolja varos )”(2010/セルビア) 監督:Vladimir Paskaljevic
 カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭2009 コンペティション部門上映作品。パームスプリングス国際映画祭2010 Honorable Menstion受賞。

 ・“First of All, Felicia(Felicia înainte de toate)”(2009/ルーマニア) 監督:Razvan Radulescu、Melissa de Raaf
 サラエボ映画祭2009 コンペティション部門出品。

 ・“Medal of Honor(Medalia de onoare)”(2009/ルーマニア・独) 監督:Calin Peter Netzer
 トリノ映画祭2009 Invitation to the Scuola Holden Award/脚本賞&観客賞受賞。テッサロニキ映画祭2009 審査員特別賞(Silver Alexander)、脚本賞(Tudor Voican)、男優賞(Victor Rebengiuc)、国際批評家連盟賞第50回大会記念賞、技術賞(The ETEKT Technical Excellence award)受賞。マイアミ国際映画祭2010 CINEUROPA賞 スペシャル・メンション受賞。

 ・“R”(2009/デンマーク) 監督:Tobias Lindholm、Michael Noer
 ロッテルダム国際映画祭2010コンペティション部門出品。ヨーテボリ映画祭2010 ノルディック・コンペティション グランプリ受賞。

 ・“A Rational Solution(Det enda rationella )”(2009/スウェーデン) 監督:ヨルゲン・ベリマルク(Jorgen Bergmark)
 ベネチア国際映画祭2009批評家週間上映作品。スウェーデン・アカデミー賞(Guldbagge Awards)主演男優賞受賞・主演女優賞ノミネート。

 ・“Mundane History”(2009/タイ) 監督:Anocha Suwichakornpong
 ロッテルダム国際映画祭2010 タイガー・アワード受賞。

 ※審査員:Christine Dollhofer(映画祭芸術監督)、Ineke Smits(オランダの映画監督)、Monica Bârlădeanu(ルーマニアの女優、モデル)、Martin Blaney(ジャーナリスト)

 ◆Shadows部門
 アクションやスリラー、サスペンス、ファンタジーを集めた、いわゆる「ファンタスティック部門」

 ・“Reykjavik Whale Watching Massacre”(2009/アイスランド) 監督:Julius Kemp

画像

 ・“The Horde(La horde )”(2009/仏) 監督:Yannick Dahan, Benjamin Rocher
 ・“Ricky”(2009/仏) 監督:フランソワ・オゾン
 ・“Amer”(2009/仏・ベルギー) 監督:Hélène Cattet、Bruno Forzani
 ・“Deliver Us From Evil(Fri os fra det onde)”(2009/デンマーク) 監督:オーレ・ボールネダル
 ・“Newsmakers(Goryachie Novosti)”(2009/ロシア・スウェーデン) 監督:Anders Banke
 ・“Buried Secrets(Dowaha )”(2009/チュニジア・スイス・仏) 監督:Raja Amari
 ・『ニンフ』“Nymph”(2009/タイ) 監督:ペンエーグ・ラッタナルアーン
 ・“Possessed(Bool-sin-ji-ok)”(2009/韓) 監督:Lee Yong-Ju
 ・“Red White and Blue”(2010/米) 監督:Simon Rumley
 ・“The Immaculate Conception of Little Dizzle”(2009/米) 監督:David Russo
 ・“Blood and Rain”(2009/コロンビア) 監督:Jorge Navas

 ◆Shadows 短編部門(Shadows Shorts)

 ・『ある家族の一日』“Dolor(Harmsaga)”(2008/アイスランド) 監督:Valdimarr Jóhannsson
 ・“La Casa Brown”(2009/西) 監督:Isaac Berrokal
 ・“Lazarus Taxon”(2008/西) 監督:Denis Rovira
 ・“The Twin Girls of Sunset Street(Les bessones del Carrer de Ponent)”(2010/西) 監督:Marc Riba, Anna Solanas
 ・“Surveillance(Vigilancia)”(2009/西) 監督:Gonzalo Zona
 ・“Zombies and Cigarettes”(2009/西) 監督:Rafa Martínez、Iñaki San Roman
 ・“Precut Girl(Precut Girl)”(2009/仏) 監督:Eric Dinkian
 ・“The Danaides’ Barrel(Le tonneau des Danaïdes)”(2009/仏) 監督:David Guiraud
 ・“Dusk”(2009/オランダ) 監督:Erwin Olaf
 ・“Still birds(Alle fugler)”(2009/ノルウェー) 監督:Sara Eliassen
 ・“In Chambers(Bak lukkede dører)”(2008/ノルウェー) 監督:Aleksander Leines Nordaas
 ・“Flour Town”(2008/米) 監督:William Slichter

 『ある家族の一日』“Dolor(Harmsaga)”は、ショートショートフィムルフェスティバル&アジア2010にて上映されます。

 ◆特集「究極のセラピー」(Extreme Terapies)

 ・“Fear(Angst)”(2009/オランダ) 監督:Michiel van Erp
 ・“Temple of Trust(Lega maag)”(2009/オランダ) 監督:Hans Breetveld
 ・“The Way Beyond(L'enfance d'Icare)”(2009/スイス・ルーマニア) 監督:Alex Iordăchescu
 ・“David Wants to Fly”(2009/独・オーストリア・スイス) 監督:David Sieveking
 ・“Guidance”(2009/スウェーデン) 監督:Johan Jonason
 ・“Here”(2009/シンガポール) 監督:Ho Tzu Nyen

 ◆「女優という職業」特集(Profession: actress)
 女優をモチーフにした映画の特集。

 ・『女優』“Actresses(Actrices)”(2007/仏) 監督:ヴァレリア・ブルーニ=テデスキ

画像

 ・“Le bal des actrices”(2009/仏) 監督:Maiwenn Le Besco

 ・“Applause”(2009/デンマーク) 監督:Martin Zandvliet

画像

 ・“Starring Maja(Prinsessa)”(2009/スウェーデン) 監督:Teresa Fabik

画像

 ・『ロアン・リンユイ 阮玲玉』“Center Stage(Yuen Ling-Yuk)”(1991/香港) 監督:スタンリー・クワン

 ・“The Actresses(Yeobaewoodle)”(2009/韓) 監督:Lee Je-yong

画像

 ・“Ellie Parker”(2005/米) 監督:Scott Coffey

 ◆フォーカス・セレクション:イスラエル映画(Focus Israel)

 ・『迷子の警察音楽隊』“The Band’s Visit”(2007/イスラエル・仏・米) 監督:エラン・コリリン
 ・“My Father My Lord(Hofshat Kaits)”(2007/イスラエル) 監督:David Volach
 ・“Children of the Sun(Yaldei Hashemesh)”(2007/イスラエル) 監督:Ran Tal
 ・“To see if I'm smiling(Lir'ot im ani mehayechet)”(2007/イスラエル) 監督:Tamar Yarom
 ・“Lemon Tree(Etz limon)”(2008/イスラエル・独・仏) 監督:エラン・リクリス
 ・“Lebanon”(2009/イスラエル) 監督:Samuel Maoz
 ・“Ajami”(2009/イスラエル) 監督:Scandar Copti, Yaron Shani
 ・“Eyes Wide Open”(2009/イスラエル) 監督:Haim Tabakman
 ・“A film unfinished(Shtikat Haarchion)”(2009/イスラエル) 監督:Yael Hersonski
 ・サム・スピーゲル学校 最優秀短編集“Sam Spiegel School – Best of short films”( /イスラエル)

 ◆フォーカス・セレクション:チリ映画(Focus Chile)

 ・“Santa Fé Street(Calle Santa Fé)”(2007/仏・チリ・ベルギー) 監督:Carmen Castillo
 ・“Tourists(Touristas)”(2008/チリ) 監督:Alicia Scherson
 ・『トニー・マネロ』“Tony Manero”(2008/チリ・ブラジル) 監督:パブロ・ラライン
 ・“Huacho”(2009/チリ・仏・独) 監督:Alejandro Fernández Almendras
 ・“Christmas(Navidad)”(2009/チリ・仏) 監督:Sebastian Lelio
 ・“Optical Illusions(Ilusiones opticas)”(2009/チリ・仏・ポルトガル) 監督:Cristián Jiménez

 ◆オムニバス映画特集(Less is More)

 ・“15”(2008/ブルガリア) 監督:Boris Missirkov、Georgi Bogdanov、Dragomir Sholev、 Nadejda Koseva、Stefan Komandarev、Kamen Donev、Valeri Milev、アンドレイ・パウノフ(Andrey Paounov)、Ivan Moudov、Stoyan Radev、Igilka Trifonova、Dimitar "Shosho" Kotsev、Kasiel Noa Asher、Milena Andonova、Boris Despodov
 ブルガリアの過去15年間の人々の暮らしを、ブルガリアの15人の映画作家や舞台監督、ヴィジュアル・アーティストらで描いたオムニバス映画。

画像

 ・“Revolution(Revolucion)”(2010/メキシコ) 監督:Mariana Chenillo、フェルナンド・エイムビッケ、アマ・エスカランテ、ガエル・ガルシア・ベルナル、ロドリゴ・ガルシア、ディエゴ・ルナ、Gerardo Naranjo、Rodrigo Plá、カルロス・レイガダス、Patricia Riggen
 メキシコ革命100周年を記念して製作された10編のオムニバス映画。10人の監督が革命に関するエピソードをつむぎ、それがいかにこの国を変えたのかを思い出させる。
 ベルリン国際映画祭2010 ベルリン・スペシャル部門で上映。

画像

 ・『ネイバー・ゾンビ』“Neigbour Zombie(E-Ut-Gip Zombie)”(2009/韓) 監督:オ・ヨンドゥ(Oh Young-doo)、リュ・フン(Ryu Hoon)、ホン・ユングン(Hong Young-geun)、ジャン・ユンジョン(Jang Yoon-jung)
 韓国産ゾンビ映画オムニバス。ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2010で上映。

画像

 ・“Tales from Kars”(2010/トルコ) 監督:Özcan Alper、Zehra Derya Koç、Ülkü Oktay、Ahu Öztürk、Ömer Emre Akay
 東トルコにあるKarsを舞台にしたオムニバス映画。ロッテルダム国際映画祭2010で上映。

画像

 ◆HBO Day
 HBO Films製作作品を集めたプログラム。

 ・“Merry Circus(Circul vesel)”(2010/ルーマニア) 監督:Claudiu Mitcu
 ・“The World According To Ion B(Lumea văzută de Ion B.)”(2010/ルーマニア) 監督:Alexander Nanau.
 ・“The Shukar Collective Project”(2010/ルーマニア) 監督:Matei Alexandru Mocanu
 ・“Into the Storm”(2009/米・英) 監督:サディアス・オサリヴァン(Thaddeus O'Sullivan)
 ・“Taking Chance”(2009/米) 監督:Ross Katz

 ◆ハンガリアン・デイ(Hungarian Day)

 ・『カメレオン』“Chameleon(Kaméleon)”(2008/ハンガリー) 監督:クリスティナ・ゴダ
 ・“Lost Times(Utolsó idök)”(2009/ハンガリー) 監督:Áron Mátyássy
 ・“Puskás Hungary”(2009/ハンガリー) 監督:Tamás Almási
 ・“Transmission(Adás)”(2009/ハンガリー) 監督:Roland Vranik
 ・“The Muzsikas Story(Muzsikás Torténet)”(2009/ハンガリー) 監督:Péter Pál Tóth
 ・“I’m Not Your Friend(Nem vagyok a barátod)”(2009/ハンガリー) 監督:György Pálfi

 ◆児童向けプログラム「素直な驚き」(EducaTIFF "Natural Surprises")

 ・“Catcher: Cat City 2(Macskafogó 2 – A sátán macskája)”(2008/仏) 監督:Béla Ternovszky 8歳以上
 ・“Mia and The Magoo(Mia et Le Migou)”(2008/仏) 監督:Jacques-Rémy Girerd 8歳以上
 ・“The fox & The Child(Le Renard et l'Enfant)”(2007/仏) 監督:Luc Jacquet 8歳以上
 ・“Iep! Eep!”(2010/オランダ・ベルギー) 監督:Ellen Smit 8歳以上
 ・“A Tale of Two Mozzies(Cykelmyggen og Dansemyggen)”(2007/デンマーク) 監督:Jannik Hastrup、Flemming Quist Møller 8歳以上
 ・『崖の上のポニョ』“Ponyo(Gake no ue no Ponyo)”(2008/日) 監督:宮崎駿 8歳以上

 ◆児童向けプログラム「私と家族」(EducaTIFF "Me and my family")

 ・“Secret of Kells”(2009/アイルランド・ベルギー・仏) 監督:Tomm Moore、Nora Twomey 8歳以上
 ・『本当に僕じゃない!』“It's not me, I swear! (C'est pas moi, Je le jure!)”(2008/カナダ) 監督:フィリップ・ファラルドー(Philippe Falardeau) 15歳以上
 ・“The Crocodiles(Vorkstadtkrokodile)”(2009/独) 監督:Christian Ditter 11歳以上
 ・“Who's afraid of the Wolf(Kdopak by se vlka bál)”(2008/チェコ) 監督:Maria Prochazkova 8歳以上
 ・“All that I love(Wszystko, co kocham)”(2009/ポーランド) 監督:Jacek Borcuch 15歳以上
 ・“Karla and Jonas(Karla og Jonas)”(2009/デンマーク) 監督:Charlotte Sachs Bostrup 11歳以上
 ・“The Girl(Flickan)”(2009/スウェーデン) 監督:Fredrik Edfeldt 11歳以上

 ◆ルーマニア・デイ(Romanian Days)

 ・“First of All, Felicia(Felicia înainte de toate)”(2009/ルーマニア) 監督:Razvan Radulescu、Melissa de Raaf
 ・“Medal of Honor(Medalia de onoare)”(2009/ルーマニア・独) 監督:Calin Peter Netzer
 ・“Aurora”(2010/ルーマニア・仏・スイス・独) 監督:Cristi Puiu
 ・“The Autobiography of Nicolae Ceauşescu(Autobiografia lui Nicolae Ceauşescu)”(2010/ルーマニア) 監督:Andrei Ujică
 ・“Hello, How are you? (Buna, ce faci?)”(2010/ルーマニア・西・伊) 監督:Alexandru Maftei
 ・“Kino Caravan(Caravana cinematografică)”(2009/ルーマニア・独) 監督:Titus Muntean
 ・“Merry Circus(Circul vesel)”(2010/ルーマニア) 監督:Claudiu Mitcu
 ・“My Beautiful Dacia(Dacia dragostea mea)”(2009/ルーマニア) 監督:Ştefan Constantinescu、Julio Soto
 ・“If I want To whistle, I whistle(Eu când vreau să fluier, fluier)”(2010/ルーマニア・スウェーデン) 監督:Florin Şerban
 ・“Francesca”(2009/ルーマニア) 監督:Bobby Păunescu
 ・“Kapitalism - Our Improved Formula(Kapitalism, reţeta noastră secretă)”(2010/ルーマニア) 監督:Alexandru Solomon
 ・“The World According To Ion B. (Lumea văzută de Ion B.)”(2010/ルーマニア) 監督:Alexander Nanau
 ・“Tuesday, After Christmas(Marţi, după Crăciun)”(2010/ルーマニア) 監督:Radu Muntean
 ・“The Red Gloves(Mănuşile roşii)”(2009/ルーマニア) 監督:Radu Gabrea
 ・“Portrait of the Fighter as a Young Man(Portretul luptătorului la tinereţe)”(2010/ルーマニア) 監督:Constantin Popescu
 ・“The Shukar Collective Project”(2010/ルーマニア) 監督:Matei Alexandru Mocanu

 ◆ルーマニア・デイ 短編部門(Romanian Days Shorts)
 ・“10”(2010/ルーマニア) 監督:Dorian Boguţă
 ・“The Birthday(Aniversarea)”(2009/ルーマニア) 監督:Luiza Pârvu
 ・“Deaf Rock'n'Roll(Beţişoare rock'n'roll )”(2010/ルーマニア) 監督:Cristian Pascariu
 ・“Stuck on Christmas(Captivi de Crăciun)”(2010/ルーマニア) 監督:Iulia Rugină
 ・“The Cage(Colivia)”(2010/ルーマニア) 監督:Adrian Sitaru
 ・“Caviar(Icre negre)”(2009/ルーマニア) 監督:Răzvan Savescu
 ・“Troleibuzul 92”(2009/ルーマニア) 監督:Ştefan Constantinescu
 ・“Lord”(2010/ルーマニア) 監督:Adrian Sitaru
 ・“Music in the blood(Muzica în sânge)”(2009/ルーマニア) 監督:Alexandru Mavrodineanu
 ・“Urban Grove”( /ルーマニア) 監督:Ruxandra Ghiţescu
 ・“Train of Hunger(Trenul foamei)”(2010/ルーマニア) 監督:Viorel Timaru
 ・“Timi”(2009/ルーマニア) 監督:Cristi Iftime
 ・“Mother of God from the ground floor(Maica Domnului de la parter)”(2009/ルーマニア) 監督:Andrei Cohn
 ・“Doll's Eye(Ochiul păpuşii)”( /ルーマニア) 監督:Doru Drăgoi、Bogdan Drăgoi
 ・“Mátyás, Mátyás”( /ルーマニア) 監督:Cecilia Felméri
 ・“Kings of the Castle(Zmeii)”(2010/ルーマニア) 監督:Vlad Ilicevici、Andrei Tănase
 ・“Rebel Rebel”(2009/ルーマニア) 監督:Mihai Bauman、Alexandru Belc
 ・“Quest(Căutare)”(2009/ルーマニア) 監督:Ionuţ Piţurescu

 ◆特別招待部門/Unirii Square Screenings

 ・『バーリア』“Baaria”(2009/伊・仏) 監督:ジュゼッペ・トルナトーレ
 ・『Soul Kitchen』“Soul Kitchen”(2009/独) 監督:ファティ・アキン
 ・“Puskás Hungary”(2009/ハンガリー) 監督:Tamás Almási
 ・“Declaratie de dragoste”(1985/ルーマニア) 監督:Nicolae Corjos
 ・“If I want To whistle, I whistle(Eu când vreau să fluier, fluier)”(2010/ルーマニア・スウェーデン) 監督:Florin Şerban
 ・“Zaza”(2009/ロシア) 監督:Andrei Silkin
 ・“A Matter of Size”(2009/イスラエル・仏・独) 監督:Sharon Maymon、Erez Tadmor
 ・『ロード、ムービー』“Road, Movie”(2009/インド・米) 監督:デーウ・ベネガル
 ・“Haeundae”(2009/韓) 監督:Yun Je-gyun
 ・『クレイジー・ハート』“Crazy Heart”(2009/米) 監督:スコット・クーパー

 ◆スペシャル・イベント

 ・アンディ・ウォーホル 『スクリーン・テスト』(13 Most Beautiful Songs... a Soundtrack for Andy Warhol Screen Tests)
 1964年から66年にかけて、ファクトリーを訪れた有名無名の500名の人をウォホールが写した“Screen Test”(サイレント&白黒)。それは、全編で2時間半に及ぶ長さとなり、編集されて短編映画として仕上げられる。
 今回は、その“Screen Test”が、ニューヨークで活躍するルーマニア人ピアニストLucian Ban、グラミー賞にもノミネートされたことがあるバイオリン奏者Mat Maneri、サウンド・デザイナーで作曲家のSilent Strike、ヴィジュアル・アーティストDan Basuによるパフォーマンス(13曲の演奏)つきで、上映されます。

画像

 ・『メトロポリス 修復完全版』上映(Metropolis: a must see event-screening, at TIFF 2010)
 2008年にブエノスアイレスで発見された完全な長さの『メトロポリス』(1927/監督:フリッツ・ラング)は、修復されて、2010年2月にベルリン国際映画祭でお披露目されていますが、それが、ドイツ以外で、上映されるのは、香港に次いで、2度目で、今回は、音楽家Antonio Brasによるライブ演奏つきで上映されます。

画像

--------------------------------

 昨年と今年のラインナップを比べると、いくつかの変更点が見られます。

 ・ルーマニア・デイを長編部門と短編部門に分けて、上映本数も増やして、内容の充実を図る。

 ・Shadows部門も2つに分けて、短編部門を強化している。

 ・Children Days部門を、2つのEducaTIFF部門に組み替え、それぞれテーマを設ける。

 ・特別招待部門に当たるSupernova部門を廃止し、Unirii Square Screeningsに編成し直して、こちらは規模を縮小する。

 最初に、Supernova部門がなくなってしまっていることに気づいた時は、トランシルヴァニア国際映画祭も作品が集めにくくなっているのかなと思いましたが、全体としては、その他の特集が充実しているので、一般の映画館の商業公開で観られるかもしれないそういった作品を減らしてでも、特集に力を入れたかったのだと考えることができそうです。

 国別特集は、昨年は、イタリア、ポーランド、フィンランド、モルドヴァでしたが、今年は、イスラエルとチリが選ばれています。(ルーマニアとハンガリーは常設プログラムです。)
 イスラエルとチリは、どちらも面白い動きを見せている国の1つなので、タイムリーな企画なのではないかと思われます。

 女優を題材とした特集、オムニバス映画の特集も面白そうです。
 “Revolution(Revolucion)”あたりは、日本でも映画祭で上映してもらえそうな予感がありますが、どうでしょうか。

 日本からの出品作は、『崖の上のポニョ』1本のみです。

 昨年のこの映画祭では、“Herb and Dorothy”が上映されましたが、今年はドキュメンタリー部門自体がなくなってしまいました。

 なお、今回は、当ブログで既出の作品も多くて、上映作品に関する情報は、タイトル、監督名、国籍の列記にとどめましたが、受賞結果が出たら、もう少し詳しく各作品の内容を紹介したいと思っています。

 *トランシルヴァニア国際映画祭もなかなか面白そうだと思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 画像
 ↑ ↑ ↑ ↑
 応援してね!

 *当ブログ記事
 ・第6回ブカレスト国際映画祭 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201005/article_3.html
 ・トランシルヴァニア国際映画祭2009 ラインナップ:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200905/article_15.html
 ・トランシルヴァニア国際映画祭2009 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200906/article_10.html
 ・映画祭&映画賞スケジュール表 2009年12月~2010年5月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200912/article_32.html

 追記:
 トランシルヴァニア国際映画祭2010 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201006/article_9.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック