スロヴァキア・アカデミー賞2010 ノミネーション 発表!

 スロヴァキア・アカデミー賞(SFTA:Slovenskej filmovej a televíznej akadémie/スロヴァキア映画テレビ・アカデミー賞)2010のノミネーションが発表になりました。(3月14日)

 スロヴァキア・アカデミー賞が発表になってることはCineuropaが報じているのを見て知っていて、主なノミネート作品もわかってはいたんですが、公式サイトがどこにあるかわからず、また、ノミネーション・リストが載っているらしいサイトがわかってもスロヴァキア語オンリーで、英語への変換機能がなかったりしたので、どうしたものかと思っていました。

 ただ、こうしたリストには定型があるものだし、同じ単語が繰り返し出てきたりもするので、何とか、下記の通り、解読することができました (笑) 。どうやらスロヴァキア語では、人名でも、文中にあると、語尾に接尾語か何かがついて、見た目が変わってしまうらしい、とか、いろいろわかってきたんですが……。

 スロヴァキア映画に関して、そうまでして日本語に書き出す意味があるかどうかはわかりませんが、スロヴァキア映画はチェコ映画と深いつながりがあるし、まあ、ちょっとした意地みたいなもの、もありますね~。

 下記リストには、過去1年の間に当ブログに登場したいくつかのタイトル(=世界各地の映画祭で話題になった作品)が挙がってきたりしていますし、久々に東欧に戻ったアニエスカ・ホランドの作品もあります(アニエスカ・ホランドはポーランド人ですが、チェコスロヴァキアのFAMUで映画を学んでいます)。

 ちなみに、元にしたスロヴァキア語のサイトはここです:http://www.kinema.sk/news.asp?id=5634

--------------------------------

 ◆作品賞
 ・“Líštičky(Little Foxes)” 監督:Mira Fornayová
 ・“Nedodržaný sľub(Broken Promise)” 監督:Jirí Chlumský
 ・“Pokoj v duši(Soul at Peace)” 監督:Vladimír Balko

 “Líštičky(Little Foxes)”は、ワルシャワ国際映画祭2009 1-2コンペティション部門出品。
 “Nedodržaný sľub(Broken Promise)”は、米国アカデミー賞2010外国語映画賞スロヴァキア代表。上海国際映画祭2009出品。
 “Pokoj v duši(Soul at Peace)”は、カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭2009 コンペティション部門出品。

 ◆ドキュメンタリー賞
 ・“Ako sa varia dejiny(Cooking History)” 監督:Péter Kerekes
 ・“Hranica(The Border)” 監督:Jaroslav Vojtek
 ・“Osadné” 監督:Marko Skop
 ・“Slepé lásky(Blind Loves)” 監督:Juraj Lehotsky

 “Ako sa varia dejiny(Cooking History)”は、シカゴ国際映画祭2009 ドキュフェスト部門 ゴールド・ヒューゴー賞受賞。カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭2009 ドキュメンタリー部門アウト・オブ・コンペティション出品。
 “Osadné”は、カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭2009 ドキュメンタリー部門30分以上の部グランプリ受賞。
 “Slepé lásky(Blind Loves)”は、カンヌ国際映画祭2008監督週間出品。CICAE (Art et Essai)賞受賞。

 ◆監督賞
 ・Jaroslav Vojtek “Hranica(The Border)”
 ・Marko Skop “Osadné”
 ・Juraj Lehotsky “Slepé lásky(Blind Loves)”

 ◆主演男優賞(Najlepším hercom v hlavnej úlohe)
 ・Attila Mokos “Pokoj v duši(Soul at Peace)”
 ・カレル・ローデン(Karel Roden) “Bathory”(監督:Juraj Jakubisko)
 ・Samuel Spišák “Nedodržaný sľub(Broken Promise)”

 “Bathory”は、モスクワ国際映画祭2009 GALAスクリーニングで上映。第16回チェコ・ライオン美術賞受賞。
 カレル・ローデンは、『15ミニッツ』『バレット モンク』『ヘルボーイ』など、国際的に活躍している男優。

 ◆主演女優賞(Najlepšou herečkou v hlavnej úlohe)
 ・Réka Derzsi “Líštičky(Little Foxes)”
 ・アンナ・フリエル(Anna Friel) “Bathory”
 ・Ina Gogálová “Nedodržaný sľub(Broken Promise)”
 ・Tereza Nvotová “Tango s komármi(The Tango with Mosquitos)”(監督:Miloslav Luther)

 アンナ・フリエルは、『真夏の夜の夢』(1999)、『マネー・トレーダー』、『タイムライン』、『GOAL!』、『GOAL!2』、『マーシャル博士の恐竜ランド』などで知られるイギリス人女優。

 ◆助演男優賞
 ・ロマン・ルクナール(Roman Luknár) “Pokoj v duši(Soul at Peace)”
 ・オンドジェイ・ヴェトヒー(Ondřej Vetchý) “Nedodržaný sľub(Broken Promise)”
 ・Robert Więckiewicz “Pokoj v duši(Soul at Peace)”

 ロマン・ルクナールは、『ガーデン』(1995)などで知られる男優。
 オンドジェイ・ヴェトヒーは、『コーリャ愛のプラハ』『ダーク・ブルー』などで知られる男優。

 ◆助演女優賞
 ・Tereza Brodská “Tango s komármi(The Tango with Mosquitos)”
 ・Helena Krajčiová “Pokoj v duši(Soul at Peace)”
 ・Zuzana Kronerová “Hodinu nevieš(Unknown Hour)”(監督:Dan Svátek)

 ◆脚本賞(NAJLEPŠÍ SCENÁR)
 ・Jiří Křižan “Pokoj v duši(Soul at Peace)”
 ・Juraj Lehotský、Marek Leščák “Slepé lásky(Blind Loves)”
 ・Jaroslav Vojtek、Marek Leščák “Hranica(The Border)”

 ◆撮影賞(NAJLEPŠÍ KAMERAMANSKÝ VÝKON)
 ・Ján Ďuriš “Nedodržaný sľub(Broken Promise)”
 ・Juraj Chlpík “Slepé lásky(Blind Loves)”
 ・Martin Kollár “Ako sa varia dejiny(Cooking History)”
 ・Martin Štrba “Pokoj v duši(Soul at Peace)”

 Ján Ďurišは“Bathory”の撮影も手がけています。

 ◆編集賞(NAJLEPŠÍ FILMOVÝ STRIH)
 ・František Krähenbiel “Osadné”
 ・František Krähenbiel “Slepé lásky(Blind Loves)”
 ・Marek Šulík “Ako sa varia dejiny(Cooking History)”

 ◆芸術貢献賞(NAJLEPŠÍ VÝTVARNÝ POČIN)
 ・Anita Hroššová、Lilianna Gałązka(メイキャップ) “Jánošik. Pravdivá história”(監督:Kasia Adamik、アニエスカ・ホランド)
 ・Juraj Jakub(Broken Promise)isko “Bathory”
 ・František Lipták、Marek Zawierucha(建築) “Jánošik. Pravdivá história”
 ・Juraj Steiner “Nedodržaný sľub(Broken Promise)”

 ◆衣裳賞(NAJLEPŠIE NÁVRHY KOSTÝMOV)
 ・Anita Hroššová、Magdalena Tesławska “Jánošik. Pravdivá história”
 ・Jaroslava Pecharová “Bathory”
 ・Simona Vachálková “Nedodržaný sľub(Broken Promise)”

 ◆音響賞(NAJLEPŠÍ FILMOVÝ ZVUK)
 ・František Krähenbiel “Slepé lásky(Blind Loves)”
 ・Jan Paul “Pokoj v duši(Soul at Peace)”
 ・Martin Večeřa “Nedodržaný sľub(Broken Promise)”

 ◆オリジナル映画音楽賞(NAJLEPŠIA PÔVODNÁ FILMOVÁ HUDBA)
 ・Jan Jirásek、マイモン・ボスウェル(Simoon Boswell)、MAOK “Bathory”
 ・ミハウ・ロレンツ(Michał Lorenc) “Pokoj v duši(Soul at Peace)”
 ・Michal Ničík “Nedodržaný sľub(Broken Promise)”
 ・マレク・ピアチェク(Marek Piaček) “Ako sa varia dejiny(Cooking History)”

 サイモン・ボスウェルは、『フェノミナ』『アクエリアス』『バンパイア/最後の晩餐』『ヤング・ソウル・レベルズ』『シャロウ・グレイブ』『ダウンタイム』『素肌の涙』『スリーピング・ディウショナリー』などで知られる音楽家。
 ミハウ・ロレンツは、『天国への300マイル』『ブラッド&ワイン』『欲望の媚薬』などの音楽を手がける音楽家。

 ◆アニメーション賞(Najlepším animovaným filmom)
 ・“About Socks and Love” Michaela Čopíková
 ・“Chyťte ho!( Catch him!)” Borisa Šimu
 ・“Pružinka(Springs)” Michal Meszároš

 ◆短編映画賞
 ・“Ďakujem(Thank You)” Mátyás Prikler
 ・“Obedár ” Ľubomíra Mihailo Kocku
 ・“Otec(The Father)” Lukáš Hanulák

 ◆外国映画賞(Najlepším zahraničným filmom)
 ・『4カ月、3週と2日』“4 mesiace, 3 týždne a 2 dni”(ルーマニア) 監督:クリスティアン・ムンジウ
 ・『カラマーゾフ兄弟』“Karamazovovci”(チェコ・ポーランド) 監督:ペトル・ゼレンカ
 ・『カティンの森』“Katyň”(ポーランド) 監督:アンジェイ・ワイダ

--------------------------------

 主な作品のノミネート状況は、以下の通りです。

 ・“Nedodržaný sľub(Broken Promise)”(9):作品・主演男優・主演女優・助演男優・撮影・芸術・芸術・音響・音楽
 ・“Pokoj v duši(Soul at Peace)”(9):作品・主演男優・助演男優・助演男優・助演女優・脚本・撮影・音響・音楽
 ・“Slepé lásky(Blind Loves)”(6):ドキュメンタリー・監督・脚本・撮影・編集・音響
 ・“Bathory”(5):主演男優・主演女優・衣裳・芸術・音楽
 ・“Ako sa varia dejiny(Cooking History)”(4):ドキュメンタリー・撮影・編集・音楽
 ・“Hranica(The Border)”(3):ドキュメンタリー・監督・脚本
 ・“Osadné”(3):ドキュメンタリー・監督・編集
 ・“Jánošik. Pravdivá história”(3):衣裳・芸術・芸術
 ・“Tango s komármi(The Tango with Mosquitos)”(2):主演女優・助演女優
 ・“Líštičky(Little Foxes)”(2):作品・主演女優
 ・“Hodinu nevieš(Unknown Hour)”(1):助演女優

 社会主義国や旧社会主義国、発展途上国には、ドキュメンタリーの製作が盛んな国が多く、フィクションよりもドキュメンタリーを重んじる傾向がありますが、スロヴァキアもその例にもれず、主要部門の多くにドキュメンタリー作品が顔を出しています。国際的に評価が高い作品もドキュメンタリー作品に多いようです。

 フィクションでも実話をベースにした作品が多いようです。

 あと、チェコや、その他ヨーロッパ諸国との共同製作作品も多いですね。

 日本で、きちんとした形で紹介されているスロヴァキアの監督は、マルティン・シュリークくらいしかいませんが、国際的なプロジェクトが進めば、スロヴァキアの監督もどんどん前に押し出されてきて、いずれ日本に紹介されることになるかもしれません。

--------------------------------

 以下に、主だったノミネート作品について簡単に紹介しておきたいと思います。

 ・“Nedodržaný sľub(Broken Promise)”(スロヴァキア・チェコ・米)
 監督:Jirí Chlumský
 出演:Samuel Spišák、Ina Gogálová、オンドジェイ・ヴェトヒー(Ondřej Vetchý)
 物語:実話に基づく物語。ユダヤ人の少年マルティン・フリードマンは、ナチスの脅威にも気づかず、親族が1人また1人と強制収容所に入れられるのを見て、自主的に収容所に行くが、そこに行ってはじめてそこには全く逃げ場がないということを知る。しかし、彼にはサッカーの才能があったことから、収容所長に認められて生き延び、結核患者のサナトリウムから修道院へと転々とする……。
 米国アカデミー賞2010外国語映画賞スロヴァキア代表。上海国際映画祭2009出品。

画像

 ・ “Pokoj v duši(Soul at Peace)”(スロヴァキア)
 監督:Vladimír Balko
 出演:Attila Mokos、ロマン・ルクナール(Roman Luknár)、Robert Więckiewicz、Helena Krajčiová
 物語:トノは、40代の男性で、刑務所での服役を終えて出てきたばかり。新しく人生をやり直すつもりでいたが、妻には疎んじられ、5歳の息子がいることも教えてもらっていなかったということを知る。仕事を得ようにも、前科者ということで敬遠され、なかなか見つからない。旧友と再会したことで、“仕事”にありつくが、彼は勇気を持って、そこから抜け出す決心をする。
 カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭2009 コンペティション部門出品。

画像

 ・ “Slepé lásky(Blind Loves)”(スロヴァキア)
 監督:Juraj Lehotsky
 目の不自由な人どうしの恋愛に関するドキュメンタリー。
 カンヌ国際映画祭2008監督週間出品。CICAE (Art et Essai)賞受賞。

画像

 ・ “Bathory(バートリー)” (スロヴァキア・チェコ・英・ハンガリー)
 監督:Juraj Jakubisko
 出演:カレル・ローデン(Karel Roden)、アンナ・フリエル
 ハンガリーに実在した殺人鬼エリザベス・バートリー(1560-1614)の物語。
 モスクワ国際映画祭2009 GALAスクリーニングで上映。
 第16回チェコ・ライオン4部門ノミネート、美術賞・ボックス・オフィス賞受賞。

画像


 ・ “Ako sa varia dejiny(Cooking History)” (スロヴァキア・チェコ・オーストリア・フィンランド)
 監督:Péter Kerekes
 数千人もの兵士の腹を満たし、戦闘での士気にも大きく作用する軍隊での料理。本作では、フランスからバルカン半島、ロシア、第二次世界大戦から現在に至る、軍隊での料理にスポットライトを当てる。
 カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭2009 アウト・オブ・コンペティション ドキュメンタリー部門出品。
 シカゴ国際映画祭2009 ドキュフェスト部門 ゴールド・ヒューゴー賞受賞。
 バンクーバー国際映画祭2009 長編ドキュメンタリー部門出品。
 ヨーロッパ映画賞2009 ドキュメンタリー賞ノミネート。
 ソフィア国際映画祭2010最優秀ドキュメンタリー賞受賞。

画像

 ・ “Osadné” (スロヴァキア・チェコ)
 監督:Marko Skop
 物語:スロヴァキアの小さな村Osadnéの東方教会司祭と、その村長、そして活動家の3人が、村の未来を賭けて、ブリュッセルで開催されるヨーロッパ議会に向かう……。
 カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭2009 ドキュメンタリー部門30分以上の部グランプリ受賞。

画像

 ・ “Jánošik. Pravdivá história”(ポーランド・スロヴァキア・チェコ)
 監督:Kasia Adamik、アニエスカ・ホランド
 出演:Václav Jirácek、Ivan Martinka、Michal Zebrowski
 物語:18世紀に、ポーランド-スロヴァキア国境あたりを徘徊していた“スロヴァキアのロビン・フッド”こと、ユライ・ヤノシックの物語。

画像

 ジャンル映画は一切ないし、トレンディーとかおしゃれなことにも全く無縁で、野趣に満ちているというか、「どっこい生きてる」というような主張のある作品が多い、という印象でしょうか。

 チェコとの合作も多いので、そういう作品も含まれば、案外、スロヴァキア映画を観てることになると思いますが(『ルナシー』とか『英国給仕人に乾杯!』とか『屋根裏のポムネンカ』とかもそう)、純粋な長編スロヴァキア映画は日本で10本も上映されていないかもしれませんね。私個人では、指折り数えて、『大通りの店』とマルティン・シュリーク3本と『コウノトリの帰還』の5本です、たぶん。

 ちなみに、2009年はスロヴァキアで日本映画祭が開催されていて、『ぼくんち』『半落ち』『空中庭園』『パッチギ!』『ガラスのうさぎ』(2005)という5作品が上映されています(すべて英語字幕で)。いったい、日本のどんな面を見せたいんだ?ってセレクションにちょっと疑問を感じたりもしますが……。

 スロヴァキア・アカデミー賞の受賞結果の発表は、4月27日です。

 *スロヴァキア映画もちょっと面白そうかな?と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 画像
 ↑ ↑ ↑ ↑
 応援してね!

 *当ブログ記事
 ・2009年度映画賞レース スケジュール表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200912/article_32.html

 追記:
 スロヴァキア・アカデミー賞2010 結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201004/article_29.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック