2009年度映画賞の結果をまとめてみました! アメリカ編

 2009年内に発表された2009年度の全米の映画賞の結果についてまとめてみました。

画像

 ◆作品賞
 1.ゴッサム・アワード:『ハート・ロッカー』 監督:キャスリン・ビグロー
 2.ナショナル・ボード・オブ・レビュー:『マイレージ、マイライフ』 監督:ジェイソン・ライトマン
 3.ワシントンDC映画批評家協会賞:『マイレージ、マイライフ』
 4.女性映画批評家協会賞:最優秀女性映画賞(Best Movie About Women ) 『ココ・アヴァン・シャネル』“Coco Before Chanel” 監督:アンヌ・フォンテーヌ
 “My One And Only” 監督:リチャード・ロンクレイン
 5.女性映画ジャーナリスト同盟映画賞:『ハート・ロッカー』
 6.ボストン映画批評家協会賞:『ハート・ロッカー』
 7.LA映画批評家協会賞:『ハート・ロッカー』
 8.NY映画批評家協会賞オンライン:『アバター』 監督:ジェームズ・キャメロン
 9.NY映画批評家協会賞:『ハート・ロッカー』
 10.サウス・イースタン映画批評家協会賞:『マイレージ、マイライフ』
 11.インディアナ映画批評家協会賞:『マイレージ、マイライフ』
 12.サンフランシスコ映画批評家協会賞:『ハート・ロッカー』
 13.サンディエゴ映画批評家協会賞:『イングロリアス・バスターズ』 監督:クエンティン・タランティーノ
 14.オースティン映画批評家協会賞:『ハート・ロッカー』
 15.トロント映画批評家協会賞:『ハンガー』 監督:スティーヴ・マックイーン
 『イングロリアス・バスターズ』
 16.アフロ・アメリカン映画批評家協会賞:『プレシャス』 監督:リー・ダニエルズ
 17.ダラス・フォートワース映画批評家協会賞:『マイレージ、マイライフ』
 18.ユタ映画批評家協会賞:『マイレージ、マイライフ』
 19.ラスベガス映画批評家協会賞:『ハート・ロッカー』
 20.デトロイト映画批評家協会賞:『カールじいさんの空飛ぶ家』
 21.ヒューストン映画批評家協会賞:『ハート・ロッカー』
 22.サテライト・アワード:ドラマ部門『ハート・ロッカー』、コメディー/ミュージカル部門『NINE』
 23.シカゴ映画批評家協会賞:『ハート・ロッカー』
 24.フロリダ映画批評家協会賞:『マイレージ、マイライフ』
 25.セントルイス映画批評家協会賞:『マイレージ、マイライフ』
 26.フェニックス映画批評家協会賞:『イングロリアス・バスターズ』
 27.オクラホマ映画批評家協会賞:『ハート・ロッカー』

 ◆監督賞
 2.NBR:クリント・イーストウッド 『インビクタス/負けざる者たち』
 3.ワシントン:キャスリン・ビグロー 『ハート・ロッカー』
 4.女性批評家(Best Movie By A Woman):ノラ・エフロン 『ジュリー&ジュリア』
 5.女性ジャーナリスト:キャスリン・ビグロー 『ハート・ロッカー』
 6.ボストン:キャスリン・ビグロー 『ハート・ロッカー』
 7.LA:キャスリン・ビグロー 『ハート・ロッカー』
 8.NYオンライン:キャスリン・ビグロー 『ハート・ロッカー』
 9.NY:キャスリン・ビグロー 『ハート・ロッカー』
 10.サウス・イースタン:キャスリン・ビグロー 『ハート・ロッカー』
 11.インディアナ:スパイク・ジョーンズ 『かいじゅうたちのいるところ』
 12.サンフランシスコ:キャスリン・ビグロー 『ハート・ロッカー』
 13.サンディエゴ:クエンティン・タランティーノ 『イングロリアス・バスターズ』
 14.オースティン:キャスリン・ビグロー 『ハート・ロッカー』
 15.トロント:キャスリン・ビグロー 『ハート・ロッカー』
 16.アフロ・アメリカン:リー・ダニエルズ 『プレシャス』
 17.ダラス・フォートワース:ジェイソン・ライトマン 『マイレージ、マイライフ』
 18.ユタ:ジェイソン・ライトマン 『マイレージ、マイライフ』
 19.ラスベガス:キャスリン・ビグロー 『ハート・ロッカー』
 20.デトロイト:ピート・ドクター 『カールじいさんの空飛ぶ家』
 21.ヒューストン:キャスリン・ビグロー 『ハート・ロッカー』
 22.サテライト:キャスリン・ビグロー 『ハート・ロッカー』
 23.シカゴ:キャスリン・ビグロー 『ハート・ロッカー』
 24.フロリダ:ジェイソン・ライトマン 『マイレージ、マイライフ』
 25.セントルイス:キャスリン・ビグロー 『ハート・ロッカー』
 26.フェニックス:クエンティン・タランティーノ 『イングロリアス・バスターズ』
 27.オクラホマ:キャスリン・ビグロー 『ハート・ロッカー』

 ◆主演男優賞
 2.NBR:モーガン・フリーマン 『インビクタス/負けざる者たち』
 ジョージ・クルーニー 『マイレージ、マイライフ』
 3.ワシントン:ジョージ・クルーニー 『マイレージ、マイライフ』
 4.女性批評家:ベン・フォスター “The Messenger”
 5.女性ジャーナリスト:ジェフ・ブリッジス “Crazy Heart”
 6.ボストン:ジェレミー・レナー 『ハート・ロッカー』
 7.LA:ジェフ・ブリッジス “Crazy Heart”
 次点:コリン・ファース 『シングル・マン』
 8.NYオンライン:ジェフ・ブリッジス “Crazy Heart”
 9.NY:ジョージ・クルーニー 『マイレージ、マイライフ』&“Fantastic Mr.Fox”
 10.サウス・イースタン:ジョージ・クルーニー 『マイレージ、マイライフ』
 11.インディアナ:ジョージ・クルーニー 『マイレージ、マイライフ』
 12.サンフランシスコ:コリン・ファース 『シングル・マン』
 13.サンディエゴ:コリン・ファース 『シングル・マン』
 14.オースティン:コリン・ファース 『シングル・マン』
 15.トロント:ニコラス・ケイジ 『バッド・ルーテナント』
 16.アフロ・アメリカン:モーガン・フリーマン 『インビクタス/負けざる者たち』
 17.ダラス・フォートワース:ジョージ・クルーニー 『マイレージ、マイライフ』
 18.ユタ:ヴィゴ・モーテンセン “The Road”
 19.ラスベガス:ジェレミー・レナー 『ハート・ロッカー』
 20.デトロイト:コリン・ファース 『シングル・マン』
 21.ヒューストン:ジョージ・クルーニー 『マイレージ、マイライフ』
 22.サテライト:ドラマ部門 ジェレミー・レナー 『ハート・ロッカー』、コメディー/ミュージカル部門 マイケル・ストゥルバーグ “A Serious Man”
 23.シカゴ:ジェレミー・レナー 『ハート・ロッカー』
 24.フロリダ:ジョージ・クルーニー 『マイレージ、マイライフ』
 25.セントルイス:ジョージ・クルーニー 『マイレージ、マイライフ』
 26.フェニックス:ジョージ・クルーニー 『マイレージ、マイライフ』
 27.オクラホマ:ジョージ・クルーニー 『マイレージ、マイライフ』

 ◆主演女優賞
 2.NBR:ケアリー・マリガン “An Education”
 3.ワシントン:ケアリー・マリガン “An Education”
 4.女性批評家:アビー・コーニッシュ “Bright Star”
 5.女性ジャーナリスト:ケアリー・マリガン “An Education”
 6.ボストン:メリル・ストリープ 『ジュリー&ジュリア』
 7.LA:ヨランド・モロー “Seraphine”
 8.NYオンライン:メリル・ストリープ 『ジュリー&ジュリア』
 9.NY:メリル・ストリープ 『ジュリー&ジュリア』
 10.サウス・イースタン:メリル・ストリープ 『ジュリー&ジュリア』
 11.インディアナ:ケアリー・マリガン “An Education”
 12.サンフランシスコ:メリル・ストリープ 『ジュリー&ジュリア』
 13.サンディエゴ:ミシェル・モナハン “Trucker”(監督:James Mottern)
 14.オースティン:メラニー・ロラン 『イングロリアス・バスターズ』
 15.トロント:ケアリー・マリガン “An Education”
 16.アフロ・アメリカン:Nicole Beharie “American Violet”(監督:Tim Disney)
 17.ダラス・フォートワース:ケアリー・マリガン “An Education”
 18.ユタ:ケアリー・マリガン 『マイレージ、マイライフ』
 19.ラスベガス:ギャバリー・シディビー 『プレシャス』
 20.デトロイト:ギャバリー・シディビー 『プレシャス』
 21.ヒューストン:ケアリー・マリガン “An Education”
 22.サテライト:ドラマ部門 ショーレ・アグダシュルー “The Stoning of Soraya M.”、コメディー/ミュージカル部門 メリル・ストリープ 『ジュリー&ジュリア』
 23.シカゴ:ケアリー・マリガン “An Education”
 24.フロリダ:ギャバリー・シディビー 『プレシャス』
 25.セントルイス:ケアリー・マリガン “An Education”
 26.フェニックス:メリル・ストリープ 『ジュリー&ジュリア』
 27.オクラホマ:メリル・ストリープ 『ジュリー&ジュリア』

 ◆助演男優賞
 2.NBR:ウディ・ハレルソン “The Messenger”
 3.ワシントン:クリストフ・ヴァルツ 『イングロリアス・バスターズ』
 5.女性ジャーナリスト:クリストフ・ヴァルツ 『イングロリアス・バスターズ』
 6.ボストン:クリストフ・ヴァルツ 『イングロリアス・バスターズ』
 7.LA:クリストフ・ヴァルツ 『イングロリアス・バスターズ』
 8.NYオンライン:クリストフ・ヴァルツ 『イングロリアス・バスターズ』
 9.NY:クリストフ・ヴァルツ 『イングロリアス・バスターズ』
 10.サウス・イースタン:クリストフ・ヴァルツ 『イングロリアス・バスターズ』
 11.インディアナ:クリストフ・ヴァルツ 『イングロリアス・バスターズ』
 12.サンフランシスコ:クリスチャン・マッケイ “Me and Orson Welles”
 13.サンディエゴ:クリストフ・ヴァルツ 『イングロリアス・バスターズ』
 14.オースティン:クリストフ・ヴァルツ 『イングロリアス・バスターズ』
 15.トロント:クリストフ・ヴァルツ 『イングロリアス・バスターズ』
 16.アフロ・アメリカン:アンソニー・マッキー 『ハート・ロッカー』
 17.ダラス・フォートワース:クリストフ・ヴァルツ 『イングロリアス・バスターズ』
 18.ユタ:クリスチャン・マッケイ “Me and Orson Welles”
 19.ラスベガス:クリストフ・ヴァルツ 『イングロリアス・バスターズ』
 20.デトロイト:クリストフ・ヴァルツ 『イングロリアス・バスターズ』
 21.ヒューストン:クリストフ・ヴァルツ 『イングロリアス・バスターズ』
 22.サテライト:クリストフ・ヴァルツ 『イングロリアス・バスターズ』
 23.シカゴ:クリストフ・ヴァルツ 『イングロリアス・バスターズ』
 24.フロリダ:クリストフ・ヴァルツ 『イングロリアス・バスターズ』
 25.セントルイス:クリストフ・ヴァルツ 『イングロリアス・バスターズ』
 26.フェニックス:クリストフ・ヴァルツ 『イングロリアス・バスターズ』
 27.オクラホマ:クリストフ・ヴァルツ 『イングロリアス・バスターズ』

 ◆助演女優賞
 2.NBR:アナ・ケンドリック 『マイレージ、マイライフ』
 3.ワシントン:モニーク 『プレシャス』
 5.女性ジャーナリスト:モニーク 『プレシャス』
 6.ボストン:モニーク 『プレシャス』
 7.LA:モニーク 『プレシャス』
 8.NYオンライン:モニーク 『プレシャス』
 9.NY:モニーク 『プレシャス』
 10.サウス・イースタン:モニーク 『プレシャス』
 11.インディアナ:モニーク 『プレシャス』
 12.サンフランシスコ:モニーク 『プレシャス』
 13.サンディエゴ:サマンサ・モートン “The Messenger”
 14.オースティン:アナ・ケンドリック 『マイレージ、マイライフ』
 15.トロント:アナ・ケンドリック 『マイレージ、マイライフ』
 16.アフロ・アメリカン:モニーク 『プレシャス』
 17.ダラス・フォートワース:モニーク 『プレシャス』
 18.ユタ:モニーク 『プレシャス』
 19.ラスベガス:モニーク 『プレシャス』
 20.デトロイト:モニーク 『プレシャス』
 21.ヒューストン:アナ・ケンドリック 『マイレージ、マイライフ』
 22.サテライト:モニーク 『プレシャス』
 23.シカゴ:モニーク 『プレシャス』
 24.フロリダ:モニーク 『プレシャス』
 25.セントルイス:モニーク 『プレシャス』
 26.フェニックス:モニーク 『プレシャス』
 27.オクラホマ:モニーク 『プレシャス』

 ◆オリジナル脚本賞/脚本賞
 2.NBR:“A Serious Man” ジョエル&イーサン・コーエン
 3.ワシントン:『イングロリアス・バスターズ』 クエンティン・タランティーノ
 5.女性ジャーナリスト:『(500)日のサマー』 スコット・ノイスタッター、マイケル・H・ウェバー
 6.ボストン:“A Serious Man” ジョエル&イーサン・コーエン
 7.LA:『マイレージ、マイライフ』 ジェイソン・ライトマン、シェルドン・ターナー
 8.NYオンライン:『イングロリアス・バスターズ』 クエンティン・タランティーノ
 9.NY:“In the Loop” Jesse Armstrong、Simon Blackwell、Armando Iannucci、Tony Roche
 10.サウス・イースタン:『(500)日のサマー』 スコット・ノイスタッター、マイケル・H・ウェバー
 11.インディアナ:『マイレージ、マイライフ』 ジェイソン・ライトマン、シェルドン・ターナー
 12.サンフランシスコ:『イングロリアス・バスターズ』 クエンティン・タランティーノ
 13.サンディエゴ:『イングロリアス・バスターズ』 クエンティン・タランティーノ
 14.オースティン:『イングロリアス・バスターズ』 クエンティン・タランティーノ
 15.トロント:『イングロリアス・バスターズ』 クエンティン・タランティーノ
 『マイレージ、マイライフ』 ジェイソン・ライトマン、シェルドン・ターナー
 16.アフロ・アメリカン:『プレシャス』 ジェフリー・フレッシャー
 『プリンセスと魔法のキス』 ロン・クレメンツ、ジョン・マスカー、ロブ・エドワーズ
 17.ダラス・フォートワース:『マイレージ、マイライフ』 ジェイソン・ライトマン、シェルドン・ターナー
 18.ユタ:“Fantastic Mr.Fox” ウェス・アンダーソン、ノア・バウムバック
 19.ラスベガス:『(500)日のサマー』 スコット・ノイスタッター、マイケル・H・ウェバー
 21.ヒューストン:『マイレージ、マイライフ』 ジェイソン・ライトマン、シェルドン・ターナー
 22.サテライト:『(500)日のサマー』 スコット・ノイスタッター、マイケル・H・ウェバー
 23.シカゴ:『ハート・ロッカー』 マーク・ボール
 24.フロリダ:『(500)日のサマー』 スコット・ノイスタッター、マイケル・H・ウェバー
 25.セントルイス:『(500)日のサマー』 スコット・ノイスタッター、マイケル・H・ウェバー
 26.フェニックス:『カールじいさんの空飛ぶ家』
 27.オクラホマ:『(500)日のサマー』 スコット・ノイスタッター、マイケル・H・ウェバー

 ◆脚色賞
 2.NBR:『マイレージ、マイライフ』 ジェイソン・ライトマン、シェルドン・ターナー
 3.ワシントン:『マイレージ、マイライフ』 ジェイソン・ライトマン、シェルドン・ターナー
 5.女性ジャーナリスト:『マイレージ、マイライフ』 ジェイソン・ライトマン、シェルドン・ターナー
 10.サウス・イースタン:『マイレージ、マイライフ』 ジェイソン・ライトマン、シェルドン・ターナー
 12.サンフランシスコ:“Fantastic Mr.Fox” ウェス・アンダーソン、ノア・バウムバック
 13.サンディエゴ:“Fantastic Mr.Fox” ウェス・アンダーソン、ノア・バウムバック
 14.オースティン:『マイレージ、マイライフ』 ジェイソン・ライトマン、シェルドン・ターナー
 22.サテライト:『プレシャス』 ジェフリー・フレッチャー(Geoffrey Fletcher)
 23.シカゴ:『マイレージ、マイライフ』 ジェイソン・ライトマン、シェルドン・ターナー
 26.フェニックス:『マイレージ、マイライフ』 ジェイソン・ライトマン、シェルドン・ターナー
 27.オクラホマ:『マイレージ、マイライフ』 ジェイソン・ライトマン、シェルドン・ターナー

 ◆撮影賞
 6.ボストン:『ハート・ロッカー』 バリー・アクロイド
 7.LA:“The White Ribbon” クリスティアン・ベアガー
 8.NYオンライン:『イングロリアス・バスターズ』 ロバート・リチャードソン
 9.NY:“The White Ribbon” クリスティアン・ベアガー
 12.サンフランシスコ:『シングル・マン』 ロジャー・ディーキンス
 13.サンディエゴ:“The Road” ハビエル・アギーレサロベ
 14.オースティン:『ハート・ロッカー』 バリー・アクロイド
 17.ダラス・フォートワース:『ラブリーボーン』 アンドリュー・レスニー
 19.ラスベガス:『アバター』
 21.ヒューストン:『ハート・ロッカー』 バリー・アクロイド
 22.サテライト:『NINE』 ディオン・ビーブ
 23.シカゴ:『ハート・ロッカー』 バリー・アクロイド
 24.フロリダ:『アバター』 マウロ・フィオーレ
 25.セントルイス:『NINE』 ディオン・ビーブ
 26.フェニックス:『アバター』 マウロ・フィオー

 ◆編集賞
 5.女性ジャーナリスト:『イングロリアス・バスターズ』 サリー・メンケ(Sally Menke)
 6.ボストン:『ハート・ロッカー』 ボブ・ムラウスキ(Bob Murawski)、クリス・イニス(Chris Innis)
 13.サンディエゴ:『(500)日のサマー』
 22.サテライト:『ハート・ロッカー』 ボブ・ムラウスキ(Bob Murawski)、クリス・イニス(Chris Innis)
 19.ラスベガス:『ハート・ロッカー』 ボブ・ムラウスキ(Bob Murawski)、クリス・イニス(Chris Innis)
 26.フェニックス:『アバター』

 ◆美術賞
 3.ワシントン:『NINE』
 7.LA:『第9地区』 フィリップ・アイヴィ 
 13.サンディエゴ:『イングロリアス・バスターズ』
 19.ラスベガス:『アバター』 リック・カーター、ロバート・ストロンバーグ
 22.サテライト:『シングル・マン』イアン・フィリップス(Ian Phillips)、ダン・ビショップ(Dan Bishop)
 26.フェニックス:『アバター』 リック・カーター、ロバート・ストロンバーグ

 ◆衣裳賞
 19.ラスベガス:『イングロリアス・バスターズ』 アンナ・B・シェパード
 22.サテライト:『Dr.パルナサスの鏡』 モニク・プルドーメ(Monique Prudhomme)
 26.フェニックス:『ヴィクトリア女王 世紀の愛』

 ◆作曲賞
 6.ボストン(Best Use of Music in a Film):“Crazy Heart”
 7.LA:“Crazy Heart” Steve Bruton & T. Bone Burnett
 8.NYオンライン:“Crazy Heart” Steve Bruton & T. Bone Burnett、Jeffrey Pollack(音楽スーパーバイザー)
 13.サンディエゴ:『シングル・マン』
 14.オースティン:『カールじいさんの空飛ぶ家』 マイケル・ジアッチーノ
 19.ラスベガス:『ラブリーボーン』 ブライアン・イーノ
 21.ヒューストン:『カールじいさんの空飛ぶ家』 マイケル・ジアッチーノ
 22.サテライト:『マイレージ、マイライフ』 ロルフ・ケント(Rolfe Kent)
 23.シカゴ:『カールじいさんの空飛ぶ家』 マイケル・ジアッチーノ
 24.フロリダ:『カールじいさんの空飛ぶ家』 マイケル・ジアッチーノ
 25.セントルイス:『NINE』
 26.フェニックス:『カールじいさんの空飛ぶ家』 マイケル・ジアッチーノ

 ◆歌曲賞
 19.ラスベガス:“The Weary Kind”(“Crazy Heart) 作詞&作曲:Ryan Bingham、T ・ボーン・バーネット
 21.ヒューストン:“Petey’s Song”(“The Fantastic Mr. Fox”)  ジャーヴィス・コッカー、ウェス・アンダーソン、ノア・バウムバック
 22.サテライト:“The Weary Kind”(“Crazy Heart) 作詞&作曲:Ryan Bingham、T ・ボーン・バーネット
 26.フェニックス:“The Weary Kind”(“Crazy Heart) 作詞&作曲:Ryan Bingham、T ・ボーン・バーネット

 ◆音響賞
 22.サテライト:『2012』 Paul N.J. Ottosson、Michael Mcgee、Rick Kline、Jeffrey J. Haboush、Michael Keller

 ◆視覚効果賞
 22.サテライト:『2012』 フォルカー・エンゲル(Volker Engel)、マーク・ワイゲルト(Marc Weigert)、マイク・ヴェツィーナ(Mike Vezina)
 25.セントルイス:『アバター』
 26.フェニックス:『アバター』

 ◆新人賞
 22.サテライト(Outstanding Guest Star):ギャバリー・シディビー 『プレシャス』
 23.シカゴ(Most Promising Performer):ケアリー・マリガン “An Education”

 ◆ブレイクスルー賞
 1.ゴッサム(Breakthrough Actor):Catalina Saavedra “The Maid”
 2.NBR:ジェレミー・レナー 『ハート・ロッカー』
 ギャバリー・シディビー 『プレシャス』
 3.ワシントン:ギャバリー・シディビー 『プレシャス』
 8.NYオンライン:クリストフ・ヴァルツ 『イングロリアス・バスターズ』
 14.オースティン:クリスチャン・マッケイ “Me & Orson Welles”
 20.デトロイト:ギャバリー・シディビー 『プレシャス』
 23.フロリダ(Breakout):ギャバリー・シディビー 『プレシャス』
 26.フェニックス(Breakout on Camera):ギャバリー・シディビー 『プレシャス』

 ◆ヤング・パフォーマンス賞
 4.女性批評家(Best Young Actress):ギャバリー・シディビー 『プレシャス』
 19.ラスベガス(Youth in Film):シーアシャ・ローナン 『ラブリーボーン』
 26.フェニックス(Best Performance by a Youth):ジェイ・ヘッド “The Blind Side”
 シーアシャ・ローナン 『ラブリーボーン』

 ◆新人監督賞
 1.ゴッサム(Breakthrough Director):Robert Siegel “Big Fan”
 2.NBR(Spotlight Award for Best Directorial Debut):ダンカン・ジョーンズ “Moon”
 オーレン・ムーヴァーマン “The Messenger”
 マーク・ウェブ 『(500)日のサマー』
 6.ボストン(Best New Filmmaker):ニール・ブロムカンプ 『第9地区』
 8.NYオンライン:マーク・ウェブ 『(500)日のサマー』
 9.NY(Best First Picture):スティーヴ・マックイーン 『ハンガー』
 14.オースティン(Best First Film):ニール・ブロムカンプ 『第9地区』
 15.トロント(Best First Feature):スティーヴ・マックイーン 『ハンガー』
 23.シカゴ(Most promising Filmmaker):ニール・ブロムカンプ 『第9地区』
 26.フェニックス(Breakout Behind the Camera):ニール・ブロムカンプ 『第9地区』
 27.オクラホマ(Best First Film):ニール・ブロムカンプ 『第9地区』
 マーク・ウェブ 『(500)日のサマー』

 ◆アンサンブル賞
 1.ゴッサム:『ハート・ロッカー』
 2.NBR:『恋するベーカリー』“It’s Complicated” 監督:ナンシー・マイヤーズ
 3.ワシントン:『ハート・ロッカー』
 5.女性ジャーナリスト:『ハート・ロッカー』
 6.ボストン:『プレシャス』 監督:リー・ダニエルズ
 『スタートレック』 監督:J・J・エイブラムス
 8.NYオンライン:“In the Loop” 監督:Armando Iannucci
 13.サンディエゴ:『イングロリアス・バスターズ』
 20.デトロイト:『ハングオーバー』
 22.サテライト:『NINE』
 26.フェニックス:『イングロリアス・バスターズ』

 ◆ドキュメンタリー賞
 1.ゴッサム:“Food, Inc” 監督:Robert Kenner
 2.NBR:『ザ・コーヴ』 監督:ルイ・シホヨス
 3.ワシントン:“Food, Inc”
 5.女性ジャーナリスト:『ザ・コーヴ』
 6.ボストン:『ザ・コーヴ』
 7.LA:『アニエスの浜辺』 監督:アニエス・ヴァルダ
 『ザ・コーヴ』
 8.NYオンライン:『ザ・コーヴ』
 9.NY(Best Non-fiction Film):“Of Time and the City”(英) 監督:テレンス・デイヴィス
 10.サウス・イースタン:“Food,Inc.”
 11.インディアナ:『ザ・コーヴ』
 『アンヴィル! 夢を諦めきれない男たち』 監督:サーシャ・ガバシ
 12.サンフランシスコ:『アンヴィル! 夢を諦めきれない男たち』
 13.サンディエゴ:『ザ・コーヴ』
 14.オースティン:『アンヴィル!夢を諦めきれない男たち』
 15.トロント:『ザ・コーヴ』
 17.ダラス・フォートワース:『ザ・コーヴ』
 18.ユタ:『ザ・コーヴ』
 19.ラスベガス:『アンヴィル!夢を諦めきれない男たち』
 21.ヒューストン:『ザ・コーヴ』
 22.サテライト:『ブロードウェイ♪ブロードウェイ』 監督:ジェームズ・D・スターン、アダム・デル・デオ
 23.シカゴ:『アンヴィル!夢を諦めきれない男たち』
 24.フロリダ:『ザ・コーヴ』
 25.セントルイス:『キャピタリズム~マネーは踊る』 監督:マイケル・ムーア
 26.フェニックス:『キャピタリズム~マネーは踊る』
 27.オクラホマ:『アンヴィル!夢を諦めきれない男たち』

 ◆長編アニメーション賞
 2.NBR:『カールじいさんの空飛ぶ家』 監督:ピート・ドクター、ボブ・ピーターソン
 3.ワシントン:『カールじいさんの空飛ぶ家』
 5.女性ジャーナリスト:『カールじいさんの空飛ぶ家』
 6.ボストン:『カールじいさんの空飛ぶ家』
 7.LA:“Fantastic Mr.Fox” 監督:ウェス・アンダーソン
 8.NYオンライン:『カールじいさんの空飛ぶ家』
 9.NY:“Fantastic Mr.Fox”
 10.サウス・イースタン:『カールじいさんの空飛ぶ家』
 11.インディアナ:“Fantastic Mr.Fox”
 12.サンフランシスコ:『コララインとボタンの魔女』 監督:ヘンリー・セリック
 14.オースティン:『カールじいさんの空飛ぶ家』
 15.トロント:“Fantastic Mr.Fox”
 17.ダラス・フォートワース:『カールじいさんの空飛ぶ家』
 18.ユタ:“Fantastic Mr.Fox”
 19.ラスベガス:“Fantastic Mr.Fox”
 21.ヒューストン:『カールじいさんの空飛ぶ家』
 22.サテライト:“Fantastic Mr.Fox”
 23.シカゴ:『カールじいさんの空飛ぶ家』
 24.フロリダ:『カールじいさんの空飛ぶ家』
 25.セントルイス:『カールじいさんの空飛ぶ家』
 26.フェニックス:『カールじいさんの空飛ぶ家』
 27.オクラホマ:“Fantastic Mr.Fox”

 ◆外国(語)映画賞
 2.NBR:“A Prophet”(仏・伊) 監督:ジャック・オーディアール
 3.ワシントン:『闇の列車、光の旅』(メキシコ) 監督:ケイリー・フクナガ
 4.女性批評家:『セラフィーヌ』(仏) 監督:マルタン・プロボスト
 5.女性ジャーナリスト:『夏時間の庭』(仏) 監督:オリヴィエ・アサイヤス
 6.ボストン:『夏時間の庭』(仏)
 7.LA:『夏時間の庭』(仏)
 8.NYオンライン:“The White Ribbon”(独) 監督:ミヒャエル・ハネケ
 9.NY:『夏時間の庭』(仏)
 10.サウス・イースタン:『夏時間の庭』(仏)
 11.インディアナ:『闇の列車、光の旅』(メキシコ)
 12.サンフランシスコ:『愛おしき隣人』(スウェーデン) 監督:ロイ・アンダーソン
 13.サンディエゴ:『イル・ディーヴォ』(伊) 監督:パオロ・ソレンティーノ
 14.オースティン:『闇の列車、光の旅』(メキシコ)
 15.トロント:“The White Ribbon”(独)
 17.ダラス・フォートワース:『闇の列車、光の旅』(メキシコ)
 18.ユタ(Best Non-English Language Feature):『渇き』(韓) 監督:パク・チャヌク
 19.ラスベガス:『レッドクリフ』(中) 監督:ジョン・ウー
 21.ヒューストン:『闇の列車、光の旅』
 22.サテライト:“The Maid”(チリ・メキシコ) 監督:Sebastián Silva
 『抱擁のかけら』(西) 監督:ペドロ・アルモドバル
 23.シカゴ:“The White Ribbon”
 24.フロリダ:『闇の列車、光の旅』
 25.セントルイス:『レッドクリフ』
 26.フェニックス:『抱擁のかけら』
 27.オクラホマ:『ココ・アヴァン・シャネル』 監督:アンヌ・フォンテーヌ

 ※上記映画賞には、次点を発表している映画賞や、そのほかの部門賞がある映画賞もありますが、ここでは割愛させてもらっています。下記リンク先に全発表結果を書き出してありますので、そちらをご参照ください。

--------------------------------

 それぞれの映画賞に個性や性格があり、これらすべてを単にアカデミー賞の前座としてのみ扱うのはどうかとも思うのですが、これらの結果がアカデミー賞を占うものであるのは確かなことで、これらからアカデミー賞2010の結果をある程度予想することができます。

 昨年度の結果を参照すると、この時点で、各部門を総なめにしている候補はアカデミー賞も確実に制しているということがわかります。
 ということからすると、(まだノミネートも出ていない段階ですが)現時点でアカデミー賞2010受賞(ほぼ)当確は5部門あります。
 ・監督賞:キャスリン・ビグロー 『ハート・ロッカー』
 ・助演男優賞:クリストフ・ヴァルツ 『イングロリアス・バスターズ』
 ・助演女優賞:モニーク 『プレシャス』
 ・脚色賞::『マイレージ、マイライフ』 ジェイソン・ライトマン、シェルドン・ターナー
 ・長編アニメーション賞 『カールじいさんの空飛ぶ家』

 長編アニメーション賞は、一見すると票が割れているように見えますが、他の部門でもノミネートされたり、トップ10にランクインしたりしているアニメーション作品は『カールじいさんの空飛ぶ家』しかないので、総合的に最も評価が高い作品は『カールじいさんの空飛ぶ家』であり、最大公約数的な作品が受賞するアカデミー賞はやはり『カールじいさんの空飛ぶ家』ということになります。

 そのほかの部門に関しては、本命候補のある部門、有力候補が複数ある部門、混戦の部門、候補自体がまだはっきりしていない部門、の4タイプがあります。

 また、長編ドキュメンタリー賞部門で多数受賞している『アンヴィル!』や『キャピタリズム』、外国語映画賞部門で多数受賞している『夏時間の庭』や『闇の列車、光の旅』は、すでにアカデミー賞ノミネート対象外となっています。

 今後、発表される各組合賞・協会賞の結果によって、アカデミー賞の結果が見えてくる部門もあり、また、ノミネート対象期間の違いにより上記には入っていなくても、今後、賞レースに大きくからんでくる候補も出てくるだろうと思われます。

 というわけで、当ブログでは、2010年も、全米映画賞レースの結果をこまめにアップしていくつもりでいます。

 今後とも、当ブログの応援をよろしくお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事
 ・1.ゴッサム・アワード2009:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200912/article_2.html
 ・2.ナショナル・ボード・オブ・レビュー2009:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200912/article_6.html
 ・3.ワシントンDC映画批評家協会賞2009:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200912/article_13.html
 ・4.女性映画批評家協会賞2009:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200912/article_22.html
 ・5.女性映画ジャーナリスト同盟映画賞2009:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200912/article_22.html
 ・6.ボストン映画批評家協会賞2009:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200912/article_23.html
 ・7.ロサンゼルス映画批評家協会賞2009:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200912/article_23.html
 ・8.ニューヨーク映画批評家オンライン賞2009:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200912/article_23.html
 ・9.ニューヨーク映画批評家協会賞2009:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200912/article_23.html
 ・10.サウス・イースタン映画批評家協会賞2009:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200912/article_23.html
 ・11.インディアナ映画批評家協会賞2009:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200912/article_23.html
 ・12.サンフランシスコ映画批評家協会賞2009:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200912/article_23.html
 ・13.サンディエゴ映画批評家協会賞2009:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200912/article_26.html
 ・14.オースティン映画批評家協会賞2009:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200912/article_26.html
 ・15.トロント映画批評家協会賞2009:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200912/article_26.html
 ・16.アフリカン・アメリカン映画批評家協会賞2009:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200912/article_26.html
 ・17.ダラス・フォートワース映画批評家協会賞2009:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200912/article_26.html
 ・18.ユタ映画批評家協会賞2009:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200912/article_31.html
 ・19.ラスベガス映画批評家協会賞2009:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200912/article_31.html
 ・20.デトロイト映画批評家協会賞2009:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200912/article_31.html
 ・21.ヒューストン映画批評家協会賞:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200912/article_36.html
 ・22.サテライト・アワード:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200912/article_37.html
 ・23.シカゴ映画批評家協会賞:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200912/article_36.html
 ・24.フロリダ映画批評家協会賞:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200912/article_36.html
 ・25.セントルイス映画批評家協会賞:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200912/article_36.html
 ・26.フェニックス映画批評家協会賞:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200912/article_39.html
 ・27.オクラホマ映画批評家協会賞:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200912/article_39.html

 ・2009年度映画賞レース スケジュール表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200912/article_32.html
 ・映画祭&映画賞カレンダー 2009年5月~2010年5月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200905/article_6.html

 ・2009年の映画賞の結果をまとめてみました(日本編):http://umikarahajimaru.at.webry.info/200911/article_46.html

 ・2008年の映画賞の結果をまとめてみました(アメリカ編)前編:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200812/article_37.html
 ・2008年の映画賞の結果をまとめてみました(アメリカ編)後編:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200902/article_26.html

 追記:
 2009年度映画賞の結果をまとめてみました! アメリカ編 後半戦!:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201003/article_14.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック