シカゴはひと味ちがう! シカゴ映画批評家協会賞2009 ノミネーション発表!

 シカゴ映画批評家協会賞のノミネーションが発表になりました。(12月16日)

 21日には受賞結果が発表されるので、それまで待って記事をアップしてもよかったのですが、ノミネーション段階で記事を書くことにしたのは、映画批評家協会賞の中でようやく『崖の上のポニョ』が顔を出したからです。

 映画賞レーススタート前には、『崖の上のポニョ』は長編アニメーション賞の4番手くらいのポジションにいるので、受賞は難しいけれど、どこかの映画賞で1つくらいは何か賞をもらえるのではないかと思っていたんですが、どうやらそれもかなり難しいらしいということがわかってきて、で、ノミネーションされたというだけでこうして記事にすることにしたわけです。

 といっても、それはシカゴ映画批評家協会賞だから、たまたま『崖の上のポニョ』が入っちゃったというより、シカゴ映画批評家協会賞らしい見識(アメリカで開催される映画祭の中でも最も歴史のある映画祭の1つであるシカゴ国際映画祭のお膝元であり、世界的に有名なロジャー・エバートもいる)で選ばれたと考えられるから、意味があるわけです。

 そんなシカゴ映画批評家協会賞2009のノミネーションは以下の通りです。

画像

--------------------------------

 ◆作品賞
 ・“The Hurt Locker”
 ・『イングロリアス・バスターズ』
 ・“A Serious Man”
 ・『マイレージ、マイライフ』
 ・『かいじゅうたちのいるところ』

 ◆監督賞
 ・キャスリン・ビグロー “The Hurt Locker”
 ・ジョエル&イーサン・コーエン “A Serious Man”
 ・スパイク・ジョーンズ 『かいじゅうたちのいるところ』
 ・ジェイソン・ライトマン 『マイレージ、マイライフ』
 ・クエンティン・タランティーノ 『イングロリアス・バスターズ』

 ◆主演男優賞
 ・ジェフ・ブリッジス “Crazy Heart”
 ・ジョージ・クルーニー 『マイレージ、マイライフ』
 ・マット・デイモン 『インフォーマント!』
 ・ジェレミー・レナー “The Hurt Locker”
 ・マイケル・ストゥルバーグ “A Serious Man”

 ◆主演女優賞
 ・アビー・コーニッシュ “Bright Star”
 ・ケアリー・マリガン “An Education”
 ・マヤ・ルドルフ(Maya Rudolph) “Away We Go”
 ・ギャバリー・シディビー 『プレシャス!』
 ・メリル・ストリープ 『ジュリー&ジュリア』

 ◆助演男優賞
 ・ピーター・キャパルディ “In the Loop”
 ・ウディ・ハレルソン “The Messenger”
 ・クリスチャン・マッケイ “Me and Orson Welles”
 ・スタンリー・トゥッチ 『ラブリーボーン』
 ・クリストフ・ヴァルツ 『イングロリアス・バスターズ』

 ◆助演女優賞
 ・ヴェラ・ファーミガ 『マイレージ、マイライフ』
 ・アナ・ケンドリック 『マイレージ、マイライフ』
 ・モニーク 『プレシャス!』
 ・ジュリアン・ムーア 『シングル・マン』
 ・ナタリー・ポートマン “Brothers”

 ◆オリジナル脚本賞
 ・“Away We Go” デイヴ・エガーズ(Dave Eggers)、ヴェンデラ・ヴィーダ(Vendela Vida)
 ・“The Hurt Locker” マーク・ボール
 ・『イングロリアス・バスターズ』 クエンティン・タランティーノ
 ・“A Serious Man” ジョエル&イーサン・コーエン
 ・『カールじいさんの空飛ぶ家』 ピート・ドクター

 ◆脚色賞
 ・“An Education” ニック・ホーンビィ
 ・『インフォーマント』 スコット・Z・バーンズ
 ・“In the Loop” Jesse Armstrong、Simon Blackwell、Armando Iannucci、Tony Roche
 ・『マイレージ、マイライフ』 ジェイソン・ライトマン、シェルドン・ターナー
 ・『かいじゅうたちのいるところ』 スパイク・ジョーンズ、デイヴ・エガーズ(Dave Eggers)

 ◆撮影賞
 ・『アバター』 マウロ・フィオーレ(Mauro Fiore)
 ・“Bright Star” グレイグ・フレイザー
 ・“The Hurt Locker” バリー・アクロイド
 ・『イングロリアス・バスターズ』 ロバート・リチャードソン
 ・『かいじゅうたちのいるところ』 ランス・アコード(Lance Acord)

 ◆オリジナル作曲賞
 ・『アバター』 ジェームズ・ホナー
 ・“Fantastic Mr. Fox” アレクサンドル・デプラ
 ・『インフォーマント!』 マーヴィン・ハムリッシュ
 ・『カールじいさんの空飛ぶ家』 マイケル・ジアッチーノ
 ・『かいじゅうたちのいるところ』 カーター・バーウェル、カレン・O(Karen Orzolek)

 ◆有望俳優賞(MOST PROMISING PERFORMER)
 ・Sharlto Copley 『第9地区』“District 9”
 ・クリスチャン・マッケイ “Me and Orson Welles”
 ・ケアリー・マリガン “An Education”
 ・マックス・レコーズ 『かいじゅうたちのいるところ』
 ・ギャバリー・シディビー 『プレシャス!』

 ◆有望監督賞(MOST PROMISING FILMMAKER)
 ・ニール・ブロムカンプ 『第9地区』“District 9”
 ・Scott Cooper “Crazy Heart”
 ・ケイリー・フクナガ 『闇の列車、光の旅』
 ・ダンカン・ジョーンズ “Moon”
 ・マーク・ウェブ 『(500)日のサマー』

 ◆ドキュメンタリー賞
 ・『アンヴィル!夢を諦めきれない男たち』 監督:サーシャ・ガバシ
 ・『キャピタリズム/マネーは踊る』 監督:マイケル・ムーア
 ・『ザ・コーヴ』 監督:ルイ・シホヨス
 ・“Food, Inc.” 監督:Robert Kenner
 ・“Tyson” 監督:ジェームズ・トバック

 ◆長編アニメーション賞
 ・『コララインとボタンの魔女』 監督:ヘンリー・セリック
 ・“Fantastic Mr. Fox” 監督:ウェス・アンダーソン
 ・『崖の上のポニョ』 監督:宮崎駿
 ・『プリンセスと魔法のキス』 監督:ロン・クレメンツ、ジョン・マスカー
 ・『カールじいさんの空飛ぶ家』 監督:ピート・ドクター、ボブ・ピーターソン

 ◆外国語映画賞
 ・『抱擁のかけら』(西) 監督:ペドロ・アルモドバル
 ・『レッドクリフ』(中) 監督:ジョン・ウー
 ・『闇の列車、光の旅』(メキシコ) 監督:ケイリー・フクナガ
 ・『夏時間の庭』(仏) 監督:オリヴィエ・アサイヤス
 ・“The White Ribbon”(独) 監督:ミヒャエル・ハネケ

--------------------------------

 基本ラインは、これまで発表された他の映画賞と同じですが、ところどころ「シカゴ」はひと味違うというところ見せていて、主演女優賞にアビー・コーニッシュやマヤ・ルドルフ、助演男優賞にピーター・キャパルディやスタンリー・トゥッチ、助演女優賞にナタリー・ポートマンなどがノミネートされています。

 奇をてらってるというより、きっと、他の映画賞より少し目を行き届かせる範囲が広く、考え方も柔軟だ、ということなのでしょう。同じ論理が長編アニメーション賞にも働いて、それで『崖の上のポニョ』が選ばれてくるわけです。

 同様にして、オリジナル脚本賞に“Away We Go”が入り、脚色賞には『かいじゅうたちのいるところ』が入って、両作品に同じ脚本家デイヴ・エガーズが関わっているとわかったりもするわけです。

 最終的な結果は、昨年度の結果で見ると、作品賞・オリジナル脚本賞・オリジナル作曲賞・長編アニメーション賞に『ウォーリー』を選ぶというちょっと意表をつくようなことをしたりもしているので(そのほかはオーソドックスですが)、場合によっては、今年も変則的な結果を出してくるかもしれません。

 受賞結果の発表は、12月21日です。


 *当ブログ記事
 ・映画祭&映画賞カレンダー 2009年5月~2010年5月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200905/article_6.html

 ・ゴッサム・アワード2009:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200912/article_2.html
 ・ナショナル・ボード・オブ・レビュー2009:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200912/article_6.html
 ・ワシントンDC映画批評家協会賞2009:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200912/article_11.html
 ・女性映画批評家協会賞2009:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200912/article_22.html
 ・女性映画ジャーナリスト同盟映画賞2009:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200912/article_22.html
 ・ボストン映画批評家協会賞2009:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200912/article_23.html
 ・ロサンゼルス映画批評家協会賞2009:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200912/article_23.html
 ・ニューヨーク映画批評家オンライン賞2009:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200912/article_23.html
 ・ニューヨーク映画批評家協会賞2009:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200912/article_23.html
 ・サウス・イースタン映画批評家協会賞2009:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200912/article_23.html
 ・インディアナ映画批評家協会賞2009:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200912/article_23.html
 ・サンフランシスコ映画批評家協会賞2009:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200912/article_23.html
 ・サンデイエゴ映画批評家協会賞2009:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200912/article_26.html
 ・オースティン映画批評家協会賞2009:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200912/article_26.html
 ・トロント映画批評家協会賞2009:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200912/article_26.html
 ・アフリカン・アメリカン映画批評家協会賞2009:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200912/article_26.html
 ・ダラス・フォートワース映画批評家協会賞2009:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200912/article_26.html

 ・シカゴ映画批評家協会賞2008 結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200812/article_30.html

 ・シカゴ国際映画祭2009 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200911/article_29.html

 追記:
 シカゴ映画批評家協会賞2009 結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200912/article_36.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック