超速報! ゴッサム・アワード2009!

 ゴッサム・アワード2009の受賞結果が発表になりました。(11月30日)

 今年は、USTREAMのライブ中継があったので(ほんの数分前まで!)、全世界同時に授賞式の模様と受賞結果を知ることができました。

 ◆最優秀作品賞 プレゼンター:ショーレ・アグダシュルー(Shohreh Aghdashloo)

 ・“Amreeka” 監督:Cherien Dabis
 ・“Big Fan” 監督:Robert Siegel
 ◎“The Hurt Locker” 監督:キャスリン・ビグロー
 ・“The Maid” 監督:Sebastian Silva
 ・“A Serious Man” 監督:ジョナサン&イーサン・コーエン

画像

 作品賞の発表は、一番最後で、それまでに“Big Fan”も“The Hurt Locker”も“The Maid”も一勝ずつ受賞し、コーエン兄弟は、生涯貢献賞のティム・ビーヴァンとエリック・フェルナーへのプレゼンターを務めていました。

 “The Hurt Locker” 監督:キャスリン・ビグロー
 出演:ジェレミー・レナー、アンソニー・マッキー、ブライアン・ゲラティー、レイフ・ファインズ、ガイ・ピアース、デイヴィッド・ムーア、エヴァンジェリン・リリー
 物語:イラク。米国陸軍の爆発物処理班は、誰が敵かもわからず、どこに爆弾が仕掛けられているかもわからない市部を進んでいく……。
 ベネチア国際映画祭2008 コンペティション部門出品。SIGNIS Award、La Navicella – Venezia Cinema Award、Human Rights Film Network Award、Arca Cinemagiovani Award作品賞受賞。
 インディペンデント・スピリット・アワード2009 主演男優賞ノミネート(ジェレミー・レナー)。
 トロント国際映画祭2009出品。

画像

 ◆最優秀ドキュメンタリー賞 プレゼンター:Melonie Diaz、Brett Morgen

 ◎“Food, Inc” 監督:Robert Kenner
 ・“Good Hair” 監督:Jeff Stilson
 ・“My Neighbor My Killer” 監督:Anne Aghion
 ・“Paradise” 監督:マイケル・アルメレイダ(Michael Almereyda)
 ・“Tyson” 監督:ジェームズ・トバック

画像

 “Food, Inc” 監督:Robert Kenner
 エリック・シュローサー(映画『ファースト・フード・ネイション』の元になった『おいしいハンバーガーのこわい話』の著者)やマーケル・ポーラン(“The Omnivore's Dilemma”の著者)らにインタビューしつつ、現在流通している食べ物について調査し、その危険性を描き出す。ドキュメンタリー版『ファースト・フード・ネイション』。
 ベルリン国際映画祭2009特別上映作品。

画像

 ◆ブレイクスルー監督賞(Breakthrough Director) プレゼンター:ロージー・ペレス、アンソニー・マッキー

 ・Cruz Angeles “Don’t Let Me Drown”
 ・Frazer Bradshaw “Everything Strange and New”
 ・Noah Buschel “The Missing Person”
 ・Derick Martini “Lymelife”
 ◎Robert Siegel “Big Fan”

画像

 “Big Fan” 監督:Robert Siegel
 出演:パットン・オズワルト、マイケル・ラパポート、ケヴィン・コリガン、マルシア・ジーン・クルツ、マット・セルヴィト
 ニューヨーク・ジャイアンツ・ファンの駐車場係員が、彼の大好きな選手と口論をして、彼のそれまでの世界観がガラガラと崩れてしまう。
 サンダンス映画祭2009出品。

画像

 ◆ブレイクスルー俳優賞(Breakthrough Actor) プレゼンター:エレン・バースティン、オリバー・プラット

 ・ベン・フォスター “The Messenger”
 ・パットン・オズワルト “Big Fan”
 ・ジェレミー・レナー “The Hurt Locker”
 ◎Catalina Saavedra “The Maid”
 ・Soulemane Sy Savane “Goodbye Solo”

画像

 Catalina Saavedraは、英語が話せないので、授賞式では、監督のセバスティアン・シルヴァが通訳を務めました。

 “The Maid(La Nana)”(メキシコ・チリ) 監督:Sebastian Silva
 物語:ラクエルは、18歳からヴァルデス家に勤めて、5人の子供の乳母として、そしてお手伝いとして休みなく働き、自分ではすっかり一家の一員のように思い込んでいた。しかし、長女カミーラと衝突することが多くなり、偏頭痛もひどくなってくる。そこで家長が下した判断は、もう1人、お手伝いさんを雇うことであった。この決定は、ラクエルにとって面白くないもので、彼女は自分の居場所を侵害されたように思い、新しいお手伝いルーシーに嫌がらせを始めるのだった……。
 出演:Catalina Saavedra、Claudia Celedon、Mariana Loyola、 Alejandro Goic、Andrea Garcia-Huidobro.
 サンダンス映画祭2009審査員グランプリ&パフォーマンス賞受賞。
 マイアミ国際映画祭2009イベロ・アメリカン・コンペティション部門 審査員スペシャル・メンション主演女優賞受賞。
 Cartagena映画祭2009Golden IndiaCatalina賞女優賞&批評家賞受賞。
 トランシルヴァニア国際映画祭2009パフォーマンス賞受賞(全キャストに対して)。
 パリ映画祭2009観客賞受賞。

画像

 ◆アンサンブル・パフォーマンス賞(Best Ensemble Performance) プレゼンター:ブルック・シールズ&Richard LaGravenese

 ・“Adventureland”:ジェシー・アイゼンバーグ、クリスティン・スチュワート、マーティン・スター、クリステン・ウィグ、ビル・ヘイダー、ライアン・レイノルズ
 ・“Cold Souls” 監督:Sophie Barthes
 出演:ポール・ジアマッティ、ディナ・コルズン、デイヴィッド・ストラザーン、エミリー・ウィルソン、ローレン・アンブローズ、オクサナ・ラダ
 ◎“The Hurt Locker”:ジェレミー・レナー、アンソニー・マッキー、ブライアン・ゲラティー、レイフ・ファインズ、ガイ・ピアース、デイヴィッド・ムーア、エヴァンジェリン・リリー
 ・“A Serious Man”:マイケル・ストゥルバーグ、リチャード・カインド、フレッド・メラメッド
 ・“Sugar”:Algenis Perez Soto、Rayniel Rufino、Michael Gaston、Andre Holland、Ann Whitney、Richard Bull、Ellary Porterfield、Jaime Tirelli

画像

 ◆映画館じゃ上映していないけれど、いい映画で賞(Best Film Not Playing at a Theater Near You) プレゼンター:パトリシア・クラークソン、サム・ロックウェル

 ・“Everything Strange and New” 監督:Frazer Bradshaw
 ・“Guy and Madeline on a Park Bench” 監督:Damien Chazelle
 ・“October Country” 監督:Michael Palmieri、Donal Mosher
 ◎“You Won’t Miss Me” 監督:Ry Russo-Young
 ・“Zero Bridge” 監督:Tariq Tapa

画像

 ◆生涯貢献賞(Career Tribute Awards)

 ◎キャスリン・ビグロー プレゼンター:ウィレム・デフォー

画像

 ◎ナタリー・ポートマン プレゼンター:ジム・シェリダン

画像

 ◎スタンリー・トゥッチ プレゼンター:メリル・ストリープ

画像

 ◎ティム・ビーヴァンとエリック・フェルナー(Working Title会長/プロデューサー) プレゼンター:コーエン兄弟

画像

--------------------------------

 まずは、“The Hurt Locker”&キャスリン・ビグローが3冠です。

 結果的には、“The Hurt Locker”と“Big Fan”と“The Maid”が賞を分け合う形になりました。

 ちなみに、選考委員は、ウィリアム・H・メイシー、エレン・バースティン、ジュリー・テイモア、ウィリアム・フリードキン、マーク・フォスター、Matthew Libatique(撮影監督)、Wendy Finerman(プロデューサー)、スチュアート・コープランド(ミュージシャン)

 映画賞レースには、上記の作品のほかに、メジャー系の作品や、ゴッサム・アワード対象期間外の作品がからんでくるわけですが、“The Hurt Locker”がどこまで受賞歴を伸ばせるか、“The Maid”がどこまで映画賞レースに食い込めるかが今回の映画賞レースの1つの見どころとなった、と言っていいかもしれません。

 なお、今夜(日本時間12月1日夜半)には、インディペンデント・スピリット・アワード ノミネーション発表のライブ中継がUSTREAMで流される予定になっています。

 *この記事がなかなかよかった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 応援してね!

 *当ブログ記事
 ・ゴッサム・アワード2009 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200910/article_13.html
 ・米映画サイトスコア表2009:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200910/article_1.html
 ・27週前のオスカー2010予想:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200908/article_35.html
 ・ゴッサム・アワード2008 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200810/article_4.html
 ・ゴッサム・アワード2008 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200812/article_7.html
 ・映画祭&映画賞カレンダー 2009年5月~2010年5月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200905/article_6.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック