第27回中国・金鶏奨発表!

 第27回中国・金鶏奨の結果が発表になりました(10月17日)。

画像

--------------------------------

 ◆作品賞
 ・“立春(And The Spring Comes)” 監督:グー・チャンウェイ(顧長衛)
 ・“高考1977(Gao Kao 1977)” 監督:江海洋(Jiang Hai Yang)
 ◎『花の生涯―梅蘭芳』 監督:陳凱歌
 ◎『戦場のレクイエム』 監督:フォン・シャオガン

 ◆監督賞
 ◎フォン・シャオガン 『戦場のレクイエム』
 ・ゴードン・チャン “畫皮”
 ・陳凱歌 『花の生涯―梅蘭芳』
 ・ツァオ・バオピン(曹保平) “愛失償/李米的猜想”
 ・ニン・ハオ(寧浩) 『爆走自転車』

画像

 ◆主演男優賞
 ・馬国偉(马国伟) “千钧•一发/千釣。一発(Old Fish)” 監督:高群書
 ・スン・ミン(孫敏) “我是花下肥泥巴” 監督:黄河
 ◎ウー・ガン(呉剛) “鉄人” 監督:イー・リー(伊力)
 ・チャン・ハンユー(張涵宇) 『戦場のレクイエム』
 ・ファン・ウェイ(范偉) “耳朶大有福” 監督:張猛

画像

 ◆主演女優賞
 ◎ジョウ・シュン(周迅) “愛失償/李米的猜想”
 ・ヴィッキー・チャオ(趙薇) “畫皮”
 ・姚星彤(Yao Xingtong) “綻放” 監督:吴祖云(Zuyun Wu)
 ・チャン・ツィイー 『花の生涯―梅蘭芳』
 ◎チャン・ウェンリー(蒋雯麗) “立春(And The Spring Comes)”

画像

 ジョウ・シュンは、10月18日が誕生日であり、「いい誕生日プレゼントになった」と答えているようです。

 ◆助演男優賞
 ◎ワン・シュエチー(王学圻) 『花の生涯―梅蘭芳』
 ・タン・チャオ(鄧超) 『戦場のレクイエム』
 ・ホン・スンレイ(孫紅雷) 『花の生涯―梅蘭芳』
 ・ヤン・シンミン(楊新鳴) “阿妹的诺言” 監督:丁黒
 ・ホアン・ボー(黄渤) “鉄人”
 ・焦剛(Jiao Gang) “立春(And The Spring Comes)”

 ◆助演女優賞
 ・スン・リー(孫麗) “畫皮”
 ◎ユエ・ホン(岳紅) 『二頭のロバの物語』 監督:リー・ダーウェイ
 ・姜宏波(Jiang Hong Bo) 『ジャッキー・チェンを探して』“寻找成龙” 監督:ファン・ガンリャン(方剛亮)、江平
 ・ツァオ・ツイフェン(曹翠芬) “沂蒙六姐妹” 監督:王坪
 ・ドン・セン(董璇) “立春(And The Spring Comes)”

 ◆脚本賞
 ・リウ・ホン(刘恒) 『戦場のレクイエム』
 ・李樯 “立春(And The Spring Comes)”
 ◎ジャン・ハイヤン(江海洋)、谷白、ツォン・フーシエン(宗福先) “高考1977(Gao Kao 1977)”
 ・シュー・ピン(述平)  『二頭のロバの物語』
 ・思芜 “沂蒙六姐妹”
 ・程晓玲(Cheng Xiaoling) “清水的故事/喊过岭的故事(Seeking Happiness)” 監督:: 肖风

 ◆撮影賞
 ◎リュイ・イエ(吕乐) 『戦場のレクイエム』
 ・リュイ・イエ(吕乐)、张黎 『レッドクリフ』 監督:ジョン・ウー
 ・チャオ・フェイ(赵非) “鉄人”
 ・チャオ・シャオシー(赵晓时) 『麦田』 監督:ハー・ピン
 ・アーサー・ウォン(黄岳泰) “畫皮”
 ・アンソニー・プン(潘耀明) “白銀帝国” 監督:ヤオ・シュウフア(姚樹華)

 ◆美術賞
 ◎芦月林、余麦多 “鉄人”
 ・吴昭华(Wu Zhaohua)、邱宏军 “冰雪同行(Bing Xue Tong Xing)” 監督:陈健
 ・チャン・チュンフォ(张春和) 『戦場のレクイエム』
 ・ビル・ルイ(雷楚雄)、刘京平 “畫皮”
 ・リウ・チン(柳青) 『花の生涯―梅蘭芳』

 ◆録音賞
 ◎王乐文、李安磊、安韶峰 “八月一日(The First of August)” 監督:宋业明、董亚春
 ・ワン・ダンロン(王丹戎) 『戦場のレクイエム』
 ・ワン・ダンロン(王丹戎) 『花の生涯―梅蘭芳』
 ・王长锐(Wang Changrui) 『麦田』
 ・顾长宁 “愛失償/李米的猜想”

 ◆音楽賞
 ◎ワン・リーグワン(王黎光) 『戦場のレクイエム』
 ・リウ・シン(刘星) 『麦田』
 ・チャオ・チーピン(赵季平) 『花の生涯―梅蘭芳』
 ・ドウ・ウェイ(窦唯)、毕晓笛 “愛失償/李米的猜想”

 ◆初監督作品賞
 ・西尔扎提、牙合甫 “买买提的2008”
 ◎リー・ダーウェイ 『二頭のロバの物語』
 ・黄河 “我是花下肥泥巴”
 ・彭家煌(Peng Jiahuang)、彭臣(Pen Chen) “走路上学”

 ◆ドキュメンタリー賞(最佳纪录片)
 ・“築夢2008/筑梦2008(Dream Weavers - Beijing 2008)” 監督:Zhu Meng
 ◎“决战太原(Jue Zhan Tai Yuan)” 監督:

 ◆最優秀科学映画(最佳科教片)
 ◎“月球探秘(Yue Qiu Tan Mi)” 監督:

 ◆最優秀アート映画(最佳美术片)
 ◎“马兰花(Ma Lan Hua/The Magic Aster)” 監督:姚光华(Yao Guanghua)
 ・“淘气包马小跳(Tao Qi Bao Ma Xiao Tiao)” 監督:黄军(Juang Jun)
 ・“麋鹿王(Finding the Milu King:The Magic Reel)” 監督:郭崴娇

 ◆最優秀オペラ映画(最佳戏曲片)
 ・“程婴救孤(National Project To The Distillation Of The Stage Art - Yu Opera Cheng Ying Rescuing The Orphan)” 監督:張平(Zhang Ping)
 ◎“廉吏于成龙(National Project To The Distillation Of The Stage Art 2005-2006 - Honest Official Yu Chenglong Peking Opera)” 監督:鄭大聖
 ・“公孙子都(National Project To The Distillation Of The Stage Art 2006-2007 - Gongsun Zidu Kunqu Opera)” 監督:石玉昆(Shi Yu Kun)

 ◆最優秀デジタル映画(最佳数字电影)
 ・“十八个手印” 監督:
 ◎“走四方” 監督:李灌洪
 ・“幸福成本” 監督:赵小鸥
 ・“锡林郭勒•汶川” 監督:

 ◆最優秀児童映画(最佳儿童片)
 ・“买买提的2008”
 ◎『ジャッキー・チェンを探して』“寻找成龙”
 ・“男生贾里新传(Nan Shen Jia Li Xin Zhuan)” 監督:李威
 ・“走路上学”

 ◎審査員特別賞(脚本)(評委會編劇獎):程曉玲 “清水的故事/喊过岭的故事(Seeking Happiness)”

 ◎審査員特別賞(作品)(評委會故事片獎):“八月一日(The First of August)”

 ◎生涯貢献賞(終身成就獎):チン・イー(秦怡)

 ◎生涯貢献賞(終身成就獎):ユイ・ラン(于藍)

--------------------------------

 作品ごとのノミネート&受賞結果は以下の通りです。

 ・『戦場のレクイエム』(4/8):作品・監督・主演男優・助演男優・脚本・撮影・美術・録音・音楽
 ・『花の生涯―梅蘭芳』(2/8):作品・監督・主演女優・助演男優・助演男優・美術・録音・音楽
 ・“立春(And The Spring Comes)”(1/5):作品・主演女優・助演男優・助演女優・脚本
 ・“畫皮”(0/5):監督・主演女優・助演女優・撮影・美術
 ・“鉄人”(2/4):主演男優・助演男優・撮影・美術
 ・“愛失償/李米的猜想”(1/4):監督・主演女優・録音・音楽
 ・『二頭のロバの物語』(2/3):助演女優・脚本・初監督
 ・『麦田』(0/3):撮影・録音・音楽

 全体的には、第3回アジア映画賞にノミネートされていた作品(と最近の公開作)が混じっていて、エントリー作品のラインナップとしては「ちょっと古いな、もうちょっと新しい作品はなかったのかな」という感じもします(ま、単に、アジア映画賞が他の映画賞に先駆けて新しい作品をエントリーさせていただけなんですが)。

 『花の生涯―梅蘭芳』と、日本ではほとんど話題にならなかった(という印象の)『戦場のレクイエム』が映画賞の上位を競い、結果的に2作品が作品賞を受賞というのも、最近の中国映画はちょっと不振なのかなと感じさせます(『花の生涯―梅蘭芳』のチャン・ツィイーはどうみても助演なのに主演にノミネートさせているのは数合わせなのかなと思ったりもします)。

 金鶏奨は、中国映画人協会が選ぶ中国アカデミー賞とも呼ばれる権威ある映画賞ですが、だからこそちょっと保守的なのかなあという印象も持ちました。映画賞としては性格が違いますが、以前、当ブログでも紹介した金鳳凰賞の方が「今の中国映画」をヴィヴィッドに反映しているような気もしますね。
 ちなみに、前回の金鶏奨作品賞(2007年)は『雲水謡』(映画祭上映のみ)です。

 上位2作品が日本公開済みというのもちょっと寂しい感じがして、今後の楽しみが少ないですが、昨年の東京国際映画祭で上映されただけの『二頭のロバの物語』あたりの劇場公開/映画祭上映の機会を楽しみにしていたいと思います。(『爆走自転車』も観たいけど、東京じゃまだやらないのかな?)

--------------------------------

 それはともかく、金鶏奨については今回初めて記事にしてみましたが、こんなにたくさんの賞(部門)がある映画賞だとは知りませんでした。
 さすがに中国のアカデミー賞と言われるだけのことはある、という感じでしょうか。

 メインの賞の方は、日本未公開でもわりと知られている作品が多いのですが、下位の賞となると、日本にほとんど情報の入ってきていない未知の作品ばかりとなっています。

 中国映画検索に関しては、簡字体があったり、繁字体があったり、香港版の別タイトルがあったり、英題でもオリジナルの英語題があったり、原音表記があったりで、非常に調べにくく、また、中国映画データベースも欧米のものに比べると遥かに使い勝手が悪いので(網羅性が低く、最新データもなかなか更新されない)、調べるのにかなり手間取りましたが、まあそれでもなんとか見られるようなものになったのではないでしょうか。結果的に上記リストにもさまざまな表記が混在していたりしますが、日本語でここまでまとめた記事は他にはありませんし。

 金鶏奨のノミネーションについて日本語で書かれたものは、どなたかが書かれたメインの賞のノミネート結果をまとめたものがコピーされてぐるぐる回っているようで、全ノミネート結果(および作品情報)を知りたかった私としては残念ながらあまり参考にはなりませんでした。中国語の得意な方は日本にもたくさんいらっしゃるはずですから、全ノミネーション結果だけでもまとめていただけると私としてはとてもありがたかったのに……、と思ったりもしました(笑)。ま、今回、中国映画に関して、どこにどんな情報があるのかは大体わかったつもりなので、次回、中国の映画賞について調べる時は、もうちょっと手際よく、あまり時間もかけずにやれるように思いますが。

 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 応援してね!

 *当ブログ記事
 ・第12回金鳳凰奨発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200908/article_15.html
 ・映画祭&映画賞カレンダー 2009年5月~2010年5月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200905/article_6.html

この記事へのコメント

よし
2009年10月19日 18:39
>『花の生涯―梅蘭芳』のチャン・ツィイーはどうみても助演なのに主演にノミネートさせているのは数合わせなのかなと思ったりもします
『花の生涯―梅蘭芳』は今年度分の米アカデミー賞の中国代表作品になりました。真偽は不明ですがチャン・ツィイーは出席すれば主演賞を与えると言われたが、断ったとネットに載っていました。以前「ジャスミンの花開く」で獲っているのでもういらない?ちなみに、15作品で少なくとも25以上の賞を獲得しているそうです。

この記事へのトラックバック