トロント国際映画祭2009 ラインナップ完全版! その6

 SPECIAL PRESENTATIONS の続きから……

 ・“Road, Movie” (インド・米) 監督:デーヴ・ベネガル [ワールド・プレミア]
 物語:ビシュヌは、落ち着きのない青年で、父のヘアオイル会社を断って、移動映画館とともに旅に出る。

画像

 ・“Scheherazade Tell Me a Story” (エジプト) 監督:Yousry Nasrallah [北米プレミア]
 物語:ヘバは、人気政治討論番組のホストで、彼女の夫カリムは政府が発行する新聞の編集長代理であった。カリムは女性問題をテーマにしたシリーズを取り上げなけらばないらないと考えていたが、そうするとどうしても彼ら自身のことも考えてみなくてはならなくなるのだった……。

 ・“The Secret of Their Eyes(El secreto de sus ojos)”(アルゼンチン・西) 監督:Juan José Campanella [インターナショナル・プレミア]
 物語:ベンジャミンは、ブエノスアイレスの法廷で長らく秘書を務めていたが、引退して、小説を書こうと思っていた。それは、激動の70年代に実際に起こった事件を基にしたものだった……。

画像

 ・“A Serious Man” (米) 監督:ジョエル&イーサン・コーエン [ワールド・プレミア]
 出演:マイケル・ストゥルバーグ、サリ・レニック、フレッド・メラメッド、アーロン・ウォルフ、ジェシカ・マクマヌス
 物語:1967年。ミッドウェスタン大学の物理学の教授ラリーの家庭は、トラブルが山積していた。妻は、愛人ができて家を出て行こうとし、息子は学校で問題を抱え、娘は財布から金をくすね、弟は働きもせずに居候を決め込んでいた……。

画像

 ・“A Single Man”(米) 監督:Tom Ford[北米プレミア]
 出演:コリン・ファース、ジュリアン・ムーア、マシュー・グード
 物語:同性愛のパートナーを突然失った英国人教授の、ロサンゼルスでのある一日を描く。
 『キャバレー』などの原作者として知られるクリストファー・イシャーウッドの小説の映画化。
 グッチのクリエイティブ・ディレクターに就任し、グッチを立て直したファッション・デザイナー トム・フォードの初監督作品。
 ベルリン国際映画祭2009 コンペティション部門出品作品。

 ・“Solitary Man” (米) 監督:Brian Koppelman、David Levien [ワールド・プレミア]
 出演:マイケル・ダグラス、メアリー・ルイーズ・パーカー、ジェナ・フィッシャー、スーザン・サランドン、ダニー・デヴィート
 物語:仕事でのつまづきと軽はずみなロマンスのために、自動車王の私生活とビジネスが狂い始めていく……。

 ・“Soul Kitchen”(独) 監督:ファティ・アキン [北米プレミア]
 出演:アダム・ボウスドウコス、モーリッツ・ブライプトロイ、ビロル・ユーネル
 物語:レストランの若きオーナー、ツィーノは、恋人のナディーンには上海に去られ、新たに雇おうとしたシャフからは逃げられて、という具合に、このところうまくいかないことばかり続いていた。しかし、メニューを一新したところで、物事は好転し始め、レストランを前科者の弟イリアスに任せて、ナディーンに会いに上海に向かう。
 ベネチア国際映画祭2009 コンペティション部門出品作品。


 ・“Triage” (アイルランド・ベルギー) 監督:ダニス・タノヴィッチ [ワールド・プレミア]
 出演:コリン・ファレル、ジェイミー・サイヴズ、クリストファー・リー、パズ・ヴェガ、ケリー・レイリー
 物語:戦争写真家であるマークは、独りでクルディスタンから戻ってくる。一緒に帰ってくるはずのデイヴィッドは行方知れずになっていたが、やがてそれにはマークが関わっているらしいことがわかってくる……。

画像

 ・“The Trotsky”(カナダ) 監督:Jacob Tierney [ワールド・プレミア]
 出演:Jay Baruchel、Saul Rubinek
 物語:レオン・ブロンステインは、他の高校生とは違うところがあった。それは、彼がソ連の赤軍の英雄であるレオン・トロツキー

 ・“Up in the Air”(米) 監督:ジェイソン・ライトマン[ワールド・プレミア]
 出演:ジョージ・クルーニー、ヴェラ・ファーミガ、ジェイソン・ベイトマン、メラニー・リンスキー、ダニー・マクブライド、アンナ・ケンドリック
 物語:ライアン・ビンガムは、企業の経営コンサルタント(リストラ専門)として、全米を飛び回っているが、マイルを貯めることに執念を燃やしていた。最近になって同好の女性とも知り合い、マイルが1000万マイルに達しようとした矢先、彼のその「楽しみ」を脅かす事態が生じる……。
 『サムサッカー』の原作者ウォルター・キルンの小説の映画化。

画像

 ・“Valhalla Rising” (デンマーク・英) 監督:Nicolas Winding Refn [ワールド・プレミア]
 物語:“一つ目”は、超人的な能力を持った沈黙の戦士だったが、長らく囚われの身であった。そんな彼を助けたのがアールという少年で、2人は逃げて、バイキング船に乗り込む。しかし、船は濃霧に巻き込まれて難破し、見知らぬ地に流れ着くのだった……。

画像

 ・“Vengeance” (香港・仏) 監督:ジョニー・トー [北米プレミア]
 出演:ジョニー・アリディー、サイモン・ヤム、シルヴィー・テステュー、アンソニー・ウォン
 物語:引退し、今は料理人をしている元殺し屋が、娘を殺されて、復讐に立ち上がる。
 カンヌ国際映画祭2009コンペティション部門出品。

 ・“The Vintner’s Luck” (ニュージーランド・仏) 監督:ニキ・カーロ [ワールド・プレミア]
 出演:ジェレミー・レニエ、ギャスパー・ウリエル、ヴェラ・ファーミガ
 19世紀のフランス、完璧なワインを作ろうとする農場主の物語。ニュージランドの小説家エリザベス・ノックスの小説の映画化。

画像


 ・“The Waiting City”(オーストラリア) 監督:Claire McCarthy [ワールド・プレミア]
 出演:ラダ・ミッチェル、ジョエル・エドガートン、イザベル・ルーカス
 物語:オーストラリア人のカップルが養子を手に入れるためにインドに向かう。しかし、エージェンシーの手続きが完了しておらず、彼らは何もすることがないまま待たされることになる。待っている間に、インドの持つ神秘的な雰囲気に呑み込まれて、2人はそれぞれ別々に行動し始める。それが夫婦の別れにつながるとも知らずに……。

 ・“The Warrior and the Wolf”(中) 監督:田壮壮 [ワールド・プレミア]
 出演:オダギリジョー、マギーQ
 井上靖『狼災記』の映画化。

 ・“Wheat/麦田”(中) 監督:フー・ピン [インターナショナル・プレミア]
 出演:ファン・ビンビン、ホァン・ジュエ、ワン・チーウェン、ワン・シュエチー
 物語:中国の戦国時代。趙の国では、すべての男が秦との戦いのために城外に出ていて、女たちが留守を守っていた。王妃は、「勝利は近い」と言って女たちを元気づけるが、そこに、趙軍の勝利を知らせる兵が駆けつける。しかし、その兵は、趙兵になりすました敵兵であり、偽装が明らかになって城内はパニックに陥る。
 上海国際映画祭2009 オープニング作品。『ヘブン・アンド・アース 天地英雄』(2003)のフー・ピン監督が8年の歳月をかけて完成させた作品。

画像

 ・“Whip It” (米) 監督:ドリュー・バリモア [ワールド・プレミア]
 出演:エレン・ペイジ、マルシア・ゲイ・ハーデン、クリステン・ジュリエット・ルイスウィッグ、ジミー・ファロン、ゾーイ・ベル、アンドリュー・ウィルソン、ダニエル・スターン、ドリュー・バリモア
 ドリュー・バリモアの初監督作品。
 物語:反抗的なテキサス娘ブリスが、小さな町のローラー・ダービー(インラインスケートの競技)に参加させられることになる。
 ショーナ・クロスの小説の映画化。

画像

 ・“Women Without Men” (独・仏・オーストリア) 監督:シリン・ネシャット(Shirin Neshat)  [北米プレミア]
 イラン人小説家Sharnush Parsipurのマジック・リアリズム小説の映画化。
 物語: 1953年夏、民主的に選出されたモハメド・モサデク首相に不満だったアメリカは、シャー独裁政権を立てる。そうした政治状況を背景にした4人のイラン人女性の物語。

 ・“Youth in Revolt”(米) 監督:Miguel Arteta [北米プレミア]
 出演:マイケル・セラ、フレッド・ウィラード、ジャスティン・ロング、スティーヴ・ブシェミ、レイ・リオッタ、ジーン・スマート、ポーシャ・ダブルデイ
 物語:14歳のニックは、両親が離婚するかもしれないというシリアスな状況にあって、恋するシーニの心をつかみ、童貞を卒業したいと考えている。
 C.D. Payneの同名小説の映画化。

画像

 ※Ahmed Maher監督の“El Mosafer (The Traveller)”(エジプト・伊)もSpecial Presentationsにエントリーされていたはずですが、いつのまにかラインナップの中から消えていました。

--------------------------------

 【SPROCKETS FAMILY ZONE】
 キッズ・ムービー、ファミリー・ムービーのセレクション。

 ・“A Shine of Rainbows”(カナダ・アイルランド) 監督:Vic Sarin [北米プレミア]
 出演:コニー・ニールソン、エイダン・クイン、ジョン・ベル、ジャック・グリーソン、ニーヴ・ショウ
 物語:非凡な女性が、孤児に、「色と魔法の不思議な贈り物」を通して、自分自身を受け入れることと、愛を教える。

画像

 ・ “Timetrip: The Curse of the Viking Witch” (デンマーク) 監督: Mogens Hagedorn [北米プレミア]
 物語:9年生のValdemarと妹のSilleは、デンマークの歴史をたどる旅をし、古くさい呪いを打破しようとする。

画像

 ・“Turtle: The Incredible Journey” (英・オーストリア・独) 監督: Nick Stringer [カナダ・プレミア]
 海亀の旅を追ったドキュメンタリー。

画像

 ・ “Under the Mountain” (ニュージーランド) 監督:Jonathan King 
[北米プレミア]
 出演:トム・キャメロン、ソフィー・マクブライト、サム・ニール
 物語:テオとレイチェルの双子がミステリアスなジョーンズ氏と出会い、彼ら2人が危機に面している世界を救う鍵を握っていると告げられる。
 ニュージーランドの小説家モーリス・ジー(Maurice Gee)の小説の映画化。

画像

--------------------------------

 【VANGUARD】
 公式には「技術や文化、セクシュアリティ、あるいは映画それ自体の可能性を広げた作品のセレクション」ということになっていますが、基本的にはこれまでどこかの映画祭で高い評価を受けたことがある俊英の最新作を紹介するセクションになっています。

 ・“Accident” (香港・中) 監督:Soi Cheang [北米プレミア]
 物語:事故死を装った殺人が専門のプロの殺し屋が登場する型破りのスリラー。
 プロデューサーはジョニー・トー。

画像

 ・“The Ape”(スウェーデン) 監督:Jesper Ganslandt [ワールド・プレミア]
 見知らぬ場所で目覚めて、人生がすっかり変わってしまったことに気づく男性の物語。Jesper Ganslandtの監督第2作。

 ・“Bunny and the Bull” (英) 監督:Paul King [ワールド・プレミア]
 シャイなスティーヴンと大酒飲みの友人バニーは、部屋から一歩も外に出ることなしに、冒険に満ちた旅を経験させてくれる。

 ・“Carcasses” (カナダ) 監督:Denis Côté [北米プレミア]
 物語:美しい物語。廃車置き場に住んでいる老人の元に若者たちのグループがたずねてきて、彼を驚かせる……。
 カンヌ国際映画祭2009 監督週間出品作品。

画像

 ・“The Dirty Saints” (アルゼンチン) 監督:Luis Ortega [ワールド・プレミア]
 Fijman川を渡る羽目になった5人の旅行者の物語。Luis Ortegaの監督第3作。

 ・“Enter the Void”(仏・独・伊) 監督:ギャスパー・ノエ [北米プレミア]
 出演:ナサニエル・ブラウン、パ・ドゥ・ラ・ユエルタ、エミリー・アリー・リンド、丹野雅、フィリップ・ナオン
 物語:日本に暮らす若いアメリカ人ドラッグ・ディーラーの物語。 カンヌ国際映画祭2009 コンペティション部門出品。

画像

 ・“Fish Tank”(英) 監督:アンドレア・アーノルド [北米プレミア]
 出演:カティー・ジャーヴィス、マイケル・ファスベンダー、ハリー・トレッダウェイ、カーストン・ウェアリング
 物語:母親が家にボーイフレンドを連れ帰ったことによって、15歳のミアの世界は大きく変わってしまう。タイトルの"Fish Tank”とは水槽のことで、それ以前のミアの世界を象徴しているようです。
 カンヌ国際映画祭2009 審査員賞受賞。エジンバラ国際映画祭2009 PPG賞(パフォーマンス賞)受賞(カティー・ジャーヴィス)。

 ・“Hipsters(Stilyagi)” (ロシア) 監督:ヴァレリー・トドロフスキー [北米プレミア]
 物語:1950年代のモスクワ。堅物のメルスは共産主義者の制服を脱ぎ捨てて、しゃれた服を着、髪もポンパドールに結って、サックスをかき鳴らす。
 カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭2009 アウト・オブ・コンペティション部門出品作。

画像

 ・“Leslie, My Name Is Evil”(カナダ) 監督:Reginald Harkema [ワールド・プレミア]
 出演:グレゴリー・スミス、クリスティン・ヘイガー、サラ・ゴードン、ライアン・ロビンス、ドン・マッケラー
 物語:ペリーは、優秀な学生で、いい会社に就職して、化学エンジニアになり、クリスチャンでバージンのドロシーに結婚を申し込んでいる。一方、レスリーは、両親の離婚とケネディー暗殺と妊娠中絶がトラウマとなって、非行に走り、カルト殺人に加わった。そんな2人が出会ったのは、レスリーを被告、ペリーを陪審員とする法廷で、ペリーは、レスリーをひと目見て、自分の中に眠っていた暗い部分を目覚めさせ、彼女に恋してしまう。

画像

 ・“The Misfortunates(De helaasheid der dingen)” (ベルギー・オランダ) 監督:Felix Van Groeningen [北米プレミア]
 13歳の少年と、その父親と3人のおじの物語。父とおじたちはいずれも大酒飲みで、手がつけられなかったが、みんな愉快で、ロイ・オービソンが大好きだった……。
 カンヌ国際映画祭2009 監督週間出品。

画像

 ・“My Queen Karo” (ベルギー) 監督:Dorothée van den Berghe [ワールド・プレミア]
 物語:1970年代のアムステルダム。少女が、両親が無断居住者のグループに加わって、自由に愛し合うのを目撃して、道徳的なジレンマに陥る。

 ・ “She, A Chinese” (英・仏・独) 監督:シャルー・グォ(郭小櫓/Xiaolu Guo) [北米プレミア]
 物語:メイは、小さな村に住む娘。彼女は、退屈な生活に飽きて、近くの町に出て行くが、そこでの生活は楽ではなくて、縫製工場に勤めた後、ヘアサロンに転職する。マフィアの鉄砲玉のスパイキーと知り合いになるが、ある日、彼は血まみれになって、彼女のところに現れ、彼女の足元で息絶える。彼女は彼が手にしていた大金を持って、ロンドンに向かい、そこで70歳のハント氏と結婚する。彼女の望んでいたものはこういう生活だったのか……。
 ロカルノ国際映画祭2009 金豹賞受賞。

画像

 ・“Spring Fever” (中) 監督:ロウ・イエ [北米プレミア]
 1920年代に禁書となった小説の映画化で、ゲイの三角関係が描かれる。
 カンヌ国際映画祭2009 コンペティション部門出品。脚本賞受賞。

画像


 ・“The White Stripes Under Great White Northern Lights” (米) 監督:Emmett Malloy [ワールド・プレミア]
 アメリカのバンド、ザ・ホワイト・ストライプスのカナダ・ツアーを追ったドキュメンタリー。

--------------------------------

 *トロント国際映画祭2009 ラインナップ完全版
 ・その1:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200908/article_18.html
 ・その2:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200908/article_19.html
 ・その3:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200908/article_20.html
 ・その4:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200908/article_21.html
 ・その5:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200908/article_22.html
 ・その6
 ・その7:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200908/article_24.html
 ・全タイトル・リスト:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200908/article_25.html

  *この記事がなかなかよかった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 応援してね!

 *当ブログ記事
 ・映画祭&映画賞カレンダー 2009年5月~2010年5月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200905/article_6.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック