モントリオール世界映画祭2009 ラインナップ! その2

 ただタイトルだけをズラズラ並べても面白みがないので、ここではドキュメンタリー部門の上映作品に若干の説明文をつけてみました。

 他の部門同様、モントリオール世界映画祭がワールド・プレミアではなく、あちこちで上映されて既に評判になっている作品も多いのですが、えっ、そんな作品があるの?というような作品がいくつかあって、ちょっと驚き、興味をそそらされます。

 これらが日本で観られるかどうかはわかりませんが、まだ観ぬ映画を想像して楽しむのが、映画ファンの映画祭の醍醐味ですね~。

 *人気ブログランキング

--------------------------------

 【フォーカス・オン・ワールドシネマ 短編映画部門】(SHORT FILMS FOCUS ON WORLD CINEMA) 68作品

 ・“Modern Life Is Rubbish”(英) 監督:Daniel Jerome Gill

 ・“The Taxidermist”(英) 監督:Bert&Bertie

 ・“My Name Is Mohammed”(英・イラク・ヨルダン) 監督:Sinan Najm Abdullah、 Yahya T Hassan、Baan S Shibab、Rania Okla Yacoub Haddad

 ・“As Maltratadas/The Abused”(ポルトガル) 監督:Ana Campina

 ・“Coco Rallado/Grated Coconuts”(西) 監督:Concha López Nieto

 ・“Martina Y La Luna /Martina And The Moon”(西) 監督:Javier Loarte

 ・“Novilunio”(西) 監督:Roberto Chinet

 ・“Socarrat”(西) 監督:David Moreno

 ・“Tu(a)mor”(西) 監督:Fernando Franco

 ・“Celluloid Gangster”(仏) 監督:Hugo Pivois

 ・“Fard”(仏) 監督:David Alapont、Luis Fard Bricero

 ・“Le Courrier Du Parc /By Courier”(仏) 監督:Agnès Caffin

 ・“Le Lit Près De La Fenêtre /The Bed By The Window”(仏) 監督:Michael Barocas

 ・“Nue/Nude”(仏) 監督:Catherine Bernstein

 ・“Points De Vue /Point Of View”(仏) 監督:Yona Friedman

 ・“En Attendant Que La Pluie Cesse”(仏・ベルギー) 監督:Charlotte Joulia

 ・“L'Abri/The Shelter”(ベルギー) 監督:Antoine Duquesne

 ・“Hit And Run”(独) 監督:Claudia Sun

 ・“Kinderwunsch”(独) 監督:Willy Rollé

 ・“Never Drive A Car When You're Dead”(独) 監督:Gregor Dashuber

 ・“Patience of The Memory”(独・西) 監督:Vuk Jevremovic

 ・“Together”(独・英) 監督:Eicke Bettinga

 ・“Persée/Perseus”(スイス) 監督:Thomas Queille

 ・“Fordítva/Rotate”(ハンガリー) 監督:Dávid Spáh

 ・“Listen To Me!”(ハンガリー) 監督:Elena Rogova

 ・“A Repülés Története/ The History of Aviation”(ハンガリー・仏) 監督:Bálint Kenyeres

 ・“One Night Together”(ギリシャ) 監督:Eleftheria Astrinaki

 ・“Lars Og Peter/Lars And Peter”(デンマーク) 監督:Daniel Borgman

 ・“Fish”(スウェーデン) 監督:Asa Johannisson

 ・“Slitage/ Seeds of The Fall”(スウェーデン) 監督:Patrick Eklund

 ・“Posledniy Den' Bulkina I.S. / The Last Day of Bulkin I.S.”(ロシア) 監督:Aleksei Andrianov

 ・“L'Ambouba”(チュニジア) 監督:Nadia Raïs

 ・“Fragile”(レバノン) 監督:Cynthia Raphaël

 ・“The First Film”(イラン) 監督:Panah Panahi

 ・“Vitthal”(インド) 監督:Vinoo Choliparambil

 ・“Black Leaf”(バングラデシュ・英) 監督:Makbul Chowdhury

 ・“À La Folie/Like Crazy”(シンガポール) 監督Sanif Olek

 ・“Not Here”(シンガポール) 監督:Teo Mei Ann

 ・“Invisible Loneliness”(台湾) 監督:Jung-Hsien Lin

 ・“Floating”(オーストラリア) 監督:Juliet Porter

 ・“Miracle Fish”(オーストラリア) 監督:Luke Doolan

 ・“Nice Shootin' Cowboy”(オーストラリア) 監督:Ben Phelps

 ・“E Arioi Vahine/Arioi Women”(オーストラリア・タヒチ) 監督:Virginie Tetoofa

 ・“Among Friends”(カナダ) 監督:Geoffrey Uloth

 ・“Attachment”(カナダ) 監督:Kim Barr

 ・“Coma”(カナダ) 監督:Karine Bédard

 ・“Fading Fast”(カナダ) 監督:Brad Smith

 ・“How Eunice Got Her Baby”(カナダ) 監督:Ana Valine

 ・“La Dernière Visite/The Last Visit”(カナダ) 監督:Didier Maigret

 ・“La Monstre /She-Monster”(カナダ) 監督:Dominic Goyer

 ・“Mike Inc.”(カナダ) 監督:Jose Pablo Gonzalez、Paal Wilhelm Nesset

 ・“Mortimer”(カナダ) 監督:Nolan Sarner

 ・“One Night”(カナダ) 監督:Shelagh Carter

 ・“Recipe”(カナダ) 監督:Martha Barron Griffith

 ・“Seeds”(カナダ) 監督:Attila Luca

 ・“Shanti Baba Ram And The Dancers of Hope”(カナダ) 監督:Steve Rosenberg

 ・“So Soon Forgotten”(カナダ) 監督:Zack Bernbaum

 ・“Sofia”(カナダ) 監督:Shervin Kermani

 ・“The Cat In The Pan”(カナダ) 監督:Anne Kmetyko、Catherine Le Retournement Bütikofer

 ・“The Hermitian Penny”(カナダ) 監督:Raphael Levy

 ・“Trece Años/Thirteen Years”(米) 監督:Topaz Adizes

 ・“Articles of War”(米) 監督:Daniel M.Kanemoto

 ・“Hove(The Wind)”(米) 監督:Alex Webb

 ・“Love And Roadkill”(米) 監督:John David Allen

 ・“Open Air”(米) 監督:Shira-Lee Shalit

 ・“Welgunzer”(米) 監督:Bradford Schmidt

 ・“Bye Bye Sally”(米・オーストアリア) 監督:Paul Leyden

 ・“En Legítima Defensa/In Self-Defence”(コロンビア) 監督:Carlos Serna

 ・“Jauregui”(ペルー) 監督:Checa Belaunde、Victor Manuel

--------------------------------

 【ドキュメンタリー・オブ・ザ・ワールド】(DOCUMENTARIES OF THE WORLD) 41作品

 ・“The Great Contemporary Art Bubble”(英・独・仏・オランダ) 監督:Ben Lewis
 コンテンポラリー・アート市場の発展と衰退に関するドキュメンタリー。

 ・“Child of The Dead End”(アイルランド・スコットランド) 監督:Desmond Bell
 小説家で詩人、脚本家でもあったPatrick Mac Gill(1891-1963)の人生についてのドキュメンタリーで、彼が残した手紙や小説を通して彼の人生をたどる。映画の中ではスティーヴン・レイがPatrick Macを演じる。“Child of The Dead End”とは1913年に刊行された彼の著書のタイトル。


 ・“El Agua De La Vida/ The Water of Life”(西) 監督:Chumilla Carbajosa、Juan Manuel

 ・“Fiesta, Luchar O No Luchar/Fiesta, To Fight Or Not To Fight”(西) 監督:Luis Cerezo

 ・“Vivir De Pie: Las Guerras De Cipriano Mera/Living on Your Feet: The Struggles of Cipriano Mera”(西) 監督:Valentí Figueres Jorge
 スペイン第二共和制時代に活躍した軍人・政治家Cipriano Mera Sanz(1897-1975)に関するドキュメンタリー。

 ・“The Moon Inside You”(西・仏・スロヴァキア) 監督:Diana Fabianova
 月経に関する嘘や俗説を検証したドキュメンタリー。


 ・“Life And Film: The Labyrinthine Biographies of Vojtech Jasny”(西・チェコ) 監督:Arkaitz Basterra Zalbide
 1950年代~60年代にかけてヨーロッパで最も成功した映画監督であるチェコのヴォイチェク・ヤスニー(1925- )(カンヌ国際映画祭のコンペ部門に4回出品していて、監督賞受賞1回、審査員特別賞受賞1回)は、その後、亡命し、今はほとんど世間からも忘れられて、ひっそりとニューヨークの小さなアパートに暮らしている。本作では、そんな彼の元を訪れて、彼の話を聞きつつ、彼の半生を振り返る。ミロシュ・フォアマンらも出演。

 ・“My Beautiful Dacia”(西・ルーマニア) 監督:Julio Soto、Stefan Constantinescu
 ルーマニアの自動車メーカー、ダチアを通して、共産主義時代から資本主義時代のルーマニアの移り変わりをとらえたドキュメンタリー。

 ・“Hollywood Contra Franco/A War In Hollywood”(西・米) 監督:Oriol Porta Tallada
 スペイン内戦は、アメリカの多くの芸術家の関心を呼び、その結末は彼らに少なくないショックを与えた。アルバ・ベッシー(Alvah Bessie)もスペイン内戦に参加した脚本家の1人で、その後、ハリウッドのブラックリスト(Hollywood Ten)に載せられて、全く仕事ができなくなる。本作では、アルバ・ベッシーとスペイン内戦を題材として、政治と産業の関係を考える。


 ・“Les Arrivants/The Arrivals”(仏) 監督:Claudine Bories、Patrice Chagnard
 フランスに亡命を求める家族の物語。

 ・“Ne Me Libérez Pas, Je M'en Charge/My Greatest Escape”(仏) 監督:Fabienne Godet
 強盗罪で投獄されたMichel Vaujourは、おもちゃの銃を使って逃げようとしたり、妻にヘリコプターで迎えに来てもらって逃げようとしたりと、何度も脱獄を試みる。2003年に仮釈放されたMichel Vaujourの「華麗なる脱獄人生」とは……。
 ベルリン国際映画祭2009フォーラム部門出品、モスクワ国際映画祭2009出品。


 ・“14-18 The Noise And The Fury”(仏・ベルギー) 監督:Jean-François Delassus
 第一次世界大戦で、兵士たちの過ごした過酷な塹壕生活についてのドキュメンタリー。タイトルの14-18は、第一次世界大戦の期間1914年から1918年のこと。

 ・“L'important, C'est De Rester Vivant /The Main Thing Is To Stay Alive”(仏・カンボジア) 監督:Roshane Saidnattar
 カンボジアの死の収容所の生き残りであるRoshane Saidnattar監督が、カンボジアに戻って、虐殺の責任者であるKhieu Samphanや自身の母に会ったりして、記憶や思い出をたどる。

 ・“Marching Band”(仏・米) 監督:クロード・ミレール
 バージニア大学の学生ミュージシャンたちに3ヶ月間密着して撮影する形で、併行して行なわれていた米大統領選をドキュメントした作品。
 ロカルノ国際映画祭2009上映作品。


 ・“Alias”(独) 監督:Jens Junker
 監督は、幼い頃に、自分の外見がほかのドイツ人と違っていることに気づいたが、自分の出生の秘密については教えられずに誰にも過ごす。そして、20代になって父の実の子ではないことを教えられて激怒するが、親戚に話を聞いたりして情報を集め、自分のルーツを探るために、レバノンに向かう。
 マックス・オフュルス映画祭2009 最優秀ドキュメンタリー賞受賞。

 ・“Anne Perry - Interiors”(独) 監督:Dana Linkiewicz
 歴史ミステリを手がけて、日本でも何冊も翻訳書が出ているベストセラー作家アン・ペリーは、実は、ピーター・ジャクソンによって『乙女の祈り』(1994)として映画化もされた実際の殺人事件の犯人ジュリエット・ヒュームのペン・ネームだった!本作は、そんなアン・ペリー=ジュリエット・ヒュームの知られざる半生を描く(その事実はこの映画化がきっかけで明るみになった)。


 ・“Blues March - Soldat Jon Hendricks”(独) 監督:Malte Rauch
 偉大なるジャズ・ボーカリスト、ジョン・ヘンドリクスの半生―第二次世界大戦に従軍したが、戦わなければならなかったのは、敵であるナチスだけではなく、アフロアメリカンとしての彼に対する軍隊内部の差別に対しても、であった―を描く。

 ・“The Good American”(独) 監督:Jochen Hick
 ヨーロッパおよびアメリカに、男性“エスコート”業を展開させて大成功を収めたTom Weiseの肖像。
 ベルリン国際映画祭2009上映作品。


 ・“Looking For Dragone”(ベルギー) 監督:Manu Bonmariage
 シルク・ドゥ・ソレイユの演出家として知られるフランコ・ドラゴーヌについてのドキュメンタリー。


 ・“Yomiyat Madinat Al Ramad/Diary of The Ash City”(カタール) 監督:Rula Mowaffak、Waleed Kakhreddine

 ・“Chan Di Chummi/Kiss The Moon”(パキスタン・独) 監督:Khalid Gill
 パキスタン社会におけるトランスジェンダーの現状。
 ベルリン国際映画祭2009上映作品。

 ・“Toxicosis”(中) 監督:Baochun Wang

 ・『イートリップ』(日) 監督:野村友里

 ・“Éloge Du Chiac”(カナダ) 監督:Marie Cadieux

 ・“Ganesh, Boy Wonder”(カナダ) 監督:Srinivas Krishna
 物語:ガネーシュは、象の鼻を持ってハイデラバードで生まれる。しかし、彼の両親は貧しくて、彼がそういう体で生まれたことを知ってもどうすることもできなかった。そのまま彼は6歳になるが、その頃になると、モノを見ることに不便が生じるくらいに鼻が大きくなって目を圧迫し始めてしまう。しかし、そんな彼のことが報道され始めたおかげで、彼の手術のために基金もでき、ようやくカナダで手術を受けられることになる。12時間かけて手術が行なわれるが、しかし、すんなりと家に帰るというわけにはいかなった……。


 ・“La Boxe: Tout Un Combat! /Boxing: What A Fight!”(カナダ) 監督:Roger Otis
 モントリオールにおけるボクシングの歴史。ドン・キング、Jean Pascal、ジョージ・チュヴァロ、アンジェロ・ダンディー、Yvon Michel、Russ Anber、……

 ・“Questions Nationales/National Matters”(カナダ) 監督:Jean-Pierre Roy
 過去50年間に111カ国が独立しているが、なぜケベックはカナダから独立しないのか? イギリスにおけるスコットランド、スペインにおけるカタロニアと比較しつつ考える。

 ・“Rwanda, Je Me Souviens”(カナダ) 監督:André St-Pierre

 ・“Tusarnituuq! Nagano Au Pays Des Inuits /Tusarnituuq! Nagano in The Land of The Inuit”(カナダ) 監督:Félix Lajeunesse
 モントリオール・シンフォニー・オーケストラが2008年9月に行なったカナダ北極圏ツアーについてのドキュメンタリー。

 ・“A Chemical Reaction”(米・カナダ) 監督:Brett Plymale
 除草剤や殺虫剤の人体に及ぼす影響を検証し、その危険性について警鐘を鳴らす。


 ・“Courting Condi”(米) 監督:Sebastian Doggart
 邦題をつけるなら「ライス国務長官に恋して」。
 ミュージシャンのDevin Ratrayは、あまりにもライス国務長官が好きなために、彼女のバイオグラフィーをたどるように、子供時代を知る人物から順に彼女の友人、知人、関係者に会いに行き、アメリカ中を旅する。
 ミラノ国際映画祭2009 最優秀ドキュメンタリー賞ほか、受賞歴多数!


 ・“For The Love of Movies: The Story of American Film Criticism”(米) 監督:Gerald Peary
 アメリカにおける映画評論家という仕事について。ロジャー・エバート、モリー・ハスケルら、著名な映画評論家が多数登場して、映画と映画評論について語る。


 ・“Poto Mitan: Haitian Women, Pillars of The Global Economy”(米・ハイチ) 監督:Renée Bergan、Mark Schuller
 ハイチにおける女性の労働組織についての物語。

 ・“La Sirena Y El Buzo/The Mermaid And The Diver”(メキシコ・西・ニカラグア) 監督:Mercedes R.Mondaca
 ニカラグアの漁村に住む部族民の日常生活と彼らの輪廻思想についてのドキュメンタリー。
 ベルリン国際映画祭2009フォーラム部門上映作品。


 ・“El General/The General”(メキシコ・米) 監督:Natalia Almada
 メキシコで革新的な人物として賛否両論を呼んだ大統領プルタルコ・エリアス・カリョスのひ孫が描く「メキシコの肖像」。
 サンダンス映画祭2009監督賞受賞作品。

 ・“Juan Meléndez - 6446”(プエルトリコ) 監督:Luis Rosario Albert
 Juan Meléndezは、プエルトリコ系移民の息子で、ニューヨークで育ったが、17歳の時に犯してもいない殺人のためにフロリダで逮捕されて、たった5日で死刑を宣告されてしまう……。受刑番号6446、Juan Meléndezについての物語。

 ・“La Isla De León/Leon's Island”(コスタリカ・メキシコ) 監督:Rogelio Ortega
 コスタリカ生まれの小説家ホセ・レオン・サンチェスについてのドキュメンタリー。


 ・“Mamachas Del Ring/Mamachas of The Ring”(ボリビア・米) 監督:Betty M. Park
 男の世界だったボリビア・プロレスに女子プロレスラーの道を切り開いたCarmen Rosaの物語。


 ・“Garapa”(ブラジル) 監督:ジョゼ・バジージャ
 ブラジルで必死に生き抜こうとする3つの家族の物語。
 『バス174』のジョゼ・バジージャ監督の最新作。
 ベルリン国際映画祭2009 パノラマ部門上映作品。


 ・“Utopia e Barbárie/Utopia And Barbarism”(ブラジル) 監督:Silvio Tendler
 アジアやアフリカの旧植民地からの独立、ベトナムその他の侵略戦争、中南米の軍事独裁政権……。第二次世界大戦後50年を検証する。

 ・“Versificando /Versifying”(ブラジル) 監督:Pedro Caldas
 音楽ドキュメンタリー。


--------------------------------

 【ドキュメンタリー・オブ・ザ・ワールド 短編映画部門】(SHORT FILMS DOCUMENTARIES OF THE WORLD) 6作品

 ・“Pauline”(ブルキナファソ) 監督:Maimouna N'diaye

 ・“Salt”(オーストラリア) 監督:Michael Angus、Murray Fredericks

 ・“Grandmother”(日) 監督:Kawamura Yuki

 ・“Le Secret D'un Moine”(カナダ) 監督:Yves Étienne Massicotte

 ・“11 Ans”(カナダ) 監督:Eric Chaussé

 ・“Diario Del Fin”(ペルー) 監督:Juan Alejandro Ramirez

 【カナダ学生映画祭】(CANADIAN STUDENT FILM FESTIVAL) 77作品

 ・“138 Arlington” 監督:Meagan Hoecke

 ・“A Bottled Promise” 監督:Jing Jie Teo

 ・“À Hauteur De Jeune” 監督:Mathieu-David Crépin、Mathieu Quintgal

 ・“And You Keep Going” 監督:Ryan Flowers、Lisa Pham、Tyler Hagan

 ・“Arrhythmia” 監督:Meelad Moaphi

 ・“Au Revoir Timothy” 監督:Chloé Robichaud

 ・“Avec Elle” 監督:Sophie Richer

 ・“Baby Not Mine” 監督:Joseph Loiero

 ・“Baby Oil & Cognac” 監督:Fraser Munden

 ・“Big Boys, Short Skirts” 監督:Shanna Robert-Salée、Fraser Munden

 ・“Bone Feather” 監督:Callum Paterson、Nathan Gilliss

 ・“Brain Drain” 監督:Andrew Cheung

 ・“Catechism” 監督:Jessica Moorhouse

 ・“Ceci Est Mon Corps” 監督:Fanny Pascual

 ・“Concatenare” 監督:Sonya Stefan

 ・“Corps Chimiques” 監督:Pascale Bilodeau

 ・“Curtain Call” 監督:Angie-Pepper O'Bomsawin

 ・“Dehors L'hiver” 監督:Ismaël Aurey

 ・“Detective Mark Waters” 監督:Michael Laicini

 ・“Deux Papillonneux” 監督:Micaël Poirier-Martin

 ・“Dinner Parade” 監督:Gillian Cole

 ・“Dog Girl” 監督:Heather Young

 ・“Doppelgänger” 監督:Mira Sewell Mancuso

 ・“Dying Love” 監督:Kelly Dale

 ・“Emes” 監督:Mark Jewusiak

 ・“Game Over” 監督:Michel Riendeau、Pierre-Étienne Bordeleau

 ・“Gophers In Space” 監督:Shannon Ang

 ・“Harvest Moon” 監督:Mina Vladimir

 ・“His White Eyes” 監督:Betty Jiang

 ・“Hors De Contrôle” 監督:Jean-Frédéric Bédard

 ・“Hors-Champlain” 監督:Yann-Manuel Hernandez

 ・“How I Almost Became A Canadian” 監督:Sanja Zivkovic

 ・“I Will For It To Rain” 監督:B David arlow-Krelina

 ・“Intrusion” 監督:Fernand-Philippe Morin-Vargas

 ・“Ivadelle” 監督:Nicole Dorsey

 ・“Janvier” 監督:

 ・“Jeff Batsoulis: Poet” 監督:Demitri Salloum

 ・“Jusqu'au Bout Du Chemin” 監督:Kyril Dubé、Jérôme Dumais、Philippe Grégoire

 ・“L'Apprenti” 監督:Jason Paré

 ・“L'Épitaphe” 監督:Stéphane Moukarzel

 ・“L'Halloween De Monsieur Simard” 監督:Philippe Lupien

 ・“La Règle Du Futur Composé” 監督:Claude Hébert

 ・“Le Courage D'aimer” 監督:Michel Cordey

 ・“Le Kyste” 監督:Patrick Bilodeau

 ・“Le Retour” 監督:Maxime Robert-Lachaïne

 ・“Les Rideaux et Les Meubles” 監督:Olivier Godin

 ・“Les Yeux Dans Le Vide” 監督:Hubert Caron-Guay

 ・“Lily” 監督:Claire Sanford

 ・“Madeleine” 監督:Mathieu Verreault

 ・“Mon Beau Sapin” 監督:David Carré

 ・“N.T.N.E.” 監督:Etienne Gravrand

 ・“Natural Selection(Or How I Learned That You Can't Outwit Stupidity)” 監督:AJ Korkidakis

 ・“Norbert” 監督:Veronica Saluzzi

 ・“Out From The Underground” 監督:Tara Codrington

 ・“Pfds/Mtl” 監督:Maxime Leduc

 ・“Retiring Clean” 監督:Caillie West

 ・“Roots” 監督:Lysandra(Yu-Chin) Lee

 ・“S'oublier” 監督:Mirek Hamet

 ・“Sans Titre(La Jeune Fille Au Matelas)” 監督:Adam Kosh

 ・“Slack Water” 監督:Eric Sanderson

 ・“Snakes Poker” 監督:Angie-Pepper O'Bonsawin、Lisa Parisima

 ・“Squadron 5” 監督:Barry Liu

 ・“Stolen Spirit” 監督:Ryan Pilon

 ・“The Art of Drowning” 監督:Deigo Maclean

 ・“The Big Draw” 監督:Nelson Talbot、Graham Talbot

 ・“The Dead Hearts” 監督:Wes Anderson

 ・“The Evil That Men Do” 監督:Jared Bryer

 ・“The International” 監督:Nancy Shaw

 ・“The Last Of The Redheads” 監督:Heather Slepchik

 ・“The Line” 監督:Sarah Malden

 ・“The Well” 監督:Ken Smith

 ・“Trolls” 監督:Brianne Nord-Stewart

 ・“Turn Off The Projector After Use” 監督:Ashleigh Vaillancourt

 ・“Une Chanson Pour Deux” 監督:Guillaume Falardeau

 ・“Vulnérables” 監督:Véronique Renaud

 ・“Who Killed The Goldfish?” 監督:Jin Hong

 ・“Yan-Yan Sub Chui - Fun Moments With Yan-Yan” 監督:Wenxin Annie Chen

--------------------------------

 *この記事がなかなかよかった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 応援してね!

 *当ブログ記事
 ・受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200909/article_5.html
 ・モントリオール世界映画祭2009 ラインナップ その1:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200908/article_8.html
 ・映画祭&映画賞カレンダー 2009年5月~2010年5月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200905/article_6.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック