ブリュッセル映画祭2009 受賞結果発表!

 ブリュッセル映画祭が閉幕し(6月27日~7月5日)、各賞が発表になりました。

 ブリュッセル映画祭といっても、あまり有名な映画祭ではないし、ビッグ・ネームもほとんども見られませんが、若手の作品を中心に、先行する映画祭で注目された作品や、未だ発見されざる各国の新鋭の作品などが、ほどよくミックスされた映画祭になっています。

 作品としては、同時期に多くの東欧映画をセレクトしているカルロヴィ・ヴァリ国際映画祭が開催されることもあってか、ブリュッセル映画祭には北欧の映画がわりと多く集まるようです。

画像

 ちなみに、近年の受賞作には、『ベルサイユの子』『カリフォルニア・ドリーミン(endless)』『ピンポン』(独/マティアス・ルートハルト)『タクシデルミア』などがあります。日本では公開/上映されない作品も多いのですが、大体どんな作品が集まるのかはわかる気がしますね。

--------------------------------

 ◎ゴールデン・アイリス賞(グランプリ):『マチャン/大脱走』“Machan”(伊・独・スリランカ)(監督:ウベルト・パゾリーニ)

 審査員の言葉:「ありきたりな言い方かもしれないが、この映画は、現実の生活についての優れた物語で、これを語るのにはふさわしい監督が必要とされただろう。ウベルト・パゾリーニ監督とスリランカ人の俳優たちは、この物語をユニークな方法で語っている。ハート・ウォーミングであり、人間味があり、信じられないくらいにおかしい。だが、こういった物語の背後に悲しい現実があることを忘れてはいけない。」

 この作品は、昨年のベネチア国際映画祭のベネチア・デイズで上映された作品で、同映画祭でEuropa Cinema Labelを受賞しています。さらに、トランシルヴァニア国際映画祭2009でも観客賞を受賞しています。

 この作品は、アジアフォーカス・福岡映画祭2009(9月18日~9月27日)で上映されます。(たぶん東京でも上映されることになるんじゃないでしょうか。)

 物語:「コロンボのスラム街に住むマノージュとスタンリー。絶望的に貧しい暮らしから抜け出すには、海外への出稼ぎしかないと決心し、ドイツの労働査証を申請するが、却下されてしまう。偶然、ドイツでハンドボールの国際大会が開催されることを知った二人は、国の代表なら招待されると、ルールも知らないまま、スリランカ代表チームを騙って人数をそろえにかかる。はたして冷や汗もののドイツ行きは、成功するのか?」(アジアフォーカス・福岡映画祭2009より)

画像

 ◎審査員特別賞:“La Casa sulle Nuvole”(伊) 監督:Claudio Giovannesi
 ずいぶん前に行方が知れなくなった父親を2人の兄弟が捜す物語。

画像

 ◎パフォーマンス賞:Hilda Péter “Katalin Varga”(ルーマニア・英・ハンガリー)(監督:ピーター・ストリックランド)
 出演:Roberto Giacomello、Attila Kozma、Sebastian Marina
 物語:カタリン・ヴァルガは、カルパチア山脈を馬で進んでいた。彼女の胸中にあるのは夫に対する怒りであった……。
 ベルリン国際映画祭2009 コンペティション部門出品作品。

 ◎パフォーマンス賞:Malin Crépin “In Your Veins”(スウェーデン)(監督:Beata Gardeler)

 ◎スペシャル・メンション:Rune Denstad Langlo “North(Nord)”(ノルウェー)
  物語:ジョマール・ヘンリクセンは、元スキーの選手だったが、今はスキー場のパトロールの仕事をしている。そんな彼の元を友人が訪ねてきて、北部の方に彼の実子がいると話す。それは、彼の生活を大きく変えることになる……。
 ベルリン国際映画祭2009 パノラマ部門出品 国際批評家連盟賞&Label Europa Cinemas受賞。
 トランシルヴァニア国際映画祭2009 グランプリ受賞作品。

 ◎観客賞(Euromillions Audience Award):ルーカス・ムーディソン “Mammoth”(スウェーデン)
 出演:ガエル・ガルシア・ベルナル、ミシェル・ウィリアムズ
 物語:アメリカ人ビジネスマンがタイで出張をきっかけに生活を一変させようと決める。以来、ニューヨークの家で雇っていたフィリピン人のメイドとの関係も変わってくる。一方その頃、メイドの実家の方でもトラブルが起こっていた……。
 ベルリン国際映画祭2009 コンペティション部門出品作品。

 ◎BE TV Award:Caroline Bottaro “Joueuse”(仏)

 ◎Prime Telenet Award :Olivier Boonjing “Somewhere Between Here and Now”(ベルギー)

--------------------------------

 *へえ~なるほど!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事
 ・映画祭&映画賞カレンダー 2009年5月~2010年5月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200905/article_6.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック