ケベック映画ナンバーワン! 第11回 Jutra Award発表!

 第11回カナダ・Jutra Awardの結果が発表になりました(3月29日)。

 Jutra Awardとは、首都モントリオールを擁するカナダ・ケベック州で製作された映画を対象とする映画賞で、ケベック映画を代表する映画監督クロード・ジュトラ(Claude Jutra)にちなんで名づけられています。

 ケベック映画といってもあまりピンと来ないかもしれませんが、日本で劇場公開されるカナダ映画のかなりの部分がケベック映画で、過去のJutra Award受賞作品には日本で劇場公開されているものもけっこうあります。
 第1回Jutra Awardの作品賞は、フランソワ・ジラールの『レッド・バイオリン』で、第2回が『ポスト・モーテム』、第3回が『渦』、第6回がドゥニ・アルカン『みなさん、さようなら』です。

 Jutra Awardは、カナダ・アカデミー賞であるジニー賞よりも作品が限定されますが、重なるノミネーション&受賞者も多く、カナダではジニー賞に次いで重要な映画賞になっています。

 ケベック州は、フランス語のみを公用語としているカナダで唯一の州であり、その中心都市であるモントリオールは、フランス語圏としてはパリに次いで世界で2番目に大きな都市で、わざわざケベック映画のみを対象とした映画賞Jutra Awardを設けたのは、そこら辺に理由(アメリカ映画といっしょくたにされがちなカナダ映画の中から特にケベック映画を取り出してユニークなものとして差別化したいという意図)がありそうです。

 ケベック映画の監督には、ドゥニ・アルカン、フレデリック・バック、シャルル・ビナメ、フランソワ・ジラール、ジャン=クロード・ローゾン、キャロライン・リーフ、ノーマン・マクラレン、アレクサンドル・ペトロフ、レア・プール、イヴ・シモノー、デニ・ヴィルヌーヴなどがいます。

 第11回Jutra Awardの受賞結果は以下の通りです。

画像

--------------------------------

 ◆作品賞(Best picture / Meilleur film)
 ・『セックス依存症だった私へ』“Borderline”(監督:リン・シャルボア)
 ◎“Ce qu’il faut pour vivre(The Necessities of Life)”(監督:Benoit Pilon)
 ・“C’est pas moi, je le jure !”(監督:Philippe Falardeau)
 ・“Maman est chez le coiffeur”(監督:レア・プール)

 ◆監督賞(Best director / Meilleure réalisation)
 ◎リン・シャルボア(Lyne Charlebois) 『セックス依存症だった私へ』“Borderline”
 ・Yves-Christian Fournier “Tout est parfait”
 ・Robert Morin “Papa à la chasse aux lagopèdes”
 ・Benoit Pilon “Ce qu’il faut pour vivre”

 ◆主演男優賞(Best actor / Meilleur acteur)
 ・Michel Côté “Cruising Bar 2”(監督:Michel Côté、Robert Ménard)
 ・Alexis Martin “Le Banquet”(監督:Sébastien Rose)
 ・Vincent-Guillaume Otis “Babine”(監督:Luc Picard)
 ◎ナタール・ウンガラーック(Natar Ungalaaq) “Ce qu’il faut pour vivre”

 ◆主演女優賞(Best actress / Meilleure actrice)
 ◎イザベル・ブレ(Isabelle Blais) 『セックス依存症だった私へ』“Borderline”
 ・Suzanne Clément “C’est pas moi, je le jure !”
 ・スーザン・サランドン “Emotional Arithmetic”(監督:パオロ・バルツマン)
 ・Guylaine Tremblay “Le Grand départ”(監督:Claude Meunier)

 ◆助演男優賞(Best supporting actor / Meilleur acteur de soutien)
 ・ガブリエル・アルカン(Gabriel Arcand) “Maman est chez le coiffeur”
 ・ダニエル・ブリエール(Daniel Brière) “C’est pas moi, je le jure !”
 ◎Normand D’Amour “Tout est parfait”
 ・Luc Picard “Babine”

 ◆助演女優賞(Best supporting actress / Meilleure actrice de soutien)
 ・セリーヌ・ボニアー(Céline Bonnier) “Maman est chez le coiffeur”
 ◎アンジェル・クトゥ(Angèle Coutu) 『セックス依存症だった私へ』“Borderline”
 ・Danielle Proulx “Le Déserteur”(監督:Simon Lavoie)
 ・マキシム・ロイ(Maxim Roy) “Adam’s Wall”(監督:Michael MacKenzie)

 ◆脚本賞(Best screenplay / Meilleur scénario)
 ◎Bernard Émond & Benoit Pilon “Ce qu’il faut pour vivre”
 ・Philippe Falardeau “C’est pas moi, je le jure !”
 ・Fred Pellerin “Babine”
 ・Guillaume Vigneault “Tout est parfait”

 ◆撮影賞(Best cinematography / Meilleure direction de la photographie)
 ・ダニエル・ジョビン(Daniel Jobin) “Maman est chez le coiffeur”
 ・Robert Morin “Papa à la chasse aux lagopèdes”
 ・Ronald Plante “La Ligne brisée”(監督:Louis Choquette)
 ◎アンドレ・ターピン(André Turpin) “C’est pas moi, je le jure !”

 アンドレ・ターピンは、『渦』のドニ・ヴィルヌーヴ監督とよく組んでいる撮影監督。

 ◆編集賞(Best editing / Meilleur montage)
 ・グレン・バーマン(Glenn Berman) “Un été sans point ni coup sûr”(監督:Francis Leclerc)
 ・Carina Baccanale, Dominique Fortin “Le Banquet”
 ・Isabelle Malenfant “Un capitalisme sentimental”(監督:Olivier Asselin)
 ◎Yvann Thibaudeau 『セックス依存症だった私へ』“Borderline”

 ◆美術賞(Best art direction / Meilleure direction artistique)
 ・ジャン=フランソワ・カンポー(Jean-François Campeau) “C’est pas moi, je le jure !”
 ・Danielle Labrie “Le Piege américain”(監督:シャルル・ビナメ)
 ◎Nicolas Lepage “Babine”
 ・Michel Marsolais “Dans une galaxie pres de chez vous - 2”(監督:Philippe Gagnon)

 ◆音響賞(Best sound / Meilleur son)
 ◎Dominique Chartrand, Olivier Calvert, Louis Gignac, Gavin Fernandes “Babine”
 ・Patrick Rousseau, Marie-Claude Gagne, Louis Gignac “Le Grand départ”
 ・Michel Lecoufle, Olivier Calvert, Stéphane Bergeron “Tout est parfait”
 ・Tod Vandyk, Peter Lopata, Jean-Philippe Espantoso “Who is KK Downey ?”(監督:Darren Curtis、Pat Kiely)

 ◆音楽賞(Best music / Meilleure musique)
 ◎ノーマンド・コーベイル(Normand Corbeil), Serge Fiori “Babine”
 ・Robert Marcel Lepage “Ce qu’il faut pour vivre”
 ・Carl Bastien, Luc Sicard “Un été sans point ni coup sûr”
 ・Laurent Eyquem “Maman est chez le coiffeur”

 ◆衣裳デザイン賞(Best Constume design / Meilleurs costumes)
 ◎Carmen Alie “Babine”
 ・Michèle Hamel “Maman est chez le coiffeur”
 ・Michèle Hamel “Le Piege americain”
 ・ジネット・マニ(Ginette Magny) “Le Banquet”

 ◆メイキャップ賞(Best make-up / Meilleur maquillage)
 ・Claudette Beaudoin “Le Déserteur”
 ・Marie-Angèle Breitner 『セックス依存症だった私へ』“Borderline”
 ◎Kathryn Casault “Babine”
 ・CJ Goldman “The Descendant”(監督:Philippe Spurrell)

 Kathryn Casaultは、『センター・オブ・ジ・アース』『デイ・アフター・トゥモロー』『サン・ピエールの生命』『ボーン・コレクター』『グレン・グールドをめぐる32章』など、アメリカ映画やフランス映画でも活躍しているメイクアップ・アーティストです。

 ◆ヘアスタイリング賞(Best hairstyling / Meilleure coiffure)
 ・Réjean Goderre “Cruising Bar 2”
 ・Manon Joly “C’est pas moi, je le jure !”
 ◎Martin Lapointe “Maman est chez le coiffeur”
 ・Denis Parent “Babine”

 ◆ドキュメンタリー賞(Best documenary / Meilleur documentaire)
 ・Catherine Hébert “De l’autre côté du pays”
 ・Luc Bourdon “La Mémoire des anges”
 ・Jennifer Alleyn “L’Atelier de mon père”
 ◎Patricio Henriquez “Sous la cagoule, un voyage au bout de la torture”

 ◆アニメーション賞(Best animated film / Meilleur film d’animation)
 ・セオドア・ウシェフ(Theodore Ushev) “Drux Flux”
 ・ピエール・M・ツラドワ(Pierre M. Trudeau) “Les Anges dechets”
 ◎Jean-François Lévesque “Le Nœud cravate”
 ・Felix Dufour-Laperrière “Rosa Rosa”

 ◆短編映画賞(Best short film / Meilleur court/moyen métrage)
 ・Guy Edouin “La Battue”
 ・Émile Proulx-Cloutier “Les Réfugies”
 ・Patrick Gaze “Mon nom est Victor Gazon”
 ◎デニ・ヴィルヌーヴ “Next Floor”

 ◆特別賞(Special Jutra)
 ◎Fernand Dansereau(監督・製作・脚本)

 ◆国際的に最も成功したケベック映画賞(Most Prestigious Film Outside Quebec)
 ◎“Maman est chez le coiffeur”

 ◆ボックス・オフィス賞(Billet D’or)
 ◎“Cruising Bar 2”

--------------------------------

 上位ノミネート作品&受賞結果は以下の通りです。

 ・“Babine”(5/9):主演男優・助演男優・脚本・美術・音響・音楽・衣裳・メイク・ヘア
 ・“C’est pas moi, je le jure !”(1/7):作品・主演女優・助演男優・脚本・撮影・美術・ヘア
 ・“Maman est chez le coiffeur”(1/7):作品・助演男優・助演女優・撮影・音楽・衣裳・ヘア
 ・『セックス依存症だった私へ』(4/6):作品・監督・主演女優・助演女優・編集・メイク
 ・“Ce qu’il faut pour vivre”(3/5):作品・監督・主演男優・脚本・音楽
 ・“Tout est parfait”(1/4):監督・助演男優・脚本・音響
 ・“Le Banquet”(0/3):主演男優・編集・衣裳

 ほとんどの映画賞では作品賞と監督賞と脚本賞に同じような作品が並ぶのが一般的ですが、Jutra Awardは各部門ともノミネーションが4つずつしかないこともあってか、作品賞と監督賞と脚本賞のノミネーションがバラバラです。

 受賞結果としては、最多受賞は“Babine”が5部門で、続いて『セックス依存症だった私へ』が4部門受賞。7部門のノミネーションを受けていた“C’est pas moi, je le jure !”と“Maman est chez le coiffeur”はわずか1部門ずつの受賞にとどまりました。
 米国アカデミー賞外国語映画賞カナダ代表作品で、モントリオール世界映画祭審査員特別賞&観客賞を受賞した“Ce qu’il faut pour vivre”(The Necessities of Life)は、受賞数こそ3部門のみですが、主要3部門(作品賞・脚本賞・主演男優賞)を受賞しました。

 主だった作品については、第29回ジニー賞(カナダ・アカデミー賞)ノミネーションの記事(http://umikarahajimaru.at.webry.info/200902/article_14.html)のところで紹介しているので、ここではジニー賞にからんでいない“Babine”についてちょっとだけ書き記してしておきます。

 “Babine”
 出演:Vincent-Guillaume Otis、アントワーヌ・ベルトラン、Marie Brassard、René Richard Cyr、Luc Picard
 物語:ケベックのSaint-Élie-de-Caxtonにある小さな村を舞台としたファンタジー。主人公Babineは、村で、すべての災厄の根源のように思われている“魔女”の息子で、本作では、生まれてから死ぬまでバカ者扱いされた彼の数奇な一生を描く。
 ティム・バートンの『ビッグ・フィッシュ』を彷彿とさせるような物語だとか。
 監督自身も出演し、脚本家のFred Pellerinがナレーションも務める。

画像

 2008年度映画賞の結果発表もいよいよ終盤戦で、カナダ・アカデミー賞であるジニー賞は次週4月4日の発表です。

 *クリックしてね!
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 みなさんの応援が当ブログ更新の支えになります!

 *当ブログ記事
 ・第3回アジア映画賞:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200903/article_17.html
 ・ドイツ映画賞2009ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200903/article_15.html
 ・第16回チェコ・ライオン(チェコ・アカデミー賞):http://umikarahajimaru.at.webry.info/200903/article_10.html
 ・第3回GOPO賞(ルーマニア・アカデミー賞):http://umikarahajimaru.at.webry.info/200903/article_6.html
 ・BODIL賞(デンマーク映画批評家協会賞):http://umikarahajimaru.at.webry.info/200903/article_3.html
 ・第34回セザール賞(フランス・アカデミー賞):http://umikarahajimaru.at.webry.info/200902/article_38.html
 ・第6回アイルランド・アカデミー賞:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200902/article_22.html
 ・第29回ジニー賞(カナダ・アカデミー賞)ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200902/article_14.html
 ・第62回BAFTA(イギリス・アカデミー賞):http://umikarahajimaru.at.webry.info/200902/article_11.html
 ・第23回ゴヤ賞(スペイン・アカデミー賞):http://umikarahajimaru.at.webry.info/200902/article_3.html
 ・ドイツ ババリア映画賞2008:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200901/article_26.html
 ・第46回台湾金馬奨(台湾アカデミー賞):http://umikarahajimaru.at.webry.info/200812/article_13.html
 ・ヨーロッパ映画賞2008 :http://umikarahajimaru.at.webry.info/200812/article_12.html
 ・2008年映画賞レース スケジュール表!:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200811/article_10.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック