米・撮影者協会賞 結果発表!

 米・撮影者協会賞(ASC:American Society of Cinematographers Award)の結果が発表になりました(2月15日)。

画像

 【映画部門】
 ・ロジャー・ディーキンス 『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』
 ・ロジャー・ディーキンス、クリス・メンジス 『愛をよむひと』
 ・クラウディオ・ミランダ 『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』
 ・ウォーリー・フィスター 『ダークナイト』
 ◎アンソニー・ドッド・マントル 『スラムドッグ$ミリオネア』

 アカデミー賞撮影賞とは4つ重なっていて、アカデミー賞では『レボリューショナリー・ロード』の代わりに『チェンジリング』が入っています。

 撮影者協会賞はこういう結果になりましたが、アカデミー賞は、『ベンジャミン・バトン』『ダークナイト』『スラムドッグ$ミリオネア』のいずれが受賞してもおかしくないような状況で、アカデミー会員の気持ちがほんの少しズレれば受賞結果も変わってくるんじゃないかと思われます。

 ただし、アカデミー賞撮影賞が比較的にスケール感/映像のダイナミズムの感じられる作品(撮影のプロではない人にもこれは凄いというのがわかる)に贈られるのに対し、撮影者協会賞は小さな人間ドラマに焦点を当てた作品(プロが見て凄いというのがわかる)に贈られるという傾向があります。

 『ダークナイト』は特撮を多用したいわゆる特撮もの(ウォーリー・フィスターもそういうことを得意とする撮影監督)、『ベンジャミン・バトン』はCG技術の成果を作品に生かしたファンタジー、『スラムドッグ$ミリオネア』は特撮やCGに頼らないストレートなドラマ(実際は見えないところでCGを使っているかもしれませんが)、というわけで撮影のタイプも全く異なっています。

 『スラムドッグ$ミリオネア』の勢いを買えば、『スラムドッグ$ミリオネア』が受賞するだろうし、『スラムドッグ$ミリオネア』はもう十分受賞してるからいいだろうということになれば他の作品が受賞する、という感じでしょうか。

 

--------------------------------

 【テレビ部門】

 ◆テレビ映画/ミニシリーズ/パイロット版部門
 ・Oliver Bokelberg, BVK “Breakdown” “My Own Worst Enemy”パイロット版 (NBC)
 ・Michael Bonvillain, ASC “The Fringe”パイロット版(FOX)
 ・Jon Joffin “Night One” of The Andromeda Strain (A&E);
 ・Kramer Morgenthau, ASC “Life on Mars”パイロット版 (ABC)
 ◎David Stockon “Resurrection” “Eleventh Hour”パイロット版 (CBS).

 ◆レギュラー部門
 ◎Nelson Cragg 『CSI:科学捜査班』/ “For Gedda” (CBS)
 ・Ousama Rawi, CSC, BSC “The Tudors” / “Episode 2.1” (Showtime)
 ・Stephen Reizes, CSC 『オペレーション フラッシュポイント』/ “Who’s George?” (CBS)
 ・Gale Tattersall 『Dr.HOUSE』/ “House’s Head” (FOX)
 ・Glen Winter, CSC 『ヤング・スーパーマン』/ “Fracture” (CW)

 【その他の受賞者】

 ◆2009 Heritage Award
 ◎Burton “Bud” Stoneの思い出に

 ◆生涯功労賞 映画部門
 ◎ジャック・グリーン

 ◆生涯功労賞 テレビ部門
 ◎ロバート F. “ボビー” リウ, ASC
 ◎イシドア・マンコフスキー,ASC

 ◆生涯功労賞 インターナショナル部門(ASC International Achievement Award)
 ◎ドナルド・マッカルパイン

 ◆American Society of Cinematographers (ASC) Board of Governors Award
 ◎クリストファー・ノーラン

--------------------------------

 *この記事がなかなかよかった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事
 ・2008年度 米・編集者協会賞結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200902/article_21.html
 ・2008年度 米・音響協会賞結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200902/article_19.html
 ・2008年度 米・脚本家組合賞結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200902/article_9.html
 ・2008年度 米・監督組合賞結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200902/article_2.html
 ・2008年度 米・俳優組合賞結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200901/article_34.html
 ・2008年度 米・製作者組合賞結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200901/article_32.html
 ・第81回アカデミー賞に針路を取れ! トリビア・見どころ・受賞予想!:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200901/article_29.html
 ・第81回アカデミー賞ノミネーション発表!:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200901/article_28.html
 ・第66回ゴールデン・グローブ賞結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200901/article_13.html
 ・2008年度 米・視覚効果協会賞ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200901/article_23.html
 ・2008年度 米・編集者賞ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200901/article_17.html
 ・2008年度 米・衣裳デザイナー組合賞ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200901/article_15.html
 ・2008年度 米・監督組合賞ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200901/article_10.html
 ・2008年度 米・音響協会賞ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200901/article_9.html
 ・2008年度 米・脚本家組合賞ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200901/article_8.html
 ・2008年度 米・撮影者協会賞ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200901/article_7.html
 ・2008年度 米・製作者組合賞ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200901/article_4.html
 ・2008年度 米・俳優組合賞ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200812/article_29.html
 ・2008年度映画賞の結果をまとめてみました(アメリカ編):http://umikarahajimaru.at.webry.info/200812/article_37.html
 ・2008年度の映画賞の結果をまとめてみました(日本編):http://umikarahajimaru.at.webry.info/200812/article_11.html
 ・早くも第81回アカデミー賞を予想してみました!:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200812/article_19.html
 ・2008年度映画賞レース スケジュール表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200811/article_10.htm

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック