はっきりした意思の表明? ニューヨーク映画批評家協会賞2008発表!

 第74回ニューヨーク映画批評家協会賞が発表されました(12月10日)。

 ニューヨーク映画批評家協会賞は、映画批評家が選ぶ映画賞としては最も古い映画賞で1935年に設立されています。

 多数決で決められるような映画賞には得てして“多数決によるブレ”があったりするものですが、ニューヨーク映画批評家協会賞にはそれが少なくて、作品賞であればその時々の意欲作、野心作、映画作家の成熟を示す作品、男優賞・女優賞であれば俳優としての転機となるような作品を確実に選んできています。
 たとえば、作品賞として、『ディパーテッド』ではなく『ユナイテッド93』を選ぶとか、『グラディエーター』ではなく『トラフィック』を選ぶとか、『タイタニック』ではなく『LAコンフィデンシャル』を選ぶとか、主演男優賞であれば、『ブロークバック・マウンテン』でヒース・レジャーを選ぶとか(同年のアカデミー賞はフィリプ・シーモア・ホフマン(『カポーティ』))、『サイドウェイ』でポール・ジアマッティを選ぶとか(同年のアカデミー賞はジェイミー・フォックス(『Ray/レイ』))、『ロスト・イン・トランスレーション』でビル・マーレーを選ぶとか(同年のアカデミー賞はショーン・ペン(『ミスティック・リバー』))……。
 まあ、ある意味、アカデミー賞よりもわかりやすい映画賞だと言ってもいいかもしれません。

 そんなニューヨーク映画批評家協会賞が今年選んだのは――

画像

--------------------------------

 ◆作品賞
 ◎“Milk”(監督:ガス・ヴァン・サント)

 ◆監督賞
 ◎マイク・リー 『ハッピー・ゴー・ラッキー』

 ◆主演男優賞
 ◎ショーン・ペン(“Milk”)

 ◆主演女優賞
 ◎サリー・ホーキンス(『ハッピー・ゴー・ラッキー』)

 ◆助演男優賞
 ◎ジョシュ・ブローリン(“Milk”)

 ◆助演女優賞
 ◎ペネロペ・クルス(“Vicky Cristina Barcelona”)

 ◆脚本賞
 ◎ジェニー・ルメット “Rachel Getting Married”

 ◆第一回作品賞
 ◎コートニー・ハント “Frozen River”

 ◆外国映画賞
 ◎『4ヶ月、3週と2日』(ルーマニア)(監督:クリスティアン・ムンジウ)

 ◆長編アニメーション賞
 ◎『ウォーリー』(監督:アンドリュー・スタントン)

 ◆ドキュメンタリー賞
 ◎“Man on Wire”

 ◆撮影賞
 ◎アンソニー・ドッド・マントル(“Slumdog Millionaire”)

--------------------------------

 映画“Milk”は、ゲイであることを明かして、選挙に臨み、初めて公職(サンフランシスコ市会議員)に選ばれた(そして殺害された)政治家でゲイの権利活動家でもあるハーヴェイ・ミルクの半生を描いたドラマで、これを作品賞に選ぶというのは、アメリカで昨今の話題になっている、同性結婚禁止法制化問題に対する、ニューヨークの批評家たちの態度表明といった色合いが濃いように思われます。

 “Milk”自体、作品としての評価も高いのですが、今、これに賞をあげると、「同性結婚禁止法案に反対しているように見える」という付加価値がついてしまっているわけで(ほとんど“踏み絵”状態)、そういうことを踏まえた上で、今年ニューヨークの映画批評家たちはあえてこの作品を選んだということになります。だから、たとえば、アカデミー賞で“Milk”が作品賞を獲る(アカデミー会員が“Milk”に作品賞を与える)ということは絶対にないわけですが……。

 監督賞と主演女優賞にイギリス映画『ハッピー・ゴー・ラッキー』を選ぶというのも、ちょっと変わっています。イギリス映画を選ぶなら、“Slumdog Millionaire”があるじゃないかと思ってしまうんですが、それをわかった上でやっているわけですから、ひょっとすると、これは、今年の映画賞レースをリードしている“Slumdog Millionaire”に対する反発、といった意味合いもあるのかもしれません。
 もっともニューヨーク映画批評家協会は、10年前にも作品賞&監督賞にマイク・リー(“Topsy-Turvy”)を選んでいますから、単に「ニューヨークの映画批評家たちはマイク・リーがお好き」なのかもしれません。

 そのほかの部門は、本命もしくは順当な結果が並んでいます。

 *当ブログ記事
 ・映画賞レーススケジュール表2008:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200811/article_10.html
 ・アカデミー賞候補作品公開スケジュール:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200811/article_8.html

 *この記事がなかなかよかった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック