またもや『トルパン』が受賞 アジア太平洋映画賞2008

 アジア太平洋映画賞(Asia Pacific Screen Awards)の結果が発表され、東京国際映画祭でもグランプリを受賞したカザフスタン映画『トルパン』がここでもグランプリを受賞しました(2008年11月11日)。

画像

 アジア太平洋映画賞といっても、世界各地で開催される様々な映画祭・映画賞の1つに過ぎませんが、スポンサーにユネスコとCNNと国際映画製作者連盟がついているというのがユニークで、そんな映画賞がなぜかオーストラリアのクイーンズランドを拠点として開催されています(音頭取りをしているのが、クイーンズランドだからなんですが)。

 アジア太平洋映画賞は、2007年から始まった賞で、中東までを含めたアジア全域と、オセアニアの映画の振興を目的とする賞で、対象国は70カ国にも及んでいます(オセアニア映画賞ではあまりにも規模が小さいのでアジア全域を巻き込んだ?と考えるのは下種の勘ぐりでしょうか?)。

 個々の賞は、一群のノミネート作品があって、その中から作品賞をはじめとするすべての賞を選ぶのではなく、部門ごとにノミネーションを選び、その中から受賞者/受賞作品を決めています。アジア太平洋映画賞は、映画祭ではなくて、あくまで映画賞なのだから、これが当然といえば当然なのかもしれませんが、作品の並びを見ていると、いくつかの映画祭に重なってしまっているんですね。

 まあ、正直なところ、今回ノミネート作を見ても、受賞作を見ても、これが2008年度のアジア太平洋地域のベストとはとても思えず、さほど魅力も感じませんが、オセアニアから東南アジア、そして香港までは、ささやかながらも映画人の交流があるので、そうした交流を生かし、育てていくことに貢献できるなら面白い映画賞に発展していく可能性もあるかもしれません。ひょっとすると、主催者側は、アジア太平洋映画賞をヨーロッパ映画賞に匹敵する映画賞に育てていきたいという心づもりがあるのかもしれませんが。

 ちなみに、2007年度のグランプリは『シークレット・サンシャイン』、日本からは『秒速5センチメートル』がアニメーション賞を受賞しています。

 【作品賞】(Best Feature Film)
 ・ツァイ・シャンチュン“Hong Se Kang Bai Yin (The Red Awn)”(赤いコンバイン)(中)
 ・ジョニー・トー『文雀』(香港)
 ・Farah Khan “Om Shanti Om”(インド)
 ◎セルゲイ・ドヴォルツェヴォイ『トルパン』(カザフスタン・ロシア・スイス・ポーランド・独)
 ・ヌリ・ビルゲ・ジェイラン『スリー・モンキーズ』(トルコ・仏・伊)

 【児童映画賞】(Best Children's Feature Film)
 ◎Elissa Down “The Black Balloon”(オーストリア)
 ・Kranti Kanade “Mahek”(インド)
 ・アウレリウス・ソリトAuraeus Solito “Pisay”(フィリピン)
 ・Somaratne Dissanayake、Renuka Balasooriya “Siri Raja Siri (King Siri)”(スリランカ)

 【アニメーション賞】(Best Animated Feature Film)
 ・Nam Kyu-sun “Byul-Byul Yi-Ya-Gi 2: Yeo-Seot-Bit-Ggal Mu-Ji-Gae (If You Were Me: Anima Vision 2)” (韓国)
 ・安藤真裕 『ストレンヂア 無皇刃譚』(日)
 ◎アリ・フォルマン『バシールとワルツを』(イスラエル・仏・独)

 【ドキュメンタリー賞】(Best Documentary Feature Film)
 ・Mai Masri、Mohammad Belhaj、Jean Chamoun“33 Yaoum (33 Days)”(レバノン・カタール)
 ◎Kim Dong-won、Lee SeungGu “Ggeutnaji Anhmeun Jeon Jaeng”(63 Years On)(韓国)
 ・Mahdi Moniri “Tinar”(イラン)
 ・Eros Djarot、Gotot Prakosa、スラメット・ラハルジョ・ジャロット “Kantata Takwa”(インドネシア)
 ・ヴィンセント・ウォード“Rain of the Children”(ニュージーランド)

 【脚本賞】(Best Screenplay)
 ・Behnam Behzadi (“Tanha Do Bar Zendegui Mikonim (Before the Burial)”監督:Behnam Behzadi)(イラン)
 ・Dervish Zaim (“Nokta (Dot)”監督:)(トルコ)
 ◎エラン・リクリス、Suha Arraf(“Etz Limon (Lemon Tree)”監督:エラン・リクリス) (イスラエル・仏・独)
 ・ホン・サンス(『夜と昼』“Bam Guan At (Night and Day)”監督:ホン・サンス)(韓国)
 ・マックス・マニックス、黒沢清、田中幸子(『トウキョウソナタ』監督:黒沢清)(日・オランダ・香港)

 【撮影賞】(Achievement in Cinematography)
 ・チェン・シウキョン(『文雀』)
 ・Gökhan Tiryaki (『スリー・モンキーズ』)
 ・Kiiran Deohans(“Jodhaa Akbar”監督:Ashutosh Gowariker)
 ◎Lee Mogae(“The Good, the Bad, the Weird”『いい奴、悪い奴、変な奴』)
 ・Oleg Kirichenko for(“Rusalka (Mermaid)”監督:Anna Melikyan)

 【女優賞】(Best Performance by an Actress)
 ・並木愛枝(『実録・連合赤軍あさま山荘への道程』監督:若松孝二)
 ・Daria Moroz (“Zhivi I Pomni (Live And Remember)”監督:)
 ◎Hiam Abbass(“Etz Limon (Lemon Tree)”)
 ・Miao Pu (“Ying Tao (Cherries)”監督:)
 ・Nesipkul Omarbekova(“Baksy (Native Dancer)”監督:Guka Omarova)

 【男優賞】(Best Performance by an Actor)
 ・Alireza Aghakhani (“Tanha Do Dar Zendegui Mikonim (Before the Burial)”監督:Behnam Behzadi)
 ・Kim Yoon-suk (“Chugyeogja (The Chaser)”監督:Hong-jin Na)
 ◎Reza Naji (“Avaze Gonjeshk-Ha (The Song Of The Sparrows)”監督:マジッド・マジディー)
 ・サイモン・ヤム(『文雀』)
 ・Rajat Kapoor (“The Prisoner”監督:Pryas Gupta )

 【監督賞】(Achievement in Directing)
 ・ジョニー・トー(『文雀』)
 ・黒沢清(『トウキョウソナタ』)
 ・キム・ジウン(“The Good, the Bad, the Weird”『いい奴、悪い奴、変な奴』)
 ◎ヌリ・ビルゲ・ジェイラン(『スリー・モンキーズ』)
 ・セルゲイ・ドヴォルツェヴォイ(『トルパン』)

 【審査員賞】
 ◎Pryas Gupta“The Prisoner”(インド)
 ◎ツァイ・シャンチュン“Hong Se Kang Bai Yin (The Red Awn)”(赤いコンバイン)(中)

 【APSA賞】
 ◎Yash Chopra

 【ユネスコ賞】
 ◎『トルパン』

 ※いくつかの作品に関しては詳細不詳でした(監督名もわかりませんでした)。

 *この記事がなかなかよかった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック