2008年度ルイ・デリュック賞ノミネーション発表!

 2008年度のルイ・デリュック賞のノミネーションが発表になりました(11月10日)。

 ルイ・デリュック賞には、作品賞と新人監督作品賞しかありませんが、フランスの映画賞としては、セザール賞より歴史が長くて、今年で第66回を迎えます。受賞作としては、フランスの批評家が好むような作家主義的な作品が選ばれることが多い、という印象でしょうか。まあ、作家主義的な映画といっても、ユーロスペースからBunkamuraル・シネマ、シャンテ シネ、シネスイッチ銀座、銀座テアトルシネマあたりで上映されるようなフランス映画ということですが。
 ちなみに、2007年の受賞作は『クスクス粒の秘密』(アブデラティフ・ケシシュ)( http://umikarahajimaru.at.webry.info/200810/article_7.html)、2006年の受賞作は『レディ・チャタレイ』(パスカル・フェラン)、2005年度の受賞作は『恋人たちの失われた革命』(フィリップ・ガレル)です。

 【作品賞】
 ・ローラン・カンテ“Entre les murs(The Class)”(壁の間で(クラス))
 ・アルノー・デプレシャン『クリスマス・ストーリー』“Un conte de Noël”(クリスマスの話)
 ・ジャック・ドワイヨン『誰でもかまわない』“Le premier venu”
 ・マルタン・プロヴォストMartin Provost“Séraphine”(セラフィーヌ)
 ・オリヴィエ・アサヤス“L'heure d'été”(夏時間)
 ・ラバ・アメール・ザイメッシュ Rabah Ameur-Zaimeche『最後の抵抗(マキ)』“Dernier maquis”
 ・レイモン・ドパルドン“La Vie moderne”(モダン・ライフ)

 【新人監督作品賞】
 ・Pierre Schoeller“Versailles”
 ・サンドリーヌ・ボネール『彼女の名はサビーヌ』“Elle s'appelle Sabine”
 ・Cedric Anger“Le Tueur”

画像

 『誰でもかまわない』は「フランス映画の秘宝」(http://umikarahajimaru.at.webry.info/200808/article_2.html)で上映され、『最後の抵抗(マキ)』は「第3回難民映画祭」で上映されています(http://www.refugeefilm.org/film/2008/308.html)。侮れませんね、難民映画祭!

 デプレシャンの『クリスマス・ストーリー』は、11月24日17時30分~と11月28日19時~から日仏学院で上映されます。なんと日本語字幕がついていて1000円! 日本での劇場公開のめどはまだ経っていないようです。(http://www.institut.jp/agenda/evenement.php?evt_id=1193)

 『彼女の名はサビーヌ』は2009年2月にUPLINKでロードショー予定ですが、それに先立って、第13回カイエ・ドゥ・シネマ週間という企画(11月15日~30日@日仏学院)で、サンドリーヌ・ボネールの小特集が組まれ、彼女も来日して、諏訪敦彦らとトークショーを行ないます(デプレシャンの『クリスマス・ストーリー』も第13回カイエ・ドゥ・シネマ週間上映作品の1つ)。上映作品は、『彼女の名はサビーヌ』(特別先行上映)、モーリス・ピアラ『愛の記念に』、クロード・シャブロル『沈黙の女 ロウフィールド館の惨劇』、アニエス・ヴァルダ『冬の旅』です。(http://www.institut.jp/agenda/festival.php?fest_id=52)
 *『冬の旅』は、公開年の私のベストワンでしたが、今から考えると『イントゥ・ザ・ワイルド』以前に『イントゥ・ザ・ワイルド』してる映画でしたね。

 賞に関しては、まあ、2部門しかないので、予想というほどのこともありませんが、アカデミー賞外国語映画賞(http://umikarahajimaru.at.webry.info/200809/article_6.html)にも、ヨーロッパ映画賞(http://umikarahajimaru.at.webry.info/200811/article_4.html)にもノミネートされているローラン・カンテ作品(http://umikarahajimaru.at.webry.info/200806/article_1.html)が一歩も二歩もリードしている、という感じでしょうか。

 ルイ・デリュック賞の受賞結果の発表は12月12日になります。

 なお、上記の作品はカンヌやトロントで上映されている作品ばかりなので、いくつかは当ブログでも簡単に紹介しています。よかったらブログ内検索窓から検索してみてください。

 *この記事がなかなかよかった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事
 ・ルイ・デリュック賞2008結果発表!:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200812/article_22.html
 ・映画賞レーススケジュール表2008:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200811/article_10.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック