Aは頭のA! BLU “Letter A”

 “Letter A”。Aという文字。アルファベットの最初の文字A。すべての始まり……。



 【物語】
 闇の中から手に頭を抱えた頭のない胴体が右に歩いてくる。
 胴体が左右にまっ二つに割れて、左側が頭を受け取って、片足で跳ねていく(内臓をこぼしながら)。
 しゃがむと、頭を地面に転がす。
 頭からプラグを引っ張って、コンセントに差し込む。
 すると頭は部屋の角まで転がって、首から下を展開させる。
 下半身がすべてタイルで覆われたようになった後、それを突き破って、頭が人間で体がAという人形(?)が飛び出す。
 いったん立ち止まると、“彼”は胸からたくさんのAを放出する。
 Aは山となり、その中から人が飛び出してくる。
 人は右に歩いて立ち止まる。すると、むくむくとお腹がふくれて、たくさんの頭で出現する。
 右端の頭から手足が伸びて、人の姿になる。
 そのまま、胴体だけがストンと落ちて、歩き出す。
 頭のない胴体はそのまま右側の闇の中へと消える。
 *ここまでが1分で、全く同じものがあと1回ループする。

画像

 【コメント】
 この作品は、“Walking”と同じ2007年の作品ですが、“Walking”が部屋を2周した後ループするのに対して、こちらは部屋を1周しかしないので、まずこちらを完成させ、その後でこれを踏まえて、より長く動きも複雑な“Walking”を作ったのではないか、と推測できます。

 アニメーションの動きとしても、こちらは、移動と変化が同時には起こらない(いったん止まってからしか変化は起こらない)のに対して、“Walking”の方はよりスムーズな動きを見せることに成功しています。

 内容としては、首がもげる/首なしというBLU作品おなじみのモチーフが見られるほか、肉体と機械の融合(サイバーパンクというと古い?)というやはりBLUが好きらしいモチーフも見て取れます。

 作品としては、この後1年後(おそらく“Walking”を経て)、“MUTO”に挑むことになります。
 BLUは、元々グラフィティ・アーティストだったわけですから、Flash作品でもなく、部屋を飛び出して、ストリートでアニメーションを作ってみたい、と考えるのは当然の流れで、すべては“MUTO”を作るための下準備だった、と考えることもできそうです。

 ◆作品データ
 2007年/伊/2分1秒
 台詞なし/日本語字幕なし
 グラフィティ・アニメーション

 *この記事がなかなかよかった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 CLICK ME!

 ※参考:「tantano 短編映画を楽しむ」を楽しむ
 ・「tantano 短編映画をたのしむ」INDEX
 ・「tantano 短編映画をたのしむ」 人気動画 トップ39!

 ◆アーティストについて
 BLU
 イタリアのボローニャを拠点に活躍するグラフィティ・アーティスト、画家、壁画作家(muralist)、アニメーション作家。

 1990年代半ば、15歳からグラフィティ・アートを描き始める。当時、イタリアではグラフィティ・アートのブームがあり、雑誌も出版されていて、大いに刺激を受ける。

 元々は無許可で、ストリートや廃屋などに夜中に描くことが多かった。初期に描いたものはほとんど残っておらず、「ストリートなどに描いたものは消されて当然だし、描いた壁や建物が取り壊されてしまうことは決して苦痛ではない」、と語っている。
 古い建物、古い壁に触発(「古い壁が語りかけてくる」)されて描くことも多い、という。

 最近では依頼を受けて、プロジェクトとしてビルの外壁などに絵を描くことが
多い。

 2006年に映像作家ロレンツォ・フォンダLorenzo Fonda(http://www.lorenzofonda.com/index.html?id=hom)からBLUのドキュメンタリー“Megnica”を撮らせてほしいという申し出があり、彼と一緒にメキシコ、グアテマラ、ニカラグア、コスタリカ、アルゼンチンを旅する(http://www.megunica.org/news.php)。 “Megnica”は2008年国際アムステルダム映画祭(http://www.dnerve.com/IAFF_2008/films/competition.html)で上映されて、最優秀ドキュメンタリー賞を受賞。BLU自身、この旅はとてもインスパイアされるものが多かったと語り、最新ウォール・アニメーション“Muto”もブエノスアイレスで制作している。

 2008年6月 第一画集“BLU-2004 2007”を出版。

 画家Ericailcane(http://www.ericailcane.org/)とともに(壁画の)仕事をすることが多い。

 壁画作品は、公式サイトの「WALL S」(http://blublu.org/sito/walls/walls.htm)で見ることができる。

 動画作品は、vimeo(http://www.vimeo.com/blu/videos)やYou Tube(http://jp.youtube.com/user/notblu)に自ら投稿している。

 公式には、プロフィール、作品年譜などは発表していない(生年すら明らかになっていませんが、1980年前後の生まれで、現在30歳くらいのようです)。

 【フィルモグラフィー】
 ・2005年 “Child
 ・2006年 “ffwd”
 ・2006年 “fino”
 ・2006年 “Sulla differenza fra un sorriso e una risata”(微笑と笑いの違いについて)[ミュージック・ビデオ]
 ・2007年 “LETTER A” [グラフィティ・アニメーション]
 ・2007年 “WALKING” [グラフィティ・アニメーション]
 ・2008年5月 “MUTO” [グラフィティ・アニメーション]
 ・2009年9月 “COMBO” [David Ellisとの共作]
 ・2010年7月 “BIG BANG BIG BOOM” [グラフィティ・アニメーション]

 2008年以前の作品(制作年不詳)
 ・No.1(手回しカメラ)
 ・No.3(ネクタイ)
 ・No.4(腸があふれ出てきて困る)
 ・No.7(輪切り)
 ・No.8(ゲップ)
 ・No.10(脳の入れ替え)
 ・No.12(こんな車いらない)
 ・No.13(食事)
 ・No.15(目を押すと)
 ・No.16(耳から口へ抜ける)

 ・No.18(loop)
 ・No.20(ふたりにクギづけ)
 ・No.22(死の影)
 ・No.23(のどにしずく)
 ・No.24(頭がかゆくて)
 ・No.26(トランスフォーマー)
 ・No.27(目からヒョロヒョロ)
 ・No.29(換気扇)
 ・No.33(8本手男)
 ・“Connections”

 ・“loop #1” [グラフィティ・アニメーション]

 ※参考サイト
 ・公式サイト(英語):http://blublu.org/
 WALL S(2000年からの年別グラフィティ・アート)、Drawings(スケッチ集)、News、リンク集、Video、Shopなどで構成。
 ・公式ブログ(英語):http://www.blublu.org/blog/
 2008年3月スタートのBLUのブログ。BLUとしては3つ目のブログだとか。
 ・notblu(BLU video channel):http://jp.youtube.com/user/notblu
 ・Megunica(インタビュー/英語/PDF):http://www.megunica.org/download/swindle.pdf
 ・NAMES FEST@プラハ(インタビュー/英語):http://namesfest.net/news.php?extend.19
 NAMES FESは、さまざまなグラフィティ・アーティストのフェス。
 ・STUDIOCROMIE:http://www.studiocromie.org/gallery.php?id_art=56
 ・POW(Pictures on Wall):http://www.picturesonwalls.com/
 ・GIZMODO Japan:http://www.gizmodo.jp/2008/07/post_3935.html
 2008年7月にBLUを紹介している。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック