40000アクセス達成! または、当ブログ人気記事 ベスト69!

 2008年2月16日で当ブログのトップ・ページが40000アクセスを超えました(ブログ全体の総アクセス数は423255)。
 10000アクセス達成までに9ヶ月、20000アクセス達成までに7ヶ月、30000アクセス達成までにさらに6ヶ月半、40000アクセスまでに6ヶ月かかっています。

画像

 というわけで、40000アクセス超を記念して、当ブログのベスト・アクセス記事を書き出してみました。
 以下が1000以上のアクセスがある記事で、全部で69あります。

--------------------------------

 1000~2000アクセスの記事~37
 ・69.今や……『満里奈の旅ぶくれ―たわわ台湾―』 1001(初ランクイン)
 ・68.私が棄てた男 映画『ゆれる』 1006(初ランクイン)
 ・67.ヤン・シュヴァンクマイエル 日本公開史 1007(初ランクイン)
 ・66.暗闇に何かいる!in アメリカ 映画『ディセント』 1026(初ランクイン)
 ・65.もっともっと映画『ユメ十夜』を楽しむ! 1027(初ランクイン)
 ・64.危ない映画、危ない写真集 映画『アブノーマル・ビューティ』 1029(初ランクイン)
 ・63.新たなる才能の発見? 映画『ハードキャンディ』 1057(初ランクイン)
 ・62.映画『武士の一分』や木村拓哉の魅力がきちんと伝わることを願って…… 1070(初ランクイン)
 ・61.アカデミー賞短編アニメーション賞リスト! 1082(初ランクイン)
 ・60.高倉健がため息をつき、舌うちする映画『単騎、千里を走る。』 1105(初ランクイン)
 ・59.もう少し先へ 映画『ゲド戦記』 1129(初ランクイン)
 ・58.度肝を抜かれました! ゾーイ・ベル in 『デス・プルーフ』 1169(初ランクイン)
 ・57.トロント国際映画祭2007 ラインナップ その2 1169(初ランクイン)
 ・56.見逃したくない! キャッチ・コピーで選ぶ2006年お正月映画 1204(+180) 前回49位
 ・55.サスペンス&ホラー映画 ベスト100! 1205(初ランクイン)
 ・54.詳細!カンヌ国際映画祭2006 コンペティション部門 1206(+50) 前回45位
 ・53.YUI、再び 1221(+30) 前回40位
 ・52.トロント国際映画祭2007 ラインナップ その1 1222(初ランクイン)
 ・51.早くも2006年映画賞&ベストテンを予想してみました! 1239(+50) 前回41位 前々回28位
 ・50.ミシェル・ウィリアムズ インタビュー記事 1250(初ランクイン)
 ・49.各種クレジット・カードの割引を利用する~映画をできるだけ安く観る方法 in TOKYO 1259(初ランクイン)
 ・48.大盛況! 映画『40歳の童貞男』 1306(+270) 前回47位
 ・47.桐野夏生vs阪本順治 『魂萌え!』 1308(+120) 前回42位 前々回29位
 ・46.チェコアニメ映画祭2006、または、エヴァ・シュヴァンクマイエロヴァー 1346(+200) 前回46位
 ・45.恐い顔の女 映画『フライトプラン』 1319(+270) 前回48位
 ・44.時を経て、より印象が強まる映画 『カミュなんて知らない』 1457(+400) 前回50位
 ・43.字幕翻訳家になるには? 1492(+300) 前回43位
 ・42.北朝鮮の真実、または、マスゲームのスペクタクル性への驚き 映画『ヒョンスンの放課後』 1559(+320) 前回36位
 ・41.映画『死者の書』、または、リスペクト川本喜八郎! 1610(+350) 前回38位
 ・40.ボブ・ディラン語録、または映画『ボブ・ディラン 「ノー・ディレクション・ホーム」』 1648(+490) 前回44位
 ・39.短編アニメーション ベスト100! 1723(初ランクイン)
 ・38.『デスノート 後編』を予想してみました! 1736(+160) 前回31位 前々回17位
 ・37.怪作!! 映画『拘束のドローイング9』 1760(+480) 前回37位
 ・36.トロント国際映画祭2006 調べてみたら、こんなに凄かった! 1773(+350) 前回35位
 ・35.映画『ミュンヘン』は、『SAYURI』にも匹敵する一大国際プロジェクトでした。 1781(+360) 前回34位 前々回27位
 ・34.期待と興奮と 映画『デスノート the Last name』 1906(+350) 前回33位 前々回24位
 ・33.ごめんなさい 見くびってました! 映画『明日の記憶』 1947(+290) 前回29位 前々回26位

 2000~3000アクセスの記事~14
 ・32.観た後でもっともっと楽しむ、映画『THE有頂天ホテル』 2008(+140) 前回25位 前々回14位
 ・31.『SAYURI』と『さゆり』と“Memoirs of Geisha”の間で 2060(+380) 前回28位 前々回23位
 ・30.2006年に最も輝いていた男優 キリアン・マーフィー! 2173(+960) 前回39位
 ・29.初日舞台挨拶レポート 映画『ゴーヤーちゃんぷるー』 2238(+660) 前回32位
 ・28.今年はメキシコ映画の当たり年?! 『ダック・シーズン』『カクタス・ジャック』など。 2258(+450) 前回27位 前々回25位
 ・27.アル・パチーノの身長は1m68cm 2260(+680) 前回30位
 ・26.こういうことなのかなあ~ 映画『インサイド・マン』 2308(+500) 前回25位 前々回22位
 ・25.魅了されちゃいました! 『プライドと偏見』 2362(+600) 前回26位 前々回21位
 ・24.映画『輪廻』をもっともっと楽しむ9項目 2536(+670) 前回24位 前々回19位
 ・23.1つの生き方、1つの死に方 映画『マイ・アーキテクト』 2777(+400) 前回17位 前々回10位
 ・22.心がほどけていく旅 中谷美紀『インド旅行記1』 2795(+640) 前回20位 前々回15位
 ・21.詳細!第63回ベネチア国際映画祭 コンペティション部門 2913(+630) 前回19位 前々回15位
 ・20.映画よりも面白い! 『嫌われ松子の一年』 2934(+290) 前回15位 前々回7位
 ・19.国内版ミステリの映画化、もしくは『容疑者Xの献身』の空想のキャスティング 2964(初ランクイン)

 3000~4000アクセスの記事~3
 ・18.ジミー・チョウって常識!? 『イン・ハー・シューズ』 3216(+800) 前回16位 前々回13位
 ・17.地域や曜日でのサービスを利用する~映画をできるだけ安く観る方法 in TOKYO 3299(+1210) 前回21位
 ・16.ヒロシです。阿部寛です。 3767(+800) 前回13位 前々回6位

 4000~5000アクセスの記事~9
 ・15.ジェシカ・アルバが魅せる 『イントゥ・ザ・ブルー』 4067(+900) 前回9位 前々回4位
 ・14.ハン・ヨルムのすべて!? 4226(+1900) 前回18位
 ・13.特筆すべき1本! 映画『ヨコハマメリー』 4438(+1430) 前回11位 前々回9位
 ・12.あまりにも美しい… 映画『薬指の標本』&オルガ・キュリレンコ 4610(+2640) 前回24位
 ・11.解答編!『インサイド・マン』 4674(+1620) 前回12位 前々回20位
 ・10.本年度邦画ベストワン! 『ルート225』 4804(+1630) 前回10位 前々回11位
 ・9.もう後編を観ないでいいくらい満足しました(笑) 映画『デスノート 前編』 4907(+900) 前回6位 前々回3位
 ・8.名シーンがいっぱい! 『青空のゆくえ』 4939(+1300) 前回8位 前々回16位
 ・7.YUIは山崎まさよしを超えられるか? 映画『タイヨウのうた』 5729(+1700) 前回5位 前々回12位

 5000以上のアクセスの記事~6
 ・6.菊地凛子に大注目! 6204(+1340) 前回4位 前々回30位
 ・5.ハリウッドもようやくその才能に気づき始めた ミシェル・ウィリアムズ 7086(+3500) 前回7位 前々回5位
 ・4.2006年 夏映画のベスト! 『時をかける少女』 7314(+730) 前回2位 前々回2位
 ・3.ちょっといい話。西島秀俊 7717(+4800) 前回14位
 ・2.ようやく観られた! 映画『インプリント ぼっけえ、きょうてえ』 8421(+2280) 前回3位 前々回1位
 ・1.今、ちょっと気になる真木よう子 33642(+23300) 前回1位 前々回8位

--------------------------------

 10000アクセス達成時点(2006年7月)で
 1000~2000アクセスの記事が6つ
 2000以上アクセスのある記事が1つ

 20000アクセス達成時点(2007年2月)で
 1000~2000アクセスの記事が22
 2000~3000アクセスの記事が6つ
 3000アクセス以上の記事が3つ

 30000アクセス達成時点(2007年8月)で
 1000~2000アクセス記事が29
 2000~3000アクセスの記事が9つ
 3000~4000アクセスの記事が6つ
 4000~5000アクセスの記事が3つ
 5000アクセス以上の記事が3つ

 40000アクセス達成時点(2008年2月)で
 1000~2000アクセス記事が37
 2000~3000アクセスの記事が14
 3000~4000アクセスの記事が3つ
 4000~5000アクセスの記事が9つ
 5000アクセス以上の記事が6つ

 この6ヶ月の間に、1000アクセスを超えた記事は19ありますが(前回は18)、そのうちこの期間に新たに書いた記事は3つでした。

 ランキング自体はあまり変わっていません。

 トップ・ページのアクセス数は1日ほぼ50くらいに安定していますが、1日の総アクセスを見ると、一時600~1000という時期がありました(通常は400~600)。
 これは、昨年の10月頃から2008年1月にかけて、「今、ちょっと気になる真木よう子」に、アクセスが集中的に増えたためで、どうやら彼女が出演していたテレビ・ドラマ「SP」の影響のようでした(結局、私はそのドラマを1回も観られませんでしたが)。
 この数字は、この記事だけで1日に200~400アクセスくらいあったということなんですが(新しく書いた記事のアクセス数の10~20日分!)、こういう記事へのアクセス(検索エンジンからのアクセス)が増えても、それ以外のページ・ビューが増えることはないし、記事自体に全くノー・リアクションなので、私個人としてはなんだかなあ~という感想も持ってしまいますね。ま、そういうお祭り状態も現在はほぼ沈静化しつつありますが。

 あと、オルガ・キュリレンコが007シリーズのボンド・ガールに決まってから、「あまりにも美しい… 映画『薬指の標本』&オルガ・キュリレンコ」へのアクセスが一時的に増え、ヒース・レジャーの訃報が伝えられてから2日間に「ハリウッドもようやくその才能に気づき始めた ミシェル・ウィリアムズ」へのアクセスが1000あまりもあった、ということもありました。特に、後者は、2年以上前に書いた記事であるのにも拘わらず、今年になってウェブリブログの1日の記事別アクセス・ランキングで第5位にランキングされたりもしました。ヒース・レジャーは知られていても、そのパートナーであったミシェル・ウィリアムズのことはあまり知られていなかったということでしょうか。

 どの記事もほとんど同じくらいの情熱で書いているので、あまりにもアクセス数に差が出てしまうのは(書いた本人としては)残念ですね。
 当ブログは、新作映画レビューの記事も少なくて、他のブロガーの記事にTBしたりもできず、なかなか新しく書いた記事に注目してもらうということも難しいのですが、なんとかほかの方法で潜在的な読者に「見つけてもらう工夫」をしなくてはいけないのかもしれません。


 *当ブログへの応援はまずはここからどうぞ!
 ↓ ↓ ↓ ↓ 
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ関連記事
 ・10000アクセス達成時の記事
 ・20000アクセス達成時の記事
 ・30000アクセス達成時の記事
 ・50000アクセス達成時の記事

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック