『シルク』の監督が撮ったアニメーション “Gould Meets McLaren”

 『シルク』の監督フランソワ・ジラールには、『グレン・グールドをめぐる32章』(1993)という作品がありますが、この『グレン・グールドをめぐる32章』というタイトルにはフランソワ・ジラールの2つの側面が表われています。1つは「グレン・グールド」で、もう1つは当然「32章」なのですが、前者は彼の音楽に対する関心と知識を象徴的に表わしていて、後者は元々たくさんのアート・ビデオを手がけてきたクリエーターである彼の引き出しの多さ、表現方法の多様さを見て取ることができます。

 『シルク』の前作に当たる『レッド・バイオリン』は、音楽を題材とした、短編連作のような構成の作品で、これまでフランソワ・ジラールがやってきたことの集大成的な作品であり、初めて(といえるほど)の本格的なドラマ作品でした。そして、『レッド・バイオリン』から10年、長いブランクを経て、彼が発表したのが『シルク』であり、『シルク』は、彼が、自分の得意とする音楽を前面に出すことなく、ドラマで魅せるということにさらに踏み込んだ作品、と言うことになるかもしれません。

 前フリが長くなってしまいましたが、それは、動画サイトでフランソワ・ジラールで検索してヒットする動画を観ると、物語性の強い『シルク』や『レッド・バイオリン』といった作品とあまりにも違っていて、同じ名前の別の人が作った作品かとも思ってしまうくらいだからです。そういえば……、と言って思い出すのが、彼のこれまでのキャリアと『グレン・グールドをめぐる32章』、ということになります。

 『グレン・グールドをめぐる32章』は、公開演奏を否定し、録音と著作に専念した音楽家グレン・グールドをテーマに、フランソワ・ジラールが作った32の短編(そのうち5つは彼を知る人物へのインタビュー)で構成されたもので、それぞれの作品は全く独立していて、単独で観ることができます。
 その中のいくつかは動画サイトにアップされているのですが、今回はその中から“GOULD MEETS McLAREN animation by Norman McLaren”と題された作品をご紹介したいと思います。

 

 【物語】
 しずくを思わせる丸い玉がゆっくりと落ちてきて、それが、卵細胞のように分裂しては数を増やし、シンメトリカルに、前後左右に位置を変えつつ、さらなる分裂を繰り返していく。
 その数は、1、2、3、4、5、6、8、12、16、20、24、26、28、32。
 最後、32となったところで、どこからともなく1羽の蝶が現れて、球体のまわりを飛び交い、それが済むと、また球体は合体していって、最後にはまた1つの球体に戻る。

 【解説】
 この作品は、『グレン・グールドをめぐる32章』の全32作品中20番目の作品で、BGMにはグールドの『平均律 第1巻第14番フーガ』が使われています。

 ネット上では、この作品について「『平均律』第1番に基づいてノーマン・マクラレンが製作したアニメ「球体」の収録」というような紹介がしてありますが、これは誤りで、そのような事実はなく、この作品を劇場公開した時に配給会社が作った誤った資料がそのまま転用されたために、こういう紹介のされ方をしているのだろうと思われます。

 ノーマン・マクラレンには、1969年に“Sphere”(球体)という作品があり、それにはグレン・グールドの、Bach Fugue 24 and Prelude 20 (Book I) and Fugue 14 (Book II) from The Well-tempered Clavier(バッハ『平均律クラヴィーア曲集』第1巻第24番フーガと第20番前奏曲、第2巻第14番フーガ)がBGMに使われていますが、フランソワ・ジラールの“GOULD MEETS McLAREN animation by Norman McLaren”は、それにオマージュをささげた作品ということになるかと思います(Wikipediaでは、この作品のことが“animated spheres reminiscent of those in Norman McLaren's animations move to Gould's music”(グールドの音楽に合わせてノーマン・マクラレンが作ったアニメーション作品を連想させる球体アニメーション)と紹介されています)。
 球体が分裂していって、最大32個(グールドを象徴する数字)になるというのが、このアニメーションのミソなのでしょう。

画像

 ◆作品データ
 1993年/ポルトガル・カナダ・フィンランド・オランダ/3分19秒
 台詞なし/字幕なし
 アニメーション

 *この作品(『グレン・グールドをめぐる32章』)は1993年のジニー賞で作品賞・監督賞・編集賞・撮影賞を受賞し、脚本賞・助演女優賞にノミネートされているほか、1993年のトロント国際映画祭で最優秀カナダ映画賞審査員特別賞を受賞しています。

 *この作品は、ビデオ化・LD化はされていますが、日本ではDVD化はされていません。

 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 ◆監督について
 フランソワ・ジラール François Girard

 1963年、カナダのケベック州サン・フェリシェン生まれ。
 最初は、アート・ビデオの監督としてモントリオールでキャリアをスタートさせ、実験映画、建築についてのビデオ、ダンス・フィルム、ミュージック・ビデオなど数多くの作品を手がける。
 1984年に、Zone Productionsという制作会社を設立。

 1989年から長編に挑み、1990年に最初の長編“Cargo”を発表。この作品は、エミー賞(an International Emmy)ほかの賞を受賞するなど高く評価された。
 1993年に発表した『グレン・グールドをめぐる32章』では、1993年のジニー賞で作品賞・監督賞・編集賞・撮影賞を受賞し、脚本賞・助演女優賞にノミネートされているほか、1993年のトロント国際映画祭で最優秀カナダ映画賞審査員特別賞を受賞。
 1998年の『レッド・バイオリン』では、1998年の東京国際映画祭で芸術貢献賞を受賞、1999年のジニー賞で作品賞・監督賞・脚本賞・撮影賞・美術賞・衣装賞・作曲賞など9部門受賞、2000年米国アカデミー賞でオリジナル作曲賞を受賞など、多数の賞を受賞している。
 カナダ・フランス・イタリア・イギリス・日本の共同製作による『シルク』(2007)は、久々の長編となる。

 そのほか、テレビ作品として、ジル・マシューの戯曲をTV化した“Le Dortoir”(1991)、“Le Jardin Des Ombres”(1993)、1995年グラミー賞最優秀長編ビデオ賞を受賞したピーター・ガブリエルのライブ映画“Secret World Live”(1994)、“Souvnirs D’Othello”(1995)、『ヨー・ヨー・マ インスパイアド バッハ』の1編「サウンド・オブ・ザ・カルチェリ」(1997)がある。

 舞台作品も多く、ストラヴィンスキーの“Symphony of Psalms, Oedipus Rex and Novencento”をエジンバラ国際フェスティバルで、カフカの『審判』をオタワの国立芸術劇場(the National Arts Centre)で、“the oratorio Lost Objects”をブルックリン音楽アカデミー(the Brooklyn Academy of Music)で、『ジークフリード』をトロントで、“The Lindbergh Flight and The Seven Deadly Sins”をリヨンとエジンバラで上演している。

 2008年10月にオープンする「シルク・ドゥ・ソレイユ シアター東京」では、原案・演出を手がける。

 姉ドリス・ジラールは映画のプロデューサーで、日本で公開された作品としては『モントリオールのジーザス』(1989)、『レオロ』(1992)などに関わっている。

 脚本家のドン・マッケラーと組むことが多く、『グレン・グールドをめぐる32章』と『レッド・バイオリン』は彼の脚本作品であり、彼の監督作品“Last Night”(1998)にはジラールは俳優として出演もしている。

 1997年には、Montreal Publicity Club より、ディレクター・オブ・ザ・イヤーに選ばれている。.

 【フィルモグラフィー】
 ・1983年 “Das Brunch”
 ・1984年 “Distance”
 ・1984年 “Human Scope”
 ・1985年 “Le train”
 ・1986年 “Monsieur Léon”
 ・1986年 “Tango, Tango”
 ・1988年 “Montréal danse”
 ・1988年 “Mourir”
 ・1988年 “Suspect No. 1”
 ・1989年 “CCA”
 ・1989年 “Vie et mort de l’architecte”
 ・1990年 “Le Dortoir”
 ・1991年 “Le dortoir” (TV)
 ・1990年 “Cargo”
 ・1993年 “Le Jardin des ombres”(TV)
 ・1993年 『グレン・グールドをめぐる32章』 “Thirty Two Short Films About Glenn Gould”
 ・1994年 “Secret World Live(Peter Gabriel: Secret World Live)”
 ・1995年 “Souvenirs d’Othello” (TV)
 ・1997年 『ヨー・ヨー・マ インスパイアド バッハ 「サウンド・オブ・カルチェリ」』 "Yo-Yo Ma Inspired by Bach:The Sound of Carceri " (TV)
 ・1998年 『レッド・バイオリン』 “Le Violon rouge(The Red Violin)”
 ・2007年 『シルク』“Silk(Soie/ Seta)”

 *参考サイト
 ・UBUWEB:http://www.ubu.com/film/girard.html
 ・The Film Reference Library:http://www.filmreferencelibrary.ca/index.asp?layid=46&csid1=24&navid=46
 ・Yahoo!Movies:http://movies.yahoo.com/movie/1800219906/cast
 ・http://www.usc.edu/libraries/archives/schoenberg/colu7435.htm

--------------------------------

 ◆『グレン・グールドをめぐる32章』 各章の紹介

 1. "Aria" (Aria from The Goldberg Variations, Johann Sebastian Bach). GG walking across a frozen lake to musical accompaniment.
 2."Lake Simcoe" (overture from Tristan and Isolde, Richard Wagner). Dramatization of GG's childhood and youth. Voiceover narration by GG, dialogue of actors, and Wagner all play simultaneously.
 3."45 Seconds and a Chair" (Two-part Invention #13 from Two and Three-Part Inventions, Johann Sebastian Bach). Actor portraying GG sits in chair and stares into camera lens as Bach invention plays.
 4.Interview with Bruno Monsaingeon, musician and collaborator (in French, with English subtitles).
 5."Gould Meets Gould" (Prelude from English Suite #5, Johann Sebastian Bach). Interviewer and GG conduct an interview on stage in semi-darkness as Bach plays in background; implication is that both men are GG.
 6."Hamburg" (Allegro, Sonata #13, Ludwig van Beethoven). GG in Hamburg hotel suite. Plays record of his Beethoven performance for German cleaning lady.cc
 7."Variation in C Minor" (Variation from 32 Variations in C Minor, Ludwig van Beethoven). Black and white sonograph while piece plays.
 8."Practice" (Allegro, Sonata #17 ("The Tempest"), Ludwig van Beethoven). GG in hotel room, studying a score. Piece plays in GG's mind, he conducts as he walks around, singing to himself here and there.
 9."The L.A. Concert". Dramatization of GG walking to stage for his last concert.
 10."CD318" (Prelude #2 from The Well-Tempered Clavier, Vol. I, Johann Sebastian Bach). Camera on interior of piano as piece plays. At end of piece, we see workman covering up piano, turning out lights in hall.
 11.Interview with Yehudi Menuhin, violinist. In French with English subtitles.
 12."Passion According to Gould" (Gigue from English Suite #2, Johann Sebastian Bach). We see GG in the recording studio, listening to a take of one his own performances. He walks around conducting in the air, almost dancing. Switch back and forth tow 3 men in recording booth goofing around during playback.
 13."Opus 1" (Opus #1, Glenn Gould). We see a string quartet performing the work.
 14."Crossed Paths" (Adagio from Sonata in B Minor Op. 5, Richard Strauss). Interview with various people who knew GG as piece plays in background.
 15."Truck Stop". GG driving. "Downtown" playing on the radio. GG overhears several conversations in a cafe.
 16."The Idea of North". We see GG from above in a recording studio, conducting the air, looking at a pile of typed documents--as if he were conducting the conversation we hear. At the end, GG speaks into the radio microphone, announcing his show "The Idea of North".
 17."Solitude" (Andantino from Sonatina #2, Jean Sibelius). GG gives an interview to unseen interviewer as music plays in background, while standing on frozen lake.
 18."Questions with No Answers" (Prelude from English Suite #2, Johann Sebastian Bach). We see a reporter interviewing GG from a phone booth as music plays in the background. We see several interviewers, of various ages and sexes, asking him questions.
 19."A Letter" (Variations #19 from The Goldberg Variations, Johann Sebastian Bach). Voiceover of GG saying he is in love; we see the letter he has written about this.
 20."Gould Meets McLaren" (Fugue #14 from The Well-Tempered Clavier, Vol. I, Johann Sebastian Bach). Animation of spheres floating through clouds, "reproducing", as music plays. Eventually process reverses itself and spheres melt back into one.
 21."The Tip" (Precipitati from Sonata # 7, Sergei Prokofiev). We see several financial traders talking on the phone at music plays. One of the traders is speaking to GG. We see GG talking about the market to employees of the restaurant where he's eating.
 22."Personal Ad" ("Desir" from Two Pieces, Op. 57, Alexander Scriabin). GG types and reads aloud a personal ad he has written as music plays in background.
 23."Pills" (Sehr lebhaft from Sonata #3, Paul Hindemith). We see pictures of drugs, and hear GG describing their effects as music plays in the background.
 24.Interview with Margaret Pacsu, friend. In English.
 25."Diary of One Day" (Gigue from Suite for Piano, Op. 25, Arnold Schoenberg). We see equations, then x-ray photos of heart beating, someone playing piano, then more numbers and fractions (blood pressure numbers) as music plays; can also hear heartbeats in the background.
 26."Motel Wawa" (Ruhig bewegte Viertel from Sonata #1, Paul Hindemith). GG gives a telephone interview as music plays. We can hear questions of interviewer. GG talks about his supernatural experiences.
 27."Forty-Nine" (Leicht zart from Six Little Pieces for Piano, Arnold Schoenberg). GG calls a friend from a phone booth. He talks about Schoenberg's superstitions regarding numbers and his death.
 28.Interview with Jessie Greig, cousin. In English.
 29."Leaving" (Sarabande from French Suite #1, Johann Sebastian Bach). GG drives in rain, in dark, as music plays. He stops and calls Jessie from a phone booth, and points out Bach tune playing on the radio his own performance. At the end, the radio announcers tells of GG's death at ago 50.
 30."Voyager" (Prelude in D Minor from Nine Little Preludes, Johann Sebastian Bach). Pictures of Voyager taking off as music plays.
 31."Aria" (Prelude #1 from The Well-Tempered Clavier, Vol. I, Johann Sebastian Bach). GG walks into the distance across frozen lake. Voiceover tells how one of the messages sent up on the Voyager was Bach's Prelude #1 from The Well-Tempered Clavier, Vol. I, playing in the background, as performed by GG.
 32.End Credits (Contrapunctus #9 from The Art of the Fugue, Johann Sebastian Bach). Organ plays as credits run.

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック