アニメーション・オリンピック!

 アニメーション・オリンピックは、1984年にロサンゼルスで開催されたアニメーションのイベントで、ジャーナリストや研究者、映画祭のディレクター、アニメーション・プログラマーなどに出したアンケートを元に、アニメーションのベスト50を選出したものです(ただし、アンケートを送った100名のうち、回答があったのが35名)。このうち、32作品(全部もしくは一部)が上映されたそうです。

 これは、おそらくこの種のイベントの最初のもので、同様のものが、ふゅーじょん・ぷろだくとで2003年に行なわれています(回答者138人。この結果は『世界と日本のアニメーションベスト150』にまとまっています)し、2006年にはアヌシー国際アニメーションフェスティバルでも行なわれています(回答者30人。結果はこちら)。

 試しに、アニメーション・オリンピックのベスト50とアヌシー国際アニメーションフェスティバルのベスト100を比べてみると、なんと28作品も重なっています。これは、アヌシー国際アニメーションフェスティバルの回答者がアニメーション・オリンピックの結果を参考にしたからだということも十分考えられますが、やっぱり20年経ってもいいものはいいと見なされたという方に考えてみたいと思います。

 ちなみに、以下のベスト50のうちで、当サイトで紹介したのはまだほんの6作品! まだまだお楽しみはこれからだ!ということでしょうか。

1. 『話の話』 ユリ・ノルシュテイン Skazka Skazok (Tale of Tales), Yuri Norstein, USSR, 1980

画像

2. 『ストリート』 キャロライン・リーフ The Street, Caroline Leaf, Canada, 1976

画像

3. 『イエロー・サブマリン』 ジョージ・ダニング The Yellow Submarine, George Dunning, UK, 1968

画像

4. 『手』 イジー・トルンカ Ruka (The Hand), Jiri Trnka, Czechoslovakia, 1965

画像

5. 『白雪姫』 デイヴィッド・ハンド Snow White and the Seven Dwarfs, David Hand, 1937

画像

6. 『クラック!』 フレデリック・バック Crac!, Frédéric Back, Canada, 1981
7. 『禿山の一夜』 アレクサンドル・アレクセイエフ Une Nuit sur le Mont Chauve (Night on Bald Mountain), Alexander Alexeieff & Claire Parker, 1933
8. “Ubu” ジェフ・ダンバー Ubu, Geoff Dunbar, UK, 1980
9. 『ムーンバード』 ジョン・ハブリー Moonbird, John Hubley, USA, 1959
10. 『サティマニア』 ズデンコ・ガスパロヴィッチ Satiemania, Zdenko Gasparavic, Yugoslavia, 1978
11. 『ファンタジア』 ウォルト・ディズニー Fantasia, Walt Disney, USA, 1940
12. 『隣人』 ノーマン・マクラレン Neighbors, Norman McLaren, Canada, 1952
13. 『心象風景』 ジャック・ドゥルーアン Paysagiste (Mindscape), Jacques Drouin, Canada, 1977
14. 『ダフィ・ウォーズ』 チャック・ジョーンズ Duck Amuck, Chuck Jones, USA, 1953
15. Premiere jours (Beginnings), Clorinda Warny, Lina Gagnon & Suzanne Gervaise
16. 『ネオ・ファンタジア』 ブルーノ・ボツェット Allegro non troppo, Bruno Bozzetto, Italy, 1976
17. 『道成寺』 川本喜八郎 Dojoji Temple, Kihachiro Kawamoto, Japan, 1976
18. 『太りっこ競争』 テックス・エイヴリー King Size Canary, Tex Avery, USA, 1947
19. 『モーション・ペインティング No.1』 オスカー・フィッシンガー Motion Painting No. 1, Oscar Fischinger, USA, 1949
20. 『タンゴ』 ズビグニュー・リプチンスキー Tango, Zbigniev Rybczynski, Poland, 1982
20. 『生の悦び』 アントニー・グロス、ヘクター・ホッピン(エクトル・オッパン) La Joie de vivre (Joy of Life), Anthony Gross & Hector Hoppin, France, 1934
22. 『ハーピア』 ラウル・セルヴェ Harpya, Raoul Servais, Belgium, 1979
22. 『アレグレット』 オスカー・フィッシンガー Allegretto, Oscar Fischinger, USA, 1936
22. 『呪いの黒猫』 テックス・エイヴリー Bad Luck Blackie, Tex Avery, USA, 1949
25. 『フランク・フィルム』 フランク・モリス Frank Film, Frank Mouris, USA, 1972
26. 『観念』 ベルトルト・バルトーシュ L'Idée (The Idea), Berthold Bartosch, France, 1932
26. 『オペラ座の狩人』 チャック・ジョーンズ What's Opera Doc?, Chuck Jones, USA, 1957
26. 『線と色の即興詩』 ノーマン・マクラレン Blinkety Blank, Norman McLaren, Canada, 1955
29. 『あやとり』 ポール・ドリエセン Au bout du fil (The Cat's Cradle), Paul Driessen, Canada, 1974
30. Les Jeux des anges (Game of Angels), ヴァレリアン・ボロズウィックWalerian Boroczyck, France, 1964
31. 『ミッキーの大演奏会』 ウォルト・ディズニー Band Concert, Walt Disney, USA, 1935
32. 『ベティの家出』 デイブ・フライシャー&ウィラード・ボウスキー Minnie the Moocher, Dave Fleischer & Willard Bowsky, USA, 1932
33. 『ダンボ』 ウォルト・ディズニー Dumbo, Walt Disney, USA, 1942
34. Une Vielle boite (An Old Box), ポール・ドリエセン Paul Driessen, Canada, 1975
35. 『パ・ド・ドゥー』 ノーマン・マクラレン Pas de Deux, Norman McLaren, Canada, 1967
36. 『砂の城』 コ・ホードマン Le Chateau de sable (Sandcastle), Co Hoedeman, Canada, 1977
37. Great-I.K.B., ボブ・ゴッドフリー Bob Godfrey, UK, 1974
38. 『飢餓(餓鬼)』 ピーター・フォルデス La Faim (Hunger), Peter Foldes, Canada, 1974
39. 『ハエ』 フランツ・ロシェフ A Bogar (The Fly), Ferenc Rofusz, Hungary, 1980
40. Damon the Mower, ジョージ・ダニング George Dunning, UK, 1971
41. 『ラピス』 ジェームス・ホイットニー Lapis, James Whitney, USA, 1966
42.『大西洋横断』 ジャン=フランソワ・ラギオリ La Traversée de l'Atlantique à la Rame, Jean-François Laguionie, 1978
43. 『ジェラルド・マクボイン・ボイン』 ロバート・キャノン Gerald McBoing Boing, Robert Cannon, USA, 1951
44. 『生存競争』 ポール・ドリエセン Jeu de coudes (Elbow Game), Paul Driessen, Canada, 1979
44. 『蒸気船ウィリー』 アブ・アイワークス Steamboat Willie, Ub Iwerks, USA, 1928
44. 『恐竜ガーティ』 ウィンザー・マッケイ Gertie the Dinosaur, Winsor McCay, 1914
48. Dnevnik (Diary), Nedjelko Dragic, Yugoslavia, 1973
49. Feholofia (Son of the White Mare), Marcell Jankovics, Hungary, 1981
50. 『缶入りの世界』 ブルーノ・ボツェット La Vita in scatola (Life in a Garbage Can), Bruno Bozzetto, Italy, 1967

 *参考サイト
 The Olympiad of Animation:
An Interview With Fini Littlejohn:http://www.awn.com/mag/issue1.4/articles/deneroffini1.4.html

 *この記事がなかなか面白かったと思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック