当ブログ 人気記事 トップ50発表!

 2007年8月25日に当ブログのトップ・ページが30000アクセスを超えました(ブログ全体の総アクセス数は約265000)。
 10000アクセス達成までに9ヶ月、20000アクセス達成までに7ヶ月、30000アクセス達成までにさらに6ヶ月半かかっています。1日のアクセス数は、トップ・ページが約50アクセス、総アクセス数だと約500アクセスという計算になります。

画像

 というわけで、30000アクセス超を記念して、当ブログのベスト・アクセス記事を書き出してみました。
 以下が1000以上のアクセスがある記事で、全部で50あります。

 1000~2000アクセスの記事~29
 ・時を経て、より印象が強まる映画 『カミュなんて知らない』 1014(初ランクイン)
 ・見逃したくない! キャッチ・コピーで選ぶ2006年お正月映画 1022(初ランクイン)
 ・恐い顔の女 映画『フライトプラン』 1034(初ランクイン)
 ・大盛況! 映画『40歳の童貞男』 1035(初ランクイン)
 ・チェコアニメ映画祭2006、または、エヴァ・シュヴァンクマイエロヴァー 1143(初ランクイン)
 ・詳細!カンヌ国際映画祭2006 コンペティション部門 1150(初ランクイン)
 ・ボブ・ディラン語録、または映画『ボブ・ディラン 「ノー・ディレクション・ホーム」』 1162(初ランクイン)
 ・字幕翻訳家になるには? 1183(初ランクイン)
 ・桐野夏生vs阪本順治 『魂萌え!』 1187(+140) 前回29位
 ・早くも2006年映画賞&ベストテンを予想してみました! 1189(+140) 前回28位
 ・YUI、再び 1193(初ランクイン)
 ・2006年に最も輝いていた男優 キリアン・マーフィー! 1214(初ランクイン)
 ・映画『死者の書』、または、リスペクト川本喜八郎! 1265(初ランクイン)
 ・怪作!! 映画『拘束のドローイング9』 1279(初ランクイン)
 ・北朝鮮の真実、または、マスゲームのスペクタクル性への驚き 映画『ヒョンスンの放課後』 1340(初ランクイン)
 ・トロント国際映画祭2006 調べてみたら、こんなに凄かった! 1420(初ランクイン)
 ・映画『ミュンヘン』は、『SAYURI』にも匹敵する一大国際プロジェクトでした。 1417(+250) 前回27位
 ・期待と興奮と 映画『デスノート the Last name』 1555(+500) 前回24位
 ・初日舞台挨拶レポート 映画『ゴーヤーちゃんぷるー』 1572(初ランクイン)
 ・『デスノート 後編』を予想してみました! 1576(+150) 前回17位
 ・アル・パチーノの身長は1m68cm 1582(初ランクイン)
 ・ごめんなさい 見くびってました! 映画『明日の記憶』 1659(+600) 前回26位
 ・『SAYURI』と『さゆり』と“Memoirs of Geisha”の間で 1675(+450) 前回23位
 ・今年はメキシコ映画の当たり年?! 『ダック・シーズン』『カクタス・ジャック』など。 1708(+600) 前回25位
 ・魅了されちゃいました! 『プライドと偏見』 1751(+500) 前回21位
 ・こういうことなのかなあ~ 映画『インサイド・マン』 1804(+550) 前回22位
 ・映画『輪廻』をもっともっと楽しむ9項目 1867(+500) 前回19位
 ・観た後でもっともっと楽しむ、映画『THE有頂天ホテル』 1869(+50) 前回14位
 ・あまりにも美しい… 映画『薬指の標本』&オルガ・キュリレンコ 1970(+950)

 2000~3000アクセスの記事~9
 ・地域や曜日でのサービスを利用する~映画をできるだけ安く観る方法 in TOKYO 2086(初ランクイン)
 ・心がほどけていく旅 中谷美紀『インド旅行記1』 2152(+800) 前回18位
 ・詳細!第63回ベネチア国際映画祭 コンペティション部門 2282(+700) 前回15位
 ・ハン・ヨルムのすべて!? 2329(初ランクイン)
 ・1つの生き方、1つの死に方 映画『マイ・アーキテクト』 2373(+400) 前回10位
 ・ジミー・チョウって常識!? 『イン・ハー・シューズ』 2621(+800) 前回13位
 ・映画よりも面白い! 『嫌われ松子の一年』 2645(+400) 前回7位
 ・ちょっといい話。西島秀俊 2920(初ランクイン)
 ・ヒロシです。阿部寛です。 2966(+400) 前回6位

 3000~4000アクセスの記事~6
 ・解答編!『インサイド・マン』 3050(+1700) 前回20位
 ・特筆すべき1本! 映画『ヨコハマメリー』 3098(+1000) 前回9位
 ・本年度邦画ベストワン! 『ルート225』 3174(+1100) 前回11位
 ・ジェシカ・アルバが魅せる 『イントゥ・ザ・ブルー』 3162(+300) 前回4位
 ・名シーンがいっぱい! 『青空のゆくえ』 3437(+1900) 前回16位
 ・ハリウッドもようやくその才能に気づき始めた ミシェル・ウィリアムズ 3581(+800) 前回5位

 4000~5000アクセスの記事~3
 ・もう後編を観ないでいいくらい満足しました(笑) 映画『デスノート 前編』 4006(+600) 前回3位
 ・YUIは山崎まさよしを超えられるか? 映画『タイヨウのうた』 4039(+2200) 前回12位
 ・菊地凛子に大注目! 4862(+3800) 前回30位

 5000以上のアクセスの記事~3
 ・ようやく観られた! 映画『インプリント ぼっけえ、きょうてえ』 6144(+2200) 前回1位
 ・2006年 夏映画のベスト! 『時をかける少女』 6579(+3000) 前回2位
 ・今、ちょっと気になる真木よう子 10346(+8000) 前回8位

--------------------------------

 10000アクセス達成時点(2006年7月)で
 1000~2000アクセスの記事が6つ
 2000以上アクセスのある記事が1つ

 20000アクセス達成時点(2007年2月)で
 1000~2000アクセスの記事が22
 2000~3000アクセスの記事が6つ
 3000アクセス以上の記事が3つ

 30000アクセス達成時点(2007年8月)で
 1000~2000アクセス記事が29
 2000~3000アクセスの記事が9つ
 3000~4000アクセスの記事が6つ
 4000~5000アクセスの記事が3つ
 5000アクセス以上の記事が3つ

 この6ヶ月半の間に、1000アクセスを超えた記事は18ありますが、この6ヶ月半に新たに書いた記事は1つも1000アクセスを超えることはありませんでした。この8ヶ月は新作映画に関する記事をほとんど書いていなくて、代わりに短編映画に関する記事ばかり書いていたので、アクセス数が減るのも仕方がないことなのかもしれませんが。

 アクセス数が多いのは、主に、①データや情報を収集した記事、②熱心なファンが多い作品や俳優に関する記事、③劇場パンフが薄っぺらなものだったり、全く制作されていなかったりする作品に関する記事。

 当ブログは、スタイルを固定化することをやめてしまった=固定読者をあまり想定していないブログでもあり、トップ・ページから最新記事をチェックするという固定読者は少なくて、検索によってそれぞれの記事にたどりつくというケースがほとんどのようです(だから、総アクセス数の伸びに比して、トップ・ページの伸び率は圧倒的に低い(約10分の1))。
 トラックバックの多い記事はアクセス数もふえやすいのですが、トラックバックが少ない(あるいは全くない)記事でもアクセス数がふえないということもないようです。

 菊地凛子さんに関する記事のアクセスが増えるのは想定内でしたが、真木よう子さんに関する記事がこんなに高アクセスになるとは予想外でした。「今、ちょっと気になる真木よう子」は、今期間で最高のアクセス数を示した記事であり、当ブログで初めて10000アクセス超の記事にもなりました。

 2006年 夏映画のベスト! 『時をかける少女』は、元々高アクセスの記事でしたが、2007年7月末のテレビでの放映後、1000を越えるアクセスがありました。

 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ関連記事
 ・10000アクセス達成時の記事
 ・20000アクセス達成時の記事
 ・40000アクセス達成時の記事
 ・50000アクセス達成時の記事

この記事へのコメント

hune
2007年08月26日 08:32
>総アクセス数は約265000)。
これって凄い。受け狙いのブログじゃないから。私も、随分、参考にして、影響受けました。初めは、簡単な絵本の紹介をしていました。でも、こちらへ訪問して考えが変わったんですよ。とても真似はできませんが、少しは内容のあるブログに心がけましたから。ね!私のブログのスタートの記事は『グロテスク』でした。高村薫さんのファンなんですけど、桐野夏生さんには驚きました。「魂萌え!」は、身近な、中年のおばさんの話でしたね。ホッとした作品でした。コメントしてませんけど、応援していますからね。
umikarahajimaru
2007年08月26日 18:19
huneさま
コメントありがとうございました。
>受け狙いのブログじゃないから。
いや~、「ウケ」は狙ってるかもしれませんけど(笑)。
コメントの途中に桐野夏生さんの名前が出てきて、一瞬「アレッとなんでここに?」と思いましたが、記事のいくつかを見てくれたということなんですね。
応援ありがとうございます。これからもどうかよろしくお願いします。

この記事へのトラックバック