中国製CGアニメ 『夏(Ode to Summer)』をめぐる冒険

 上海アニメーションでもないかと動画サイトを探していて、偶然見つけた作品『夏(Ode to Summer)』。どれどれ、どんな作品?と思って、観てみて、カメラが水墨画の中にすっと入っていって、蓮の花、とんぼ、池の鯉など、水墨画の世界がゆっくりと、しかもとても自然に動き出すことに驚いて、作者は誰? どんな人が作ったの?とずっと気になっていました。CGなんでしょうけれど、クオリティーから言って、絶対プロの手によるもののはずなんですが、作品の終わりついているクレジットはぼけてしまって読み取ることができません。中国人なのか、水墨画の世界に惹かれる欧米人の手によるものなのか、個人なのか、CG作品を手がけるプロダクションの作品なのか。
 調べてみると、同じ動画が同じ動画サイトにたくさん投稿されていて、みんなこの動画を凄いと思い、他の人にも教えてあげたいと思ったんだろうなあというのがよくわかります。

 

 作者を探すヒントはこの動画につけられた表題「中国3D水墨动画--代表中国最高动画水准」にありました。
 「中国3D水墨动画--代表中国最高动画水准」で検索をかけてみると、中国人が書いたと思われる中国語のブログがたくさんヒットして、この作品の作者名が、許毅で、アルファベット表記だとRon Hui、この作品の英語タイトルが “Ode to Summer”だということがわかってきました(英語題は作品に最初から入っていたんですが、ぼけていましたし、確信が持てなかったんですね)。

画像

 「許毅」「Ron Hui」「Ode to Summer」、ここまでわかれば、さらにいろいろと検索がかけられるわけで、この動画について触れてある日本のブログやサイトもたくさんあることがわかりました。

 ・英語のサイト PORTAL:http://portal.acm.org/citation.cfm?id=1006114.1006137

 ・日本語のサイト GiGAZINE:http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20070313_ode_to_summer/

 ここからこの作品が、CGアニメの祭典SIGGRAPH2003で上映されたことがわかり、さらに、「三昧火」(http://www.mythicflame.com/homeone_show.asp?sort1id=61&id=106&lb=6&a=4)に飛べば、Ron Hui氏のことがもっと詳しくわかるらしいことがわかります。

 「三昧火」はとても読みにくいサイトなので、この監督について書かれた部分を、以下にコピーして貼り付けてみました。

--------------------------------

 2000年毕业于四川美术学院影视动画专业,学士学位。曾供职环球数码媒体科技(深圳)有限公司5年.是IDMT最早几个主要成员之一。
 2005年7月至今任美国SSI中国顾问。

 参与项目列举:
 •导演3D水墨动画短片 “夏”,
 •3D电影“Thru The Moebius Strip”(中文名”莫比斯环”)
 •艺术导演和角色监制52集法国电视动画片"Panshel"s World"
 •艺术导演, 角色模型及表情监制PC 游戏Asheron"s Call”开场动画
 •美国"SUN MAID"食品广告

 所获荣誉:
 2002年10月3D静帧作品被收入进《华人3D作品年鉴2002》
 2003年 3月动画短片“Ode to summer”入选美国SIGGRAPH 2003. 收录进Siggraph2003作品DVD全球发行.
 2003年 8月动画作品应邀在SICAF韩国国际动画节展播.
 2003年 8月作品入选SDAFF美国圣地亚哥亚洲电影节
 2003年10月CCGF中国数码艺术专业委员会团体最佳动画短片奖
 2003年11月中国视协动画短片学术奖之优秀三维动画艺术短片“金蛙”奖.被评为“中国十大新锐导演”.
 2003年11月中国动画成就奖动画短片金奖
 2004年 8月作品入选日本广岛动画节
 2005年 3月动画作品”夏”入选第二十五界香港国际电影节(HKIFF)

--------------------------------

 これ(↑)は、漢字の羅列なので、眺めているだけでもぼんやりとは理解できたりしますが、やはりおぼつかない部分も多いので、Web翻訳を使って、試訳を試みてみたいと思います。まあ、Web翻訳というのはかなり当てにならないので多々間違いがあるかもしれませんが。

 ◆監督について
 許毅(Ron Hui)

 【プロフィール】
画像 2000年 四川美術学院映画動画学科卒業、学士号取得。深圳にある企業・环数码媒体科技(IDMT深圳)に5年間勤務。
 *IDMT深圳は、現在は、GDC Holdings Limited(Global Degital Creations Holdings Limited:环数码創意控股有限公司)に属していて、アニメーションやデジタル映画を研究し、制作しているところ、のようです。
 公式サイト:http://www.gdc-world.com/en/index.htm

 2005年7月よりアメリカのSSIの中国顧問に就任。
 *SSIというのがどのSSIのことを指すのかはわかりませんでした。

 【フィルモグラフィー】
 •2003年 3D水墨動画短編『夏』“Ode to summer”[監督]
 •2005年 3Dアニメ“Thru The Moebius Strip”(中国題“莫比斯环”)
 *“Thru The Moebius Strip”は、2005年の中国・アメリカ合作のアニメーションですが、IMDbを調べた限りでは、Ron Huiが何を担当したのかまではわかりませんでした。
 •映画“Panshel’s World”[アニメーション部分の演出・キャラクター・デザイン]
 •ゲーム“Asheron’s Call” [アニメーション部分の演出・キャラクター・デザイン]
 •“SUN MAID” アメリカの食品CM

 【受賞歴】:
 ・2002年10月 3Dサイレント作品入選 「中国人3D作品年鑑2002」に収録される。
 ・2003年 3月 短編映画『夏』“Ode to summer”が、アメリカのSIGGRAPH 2003.で上映。DVD「Siggraph2003作品集」に収録される。
 ・2003年 8月 韓国のSICAF(Seoul International Cartoon & Animation Festival)招待.
 ・2003年 8月 サンディエゴ アジア フィルム フェスティバル(SDAFF)招待
 ・2003年10月CCGF(中国数码艺术专业委员会团体) 最優秀短編アニメーション賞受賞
 ・2003年11月 中国視協短編映画賞最優秀3D作品賞“金蛙”受賞、および“中国十大新锐監督”に選出。
 ・2003年11月 中国動画成就賞金賞受賞
 ・2004年 8月 広島国際アニメーションフェスティバル
 *広島国際アニメーションフェスティバルの公式サイトを見てもそれらしい作品は見当たりませんでした。
 ・2005年 3月 第25回香港国際映画祭(HKIFF)で『夏』“Ode to summer”が上映。

 ◆作品データ
 2003年/中国/2分30秒(約30秒のメイキングつき)
 北京語台詞あり/英語字幕あり
 CGアニメーション

 *この記事がなかなか面白かったと思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 

この記事へのコメント

2007年05月14日 23:53
こんばんわ!素敵ね。思わず見とれていました。たまにはこんな作品でも見て、しばし憂き世を忘れるのもいいですね。
umikarahajimaru
2007年05月15日 08:18
huneさま
えっ、忘れたいほどの憂き世を日々感じていらっしゃる?
まあ、文章の流れでたまたまそういう風に書いてしまったというところなんだろうと思いますが(笑)、でも、この作品には確かにそう書かせてしまうような、感動と驚きがありますよね。

この記事へのトラックバック