2003年アカデミー賞短編アニメーション賞受賞作品 『チャブチャブズ』

 この作品は、日本でも数十万の人が観ているのではないでしょうか。というのも『スチュアート・リトル2』の劇場公開時に併映された作品で、DVD『スチュアート・リトル2』にも収録されており、2003年にアカデミー賞短編アニメーション賞を受賞した作品でもあるからです。

 

 【物語】 舞台は、宇宙酒場のALE-E-INN。
 ミーパーは、音痴ながらも、歌が好きで、今日もALE-E-INNの歌姫Divaの歌に合わせて、勝手に唄っている。が、興奮してマイクのコードを抜いてしまい、店から追い出されてしまう。
 外に出されたミーパーは、フラフラになりながらやってきた1人の男性と出会う。その男性は、「チャブチャブズがやってくる」と言って、ばったりと力尽きて倒れる。見ると地平線の向こうから砂埃を上げて何かがやってくるのが見える。
 ミーパーは驚いて、店の客に知らせようとするが、またも、ショーを邪魔したと見なされて追い出されてしまう。しかし、砂埃はどんどん近づいてくる。
 今度は店の上から知らせようとするが、その時、別の男性が店の客に「チャブチャブズがやってくる」と知らせたので、店の客は慌てて逃げ出していく。
 ミーパーも逃げようとするが、目の前に数匹のひよこがいるのを見つけて、桶の中に入れて助け上げてあげる。
 その時、目の前に巨大モンスターの大群が立ちはだかる。
 チャブチャブズだ!と思ったミーパーは、歌を唄ってごまかそうとするが、当然そんなことでは効果はない。その時、桶からひよこたちがこぼれ出る。ミーパーが危ないと思った瞬間、モンスターたちがそれを見て、「チャブチャブズだ」とパニックに陥る。
 ひよこたちはあっという間に、モンスターたちを平らげて、何食わぬ顔で、ミーパーの元に戻ってくる。
 ミーパーは、ただ苦笑いするだけだった。

 この作品は、ソニー・ピクチャーズの特殊効果やアニメーションを手がけるImageworksの初のフルCGアニメ作品です。

 Imageworksは、特殊効果の分野ではかなりの実績を残している会社で、『ラスト・アクション・ヒーロー』『スピード』『ダイ・ハード3』『ザ・インターネット』『マネートレイン』『ジャイアント・ピーチ』『ケーブル・ガイ』『フェノミナン』『ロング・キス・グッドナイト』『ゴースト&ダークネス』『マイケル』『アナコンダ』『コンタクト』『ポストマン』『スフィア』『シティ・オブ・エンジェル』『GODZILLA』『パッチ・アダムス』『ホワット・ライズ・ビニース』『インビジブル』『キャスト・アウェイ』『エボリューション』『アメリカン・スウィートハート』『ハリー・ポッターと賢者の石』『スパイダーマン』『MIBⅡ』『ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔』『マトリックス リローデッド』『バッド・ボーイズ2バッド』『シービスケット』『マトリックス・レボリューションズ』『ピーター・パン』『ビッグ・フィッシュ』『スパイダーマン2』『フォーガットン』『ザスーラ』『ポーラー・エクスプレス』『モンスター・ハウス』『スーパーマン・リターンズ』『もしも昨日が選べたら』『ゴースト・ライダー』『スパイダーマン3』……とキリがありません。
Imageworksの独立したアニメーション作品としては、『チャブチャブズ』が最初の作品で、長編の第1作が『オープン・シーズン』、第2作が『鉄腕アトム』のリメイクである『ASTRO BOY』(2009)ということになっています。

 2003年のアカデミー賞短編アニメーション賞の、他のノミネート作品は、ピクサーの『マイクとサリーの新車でGO!』(『モンスターズ・インク』の番外編)、山村浩二の『頭山』、ドイツ・アニメの『岩のつぶやき』、Tomek Baginski“Katedra”で、“Katedra”は未見ですが、内容においても表現方法に関しても果たして『チャブチャブズ』がベストなのか、ということは誰しも感じるところだと思います(文明批評としては『岩のつぶやき』が面白く、物語や表現方法に関しては『頭山』が新鮮だった、と思われますから)。

 しかし、上でも紹介したように、Imageworksのハリウッドでの貢献度は映画会社の垣根を越える幅広いもので、そうした貢献に対する感謝も込めて、『チャブチャブズ』にアカデミー賞が贈られたのではないか、というのが私の推測です。

 でも、まあ、『チャブチャブズ』にそんなにケチをつける必要もなくて、ショートショートとしてはそれなりに面白かったのですが、アカデミー賞を獲るほどの作品ではないかな(と私には感じられた)というだけのことです。

 ちなみに、酒場の名前、“ALE-E-INN”は、「Alien(エイリアン)」のもじりになっています。

画像

 ◆作品データ
 2002年/米/5分27秒
 英語台詞あり(わずか。わからなくても全く支障はありません)/字幕なし
 アニメーション

 *2003年 米国アカデミー賞短編アニメーション賞受賞、ベルリン国際映画祭短編映画部門ノミネート、BAFTA短編アニメーション部門ノミネート

 *公式HP:http://www.sonypictures.com/movies/chubbchubbs/
 キャラクターについての解説やスタッフ紹介などがあります。

 ◆監督について
 エリック・アームストロング
 監督作は『チャブチャブズ』のみ、それ以前はビジュアル・エフェクト部門で活躍しています。
 ・1993年 『ジュラシック・パーク』[コンピュータ・グラフィック・アニメーター]
 ・1999年 『スチュアート・リトル』[リード・CG・キャラクター・アニメーター]
 ・2000年 『インビジブル』[CGI・キャラクター・アニメーション・スーパーバイザー]
 ・2001年 『ハリー・ポッターと賢者の石』[アニメーション・スーパーバイザー]
 ・2002年 『スチュアート・リトル2』[アニメーション・スーパーバイザー]

 *この作品を他の誰かにも教えてあげたいと思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック