ベビーシッターの憂鬱 『ジャック・ジャック・アタック』

 『ジャック・ジャック・アタック!』は、『Mr.インクレディブル』のスピン・オフ的な作品で、監督も同じブラッド・バード。ジャックのベビーシッターであるカーリーが主人公の物語です。



 【物語】
ジャックのベビーシッターとして雇われたはずのカーリーが警察で取り調べを受けている。カーリーは、ベビーシッターとしての仕事中にジャックが宙に浮かんだり、火だるまになったりするのに、驚き、翻弄され、すっかり参ってしまう。ヘレンにはどんなトラブルも切り抜けてみせると約束したのに……。
しかし、警察で自分が被った災難を話してもまるで信用してもらえないのだった……。

 ◆作品データ
 2005年/米/5分
 英語の台詞あり/字幕なし(台詞はけっこうありますが、台詞がわからなくても物語の理解に不自由はありません)
 アニメーション
 DVD『Mr.インクレディブル』に収録。

 シンプルでわかりやすく、物語の展開も想像がつくものですが、カーリーのキャラクターなどいかにも当世風の娘っぽくて、もう、実写のファミリー映画に出てくるようなベビーシッターそのもの。CGアニメとしても、実写と比べて全く見劣りしないというレベルまで来ていますし、楽しくて、見飽きません。短いですが、実写+アニメの『マスク2』なんかより、よっぽど出来がいいと言ってもいいかもしれません。
 実は、この作品は、ジャックの能力を示すエピソードとして『Mr.インクレディブル』の本編の中に入れるはずだったはずがカットされ、短編として独立したものだそうです。
 新たに追加で制作した部分もあるのかもしれませんが、一作品として十分成立するほどしっかり作られていてびっくりしますね。

画像

 ◆監督について
 ブラッド・バード
 1957年 ミネソタ生まれ。
 1968-70年に最初のアニメーションを手がけ、その作品がディズニーに注目され、ディズニーのスタジオで指導を受けることになる。
 1975年にオレゴンのCorvallis High Schoolを卒業。
 ディズニーはthe California Institute of the Arts(CalArts)に新たにアニメーション・プログラムを設け、彼はそこに入学(クラスメートにジョン・ラセター、ティム・バートン、ジョン・マスカーがいる)。
 そのままディズニーに入社し、『キツネと猟犬』“The Fox and the Hound”(1981)や“The Prague Dogs”(1982)に関わる。
 ディズニー在籍期間は短く、退社後、『ザ・シンプソンズ』を手がけるクラスキー・クスポに雇われ、『ザ・シンプソンズ』の2編を監督する。テレビのアニメ・シリーズである“The Critic”や『キング・オブ・ザ・ヒル』“King of the Hill”にもエグゼクティブ・コンサルタントとして関わる。
 併行して、アンブリン・エンタテインメントの『世にも不思議なアメージング・ストーリー』や『ニューヨーク東8番街の奇跡』、“*batteries not included”に監督や脚本家として関わる。
 初監督作品となる『アイアン・ジャイアント』を手がけるためにワーナー・ブラザースに移り、さらに『Mr.インクレディブル』に着手するが、ワーナー・ブラザースのアニメ部門の凍結により頓挫。しかし、ジョン・ラセターの誘いにより、ピクサーに移り、制作を続行。ブラッド・バードは、この作品でアカデミー賞長編アニメーション賞を受賞。『Mr.インクレディブル』は、ブラッド・バードの家族がモデルになっているという(『Mr.インクレディブル』には彼の2人の息子もボイス・キャストとして参加しています)。
 現在のアメリカのアニメ業界では、ジョン・ラセターと並び、最も敬愛される人物になっている。

 ・1987年 “Family Dog”(『世にも不思議なアメージング・ストーリー』)[監督]
 ・1987年 『ニューヨーク東8番街の奇跡』[脚本]
 ・1987年 “*batteries not included”[脚本]
 ・1990年 「クラスティは強盗犯?」“Krusty Gets Busted”(『ザ・シンプソンズ』)[監督]
 ・1991年 「クラスティの涙」“Like Father, Like Clown” (『ザ・シンプソンズ』)[監督]
 ・1992年 “Family Dog”(『世にも不思議なアメージング・ストーリー2』)[監督]
 ・1999年 『アイアン・ジャイアント』[監督]
 ・2004年 『Mr.インクレディブル』[監督]
 ・2005年 『ジャック・ジャック・アタック』[監督]
 ・2007年 『レミーのおいしいレストラン』[監督]
 ・2007年 “1906” [監督]

 *当ブログ関連記事
 ・ピクサーの短編作品についてまとめてみました

 *この作品を他の誰かにも教えてあげたいと思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック