異色作! 『バランス』 ラウエンシュタイン兄弟

 『CUBE』や『SAW』を連想させる不条理劇っぽい作品。

 

 宙に浮かぶ平板の上に立たされている5人の男性。
 誰かがちょっと動くだけでも、板はバランスを崩して傾いてしまう。いったんバランスが崩れると、安定をとり戻すために全員が位置をずらさなければならない。
 どうしてこういう状況に立たされたのか、立たされている5人はそうなった理由を知っているのか、一切明かされない。
 5人は、それぞれ釣竿を持っているらしく、板の外に釣り糸をたらす。
 すると、1人の針に手ごたえがあって、箱が釣り上げられる。
 その間も5人はバランスを取るのに懸命。
 果たして箱の中には何か入っているのか? そして5人の運命は?

 1989年度のアカデミー賞短編アニメーション賞を受賞した、知る人ぞ知る作品。

 ◆作品データ
 1989年/西ドイツ/7分
 パペット・アニメーション
 台詞なし/字幕なし
 1989年 ドイツ映画賞短編部門銀賞受賞
 1990年 米国アカデミー賞短編アニメーション賞受賞、オタワ国際アニメーションフェスティバル10分以内作品部門OIAF Award受賞、クレモンフェラン国際ショート・フィルム・フェスティバル 審査員特別賞受賞。

 この作品は、練馬アニメフェスティバルin大泉の“Festival of Animation”で上映されたことがあるようです。

画像

 ◆監督について
 クリストフ・ラウエンシュタイン、ヴォルフガング・ラウエンシュタイン
 クレイ・アニメーション、パペット・アニメーション、CGアニメーションなど、様々な手法でユニークな作品世界を展開するアニメーション作家。
 1962年 ドイツのヒルデスハイムに双子として生まれる。
 1980年からストップ・モーション・アニメーションを作り始める。
 1985年にクリストフがカッセル芸術大学(the School of Fine Arts in Kassel)に、ヴォルフガングがthe School of Fine Arts in Hamburgに入学。在学中に“Balance”を発表し、米国アカデミー賞短編アニメーション賞を受賞する。
 現在は、数多くのCM(コカコーラ、ナイキ、セガなど)のほか、予告編の制作なども手がけている。ポスターや雑誌のキャラクター・デザインも手がける。
 “Balance”だけ観ると、マニアックな作品を発表しているアニメーション作家なのかとも思ってしまいがちですが、アードマン作品かと思われるようなポピュラリティーあふれる作品も作っているようで、自由な発想と多才な技術の持ち主のようです。

 ・1980年 “Die Freundin”(The Girlfriend)[監督]
 ・1984年 “Der Abstecher”(The Sidetrip)[監督]
 ・1986年 “Pithecanthropus Erectus”[監督]
 ・1989年 “Songlines”[監督]
 ・1989年 “Balance” [監督]
 ・2006年 “The Fall” [アニメーション部分を担当]

 *関連サイト

 ・公式サイト:http://www.lauenstein.tv/

 ・Acme Fimworks:http://www.acmefilmworks.com/dir_folders/dirLauenstein/lauenstein.html#

 *この作品を他の誰かにも教えてあげたいと思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 

 *当ブログ関連記事
 ・アカデミー賞短編アニメーション賞 リスト!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック