2006年度米国映画賞 スコア表!

 現時点での2006年度米国映画賞の結果をまとめてみました。
 アカデミー賞発表まで新しい結果が出次第、随時更新していきたいと思います。

 ◆作品賞

 ③『硫黄島からの手紙』(クリント・イーストウッド):NBR、LAFC、SDFC
 ⑨『ディパーテッド』(マーティン・スコセッシ):AA、BFC、BFCA、CFC、FFC、LVFC、SA(ドラマ部門)、SEFC、SLC
 ・『トゥモロー・ワールド』(アルフォンソ・キュアロン):VFC
 ②『ドリームガールズ』(ビル・コンドン):GG(ミュージカル/コメディー部門)、SA(コメディー/ミュージカル部門)
 ・『バベル』(アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトウ):GG(ドラマ部門)
 ⑨『ユナイテッド93』(ポール・グリーングラス):AFC、DFC、KFC、NYFC、OFC、onFC、PFC、UFC、WFC
 ・『リトル・チルドレン』(トッド・フィールド):SFFC
 ④『リトル・ミス・サンシャイン』(ジョナサン・デイトン、ヴァレリー・ファリス):ISA、PGA、SAG(Outstanding Performance by a Cast)、SLC(コメディー/ミュージカル部門)
 ・“Borat”(Larry Charles):BFCA(コメディー部門)
 ②“Half Nelson”(ライアン・フレック):GTHM、NYFC
 ・“Pan’s Labrynth”(ギレルモ・デルトロ):NSFC
 ③“The Queen”(スティーヴン・フリアーズ):BAFTA、NYOFC、TFC

 ◆監督賞

 ③アルフォンソ・キュアロン(『トゥモロー・ワールド』):AFC、UFC、VFC
 ②クリント・イーストウッド(『硫黄島からの手紙』):SA、SDFC
 ・ジャン=ピエール・ダルデンヌ&リュック・ダルデンヌ(『ある子供』):TFC
 ・ジョナサン・デイトン、ヴァレリー・ファリス(『リトル・ミス・サンシャイン』):ISA
 ②スティーヴン・フリアーズ(“The Queen”):NYOFC、TFC
 ・ビル・コンドン(『ドリームガールズ』):SA
 ⑤ポール・グリーングラス(『ユナイテッド93』):BAFTA、KFC、LAFC、NSFC、SFFC
 ⑰マーティン・スコセッシ(『ディパーテッド』) :AA、BFC、BFCA、CFC、DFC、DGA、FFC、GG、LVFC、NBR、NYFC、OFC、onFC、PFC、SEFC、SLC、WFC

 ◆主演男優賞

 ・ジョセフ・クロス(“Running with Scissors”):SA(コメディー/ミュージカル部門)
 ・高倉健(『単騎、千里を走る。』):SDFC
 (24)フォレスト・ウィテカー(『ラストキング・オブ・スコットランド』)ケヴィン・マクドナルド) :AA、BFC、BFCA、BAFTA、CFC、DFC、FFC、GG(ドラマ部門)、KFC、LAFC、LVFC、NBR、NSFC、NYFC、NYOFC、OFC、onFC、PFC、SA(ドラマ部門)、SAG、SEFC、SLC、VFC、WFC
 ・ライアン・ゴスリング(“Half Nelson”):ISA
 ・レオナルド・ディカプリオ(『ディパーテッド』):AFC
 ⑤Sacha Baron Cohen (“Borat”) :GG(ミュージカル/コメディー部門)、LAFC、SFFC、TFC、UFC

画像

 ◆主演女優賞

 ・エレン・ペイジ(『ハードキャンディ』):AFC
 (28)ヘレン・ミレン(“The Queen”(スティーヴン・フリアーズ)) :AA、BFC、BFCA、BAFTA、CFC、DFC、FFC、GG(ドラマ部門)、KFC、LAFC、LVFC、NBR、NSFC、NYFC、NYOFC、OFC、onFC、PFC、SA(ドラマ部門)、SAG、SDFC、SEFC、SFFC、SLC、TFC、UFC、VFC、WFC
 ②メリル・ストリープ(『プラダを着た悪魔』(ディヴィッド・フランケル)):GG(ミュージカル/コメディー部門)、SA(コメディー/ミュージカル部門)
 ・Shareeka Epps(“Half Nelson”):ISA

画像

 ◆助演男優賞

 ④アラン・アーキン(『リトル・ミス・サンシャイン』):AA、BAFTA、ISA、VFC
 ③エディー・マーフィー(『ドリームガールズ』):BFCA、GG、SAG
 ④ジャイモン・ハンスゥ(『ブラッド・ダイアモンド』(エドワード・ズウイック)):LVFC、NBR、SLC、WFC
 ⑦ジャッキー・アール・ヘイリー(『リトル・チルドレン』):CFC、DFC、NYFC、OFC、onFC、SEFC、SFFC
 ③ジャック・ニコルソン(『ディパーテッド』):AFC、FFC、PFC
 ②マーク・ウォールバーグ(『ディパーテッド』):BFC、NSFC
 ⑤マイケル・シーン(“The Queen”):KFC、LAFC、NYOFC、TFC、UFC
 ・レイ・ウィンストン(“The Proposition”):SDFC
 ・レオナルド・ディカプリオ(『ディパーテッド』):SA

 ◆助演女優賞

 ・アビゲイル・ブレスリン(『リトル・ミス・サンシャイン』):onFC
 ・アドリアナ・バラッザ(『バベル』):SFFC
 ③菊地凛子(『バベル』):AFC、CFC、UFC
 ②キャサリン・オハラ(“For Your Consideration”(クリストファー・ゲスト)) :KFC、NBR
 ⑥ケイト・ブランシェット(“Notes On A Scandale”(リチャード・エア)):DFC、FFC、OFC、PFC、TFC、VFC
 ⑪ジェニファー・ハドソン(『ドリームガールズ』(ビル・コンドン)):AA、BFCA、BAFTA、GG、LVFC、NYFC、NYOFC、SA、SAG、SEFC、SLC、WFC
 ・フランシス・マクドーマンド(“Friends with Money”):ISA
 ・メリル・ストリープ(『プラダを着た悪魔』):NSFC
 ・リリー・テイラー(“Factotum”):SDFC
 ・Luminita Gheorghiu(“The Death of Mr. Lazarescu”):LAFC
 ・Shareeka Epps (“Half Nelson”):BFC

画像

 ◆新人男優賞

 ・ライアン・ゴスリング(“Half Nelson”) :NBR
 ②Sacha Baron Cohen (“Borat”) :CFC、onFC

 ◆新人女優賞

 ②菊池凛子(『バベル』) :GTHM、NBR
 ⑥ジェニファー・ハドソン(『ドリームガールズ』(ビル・コンドン)) :AFC、NBR、NYOFC、OFC、PFC
 ・Shareeka Epps (“Half Nelson”):GTHM

 ◆アンサンブル賞

 ・『ディパーテッド』:NBR
 ②『バベル』:GTHM、SDFC
 ・『ユナイテッド93』:BFC
 ②『リトル・ミス・サンシャイン』:BFCA、NYOFC、WFC

 ◆脚本賞

 ②ウィリアム・モナハン(『ディパーテッド』):BFC、FFC
 ②ギレルモ・デル・トロ(“Pan’s Labrynth”):AFC、onFC
 ②ジェイソン・ライトマン(『サンキュー・スモーキング』):ISA、LVFC
 ⑨ピーター・モーガン(“The Queen”) :CFC、GG、LAFC、NSFC、NYFC、NYOFC、SA、SLC、TFC
 ②ライアン・ジョンソン(“Brick”):SFFC、UFC
 ・Karen Moncrieff(“The Dead Girl”):SDFC
 ⑦マイケル・アーント(『リトル・ミス・サンシャイン』):AA、BFCA、BAFTA、KFC、PFC、SEFC、WFC
 ・Zach Helm(『主人公は僕だった』):NBR

 ◆脚色賞

 ②アルフォンソ・キュアロン(『トゥモロー・ワールド』):AFC、onFC
 ⑥ウィリアム・モナハン(『ディパーテッド』):AA、CFC、KFC、PFC、SA、SEFC
 ②ジェイソン・ライトマン(『サンキュー・スモーキング』):SDFC、WFC
 ・トッド・フィールド他(『リトル・チルドレン』):SFFC
 ・ピーター・モーガン、ジェレミー・ブロック(『ラストキング・オブ・スコットランド』):BAFTA
 ・Ron Nyswaner(“The Painted Veil”):NBR

 ◆撮影賞

 ⑦エマヌエル・ルベツキ(『トゥモロー・ワールド』(アルフォンソ・キュアロン)) :AFC、BAFTA、CFC、LAFC、LVFC、NSFC、onFC
 ⑤ギレルモ・ナヴァロ(“Pan’s Labrynth”):AA、BFC、FFC、ISA、NYFC
 ・トム・スターン(『父親たちの星条旗』):SA
 ②Dean Semler(“Apocalypto”(メル・ギブソン)):DFC、PFC
 ②Dick Pope(“The Illusionist”(ニール・バーガー)):NYOFC、SDFC
 ・Stuart Dryburgh(“Painted Veil”):SLC

 ◆編集賞

 ③クリストファー・ローズ他(『ユナイテッド93』):BAFTA、onFC、SDFC
 ・Mark Helfrick他(『X-メン ファイナル・ディシジョン』):SA
 ③Thelma Schoonmaker(『ディパーテッド』):AA、LVFC、PFC

 ◆プロダクション・デザイン(アート・ディレクション)賞

 ・オーエン・パターソン(『V フォー・ヴェンデッタ』):SDFC
 ②K・K・バレット(『マリー・アントワネット』):LVFC、PFC
 ・ジム・クレイ他(『トゥモロー・ワールド』)
 ・ヘンリー・バムステッド他(『父親たちの星条旗』):SA
 ②Eugenio Caballero(“Pan’s Labrynth”):AA、LAFC

 ◆コスチューム・デザイン賞

 ・パトリシア・フィールド(『プラダを着た悪魔』):SA
 ・Lala Heute(“Pan’s Labrynth”):BAFTA
 ③Milena Canonero(『マリー・アントワネット』):AA、LVFC、PFC

 ◆視覚効果賞

 ・『X-メン ファイナル・ディシジョン』:LVFC
 ・『スーパーマン・リターンズ』:PFC
 ④『パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト』:AA、BAFTA、SA、SLC

 ◆楽曲賞

 ・アレクサンドル・デプラ(“The Painted Veil”):GG
 ④グスタボ・サンタオラヤ(『バベル』):AA、BAFTA、SA、SDFC
 ②クリント・マンセル(“The Fountain”):CFC、onFC
 ・トマス・ニューマン(“The Good German”(スティーヴン・ソダーバーグ)):LVFC
 ②フィリップ・グラス(“The Illusionist”):BFCA、NYOFC

 ◆外国語映画賞

 ⑦『硫黄島からの手紙』:BFCA、CFC、DFC、GG、KFC、PFC、UFC
 ・『ある子供』(ジャン=ピエール・ダルデンヌ&リュック・ダルデンヌ):TFC
 ・『影の軍隊』(ジャン・ピエール=メルヴィル)(1969):NYFC
 ・『単騎、千里を走る。』(チャン・イーモウ):SDFC
 ③『善き人のためのソナタ』(フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク):AA、ISA、LAFC
 ⑫“Pan’s Labrynth”(ギレルモ・デルトロ):AFC、BFC、BAFTA、FFC、LVFC、NYOFC、OFC、onFC、SEFC、SFFC、SLC、WFC
 ③『ボルベール<帰郷>』(ペドロ・アルモドバル):NBR、SA、VFC

画像

 ◆ドキュメンタリー作品賞

 ・『グアンタナモ 僕達が見た真実』:ISA
 ⑲『不都合な真実』(デイヴィス・グッゲンハイム):AA、BFCA、CFC、DFC、FFC、KFC、LAFC、LVFC、NBR、NSFC、NYOFC、OFC、onFC、PFC、SEFC、SFFC、SLC、UFC、WFC
 ③“Deliver Us From Evil”(Amy Berg):BFC、NYFC、SA
 ・“Iraq in Fragments”( James Longley):GTHM
 ・“Manufactured Landscapes”(Jennifer Baichwal):TFC
 ②“Shut Up & Sing”(バーバラ・コプル、セシリア・ペック):BFC、SDFC
 ・“This Film Is Not Yet Rated”(カービー・ディック):AFC
 ・“Before Flying Back to the Earth”:DGA

画像

 ◆アニメーション作品賞

 ⑧『カーズ』(ジョン・ラセター):AFC、BFCA、GG、NBR、OFC、SDFC、SEFC、SLC
 ・『スキャナー・ダークリー』(リチャード・リンクレーター):onFC
 ⑧『ハッピー フィート』(ジョージ・ミラー):AA、BAFTA、DFC、NYFC、NYOFC、LAFC、TFC、WFC
 ・『森のリトル・ギャング』(ティム・ジョンソン、キャリー・カークパトリック):KFC
 ②『モンスター・ハウス』(ギル・キーナン):FFC、LVFC
 ・“Flushed Away”(ディヴィッド・バウワーズ、サム・フェル):PFC

画像

 ◆新人監督賞、第1回作品賞

 ②ジェイソン・ライトマン(『サンキュー・スモーキング』) :NBR、TFC
 ④ジョナサン・デイトン、ヴァレリー・ファリス(『リトル・ミス・サンシャイン』):LAFC、NYOFC、OFC、onFC
 ②ライアン・ジョンソン(“Brick”):AFC、CFC
 ②ライアン・フレック(“Half Nelson”):BFC、GTHM
 ・Ali Selim(“Sweet Land”):ISA

 AA:米国アカデミー賞
 AFC:オースティン映画批評家賞
 BFC:ボストン映画批評家賞
 BFCA:放送映画批評家協会賞
 BAFTA:英国アカデミー賞
 CFC:シカゴ批評家賞
 DFC:ダラス Ft.ワース映画批評家賞
 DGA:米国監督組合賞
 FFC:フロリダ映画批評家協会賞
 GG:ゴールデン・グローブ賞
 GTHM:ゴッサム・アワード
 ISA:インディペンデント・スピリット・アワード
 KFC:カンザス・シティ映画批評家賞
 LAFC:LA映画批評家協会賞
 LVFC:ラスベガス映画批評家賞
 NBR:ナショナル・ボード・オブ・レビュー
 NSFC:全米映画批評家協会賞
 NYFC:ニューヨーク映画批評家協会賞
 NYOFC:ニューヨーク・オンライン映画批評家賞
 OFC:オクラホマ映画批評家協会賞
 onFC:オンライン映画批評家賞
 PFC:フェニックス映画批評家賞
 PGA:米国製作者組合賞
 SA:サテライト・アワード
 SAG:米国俳優組合賞
 SDFC:サンディエゴ映画批評家賞
 SEFC:Southeastern映画批評家賞
 SFFC:サンフランシスコ映画批評家協会賞
 SLC:セントルイス映画批評家協会賞
 TFC:トロント映画批評家賞
 UFC:ユタ映画批評家賞
 VFC:バンクーバー映画批評家賞
 WFC:ワシントンDCエリア映画批評家賞

 *そのほかの各映画賞固有の賞については省略しました。

 *賞のカテゴリーについては様々な名称のものを便宜的に1つにまとめている場合があります。

 *ノミネート期間が異なるため、対象となる作品が賞により異なっています。

 ・このリストを作ってみるまで、2006年度の映画賞に高倉健さんがからんでいることは全く知りませんでした。サンディエゴだけですが……。12月20日に発表になったようですが、東宝も全然騒いでませんよね。

 ・主演男優賞と主演女優賞はほぼ独占状態です。

 ・ドキュメンタリー賞もダントツなのが1作品あり、監督賞・助演女優賞・外国語映画賞には頭1つ飛び抜けた作品が1つあります。

 *当ブログ関連記事

 ・アカデミー賞までのスケジュール!

 ・2006年度ナショナル・ボード・オブ・レビュー発表!

 ・菊地凛子に大注目!

 ・完全版!第64回ゴールデン・グローブ賞結果発表

 ・見どころなど 第79回米国アカデミー賞!

 ・速報!第79回米国アカデミー賞結果発表!

 ・2006年度の日本の映画賞の結果についてまとめてみました!

 *この記事がなかなかよかった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 

この記事へのコメント

romper-stomper-rc
2006年12月24日 02:52
こんばんは。再度のTBありがとうございました。
こちらからもTBさせていただきました。

>2006年度の映画賞に高倉健さんがからんでいる

私も全く知りませんでした!?ビックリです。これは外国語部門とかではなく純粋に主演男優賞なのでしょうか?だとしたら東宝も少しは話題にしても良いと思うのですが・・なんででしょうね。
umikarahajimaru
2006年12月24日 07:25
romper-stomper-rcさま
コメントありがとうございました。
記事を書いた後で、もう一度調べてみましたが、サンディエゴで高倉健さんが主演男優賞を受賞したことを書いているブログはけっこうたくさんありました。みなさん熱心なんですね~。相変わらず東宝はこのニュースを報じていないみたいですが……。もう既に『単騎、千里を走る。』は過去の作品ということなんでしょうか。

この記事へのトラックバック

  • 第64回ゴールデングローブ賞ノミネート発表

    Excerpt: 今日は最高気温&最低気温のいずれも8度だそうです・・寒い{/kaeru_rain/}になりそうだ。 第64回ゴールデングローブ賞のノミネート発表! 今月14日にノミネート作品等の発表がありました.. Weblog: ROMPER’S ROOM racked: 2006-12-24 02:44