本当は1匹だけではないんじゃないのか? 『グエムル 漢江の怪物』

画像 この映画、事前のマスコミ人気が凄かったんですよ。30分前にマスコミ試写に行っても、既に満員で入れなかったという人が続出したんです。それが何度も何度も続いて、記事のデッドラインに間に合わなかったという映画ライターや評論家も多かったはずです。試写室が小さいってこともあるんです(今、同じ試写室で『王の男』のマスコミ試写が催されています)が、マスコミ関係での前評判が異常に高かったんですね。監督のポン・ジュノの前作『殺人の追憶』が面白かったというのと、韓国で大ヒットしているというのがマスコミにさあ~っと伝わったからですね、きっと。マスコミの人たちはこういう情報に敏感ですから。といいながら、日本では、さほどのヒットにならなかったというのは、短い宣伝期間で公開に踏み切ったということも関係しているんじゃないか、と思うんですがどうでしょうか? 期待を煽りに煽って、お正月に公開していたら、あるいは結果は違っていたかも……?

--------------------------------

 ◆リンク集

画像 ・WETAワークショップhttp://www.wetaworkshop.co.nz/
 最初に目がいくのはやっぱりグエムルの造形で、これを手がけたのがニュージーランドにあるWETAワークショップ。元々は、ピーター・ジャクソンが『乙女の祈り』を作る時にできたVFX関係の会社で、その後、飛躍的に成長を遂げ、『ロード・オブ・ザ・リング』や『キング・コング』で大注目されるようになりました(ピーター・ジャクソン以外の作品には、『コンタクト』や『ヴァン・ヘルシング』などがあります)。
 ホームページを見てみると、現在製作中の実写版『新世紀エヴァンゲリオン』のデザイン画がアップされていて、???と思ってしまったりもしますが。
韓国映画史上ナンバーワン・ヒットとなった『グエムル』に関してはホームページ上には一切記載がないんですが、会社としてはそんなに重要なプロジェクトではなかったということなのでしょうか。

 子会社であるWETAデジタルのHPはこちら(http://www.wetadigital.com/digital/company/filmography/)。
 WETAデジタルに関しては、Wikipediaにも情報が整理されています(http://ja.wikipedia.org/wiki/WETA%E3%83%87%E3%82%B8%E3%82%BF%E3%83%AB)。

 ・公式サイト(韓国版)http://www.thehost.co.kr/
  *もちろん韓国語ですが、韓国語がわからくてもけっこう楽しめます。
 ABOUT MOVIE:主な情報。シノプシス、スタッフ&キャスト、クレジットなどもここにあります。
 STORY1~3:物語
  *POP-UPブック風というか、見せ方が面白い。「怪物」の姿はチラリと見せるだけ。
 CHARACTER:キャストの紹介
 MULTIMEDIA:スタッフ・キャストへのインタビュー(動画)。
 GALLARY
 EVENT
 CONTENTS1:Mystery of the host
  *ネッシーや巨大鳥、巨大魚、翼竜等、各種のUMA(Unidentified Mysterious Animal)を写真つきで紹介しています。クリックすると、拡大し、説明を読むことができます(韓国語ですが)。
 CONTENTS2:オリジナル・サウンドトラック
 BOARD1:漢江の空撮写真上のポイントをクリックすると、そこについてのコメントや写真を載せられる(閲覧できる)ようになっている、らしい。
 BOARD2:正式に決定するまでの「怪物」のデザイン(40通り)がアップされています。
 BOARD3:ブログ
  *HPのバックに流れる映像は現在の漢江の様子を映すライブ・カメラかとも思いましたが、どうやら違ったようで、同じ映像が繰り返し流れているようです。

 ・缶ビール
 この映画で最も印象に残るアイテムの1つ。メーカーはTHE HITE(http://www.hite.com/)。もちろんこの映画の協賛の1社になっています。HITEビールは韓国ビールのシェアの半分以上を占めている人気ビール(大衆的ビール?)のようです。
 この会社の現在のイチオシ商品はMAXという商品らしく、チャン・ドンゴンがイメージ・キャラクターを務めています(http://www.cinemart.co.jp/news/actor/a20060908_01.html)。ちょっと坂口憲二(キリン淡麗生)にも見えます。

画像 ・ペ・ドゥナの公式HPhttp://www.doona.net/
 PROFILE、FILMOGRAPHY、INTERVIEW、MULTIMEDIA、PHOTO ALBUMなどのコンテンツがあります。
 日本ではプロフィールから『青い体験 プライベート・レッスン』が削除されているとして、「売れてくると“ああいった作品”に出演したことは忘れたい過去なのかもしれない」と書かれたりしていますが、公式サイトにはきちんと掲載されています。日本の媒体でプロフィールに『青い体験 プライベート・レッスン』が載っていないとすれば、日本の映画会社が嫌ったか、わざわざ載せる必要もないと考えたからですね(ハビエル・バルデムのフィルモグラフィーに『ゴールデン・ボールズ』が載らない(←私は好きですが)のと同じですね)。

 ・漢江に関するWikipediahttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%BC%A2%E6%B1%9F
 60年代以降の経済成長を「漢江の奇跡」というらしいのですが、それが韓国において漢江がどういうものを象徴しているのかを表しているような気がします。
 漢江周辺を映すライブ・カメラも探してみましたが、ないようです。韓国だったらそういうことは日本より盛んかもしれないんじゃないかと思ったんですが、ライブ・カメラ自体少ないし、あっても閉鎖してしまっているものばかりでした。倫理的、あるいは国防上の理由から、そういう情報を公にしてしまうのはまずいと考えられるからなのでしょうか?

 ・ロケ地
 ばつ丸さんのサイト「ロケ地を旅する」(http://www.geocities.jp/badtzjulie5/gm.html)が詳しい。

画像 ・イカの足の数
 韓国の人は、イカやタコの足の数が何本あるのか知らないというのはなんとなく知っていたので、本作で「イカの足の数」がトラブルの種になっているのを見て、へえ~と思いました(そういえば、このネタは「トリビアの泉」でも取り上げられていたような気がします)。ソン・ガンホ演じるカンドゥはもちろん気にしていなかったようですね。
 遠い記憶を探ってみると、はじめてこの情報に出会ったのは関川夏央さんの『ソウルの練習問題』(1984年、情報センター出版局→1988年、新潮文庫→2005年、集英社文庫)(http://www.amazon.co.jp/gp/product/4087478831%3ftag=kattenieigade-22%26link_code=xm2%26camp=2025%26dev-t=D31ZR0ROP0WVXQ)だったようです。親本は、韓流ブームはもちろん、日韓ワールドカップどころか、ソウル・オリンピック(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BD%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%94%E3%83%83%E3%82%AF)すらまだ開催されていない頃に書かれていて、私は出版されてすぐに読んだのですが、あの頃とはすっかり状況が変わってしまったなとしみじみ感慨にふけってしてしまいます。

 ・グエムルというタイトル
 グエムルは、英語表記ではGwoemulで、韓国語で「怪物」を意味するそうです(International English Titleは“The Host”)。
 ですが、正しい発音は“ケムル”らしく、濁音で始まるタイトルの方が怪物らしいからそうしたのだというもっぱらの噂です(大桃美代子ブログ「韓流への道」(http://yaplog.jp/o-momo/archive/243)より)。

--------------------------------

 ◆感想など

画像 ・グエムルとは何か?
 ここでいう「グエムルとは何か?」というのは、生物学的な意味ではなく(生物学的にはムツゴロウに似てる?)、象徴的な意味についてですが、端的に言ってしまうと、アメリカが韓国社会に与えている歪みが、漢江の怪物となって現れたのではないか、と考えられます。
 実際には、アメリカと怪物の因果関係(漢江に流した大量のホルムアルデヒドが怪物を作り出した)は映画でははっきりとは描かれていないわけですが、元々のきっかけをはじめ、怪物を中心とした騒動そのものをグエルムと考えると、情報をコントロールして、かえって騒ぎを大きくしたり、韓国社会を誤った方向に導いたりしている元凶としてアメリカがとらえられている、とも考えられます。

 「アメリカが生んだ怪物」としてはゴジラという大先輩がいる(アメリカの水爆実験により太古の眠りから目覚めた)わけで、そうした意味で、グエムルは“ゴジラの孫”と言ってもいいのかもしれません。ちなみに、『ゴジラ』の第1作公開は1954年です。

 生物学的には、巣にエサを持って帰る、蓄えるのは、哺乳類と鳥類(例外的に蟻)しかいないと思うのですが、グエムルはいったい何に属するのでしょうか。恐竜も爬虫類ではなく、鳥類か哺乳類に近いんじゃないかというのが最近の定説ですし。まあ、そんなことはどうでもいいと言えばどうでもいいのですが。

 ・SFもしくは怪獣映画としてのポジション
 科学薬品や放射能によって生物が巨大化したりするのは、1950年代後半以降(の一時期)に作られたSF映画によくあった趣向で、当時そうした作品が作られた背景には、東西の緊張と核開発に対する根源的な恐怖が起因していると指摘されています(その後、SFもホラーも別の題材に向かいます)。
 しかしながら、そうしたSFを少年時代に見て、子ども心にドキドキしてファンになった人も多いわけで、彼らが大人になって、そういう映画にオマージュを捧げたような作品を作ってみたいと考えたといても不思議ではありません。ローランド・エメリッヒが製作総指揮を務めた『スパイダー・パニック!』(2002年)なんかもその典型的な作品の1つに挙げられます。ポン・ジュノも『グエムル』を通してそうした作品にオマージュを捧げたのだと考えてもいいのではないでしょうか。

 ・美女と野獣、もしくは、哀しみの変身人間
 グエムル自体は、自ら好んで人間に危害を加えているわけではなく、本人の意思とは関係ないところでああいう姿になり、その結果として大暴れしているわけです。
 人間の身勝手(?)によって、ああいう姿にされてしまったグエムルに対して、(ただ一方的に攻撃するのではなく)理解を示すやり方もあっていいかなと私は思いました。キング・コングとヒロインの関係みたいにというか。
 少女が怪物に連れ去られるという設定らしいと知って、ひょっとして怪物と少女が心を通わせる場面があったりするのかなと思ったりもしましたが、怪物が少女を連れ去るのは、単に映画のプロット上の要求(家族が連れ去られた娘を助けに行くための)からでしかありませんでした。

 ・パニックを通して家族を描く
 国の組織や軍が登場して、国家の危機を救うのではなく、また超人的なヒーローが登場して悪を退治するわけでもない。この映画で危機に際して描かれるのは、連れ去られた娘を取り戻そうとする家族の行動だけで、そうした意味で『宇宙戦争』に通じるものがありました。ただし、ポン・ジュノは、危機的状況を通して、単純に家族の絆が深まってしまうような(『宇宙戦争』のような)結末は、避けたようでしたが。

 ・結末について
 映画を観て、「ポン・ジュノならこういう結末もありかなあ」とは思ったものの、劇場パンフに書かれた滝本誠さんの記事を読むと、こっちの結末の方がよかったんじゃないかと私も思いますね。むしろそうこなくっちゃと思わせます。そういう結末だったら、日本での動員は確実に2割は増えていたんじゃないかと思うんですが、どうでしょうか?

 ・キャラクターについて
 この映画がなぜ韓国映画史上ナンバーワンになったのかについては、いろいろ言われているようですが、私は、1つにはソン・ガンホ演じるキャラクターが、韓国で最も愛されるキャラクターの1つだからだと考えます。単純に言ってしまうなら、「普段はだらしなくても、いざとなったら命がけで頑張ってくれる男」です。「頑張ってくれる」には、「家族を守るためには精一杯闘う」や「愛する人のために一所懸命になる」、「ささやかながらも自分が信じることのためにはすべてを賭ける」なども含まれます。ソン・ガンホで言うと、『反則王』で彼が演じたキャラもこの系譜にありますね(『反則王』も韓国でその年の動員の上位作品に食い込んでいました)。この家族全員が似たキャラクターだといえばそうとも言えます。
 日本映画で、同様の「国民的な愛すべきキャラクター」を探すと、『七人の侍』の菊千代(三船敏郎)が典型的で、「少々おつむは弱くても、正義漢で、一途で、やさしく、たくましい男」となります。森の石松や寅さん、一時期の赤井英和や香取慎吾にもちょっとそんなところがあります。

 ・アーチェリーについて
 ペ・ドゥナ演じるナムジュはなぜアーチェリーをするという設定なのか? 単純に、彼女を闘わせるのに何か武器を持たせたかったのだとも考えられますが、このところ(『キング・アーサー』以降)女性ヒーローに弓を引かせるのが流行りなので、それに乗っかったのだとも考えられます。拳銃には抵抗感を持つ人も、弓だったらいいと思うというか。第一、弓なら地球にやさしいですもんね。

 ・グエムルは一匹ではない?
 ゴジラも何匹もいた(?)わけで、グエムルが複数いてもなんら不思議ではありません。そもそも映画の中に登場したグエムルが同じ1匹なのかどうかもわかりませんし。
 韓国映画史上ナンバーワンという実績が新たなグエムルを生み出すという可能性もありますね。監督や出演者は変わってしまうかもしれませんが。
 少なくとも「2匹目のどじょう」を狙った作品は確実に作られるはずです。韓国映画界は貪欲で、まだまだパワーがありますから、これを逃すはずはありません。

--------------------------------

 *応援よろしくお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 

 *当ブログ関連記事[完全版!ポン・ジュノ]

この記事へのコメント

haduki
2006年09月20日 10:17
ここ数日、観に行こうか迷っています。
本国でのメガヒットは聞いてましたが、
監督がポン・ジュノだということを知ったのはつい最近。
『殺人の追憶』が出色で次作を愉しみにしていただけに
この手の映画になるとは意外でした。
幾つかのブログで評判を見てみると
政治的な背景とそれについてのアンチテーゼは描かれているよう・・・。
それにしても”国民的な愛すべきキャラクター”で、
菊千代,石松,寅さんに比肩して赤井英和,香取慎吾を挙げられておられたのには感心してしまいました。
個人的には若い頃の石立鉄男もそのイメージです。
日本での不振の理由について朝鮮日報では政治的な意識の違いを挙げていました。
しかし私も"海から始まる!?"さん同様、
マーケティングや宣伝部の対応がどうだったかに疑問を覚えます。
たろ
2006年09月20日 12:56
こんにちは。
いつも弊ブログへのトラックバック、ありがとうございます。
いつもの様に、こちらからは、トラックバックが入りませんので、コメントのみを失礼致します。

詳細な記事を読ませて頂きました。
この作品は、怪獣に焦点を当てただけの仕上りではなく、かけがえのない人との繋がりをユーモラスに、シリアスに描いたドラマ面にも見応えがあり、現代社会に対して示唆する内容が多くある映画であったと思います。

また遊びに来させて頂きます。
ではまた。

http://blog.goo.ne.jp/loversoul_2005/

ノラネコ
2006年09月20日 13:55
TBどうもです。
制作途中に出てきてたスチルには、グエムルが二頭写っている物がありましたよ。
だから私は、途中まで二頭いるものだと思い込んでました。
まあこの映画の場合、グエムルが一頭か二頭かで演出の方法論がまるで変わってきますから、一頭に絞ったのでしょうね。
もしかしたら生き残ったもう一頭で続編があるのかも。
真紅
2006年09月20日 18:18
こんにちは。TBさせていただきましたが届いておりますでしょうか。
いつも詳細な作品情報と分析をありがとうございます。
この作品、私は乗れませんでした。グエムルの造形などは確かに凄いものがありましたが、家族ドラマとしてはいまひとつだったような・・(少数意見だと思いますが)。
期待が大き過ぎたのかもしれません。公開時期も、ちょっと中途半端だったかもしれないですね。
ではでは。
umikarahajimaru
2006年09月20日 19:51
hadukiさま
コメントありがとうございます。
日本ではヒットしなかったと言っても、なかなか健闘したんじゃないかと私は思いますけど。
第一に、ポン・ジュノ監督作品としてみた場合、ユーロスペース、シネカノン系列、東宝洋画系チェーンと、確実にステップアップしてきています。
第二に、そうは言っても、東宝洋画系の中ではスバル座系は小さなチェーンであって、東宝の興行部では最初から大きくヒットするとは考えていなかったと思われます。メイン館がスバル座の作品が日本の興行ランキングを塗り替えるような記録を作ったことはありませんし。
第三に、日本でも興行ランキングを塗り替えるような記録を出すためには家族層を取り込むことが必須なのに、この作品では日本では最初からそういう層は狙っていないように見えます(吹替版の上映はなかったんじゃないでしょうか)。そういう映画でもないですしね。
という観点から考えてもかなり頑張っていると思いますよ、『グエムル』は。
umikarahajimaru
2006年09月20日 19:59
たろさま
コメントありがとうございます。
そうですね。この映画、怪獣映画じゃなくて、家族を描いた映画だったという見方が専らですね。怪獣を別なもの(犯罪者とか災害とか)に変えると、若干映画の趣は変わってしまいますが、それでも物語は成立しますもんね。
umikarahajimaru
2006年09月20日 20:09
ノラネコさま
本作で画面に映るグエムルのどれがCGでどれが模型なのかってこともありますが、二頭だったものを途中で一頭にするということは(制作進行上)考えられないので、何頭か用意してあった実物大の模型がたまたま一緒にスチールに写り込んだだけっていうことなんじゃないでしょうか。
それより映画の中の人々が一頭倒しただけで(確認もしないで)安心してるのが気になりましたけど。
umikarahajimaru
2006年09月20日 20:22
真紅さま
TB届いていますよ。
物語の最後でカンドゥは改心したのか?
劇的なできごとがあっても変わらないのがあの一家なんだと思いますね、私は。そういう一家を許して、受けいれる心情が韓国にはあるとも思いますね。
ミチ
2006年09月20日 22:35
こんにちは♪
相変わらずこちらからTBが入らずゴメンなさい。
ソン・ガンホ演じるキャラが
>普段はだらしなくても、いざとなったら命がけで頑張ってくれる男
ということで、これが愛されキャラというのはこの映画を見るうえでのポイントになりそうですね。
ヒットしたかどうかは知りませんが、この映画を見た人は必ず何らかのショックを受けた事とおもいます。
haduki
2006年09月21日 00:22
海から始まる!?さま、再度失礼します。
同じ映画関係者といっても私は現場の人間ゆえ配給サイドの細部まで知っているわけではありません。
ただ東宝は多少関わりがありました。

現時点でどの程度の数字を持っているのかは判りませんし、
今回幾らで買ったのかも知りません。
ただ、韓国での興行成績を鑑みれば安くなかったであろうことは瞭か。
配給サイドの実情がご貴兄のお書きになられた通りであれば私が書いた懸念は当にそこにあります。
しかし当事者にしか知りえない事情もあります故、前言は一映画ファンの戯言と思って戴けますれば幸甚です。
umikarahajimaru
2006年09月21日 04:42
ミチさま
いつもいつも恐れ入ります。
まあ、ショックというか、このクラスの怪獣映画がなんで日本で作られないのか、作れないのかとは思いますけどねえ、やっぱり。
umikarahajimaru
2006年09月21日 05:28
hadukiさま
またまたコメントありがとうございます。
私の場合は、その映画を観れば面白いと思うだろうと思える人に、そういう情報が届いていないんじゃないかっていう場合があって、それがその映画にとって残念だな、不幸だなと思うだけですね。そういう意味で、その映画を誰がどう仕掛けていくかっていうことは非常に重要なことなんですけど。
そういう視点で考えると、『グエムル』は日本では十分すぎる以上の観客を得てるかもしれませんねえ、案外。
また、ヒットした、ヒットしないっていう言い方は、映画の観客を頭数(=札束)としか見ていないっていう考え方にも通じて、それはビジネスとしては仕方ないんでしょうけど、1人1人の観客が大事なんじゃないのかって憤りを感じることもありますね。「ヒットしなかった」と言われた映画を観た私はいったい何だっていうのか、とか。
といいながら、私は、あんまり日の当たらない映画にこそ愛着を感じてしまったりもするんですが。
ま、これも戯言です。どうぞご容赦ください。
ケント
2006年09月22日 23:16
TBありがとうございます。こちらからもTBさせていただきました。それにしてもビッシリ書かれて、写真もいいし立派なブログですね。
普通に考えて怪物は何匹もいておかしくないですよね。
umikrahajimaru
2006年09月23日 00:49
ケントさま
コメント&TBありがとうございました。
本当かどうか定かではありませんが、いくつかのブログでは、『グエルム2』の製作決定とポン・ジュノの監督降板が発表された、と書かれていますね。これが本当だとしたら、やっぱり怪物は1匹ではなかったということですね。もっと別種の怪物も登場したりするかも?
mig
2006年09月25日 09:35
こんにちは☆
TB遅くなっちゃいましてすみません、、、、
本当は1匹じゃないんじゃないのかっていうのは
鋭い指的ですね(笑
わたしもそう思いますー☆
umikarahajimaru
2006年09月26日 03:13
migさま
コメントありがとうございました。
私は、この手の映画の常套手段として、ラストは“続き”があるような終わり方をするんじゃないかって、思いながら観てましたね。
にら
2006年10月02日 15:53
まさしく韓国高度成長期の物語『大統領の理髪師』で、ソン・ガンホに向かって大統領が「漢江の新しい橋は見たかね」と言ってましたね。

そういえば、こちらのゲソの本数ネタを読んで、その昔、買ったタコヤキにタコが入ってるかを口の中で確認しつつ食べていたら、当時付き合っていた女性から「イマドキ、そんなことするなんて、疑り深いというか貧乏クサイ」と呆れられたことを思い出しました。
あれから20年近く経った現在、自宅で自ら作ったタコヤキを頬張っても、タコの存在をつい確めてしまいます(笑)。

そんな自分さえも信じられないくらい疑り深い者ですが、TBありがとうございました。
umikarahajimaru
2006年10月04日 19:17
にらさま
TB&コメントありがとうございました。
まあ、「主人公はバカ」ではなくて、「親しみの持てるキャラクター」なんじゃないかと思いますが。
ところで、ペ・ドゥナが現場でソン・ガンホに『リンダリンダリンダ』で憶えた歌を繰り返し聞かせていたっていうその現場は『グエムル』のことですよね? にらさんの記事を読んでいて、ふとそんなことを思い出したりもしました。

この記事へのトラックバック

  • 映画「グエムル 漢江の怪物」

    Excerpt: 韓国映画『グエムル 漢江の怪物』の試写会に行った。 元々エイリアン好きなうえに Weblog: いもロックフェスティバル racked: 2006-09-20 12:44
  • グエムル -漢江の怪物-

    Excerpt: 社会派の怪獣映画。 Weblog: Akira's VOICE racked: 2006-09-20 13:03
  • 『グエムル -漢江の怪物-』

    Excerpt: 『グエムル -漢江の怪物-』(『THE HOST』『怪物』)試写。「私は高校のとき、漢江(ハンガン)で怪物を見た」という ポン・ジュノ監督のオリジナルストーリーによる最新作。ソン・ガンホもペ・ドゥナも.. Weblog: 試写会帰りに racked: 2006-09-20 13:32
  • グエムル 漢江の怪物・・・・・評価額1700円

    Excerpt: すばらしい。 監督第二作にして、「殺人の追憶」という殿堂級の傑作を物にしたポン・ジュノが、何と「怪獣映画」をやると聞いて以来、観たくてたまらなかった作品だが、今日観て確信した。 ポン・ジュノは、韓.. Weblog: ノラネコの呑んで観るシネマ racked: 2006-09-20 13:56
  • グエムル 漢江の怪物

    Excerpt: カンヌで絶賛され、韓国では『王の男』が4ヶ月かかった観客動員数を、わずか1ヶ月で塗り替えたという、文字通りモンスタームービーだ。 しかも、ただの怪獣映画ではない。 アクション、SFスリ.. Weblog: UkiUkiれいんぼーデイ racked: 2006-09-20 14:14
  • グエムル 漢江の怪物

    Excerpt: ? うーん…正直言ってなんとも評価しづらい映画でした。傑作だとは思わないんですが決して駄作というわけでもない…。とりあえず色んな意味で新鮮だったことは間違いないです。上映中の2時間退屈することはなか.. Weblog: 三度の飯より映画好き racked: 2006-09-20 14:23
  • 「グエムル 漢江の怪物」 頭イテ~~~(笑)

    Excerpt: まず言っておきたいこと。てれすどん2号が梅田三番街シネマで映画観終わった後、頭がイタイ。久しぶりに大学の体育の授業、バスケで走り回ったからかな(笑)、それともこの映画のせい!?(笑)とにかく、この映画.. Weblog: 長江将史~てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ  racked: 2006-09-20 14:28
  • 映画/グエーグエー

    Excerpt: 映画「グエムル-漢江の怪物-」公式サイト 監督・脚本 ポン・ジュノ 出演 ソン・ガンホ、ペ・ドゥナ Weblog:  サ バ ペ racked: 2006-09-20 14:58
  • 河の生き物

    Excerpt: 昨日は、試写会のため新橋へ。 観たのは、「グエムル」。 韓国で大ヒットした映画らしいです。 怪物にさらわれた女の子を、その家族が救出しようとするお話。 化け物が出るから、とても怖いスト.. Weblog: 藻、たくさんの日々。 racked: 2006-09-20 15:19
  • 映画「グエムル -漢江の怪物-」

    Excerpt: 2006年46本目の劇場鑑賞です。公開当日劇場で観ました。「ほえる犬は噛まない」「殺人の追憶」のポン・ジュノ監督作品。謎の巨大生物に娘をさらわれた一家が、政府の理解を得られぬまま独力で怪物に立ち向かう.. Weblog: しょうちゃんの映画ブログ racked: 2006-09-20 16:08
  • 『グエムル-漢江(ハンガン)の怪物-』(2006年) ★★★★☆

    Excerpt: 今年のカンヌで絶賛されて結局何の賞にも引っかからず肩透かしを食らった感のある本作。聞けばその時点ではまだ完成品ではなかったそうですが。その後、韓国で公開されると至上最短で観客動員1000万人を突破。記.. Weblog: どっぷりレビュー racked: 2006-09-20 17:33
  • 「グエムル -漢江の怪物-」、公開

    Excerpt: 本日公開された「グエムル -漢江の怪物-」の情報を。韓国の人々のオアシス、漢江に突如出現した怪物を巡る事件に肉迫するパニック映画。 出演:ソン・ガンホ(パク・カンドゥ役)、ペ・ドゥナ(パク・ナムジュ.. Weblog: Mugen Diary racked: 2006-09-20 17:57
  • 乗れませんでした~『グエムル-漢江の怪物-』

    Excerpt: 『殺人の追憶』『ほえる犬は噛まない』のポン・ジュノ監督の新作で、随分前から 楽しみにしていた本作。おなじみソン・ガンホやペ・ドゥナが主演と聞くや、期待 も高まるというもの。韓国では興行記録を大.. Weblog: 真紅のthinkingdays racked: 2006-09-20 18:09
  • グエムル -漢江の怪物-/ソン・ガンホ、パク・ヘイル、ペ・ドゥナ、ピョン・ヒボン、コ・アソン

    Excerpt: 面白かったァ。けっこう序盤から笑えたんだけど客席の反応イマイチなんですよ。自分だけウケてるみたいなとこもあって戸惑ったんだけど笑うの遠慮してると楽しめないので開き直りましたけど、もしかしてみなさんビミ.. Weblog: カノンな日々 racked: 2006-09-20 18:25
  • グエムル 漢江の怪物

    Excerpt: 「グエムル」 漢江の怪物 評価 ★★★★☆ (4.3) 『あらすじ』  韓国、ソウルの中心を流れる大河・漢江(ハンガン)。人々の生活の憩いの場として、その日も多く .. Weblog: 何を書くんだろー racked: 2006-09-20 18:59
  • グエムル 漢江の怪物

    Excerpt: かなり面白かったです。韓流怪獣映画。 ベーシックなモンスター映画のパターンを踏襲しつつ、 ちょっとシニカルな家族の物語がベースにあるのは、 日本の怪獣映画ではあまり観た事の無い感じかもし.. Weblog: It's a Wonderful Life racked: 2006-09-20 19:01
  • グエムル -漢江の怪物-

    Excerpt: クソ、ムカつくぜこの映画! VFXは『ロード・オブ・ザ・リング』のWETAデジタルが手掛け、韓国では新記録を次々打ち立てる大ヒット。さらにカンヌでも絶賛され世界視野でも順風満帆。何よりこの映画.. Weblog: 5125年映画の旅 racked: 2006-09-20 19:08
  • グエムル 漢江の怪物(評価:○)

    Excerpt: 【監督】ポン・ジュノ 【出演】ソン・ガンホ/ペ・ドゥナ/パク・ヘイル/ピョン・ヒボン/コ・アソン 【公開日】2006/9.2 【製作】韓国 【ストーリー】 韓国で一番大きく、美しく穏.. Weblog: シネマをぶった斬りっ!! racked: 2006-09-20 20:37
  • グエムル 漢江の怪物(試写会)

    Excerpt: 知人からお誘いを受け、ふたつ返事でオッケーし行ってきましたです。前評判がかなりいいようでカンヌ国際映画祭では大絶賛だったとか。そうなると観たくなるのが人の心情というもの(笑)踊らされてるかなあ?と思い.. Weblog: まったりでいこう~ racked: 2006-09-20 20:38
  • グエムル-漢江(ハンガン)の怪物-☆独り言

    Excerpt: 今朝の目覚ましTVでのびっくり(笑) 韓国で『日本沈没』が『グエムル』の観客動員数を超えた!!って そりゃ、"日本"が沈没するから・・・受けたんでしょうに(ぉ って、ことはさておき『グエムル.. Weblog: 黒猫のうたた寝 racked: 2006-09-20 21:06
  • グエムル 漢江の怪物

    Excerpt: 主人公のパク一家は不器用な人たちだ。売店を営む老父(ピョン・ヒボン)の家に母はいない。長男(ソン・ガンホ)は店先で眠りこけている。次男(パク・ヘイル)は大学を出たもののフリーター。長女(ペ・ドゥナ)は.. Weblog: Kinetic Vision racked: 2006-09-20 21:13
  • グエムル 漢江の怪物

    Excerpt: 「グエムル 漢江の怪物」 THE HOST/製作:2006年、韓国 120分 監 Weblog: 映画通の部屋 racked: 2006-09-20 21:19
  • グエムル 漢江の怪物

    Excerpt: 韓国映画には珍しいクリーチャーもの、『グエムル 漢江(ハンガン)の怪物』を見た。こういった作品が韓国流にアレンジされるとどうなるのか?そんな興味もあったけど、それよりなにより異生物やUMAや宇宙人とい.. Weblog: LaoYeのひとりごと racked: 2006-09-20 21:21
  • グエムル 漢江(ハンガン)の怪物

    Excerpt: グエムル対ガンちゃん。やっぱり怪物に対抗しうる役者ですね~、ソン・ガンホという人は。と、いうことで「ほえる犬は噛まない」「殺人の追憶」のポン・ジュノ監督最新作にして超ヒット作(韓国において)の「グエム.. Weblog: 映画雑記・COLOR of CINEMA racked: 2006-09-20 21:41
  • グエムル・漢江の怪物

    Excerpt: モンスター&コメディ&ヒューマン??映画です。 主人公ソン・ガンホのコメディタッチの雰囲気と、怪物の不気味さ、怪物にさらわれた娘を救出に向かう家族愛が、このパニック映 Weblog: skywave blog racked: 2006-09-20 22:14
  • ★「グエムル -漢江の怪物-」

    Excerpt: 久しぶりの韓国映画。 ・・・といっても異色の怪物モノ。 韓国では大ヒットしたらしいけど、怪獣王国ニッポンではどうかなっ? Weblog: ひらりん的映画ブログ racked: 2006-09-20 22:33
  • グエムル 漢江の怪物

    Excerpt: カンヌでも上映された「グエムル」 そして現在韓国で「王の男」を抜く勢いの「グエムル」 この映画は制作段階からかなり楽しみにしていた作品。 とりわけエイリアン物が好きなわけでもパニック・ムービーが 好.. Weblog: Chocolate Blog racked: 2006-09-20 23:05
  • 映画 『グエムル~漢江の怪物~』

    Excerpt: 『グエムル~漢江の怪物~』  2006年 原題 : Gwoemul (The Host) 監督 : Joon-ho Bong 怪獣映画に興味無いんですが、 諸事情により観ることに。 怪獣映画でもあ.. Weblog: Death & Live racked: 2006-09-20 23:26
  • 「グエムル 漢江の怪物」 小市民VS怪獣!

    Excerpt: 公開前から話題になっていた「グエムル 漢江の怪物」を観てきました。 初日初回の有 Weblog: はらやんの映画徒然草 racked: 2006-09-20 23:28
  • 『グエムル 漢江の怪物』

    Excerpt: ポン・ジュノ監督が、かいぶつーっ!? 以前鑑賞した作品『ほえる犬は噛まない』『殺人の追憶』の2本がお気に入りだった事もあり、普段はクリーチャーもの苦手なのに・・頑張って観てきました~&#638.. Weblog: Brilliant Days racked: 2006-09-20 23:49
  • 『グエムル~韓江の怪物~』/ソン・ガンホ 、ピョン・ヒボン 、パク・ヘイル 、ペ・ドゥナ 、コ・アソン

    Excerpt: 面白かった~~~~ 怖いんだけど笑っちゃう、怪獣映画のようで家族愛や環境汚染への警鐘をを描いた映画かな。 現在韓国で大ヒット中の映画を同じ時期に日本でも見られるっていうのがウレシイではないですか。.. Weblog: 雲のゆくえ racked: 2006-09-21 01:51
  • グエムル(漢江の怪物)

    Excerpt: 韓国のスピルバーグと讃えられる、弱冠36歳の奇才ポン・ジュノ監督が、驚異のパニック・エンタテインメントで世界に挑む!!。韓国の人々のオアシス、漢江(ハンガン)に突如出現した怪物を巡る事件に肉迫す.. Weblog: パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ racked: 2006-09-21 02:22
  • 『グエムル 漢江の怪物 』   怪物映画を超えた‘怪物’。ポン・ジュノ監督最新作!

    Excerpt: 出演■ソン・ガンホ、ペ・ドゥナ、パク・へイル、ピョン・ヒボン、コ・アソン、キム・レハ  他・・・・ 監督■ポン・ジュノ <ストーリー>  ソウル中央を流れる雄大な河、漢江(ハン.. Weblog: enjoy! MOVIE☆LIFE racked: 2006-09-21 02:45
  • グエムル -漢江の怪物-

    Excerpt: 監督=ポン・ジュノ。撮影監督=キム・ヒョング。VFXスーパーバイザー=ケヴィン・ラファティ。クリーチャー・デザイン=ジャン・ヒチュル。模型制作=WETAワークショップ。 米軍施設が垂れ流し.. Weblog: ようこそ劇場へ! Welcome to the Theatre! racked: 2006-09-21 13:32
  • グエムル 漢江の怪物

    Excerpt:  評価/★★★★☆ (ユナイテッドシネマにて鑑賞)  監督:ポン・ジュノ  この作品もポン・ジュノ監督の演出力にちょいと目を見張らざるをおえない。  ストーリーから言うとアラが多い.. Weblog: ギョニー・デップの界王拳 racked: 2006-09-21 23:07
  • 映画:グエムル漢江の怪物 試写会

    Excerpt: グエムル漢江の怪物 試写会@なかのZEROホール 「お父さん、聞こえてる?」 韓国映画でパニックものは初めてかも。駒吉の中のパニックものの定石を色々覆してくれました。 こういう怪物っ.. Weblog: 駒吉の日記 racked: 2006-09-22 17:31
  • グエムル -漢江(ハンガン)の怪物-

    Excerpt: <img src='http://blog.netrend.jp/UPLOADFILES/k.onodera/b_lion.jpg'> <img src='http://blog.netrend.jp/UPLOADFILES/k.onodera/guemuru.jpg'> こういう作品に出会うために映画を観ている。 一応、怪物・怪獣映画というジ Weblog: k.onoderaの日記 racked: 2006-09-22 21:18
  • グエムル 漢江の怪物

    Excerpt: ★★★  韓国の漢江に突然変異によって、巨大なナマズガエルのような生物が誕生する。そして突如として漢江の河川敷に現われ、逃げ惑う人々に次々と襲いかかるのだった。 この騒ぎで怪物に娘を拉致された家族が、.. Weblog: ケントのたそがれ劇場 racked: 2006-09-22 23:12
  • グエムル -漢江の怪物- 見てきました

    Excerpt:  見たい映画が4本あるのですが、その中でも一番早く終わってしまいそうな映画グエムル 漢江(ハンガン)の怪物を見に行く事にしました。 Weblog: よしなしごと racked: 2006-09-22 23:49
  • グエムル

    Excerpt: 韓国の人々のオアシス漢江(バンカン) に突如出現した怪物をめぐる事件に 肉迫す Weblog: いろいろと racked: 2006-09-23 07:06
  • 【劇場鑑賞91】グエムル -漢江(ハンガン)の怪物-(THE HOST 原題:怪物)

    Excerpt: 「お父さん、助けて!」 正体不明の怪物がソウルのど真ん中に出現! 娘をさらわれた家族は、 怪物を倒すことが出来るのか? 怪物にヒョンソをさらわれた家族の命をかけた死闘が始まる! .. Weblog: ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! racked: 2006-09-24 22:55
  • 「グエムル」面白かったー。

    Excerpt: 「グエムル 漢江の怪物」を遅ればせながら観てきました。 Weblog: 毎日が映画記念日 racked: 2006-09-25 21:56
  • グエムル 漢江(ハンガン)の怪物

    Excerpt: 【映画的カリスマ指数】★★★☆☆  立ちはだかる、さまざまな゛怪物゛   Weblog: カリスマ映画論 racked: 2006-09-26 00:58
  • 『グエムル~漢江の怪物~』

    Excerpt: 情報求む! 後半に出てくる斜視の米軍医。 あの人って『羊たちの沈黙』に昆虫学者役で出てた人でしょうか? Weblog: ねこのひたい~絵日記室 racked: 2006-10-02 15:57
  • グエムル 漢江の怪物

    Excerpt:  漢江に流された毒薬が原因で突然変異した怪獣グエムルが人々を殺傷。娘を怪獣に奪われたばかりかウィルス感染と決めつけられた父とその家族が、怪獣 Weblog: シネクリシェ racked: 2006-10-04 07:36
  • 「グエムル」漢江を散歩

    Excerpt: しばらくは携帯投稿になるので、短文ネタのみアップします。日本に帰って1番にみたのがこの作品。親しくお話した韓国在住の二人は二人とも見ていて、二人とも「面白い」と太鼓判を押していました。いちおう舞台の漢.. Weblog: 再出発日記 racked: 2006-10-04 23:32
  • グエムル -漢江の怪物-

    Excerpt:    基本的にネタバレはしませんが、この映画を白紙の状態で純粋に楽しみたい方は読まない方が良いかもしれません。  『ほえる犬は噛まない』『殺人の追憶』のポン・ジュノ監督.. Weblog: とにかく、映画好きなもので。 racked: 2006-10-06 01:35
  • グエムル -漢江(ハンガン)の怪物-

    Excerpt: オフィシャルサイト → グエムル -漢江(ハンガン)の怪物- ソウル市内を流れる川、漢江のほとりで売店を営む一家がいた。家長ヒポンの長男カンドゥは、いい大人なのに店番すら頼りにな� Weblog: 日々映画三昧 racked: 2006-10-21 00:43
  • グエムル -漢江の怪物--(映画:2007年11本目)-

    Excerpt: 監督:ポン・ジュノ 出演:ソン・ガンホ、ピョン・ヒボン、パク・ヘイル、ペ・ドゥナ、コ・アソン 評価:79点 公式サイト (ネタバレあります) なんでだよう。 どうして死んじ.. Weblog: デコ親父はいつも減量中 racked: 2007-01-27 21:09
  • クリーチャーがすごいのよ。~「グエムル 漢江の怪物」~

    Excerpt: いや~みとれてました。 怪物に。(へ?) なんていうか、なめらか~で、リアルで ホンマにこんなんおるんちゃうかってくらい生々しくて。 水がしたたるようにポトーンと落ちたかと思うとバック宙したりね。.. Weblog: ペパーミントの魔術師 racked: 2007-01-28 23:22
  • グエムル 漢江の怪物

    Excerpt: 2006年 韓国 2006年9月公開 評価:★★★★☆ 監督オリジナルストーリー Weblog: 銀の森のゴブリン racked: 2007-02-12 02:04
  • グエムル 漢江の怪物

    Excerpt: 私好みのB級映画の臭いがプンプンしますねー。 韓流は好きではないのですが 「箪笥 」以来、韓国B級映画に一目置いている私です。 韓国では大ヒットした映画だとか。 しかし、脚本ゼミの友人が .. Weblog: 映画、言いたい放題! racked: 2007-03-13 01:11
  • 映画レビュー#47「グエムル -漢江(ハンガン)の怪物-」

    Excerpt: 基本情報 「グエムル -漢江(ハンガン)の怪物-」(2006、韓国) 監督:ポン・ジュノ(殺人の追憶、ほえる犬は噛まない) 脚本:ポン・ジュノ、ハ・ジョンウォン、パク・チョルヒョン 製作:チョ・ヨン.. Weblog: Production Rif-Raf racked: 2007-04-02 04:59
  • グエムル -漢江の怪物- (The Host)

    Excerpt: 監督 ポン・ジュノ 主演 ソン・ガンホ 2006年 韓国映画 120分 パニック 採点★★★ 持ち前のワガママさと気まぐれさがあってか、人に対する好き嫌いが極端にハッキリしている私。「好き!!」って.. Weblog: Subterranean サブタレイニアン racked: 2007-06-19 16:14
  • 映画『グエムル 漢江の怪物』

    Excerpt: 原題:The Host 盗作疑惑もあったりして、日本公開ではすっかりすべってしまったけど、モンスターパニック映画なのにコメディ要素がとっても効いててバランスはいいね・・・ パク・カ.. Weblog: 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~ racked: 2007-08-02 01:35
  • グエムル-漢江の怪物-(79点)評価:○

    Excerpt: 総論:グエッ!ムルッ!この怪獣映画・・・最高っ!韓国・ソウルを流れる大河の漢江(ハンガン)に謎の怪物&ldquo;グエムル&rdquo;が出現!のどかな川辺が地獄の惨状と化す中、河川敷で小�... Weblog: 映画批評OX racked: 2010-10-16 11:45